iPhoneでのNFC設定方法!便利な使い方や対応機種・機種別の違いなど解説!

iPhoneでのNFC設定方法について解説します。また、iPhoneのNFC機能の便利な使い方や対応機種・機種別の機能の違いなどもレビューします。iPhoneの機種ごとにNFC機能に違いがあることを認識しておけば、使い方・対応を間違えることはありません。

iPhoneでのNFC設定方法!便利な使い方や対応機種・機種別の違いなど解説!のイメージ

目次

  1. 1iPhoneのNFCとは?種類は3つ!
  2. FeliCa
  3. Type-A
  4. Type-B
  5. 2iPhoneでのNFCの設定方法
  6. 対応機種と機能の違い
  7. 設定手順
  8. 3iPhoneでのNFCの使い方
  9. NFCのチップが埋め込まれている位置
  10. iPhoneで支払いをする
  11. 4iPhoneでNFCを便利に利用する方法
  12. Apple Pay
  13. Suica
  14. 5iPhoneでNFCを設定して利用しよう

iPhoneのNFCとは?種類は3つ!

「NFC」という名前を聞いたことがなくても、恐らく誰もが一度は「NFC」使ったことがあるはずです。店頭で電子カードをかざして決済したり、乗り物の改札でSuicaなどをかざして改札口を通ったりしたことがあれば、それが「NFC」です。

上記のように、カードなどに埋め込まれたICチップを読み取り端末に近づけることで通信できる技術のことを「NFC」と言い、「NFC」とは、近距離無線通信の規格の1つで「Near Field Communication」の略語です。「NFC」は、元々、日本のソニーとオランダのフィリップスが共同開発した技術です。

実は「NFC」自体に規格がいくつかあり、それらの規格の使い分け・対応で混乱することがあります。

例えば、日本で普及している「おサイフケータイ」は「NFC」の規格の1つですが、iPhoneでは利用できません。では、iPhoneに「NFC」の機能が装備されていないのかと言えば、別の「NFC」規格が装備されています。

そうした諸々の状況を含め、今回はiPhoneでのNFC設定方法・使い方についてレビューします。まずは、NFC規格の種類から解説します。主に利用されている規格は3種類あるので、違いをよく理解しましょう。

FeliCa

日本で最も多く利用されているNFC規格は「FeliCa」です。「FeliCa」は「NFC」と区別して語られることが多いようですが、厳密に言えば「FeliCa」は「Type-F」というNFC規格の1つです。Sonyが開発した規格で、通常のNFC規格との違いは2倍の速度で読み取りを行えるという点です。

国内製造のAndroidスマホだけが利用できる「おサイフケータイ」はこの「FeliCa」で管理されています。Suicaや電子決済カードのEdyも「FeliCa」が利用されています。「FeliCa」の普及は日本国内がメインであったため、基本的に海外のAndroidスマホには搭載されていません。iPnoneは「iPnone7」以降から搭載されています。

Type-A

国際的に広く利用されているNFC規格の1つが、「Type-A」です。日本では、タバコを自動販売機で購入する際に利用する電子カード「Taspo」で採用されています。

Type-B

もう1つ、国際的に広く利用されているNFC規格が「Type-B」です。日本では、一般的なICカード(運転免許証・パスポート)のチップに利用されています。また、個人番号カード・住民基本台帳カードにも「Type-B」が利用されています。

Thumb NFCとは?AndroidスマホでのNFCの使い方やオフにする設定方法を解説!
NFCとは、近距離でかざすだけデータ通信が行える機能のことです。NFCは電子マネーカードにも...

iPhoneでのNFCの設定方法

次に、iPhoneでのNFCの設定方法について解説します。

対応機種と機能の違い

iPhoneでNFCを設定する場合、iPhoneの機種によって設定できる内容に違いがあります。

iPhone6以降

iPhoneにNFCが導入されたのはiPhone6以降になります。そのためiPhone6より前の機種に関してはNFC機能が装備されていないので設定ができません。また、iPhone6以降の機種で、iPhone5のサイズの復刻版ともいえる「iPhoneSE」という機種がありますが、この「iPhoneSE」もNFC機能が装備されていないので注意しましょう。

iPhone6には、NFC機能として、Type-AとType-Bのカードエミュレーションが搭載されています。海外ではこのNFC機能でiPhoneの電子決済機能「Apple Pay」を利用できますが、国内では規格が合わないため、iPhone6で「Apple Pay」は利用できません。

iPhoneSEについて

「iPhoneSE」は現在でも人気がある機種で、格安SIMの携帯キャリアの中には今でも選択機種の1つに「iPhoneSE」を加えています。

「iPhoneSE」の人気の秘密は、iPhone5と同じサイズ感です。iPhoneに限らず、スマホは機能の進化とともに本体の大きさも大きくなりましたが、逆に「iPhoneSE」のようなコンパクトサイズを好むユーザーが一定の割合で存在します。

「iPhoneSE」は、画面は小さいですが片手で簡単に操作できるので、確かに魅力的な機種ではあります。しかし、NFC機能に関しては完全に非搭載なので、お手軽操作で便利に使えるとはいえ、機能的に限界があります。

iPhone7以降

iPhone7以降になると、NFC機能として「FeliCa」が追加で搭載されました。そのため、iPhone7以降ではSuicaを利用できるようになりました。ただし、おサイフケータイやEdyをiPhoneで利用する場合は、iPhoneのみでは利用できず、外部デバイス(パソリなどのICカードリーダー)を併用する必要があります。

iPhone7以降、iPhoneに「FeliCa」が導入され、国内でもiPhoneを使って電子決済できるようになりましたが、あくまで国内の規格である「おサイフケータイ」ではなく、Apple Payに「FeliCa」の規格が追加されたという解釈になります。Suicaの利用も、Apple Payの「FeliCa」規格にSuica機能を載せた(エミュレーションした)かたちになります。

設定手順

次に、iPhoneに搭載されているNFC機能を有効に設定する方法・手順を解説します。

Touch IDを有効化

iPhone6・iPhone7・iPhone8シリーズの機種で、iPhoneのNFC機能を有効にするにはTouch IDを有効化する必要があります。iPhoneのホーム画面から「設定」→「Touch IDとパスコード」に進み、手順に従って指紋認証を行えば、iPhoneのTouch IDを有効化できます。

iPhoneのNFC機能を有効に設定する方法

Face IDを有効化

iPhoneX以降の機種でNFC機能を有効にするには、iPhoneのFace IDを有効化する必要があります。iPhoneのホーム画面から「設定」→「Face IDとパスコード」に進み、手順に従って顔認証を行えば、iPhoneのFace IDを有効化できます。

ThumbApple PayにICOCAは登録できない!関西でモバイルSuicaを使うメリットなど解説!
Apple Payに電子マネーやクレジットカードは登録していますか。電子マネーには、ICOC...

iPhoneでのNFCの使い方

次に、iPhoneのNFC機能の使い方について解説します。

NFCのチップが埋め込まれている位置

まず、iPhoneのNFCのチップが埋め込まれている位置を把握しておきましょう。iPhoneの場合、NFCのチップは背面に埋め込まれています。そのためApple PayやSuicaを利用するときは、NFCのチップが埋め込まれている背面を、NFC用の読み取り機にかざすようにしましょう。

iPhoneで支払いをする

iPhone7以降の機種であれば、国内で、NFC機能による「ApplePay」を利用できます。「Wallet」アプリにクレジットカードを登録して、店舗などに設置してあるNFC用の読み取り機にiPhoneをかざせば、ApplePayでNFC機能による電子決済を行えます。

ThumbApple Pay対応カード一覧!アップルペイが使えるクレジットカードのおすすめは?
iPhoneに対応するクレジットカードを登録して使えるApple Payは、店頭で電子マネー...

iPhoneでNFCを便利に利用する方法

次に、iPhoneでNFCを便利に利用する方法を解説します。iPhone7以降の機種に、日本国内で普及しているNFC規格「FeliCa」が導入されたため、日本のiPhoneユーザーはiPhoneの便利なNFC機能を国内で活用できるようになりました。

Apple Pay

日本国内でiPhoneのNFC機能が解禁になったことで、まず便利に活用できるようになった機能が「ApplePay」です。

iPhoneのApplePayの便利な点としては、「おサイフケータイ」ではクレジットカードを1つしか登録できませんが、ApplePayは「Wallet」アプリで複数のクレジットカードを登録して、自分の都合に合わせて使い分けることができます。

また、「おサイフケータイ」はネットショッピングには未対応ですが、ApplePayはネットショッピングにも対応しています。

上記の点からも、ApplePayは一度クレジットカードを登録しておけば、その後の支払いは全てiPhoneだけで済ませられるという利便性があります。サイフやクレジットカードを持ち歩かなくてもiPhoneだけで買い物を済ませられます。

Suica

iPhoneのNFCでSuica機能を装備する方法

出典: https://support.apple.com/ja-jp/HT207155

Suicaの機能をiPhoneで賄えるというのも便利なNFC機能です。既にSuicaカードを持っている場合は、iPhone上のモバイルSuicaに引き継げますし、新規でiPhoneを使ってSuicaを発行することもできます。いずれにしろ、iPhoneのNFC機能のおかげで、Suicaカードを持ち歩かなくてもiPhoneだけで乗り物の改札を通ることができます。

ThumbiPhone SEでApple Payは使える?対応アプリ/Apple Watch連携で使用可能!
iPhone SEで利用できる「Apple Pay」について紹介します。「Apple Pay...

iPhoneでNFCを設定して利用しよう

iPhoneの機種ごとにNFC機能に違いがあることを認識し、iPhoneのNFC機能の使い方をマスターして、iPhoneのNFC機能を便利に活用しましょう。

iPhoneにNFC機能が導入されたのはiPhone6以降で、国内でNFC機能を利用できるのは「FeliCa」が導入されたiPhone7以降であることを理解しておけば、NFCの使い方・対応を間違えることはありません。また、iPhone6以降の機種でもiPhoneSEにはNFC機能が搭載されていないことも、合わせて覚えておきましょう。

また、iPhoneのNFC機能を有効化するには、iPhone6・iPhone7・iPhone8シリーズであれば「Touch ID」を、iPhoneX以降であれば「Face ID」を有効に設定する必要があることを留意しておきましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
KOUSUKE
困ったときに役に立つ情報、今気になっている情報をピックアップして分かりやすく解説していきます。