「iPhoneを探す」は相手に通知でバレる!通知しない・バレない設定方法があるかを解説!

iPhoneを失くしてしまった時に便利な「iPhoneを探す」という機能。相手の現在地を確認したい時、「iPhoneを探す」を使うと相手にバレるのでしょうか?この記事では相手にバレるのか、また実際に利用する際の手順について紹介します。

「iPhoneを探す」は相手に通知でバレる!通知しない・バレない設定方法があるかを解説!のイメージ

目次

  1. 1「iPhoneを探す」は相手にバレる?
  2. 「iPhoneを探す」の使い方
  3. 2「iPhoneを探す」で相手にバレる原因
  4. 2ファクタ認証
  5. メールの通知
  6. 3「iPhoneを探す」で相手にバレないようにするには?
  7. 2ファクタ認証を回避する方法
  8. メール通知は履歴に残ってしまう
  9. 4「iPhoneを探す」はバレる!浮気調査には不向き
  10. iPhoneを探すの機能でできること
  11. 浮気調査をするなら他のアプリを利用しよう
  12. 5「iPhoneを探す」は相手にバレるので注意!

「iPhoneを探す」は相手にバレる?

iPhoneを探すの画像

「iPhoneを探す」は相手にバレてしまうのでしょうか。まずは「iPhoneを探す」という機能から説明します。「iPhoneを探す」という機能は、盗難や紛失などでiPhoneを失くしてしまった時にGPS機能を使うことでiPhoneのある場所を検索したり、アラートなどの盗難防止機能を起動させることができる便利な機能のことです。

iPhoneを探すの画像

単にiPhoneの現在ある場所を検索・特定するだけでなく盗難防止機能もあるため、「iPhoneを探す」を作動させた場合少なからず何らかの通知がiPhone側に届くようになっています。では、まず「iPhoneを探す」の使い方について説明します。

「iPhoneを探す」の使い方

iPhoneを探すの画像

では早速「iPhoneを探す」を使えるようにする手順を紹介します。「iPhoneを探す」を利用可能にしておくことで、実際自分のiPhoneが盗難・または紛失してしまった時にどこにあるのか探す手がかりになります。特別な事情がない限り「オン」にしておいて損はないでしょう。

iPhoneを探すの画像

【iPhone側】「iPhoneを探す」機能を利用するには、まず「設定」→「iCloud」をタップします。

iPhoneを探すの画像

【iPhone側】次に「iPhoneを探す」をオンにします。

iCloudにログインする

iPhoneを探すの画像

【PC・またはタブレット側】別端末でiCloudにログインする必要があるので、「iCloud.com」のサイトを検索→探したいiPhoneのApple IDでログインしましょう。「2ファクタ認証」がオンになっている場合、ログインすると該当のApple IDと連携されたiPhoneに認証コードが表示されます。

iPhoneを探すで位置情報を検索する

iPhoneを探すの画像

ログインすると上記画像の画面に遷移します。「iPhoneを探す」をタップすると、探したいiPhoneの位置情報を地図とともに表示することができます。

ThumbAndroidスマホで「iPhoneを探す」を使う方法!iCloudでログインするには?
iPhoneには、「iPhoneを探す」をいうアプリを聞いたことはありますか。iPhoneか...

「iPhoneを探す」で相手にバレる原因

iPhoneを探すの画像

「iPhoneを探す」を使っていることが相手にバレる原因とは何なのでしょうか?実は「iPhoneを探す」に通知機能がついているため、相手にメールでの通知やAppleIDを求めることがあるのです。浮気しているのでは?と疑い「iPhoneを探す」を利用することによって相手にバレてしまっては意味がありません。

毎回通知が行くのかというと、実は相手に毎回通知が行くわけではありません。では、どのタイミングでどのような通知がいくのか、通知がいく条件を紹介します。

2ファクタ認証

iPhoneを探すの画像

相手にバレてしまう大きな原因は「2ファクタ認証」ではないでしょうか。別端末でiCloudにログインする際に、iPhoneにポップアップで送られた6桁の認証コードを入力しなければ進めないようになっています。「iPhoneに6桁の認証コードがポップアップで送られる」時にバレてしまいます。

iPhoneを探すの画像

通知が送られるのは「iPhoneを探す」を使用するタイミングではありません。iCloudにログインするタイミング・初めて使用する端末/しばらく使用しておらず直近の履歴にないブラウザからのログインだと通知が行く可能性が非常に高いようです。断定はできませんが、直近のログイン履歴などから通知しないのかどうか判断している可能性があります。

極力履歴に残っていると思われる同じ端末・ブラウザからログインするようにしましょう。

メールの通知

iPhoneを探すの画像

次にバレる原因としてあげられるのが「メール通知」です。「iPhoneを探す」機能を使った時に、Apple IDに登録されているメールアドレスへ通知メールが届きます。メールの内容は「iCloudへのサインインにApple IDが使われました」「身に覚えがなければApple IDを変更して下さい」という内容になっています。

メールの内容自体は「iPhoneを探す」を利用しているとはわからない内容ですが、何らかの通知が届いてしまうことには変わりはありません。浮気調査などに感づかれてしまう恐れがあります。

「iPhoneを探す」で相手にバレないようにするには?

iPhoneを探すの画像

相手に通知がいくタイミングについて紹介してきましたが、浮気調査やちょっと現在地を知りたい時など相手に通知しないで「iPhoneを探す」を利用したい時もあります。では相手にバレない状態で「iPhoneを探す」を利用する方法はないのでしょうか。

2ファクタ認証を回避する方法

iPhoneを探すの画像

「2ファクタ認証」を通知しないようにする方法はあるのでしょうか。その方法とは「iPhoneを探す」に使用するデバイスをiCloudに信頼してもらうということです。信用されるデバイスからのログインだとiPhoneに通知しないようにすることが可能です。条件としては①Mac/iOSを使用、②2ファクタ認証済みであることです。

先ほど説明した「iPhoneを探す」の利用開始手順にそってiCloudへのログイン、2ファクタ認証まで済ませましょう。これでiPhoneへ通知しないようにでき、「iPhoneを探す」の利用をバレないようにすることができます。

iPhoneを探すの画像

この方法を行う際の注意点は、相手のiPhoneに通知しないためにはログイン履歴を定期的に残しておく必要があるという点です。履歴上一定期間ログインされていないと信頼されなくなり、再度2ファクタ認証が必要になってしまいます。

メール通知は履歴に残ってしまう

iPhoneを探すの画像

Appleの仕様変更により、別端末でiCloudにログインし「iPhoneを探す」を利用した場合、「iCloud へのサインインにApple IDが使用された」というような内容のメールがApple ID登録メールアドレスへ通知されるようになりました。そのため、自分で消さない限りメール通知が履歴に残ってしまいます。

iPhoneを探すの画像

以前はメール通知はなかったのですが、近年アカウント乗っ取りや不正使用が多発しているためApple側でのセキュリティ強化の一環で変更されました。メール通知は履歴に残ってしまうので、「iPhoneを探す」をバレない状態で使用するのは不可能に近いでしょう。

「iPhoneを探す」はバレる!浮気調査には不向き

iPhoneを探すの画像

「iPhoneを探す」を使うと相手のiPhoneの位置情報が分かることから、浮気調査に使えるのでは?と考える方もいるでしょう。ですが、先ほど説明した通り「iPhoneを探す」を使用すると通知が届いてしまうため相手にバレずに利用するのは難しく、浮気調査には不向きでしょう。

通知しないかどうかや、相手にバレないかと不安になりながら利用するより、​​​​​​「iPhoneを探す」には実際の生活で使える便利な機能があります。ここでは「iPhoneを探す」機能でできることを紹介します。

iPhoneを探すの機能でできること

iPhoneを探すの画像

「iPhoneを探す」では位置情報取得以外に何ができるのでしょうか?この記事の内容にある、浮気調査でバレる・バレない?という内容からはそれますが、実は位置情報を取得できる以外にも便利な機能がたくさんあります。では、各機能について紹介していきます。

アラーム

iPhoneを探すの画像

「iPhoneを探す」でできることの1つに「アラーム」機能があります。この機能の特徴は、iPhoneから防犯ブザーをかなりの大きさの音量で鳴らすことができる点です。どのような場合に便利かというと、iPhoneのある場所の近くにいるものの見当たらない場合や、盗難相手への攻撃に効果的です。マナーモードでもアラーム機能は使えます。

紛失モード

iPhoneを探すの画像

紛失した場合、「紛失モード」を使ってiPhoneにロックをかけることが可能です。ロックをかけることで現在iPhoneを持っている相手に操作ができないようにするだけでなく、「緊急連絡先」や「〇〇に届けて欲しい」など任意で画面上にメッセージを表示させることができます。

Thumb「iPhoneを探す」の紛失モードの使い方と機能の設定/解除方法を解説!
「iPhoneを探す」の紛失モードとは紛失したiPhoneにパスワードロックをかけ、ロック画...

初期化

iPhoneを探すの画像

どう探してもiPhoneが見つからなかった場合、iPhoneのデータを完全に初期化することができます。見つかる当てがない場合の最終手段です。どうしても見つからない場合は「初期化」機能を使って完全にデータを削除することで、連絡先などの個人情報や自分自身の情報を削除し、情報漏洩を防ぐことが可能です。

ThumbiPhone盗難・紛失時の「iPhoneを探す」の使い方とやるべきことを解説!
iPhoneユーザーの方は必見です。お持ちのiPhoneが盗難または紛失した場合の対処法であ...

浮気調査をするなら他のアプリを利用しよう

iPhoneを探すの画像

これまで説明してきたように、相手にバレないで「iPhoneを探す」を使うことは出来なくなりました。他に相手の位置情報を知る方法はないのでしょうか。

iPhoneを探すの画像

おすすめはApple純正アプリ「友達を探す」です。このアプリは相手のiPhoneにも認証、つまり利用同意が必要なものの、お互い同意の上利用できるので通知などもありませんし、堂々と相手の位置情報をリアルタイムで確認することができます。「友達を探す」アプリは、GPSを使って夫婦お互いの位置確認や子供の居場所を把握する場合に便利です。

お互いの利用同意が得られるのであれば、簡単に位置情報を取得できるのでぜひ使ってみましょう。

「iPhoneを探す」は相手にバレるので注意!

iPhoneを探すの画像

iPhoneを持っていれば必ず搭載されている機能のため、交際相手の位置確認使えるのでは?と思われがちですが、乗っ取り防止や不正アクセスなどセキュリティー観点から、「iPhoneを探す」を利用する際には何らかの通知が行ってしまうため、相手にバレずに使用するのは難しいと考えた方が良いでしょう。

「iPhoneを探す」は相手にバレずに使用することは難しいものの、アラート機能や盗難・紛失の際の現在位置検索など本来の機能は大変便利なものです。万が一の時に利用できるよう自分の「iPhoneを探す」をオンにして備えましょう。

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
藤本裕紀代
よろしくお願いいたします

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ