iPhoneの「友達を探す」で「位置情報がありません」と表示の原因を解説!

iPhoneの「友達を探す」機能で「位置情報がありません」というエラーが出ているのであればその解決方法をご紹介します。「友達を探す」で頻出する「位置情報がありません」というメッセージを消すことは簡単ですので今すぐiPhoneで試しましょう。

iPhoneの「友達を探す」で「位置情報がありません」と表示の原因を解説!のイメージ

目次

  1. 1「友達を探す」で「位置情報がありません」表示の原因
  2. 相手の位置情報が共有拒否になっている
  3. 相手のデバイスがオフラインになっている
  4. 共有デバイスの指定が変わっている
  5. 2「友達を探す」で「位置情報がありません」表示の対策
  6. 相手に「友達を探す」アプリで確認してもらう
  7. 相手に「iCloud」から共有デバイスを設定してもらう
  8. 3iPhoneの「位置情報がありません」を解決するには?
  9. アプリ単位で位置情報の共有を確認・設定する
  10. 位置情報そのものの共有を確認・設定する
  11. 設定ができない場合
  12. 4これで「友達を探す」の「位置情報がありません」は解決!

「友達を探す」で「位置情報がありません」表示の原因

iPhone

iPhoneユーザーであれば、だれでも使える「友達を探す」機能があります。しかし、この「友達を探す」機能でよく起こるエラー表示として「位置情報がありません」というものがあります。まずはこの「位置情報がありません」という表示がなぜ起こるのかをご説明しましょう。

相手の位置情報が共有拒否になっている

「友達を探す」は自分はもちろん、相手も位置情報が共有されている状態になっていなければなりません。しかし、位置情報の共有が解除されてしまうと「友達を探す」を使っても相手のiPhoneを探し出すことができません。この機能については賛否両論があり、あえて自分の位置情報の共有を拒否咲いているケースもあります。

iPhone

「友達を探す」から”自分”を選び、”自分の位置情報を共有”の横にあるスライドバーで情報共有を拒否することができます。この方法で拒否をするとiCloudと本体の設定の両方で設定がされるため、位置情報の拒否を解除するためには両方とも共有状態にする必要があります。

相手のデバイスがオフラインになっている

iPhone

「位置情報がありません」というエラーメッセージが出る原因として、相手のデバイスがオフライン環境にあることが考えられます。電波の弱いところや機内モードにしておくと位置情報を入手することができなくなり結果的に「友達を探す」機能が動かない原因となります。そのため相手を探すときにはオンライン環境にいることを確かめましょう。

共有デバイスの指定が変わっている

iPhone

珍しいケースとして共有するデバイスの指定が変更されてしまい、機能が上手く働かない原因になっていることが考えられます。共有するデバイスはiPhoneだけでなく、iPadになっている可能性もあるので、「友達を探す」が上手く動かない場合にはデバイスの指定が変更されていることも考慮しましょう。

ThumbiPhoneの電波が「検索中」と表示の原因と8つの対処法!リセットの前にできる解決策を紹介!
iPhoneの画面左上の電波マークがいつまで経っても「検索中」のままで圏外にすらならない不具...

「友達を探す」で「位置情報がありません」表示の対策

iPhone

iPhoneで「位置情報がありません」と「友達を探す」機能で表示された場合の対処方法をご紹介します。友だちのiPhoneを見つけることができず、自分が地下道などの電波が悪い場所におらず、自身のiPhoneが位置情報の共有をONにしている場合の方法です。相手のデバイスを確認する前に自分のデバイスも確認してみましょう

相手に「友達を探す」アプリで確認してもらう

iPhone

相手に頼んで「友達を探す」を起動してもらいましょう。正常に作動していれば自分のデバイス情報が相手側へ表示され、自分のデバイスには相手のデバイス情報が表示されるはずです。このとき、デバイスはiPhoneを使っていることを考えると、”自分の位置情報を共有”という項目のところに相手のiPhoneが表示されるはずです。

相手に「iCloud」から共有デバイスを設定してもらう

iPhone

オフライン環境ではなくともデバイスの共有設定が機能しないことがあります。その場合は設定アプリから”iCloud”をタップし、続けて”位置情報を共有”をタップしてください。さらに”共有元”をタップし、共有するデバイスを選択しましょう。相手のデバイスがiPhoneであれば、これで共有できるようになります。

ThumbiPhone「友達を探す」の位置情報をごまかすアプリ5選!GPSの現在地を偽装することはできる!
iOS(iPhone・iPad)「友達を探す」の位置情報をごまかすアプリがあるのを知っていま...

iPhoneの「位置情報がありません」を解決するには?

iPhone

iPhoneで「位置情報がありません」という表示が出た際の解決方法をご紹介します。このエラー表示が出るということは3つの解決方法があります。一つはアプリでの不具合が発生している場合、2つ目は位置情報でミスがある場合、3つ目は設定上のエラーがある場合です。それぞれの解決方法をご紹介するので、順に試してみてください。

アプリ単位で位置情報の共有を確認・設定する

iPhone

iPhoneではアプリ単位で位置情報のON、OFFの切り替えができます。「”設定””プライバシー””位置情報サービス”」と順にタップしてください。その後、設定したいアプリを選択し「このAppを使用中のみ許可」もしくは「常に許可」をONにしてください。もし、アプリ自体の設定に問題がある場合はこれで解決できます。

位置情報そのものの共有を確認・設定する

iPhone

そもそも位置情報の設定に問題がある場合の解決方法をご紹介します。まず「”設定””プライバシー””位置情報サービス”」とタップしていきましょう。その後、”自分の位置情報を共有”を選択し、”位置情報を共有”をONにしてください。もし、位置情報の設定に問題があるのであれば、この方法で解決できるはずです。

設定ができない場合

iPhone

ここまでiCloud上でも設定上でも問題なく、もちろんオフライン環境でもないのに共有できないという方がいます。そうした方のために解決方法は存在しています。いよいよ3つ目の解決方法に移ります。ここまでで解決できなかった人もこの方法で無事「友達を探す」機能を使えるようになるでしょう。

位置情報サービスが許可になっているか

iPhone

ここまで来て位置情報の問題が解決できない場合は”設定”アプリの中にある”一般”、さらに奥にある”機能制限”をタップします。機能制限を変更するためにはパスコードを入力しなければなりません。無事、パスコードを入力したら”位置情報サービス”をタップしてONにしてください。これで第1ステップ完了です。

自分の位置情報の共有が許可になっているか

iPhone

同じく機能制限にある”自分の位置情報”もONになっているか確認してください。もしOFFになっていれば、それが共有できない原因ですのでONにして「友達を探す」機能を使いましょう。先ほどの位置情報そのものの設定ができなかった人も、ここまで完了できれば問題なく変更できるはずです。

Thumb「iPhoneを探す」は相手に通知でバレる!通知しない・バレない設定方法があるかを解説!
iPhoneを失くしてしまった時に便利な「iPhoneを探す」という機能。相手の現在地を確認...

これで「友達を探す」の「位置情報がありません」は解決!

iPhone

「友達を探す」iPhoneの機能には賛否両論があるため、今回ご紹介した方法を使って使用することを無理強いすることはありません。しかし、「位置情報がありません」というエラーメッセージで悩まされている人がいれば今回の方法で解消できますのでぜひ試してみてください。

Thumb「iPhoneを探す」でiPhoneを遠隔初期化して「iPhoneを探す」をオフにする方法を解説!
大切なiPhoneを失い、また新しいiPhoneを購入する前に行うべきことは、失ったiPho...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
アナグマ
ライターのアナグマです。 いろいろなガジェット記事をお届けするので楽しみにしていてくださいね。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ