iPhoneのクリップボードはどこ?コピーペーストの履歴を確認・削除できるアプリは?

iPhoneのクリップボードはどこにあるのでしょう?iPhoneの標準機能ではクリップボードの情報はどこにあるか確認ができません。しかし、無料アプリを使えば、クリップボードの情報がどこにあるか分からなくても、その情報を管理することができるのです!

iPhoneのクリップボードはどこ?コピーペーストの履歴を確認・削除できるアプリは?のイメージ

目次

  1. 1iPhoneのクリップボードとは?
  2. クリップボードはコピー&ペースト機能
  3. クリップボードの基本的な使い方
  4. 2iPhoneのクリップボードはどこに保存されるのか?
  5. iPhone標準機能ではクリップボードの保存場所を確認・削除できない
  6. 3iPhoneのクリップボードの履歴を確認・復元できるアプリ【Clip & Paste】
  7. 【Clip & Paste】でクリップボードの履歴を確認する方法
  8. 【Clip & Paste】でクリップボードの履歴を復元する方法
  9. 【Clip & Paste】でクリップボードを一つずつ削除する方法
  10. 【Clip & Paste】でクリップボードを全て削除する方法
  11. 【Clip & Paste】の便利な機能
  12. 4iPhoneのクリップボードの履歴を簡単に削除できるアプリ【Clearboard】
  13. 5Macユーザーにおすすめのクリップボード機能
  14. 【ユニバーサルクリップボード】を使えばクリップボードが共有可能
  15. 6iPhoneのクリップボードを使いこなそう!

iPhoneのクリップボードとは?

iPhoneを操作する中で、「クリップボードにコピーする」というフレーズがよく出てきます。これは「表には見えていないけれど、情報を一時的にバックグラウンドでコピーしている(保存している)」ことをいいます。

iPhone_クリップボード

クリップボードはコピー&ペースト機能

PC・スマホの基本的な操作に「コピー&ペースト」がありますが、この「コピー&ペースト」はクリップボードに一旦保存した情報を指定した場所に張り付ける作業です。

iPhone_クリップボード

クリップボードの基本的な使い方

クリップボードに保存された情報は常に上書きされています。つまりクリップボードに残っている情報は一番最後に保存した、一番新しい情報が残されるようになっています。

iPhone_クリップボード

クリップボードに残される情報は、文字列でも画像でも、一番最後にコピーした情報が残されます。その直近の情報を貼り付けられるという機能の活用が、クリップボードの基本的な使い方です。

iPhone_クリップボード
ThumbiPhoneキーボードの設定・使い方!キーボードの追加や切り替え方を解説!
本記事ではiPhoneのキーボードの基本設定方法や使い方をご紹介します。またiPhoneのキ...

iPhoneのクリップボードはどこに保存されるのか?

では、iPhoneのクリップボードに残された情報はどこに保存されているのでしょうか?

iPhone_クリップボード

iPhone標準機能ではクリップボードの保存場所を確認・削除できない

iPhoneの標準機能では、ユーザーがクリップボードに残された情報がどこに保存されているかを確認したり、保存情報を削除したりすることはできません。ただし、公開されている無料アプリを使えば、クリップボードに残された情報の確認・削除を行うことが可能です。

iPhone_クリップボード

iPhoneのクリップボードの履歴を確認・復元できるアプリ【Clip & Paste】

iPhoneのクリップボードに残された情報の履歴を確認・復元できるアプリとして、「Clip & Paste」というアプリがあります。

iPhone_クリップボード

【Clip & Paste】でクリップボードの履歴を確認する方法

「Clip & Paste」を使って、クリップボードに残された情報の履歴を確認する方法を説明します。以下の画面が「Clip & Paste」を立ち上げたときの初期画面です。

iPhone_クリップボード

例として、「メモ」アプリで文字列[AAA]をコピーします。

iPhone_クリップボード

文字列をコピーした後、「Clip & Paste」の画面を開くと、コピーした文字列[AAA]が「History」の欄に追加されています。

iPhone_クリップボード

続けて、「メモ」アプリで文字列[BBB]をコピーします。

iPhone_クリップボード

文字列をコピーした後、「Clip & Paste」の画面を開くと、コピーした文字列[BBB]が「History」の欄の最上段に追加されています。最新のコピー情報を最上段に追加して表示します。

iPhone_クリップボード

【Clip & Paste】でクリップボードの履歴を復元する方法

「Clip & Paste」を使って、クリップボードに残された情報の履歴を復元する方法を説明します。コピーを重ねると、コピーした文字列がコピーした順に「History」に表示されます。通常通りの「ペースト」操作を行うと「History」の最上段にある文字列が貼り付けられます。下の図の場合は文字列[YYY]が貼り付けられます。

iPhone_クリップボード

過去にコピーした文字列を復元して貼り付けたい場合は、復元したい文字列をタップします(下の画像では文字列[ZZZ]を復元しています)。この操作の後、「ペースト」操作を行うと復元した文字列を貼り付けることができます。

iPhone_クリップボード

【Clip & Paste】でクリップボードを一つずつ削除する方法

「Clip & Paste」を使って、クリップボードに残された情報を1つずつ削除する方法を説明します。クリップボードに残された情報を1つずつ削除する手順は、まず、削除する文字列を左に向かってスワイプします。

iPhone_クリップボード

スワイプするとコマンドが現れるので、その中の「Delete」をタップすると選択した文字列を削除できます。

iPhone_クリップボード

【Clip & Paste】でクリップボードを全て削除する方法

「Clip & Paste」を使って、クリップボードに残された情報を全て削除する方法を説明します。クリップボードに残された情報を全て削除する手順は、まず、メイン画面の左上の「Setting」をタップします。

iPhone_クリップボード

切り替わった画面上の「Historyの一括削除」をタップすればクリップボードに残された情報を全て削除できます。

iPhone_クリップボード

【Clip & Paste】の便利な機能

「Clip & Paste」には他にも便利な機能があります。その1つが「Clip」という機能です。過去にコピーした文字列をピックアップして、別の表示欄に固定表示することで、必要なときにいつでもコピー&ペーストができるようになります。「Clip」機能の使い方は、まず、選択する文字列を左に向かってスワイプします。

iPhone_クリップボード

スワイプするとコマンドが現れるので、その中の「Clip」をタップします。

iPhone_クリップボード

選択した文字列が「Clip」の欄に移動します。これで選択した文字列は固定表示されるので、必要なときに文字列をタップすればいつでもコピー&ペーストできます。

iPhone_クリップボード

他の「Clip & Paste」の便利な使い方として、iPhoneの「ウィジェット」に「Clip & Paste」を追加して、「Clip & Paste」のアプリ機能を利用するという使い方です。「ウィジェット」に追加する手順は、まず、iPhineのホーム画面を右に向かってスワイプします。

iPhone_クリップボード

画面が切り替わり、iPhoneの「ウィジェット」が表示されるので、下方にスライドします。

iPhone_クリップボード

最下方にある「編集」のボタンをタップします。

iPhone_クリップボード

「ウィジェット」に追加するコンテンツを選択する画面が表示されるので、一覧から「Clip & Paste」を探し、「+」マークをタップします。

iPhone_クリップボード

「ウィジェット」に「Clip & Paste」が追加されます。これで「Clip & Paste」の機能を使うときはアプリを立ち上げなくても、スワイプして「ウィジェット」から「Clip & Paste」の機能を利用するという使い方ができます。

iPhone_クリップボード

iPhoneのクリップボードの履歴を簡単に削除できるアプリ【Clearboard】

他に、iPhoneのクリップボードに残された情報の履歴を簡単に削除できるアプリとして、「Clearboard」というアプリがあります。

iPhone_クリップボード

「Clearboard」を立ち上げると、自動的に5秒のカウントが始まります。

iPhone_クリップボード

5秒後に「Clear!」というメッセージが表示され、クリップボードに残された情報の履歴が削除されます。また画面上の「Option」をタップすると詳細設定ができます。

iPhone_クリップボード

「Style」をタップすると、カウントダウンのイメージ画像のスタイルを選択できます。「Countdown」をタップすると、クリップボード情報の消去前の秒数(カウントダウン)を設定できます。

iPhone_クリップボード
ThumbiPhoneのコントロールセンターの使い方と表示のカスタマイズ方法を解説!
iPhoneを使う上でぜひ覚えておきたいコントロールセンターの使い方と、コントロールセンター...

Macユーザーにおすすめのクリップボード機能

iPhoneユーザーの中でMacをメインコンピュータとして使っている人は、便利なクリップボード機能が用意されています。「ユニバーサルクリップボード」という機能です。

iPhone_クリップボード

【ユニバーサルクリップボード】を使えばクリップボードが共有可能

「ユニバーサルクリップボード」機能を使えば、iPhoneのクリップボードをMacに連携できます。自分のApple IDで紐づけて、クリップボードに残されている情報を共有できるようになります。Macの使用頻度が多い人にとっては便利な機能です。

iPhone_クリップボード

ただし、「ユニバーサルクリップボード」機能を利用するにはいくつかの条件があります。まず大前提として、Mac OSは「Sierra(10.12)」以降、iPhoneOSは「iOS10」以降にアップグレードされていなくてはいけません。

iPhone_クリップボード

また、Macの対応機種も決まっています。対応機種は、MacBook(Early 2015以降)、MacBook Pro(2012以降)、MacBook Air(2012以降)、Mac mini(2012以降)、iMac(2012以降)、Mac Pro(Late 2013)になります。

iPhone_クリップボード

上記のOS・ハードウェアの条件を満たした上で、それぞれの端末で設定が必要になります。Mac の「システム環境設定」と iOS デバイスの「設定」で、Wi-Fi・Bluetooth・Handoff の設定をそれぞれオンに設定します。また、MacとiPhineの両方で、同じApple IDを使用してiCloudにサインインしなくてはいけません。

iPhone_クリップボード

また、MacとiPhoneでBluetoothの設定をオンに設定していても、ペアリングしないと「ユニバーサルクリップボード」がうまく機能しないことがあるようです。

iPhone_クリップボード

「ユニバーサルクリップボード」機能がうまく働いているときは、「ペースト」操作をした際、文字の貼り付けに若干のタイムラグがあります。

iPhone_クリップボード
ThumbiPhoneアプリ(150MB以上)をWi-Fiなしでアップデートする方法!
iPhoneは150MB以上の大容量のソフトウエアのアップデートやアプリのダウンロードはWi...

iPhoneのクリップボードを使いこなそう!

iPhoneのクリップボードを使いこなしましょう!iPhoneのクリップボードに残されている情報が、どこに保存されているのか分からなくても、無料アプリの使い方をマスターすれば、iPhoneのクリップボード機能を管理でき、自分の都合に合わせたクリップボードの使い方が可能になります。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
KOUSUKE
困ったときに役に立つ情報、今気になっている情報をピックアップして分かりやすく解説していきます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ