iPhoneカメラが真っ暗で使えない!原因と対処法をソフト/ハード両方の観点から解説!

iPhoneでの撮影は、手軽にキレイな写真が撮れてとても便利ですが、いざカメラで撮影しようとすると、カメラの画面が真っ暗で使えないために困ってしまうことがあります。今回は、そんな風にiPhoneのカメラが真っ暗になったときの原因と対処法について説明します。

iPhoneカメラが真っ暗で使えない!原因と対処法をソフト/ハード両方の観点から解説!のイメージ

目次

  1. 1iPhoneのカメラが真っ暗な原因はソフト側かハード側かを簡単確認!
  2. iPhoneのソフト側の問題でカメラが真っ暗なら
  3. iPhoneのハード側の問題でカメラが真っ暗なら
  4. 2iPhoneのカメラが真っ暗になる意外な原因
  5. カメラのレンズがふさがっている?
  6. 暑すぎたり寒すぎたりする?
  7. 3ソフト側が問題でiPhoneのカメラが真っ暗な時の対処法
  8. 対処法その1 カメラアプリの再起動
  9. 対処法その2 iPhoneの再起動
  10. 対処法その3 OSのアップデート
  11. 対処法その4 リカバリーモードでiPhoneを初期化
  12. 対処法を全部試してもダメなら真っ暗な原因はハード側
  13. 4ハード側が問題でiPhoneのカメラが真っ暗な時の修理方法
  14. 修理方法その1 Apple Care+でエクスプレス交換
  15. 修理方法その2 Apple Storeで配送・持ち込み修理
  16. 5真っ暗になったiPhoneのカメラをすぐ修理したければ
  17. 修理業者に持ち込む
  18. 6カメラが真っ暗になったiPhoneを買い替えるのが最速!
  19. 買い替えなら使えない期間がゼロで問題も少ない
  20. 7iPhoneのカメラが真っ暗になっても対処法はあるから安心

iPhoneのカメラが真っ暗な原因はソフト側かハード側かを簡単確認!

iPhone 11 Proのカメラ

出典: https://www.apple.com/jp/shop/buy-iphone/iphone-11-pro

iPhoneのカメラで撮影する際、カメラの画面が真っ暗になって使えないときがあります。そんなときには、大きく分けて3つの原因が考えられます
 

  1. iPhoneのソフトに原因があってカメラが使えない
  2. iPhoneのハードに原因があってカメラが使えない
  3. iPhoneのアクセサリなど意外なところに原因があってカメラが使えない

本記事では、まずはそれぞれの原因について触れたのち、iPhoneのカメラが真っ暗になったときの対処法をお伝えします。最初にお伝えするのは、iPhoneのカメラが真っ暗になって使えない状態になったときの、主な原因です。

iPhoneのソフト側の問題でカメラが真っ暗なら

真っ暗なカメラアプリ

iPhoneのカメラが真っ暗になった場合の原因として、まず考えられるのがiPhoneのソフト側、つまりカメラアプリかiOSに原因があるということです。

カメラアプリが原因でカメラが使えない?

カメラのアイコン

iPhoneのカメラが真っ暗になる場合、ほかのカメラアプリやFaceTime、LINEなどではカメラではしっかりとカメラに画像が映るようなら、ソフト側であるカメラアプリに問題があると断定していいでしょう。

またメインカメラとインカメラを切り替えて、片側だけで問題が発生する場合は、カメラアプリが原因でない可能性があります。ほかのカメラアプリやFaceTime、LINEなどでも、iPhoneのカメラアプリと同じ片側のカメラのみで問題が発生するようなら、これはカメラのハード側の問題を疑うべきです。

iOSが原因でカメラが使えない?

カメラアプリでのみカメラが真っ暗になるのではなく、ほかのアプリでもカメラが真っ暗になるという段階では、カメラアプリが原因ではないと思えるだけで、まだ原因がiPhoneのソフト側にあるのか、ハード側にあるのかを断定できません。ひとまずはiPhoneのソフト側、つまりカメラアプリを起動するiOSに原因があると考えて、iOS上での解決を試みます

もしソフトのほうで手を尽くしてもカメラ真っ暗問題が解決しないとなると、いよいよiPhoneのハードに問題があると考えることになります。

iPhoneのハード側の問題でカメラが真っ暗なら

iPhoneのソフト側の問題ではないとなったところで、iPhoneのハード側の原因に当たっていきます。といっても、ここから先はiPhoneユーザーでは対応できないため、Appleや正規サービスプロバイダへの修理依頼という対処法を採ることになります。

iPhoneの断線が原因でカメラが使えない?

壊れたiPhone

iPhoneでカメラが真っ暗で映らない場合のハード側の原因としては、まずレンズやカメラは問題ないにもかかわらず、カメラ部分とiPhoneの本体基板との間で断線が起きて信号がやり取りできなくなったというものが考えられます。またカメラからの信号は生きていても、iPhoneの本体基板に問題が発生しているという可能性もあります

カメラやレンズが原因でカメラが使えない?

カメラのレンズ

一方、カメラのセンサー部分やレンズ部分が原因となって、iPhoneのカメラが真っ暗になっている可能性もあります。センサー部分に問題が生じた場合はiPhoneユーザーにはわかりませんが、レンズの表面に酷い傷がついていたりゴミがついていたりすれば、原因だけは判明するかもしれません。

ThumbiPhone標準カメラの設定と使い方を解説!カメラ便利な機能も紹介!
本記事ではiPhoneの標準カメラの設定方法や使い方を解説します。iPhoneユーザーでも、...

iPhoneのカメラが真っ暗になる意外な原因

iPhone 11 Proのカメラ

出典: https://www.apple.com/jp/shop/buy-iphone/iphone-11-pro

ここまで、iPhoneのカメラがハード的、もしくはソフト的に問題を抱えていた場合のお話をしてきました。しかし、iPhoneのカメラが使えない場合、もっと単純な原因も考えられるのです。

カメラのレンズがふさがっている?

iPhoneのカメラの確認

iPhoneにケースを取り付けている場合、そのケースがズレたり、折り返しの部分がレンズに掛かっていてカメラが使えない状態になることもあります。また、貼っておいたシールがずれてレンズ部分に掛かったり、マニキュアが垂れていたり、時には指でレンズをふさいでいたりといった原因で、カメラが映らなくなっていることもあります

iPhoneのカメラが真っ暗になってパニックに陥ってしまうと、こんな単純なことを見落としてしまうことも少なくありません。いったんiPhoneにつけているケースやフィルムを取り外し、カメラのレンズ表面からエアーブロワーなどでゴミを吹き飛ばしてから、マイクロファイバーのクロスでふき取ってください。この対処法で解決するかもしれません。

暑すぎたり寒すぎたりする?

寒そうな女性

ついついラフに扱いがちですが、iPhoneは精密なコンピュータでもあります。そのため正常動作を保証されているのは、-20~45℃の範囲で、極端な低高温の下では、ハードにストレスが掛かって正常に動作しなくなります。特に夏に車中に置いておくと、iPhoneの温度は60度を超えることもあり、カメラが真っ暗になったり熱暴走して動かなくなったりします。

反対に温度が低くなり零下をかなり下回った状況では、電池が本体を動かすに足りるだけの放電ができず、iPhoneのハードの動作が不安定になります。低温の場合も高温の場合も、iPhoneが使えない状態になる前に人間のほうが使えないようになるのが普通ですが、iPhone利用時の温度にも気をつけてください

ThumbiPhoneカメラのライブフォト機能の使い方!動く写真の撮影・編集方法を解説!
皆さんはiPhoneのカメラ機能「ライブフォト」の使い方をご存じでしょうか?「ライブフォト」...

ソフト側が問題でiPhoneのカメラが真っ暗な時の対処法

iPhone 11 Proのカメラ

出典: https://www.apple.com/jp/shop/buy-iphone/iphone-11-pro

さて、前章でケアレスミスをチェックしたところで、いよいよiPhoneのカメラが真っ暗になったときの対処法を説明します。まずは、iPhoneにソフト的な問題があったときの対処法です。

対処法その1 カメラアプリの再起動

カメラアプリの再起動

最初にやるべきことは、カメラアプリの再起動です。この再起動というのは、ただ単にカメラアプリからほかのアプリに切り替えて、またカメラアプリを起動するという意味ではなく、しっかりカメラアプリをマルチタスクリストから強制終了させて、その上でアイコンをタップしてカメラアプリを再起動する、という意味です。

マルチタスクリストを表示するには、
 

  1. ホームボタンがあるiPhone……ホームボタンをダブルタップ
  2. ホームボタンがないiPhone……画面下から画面中央に向かってスワイプ

します。その上で、カメラアプリを上にスワイプして強制終了し、その上であらためてカメラアプリを再起動させてください。

iPhone Xシリーズのアプリ強制終了

出典: https://support.apple.com/ja-jp/HT201330

対処法その2 iPhoneの再起動

iPhoneの再起動

カメラアプリを再起動させても事態が改善しないのであれば、次なるソフト的対処法はiPhoneの再起動、つまりはiOSの再起動です。iPhoneを再起動するには、いったんiPhoneの電源を切ったあとで、もう一度iPhoneの電源を入れ直します。iPhoneの電源を切るには、
 

  1. ホームボタンがあるiPhone……サイド、もしくは上部の電源ボタンを長押し
  2. ホームボタンがないiPhone……サイドの電源ボタンと音量ボタンのいずれかを同時に長押し

した上で、表示される「スライドで電源オフ」のスライダをドラッグします。iPhoneの電源が切れたら、あらためて電源ボタンをAppleロゴが表示されるまで長押しします。これでiPhoneが再起動され、メモリのゴミがキレイに処理されます。

iPhoneの電源ボタンと音量ボタン

出典: https://support.apple.com/ja-jp/HT201559

対処法その3 OSのアップデート

iOSのアップデート

iPhoneを再起動してもカメラの画面が真っ暗なままだとすると、そろそろ問題は深刻になってきます。ソフト的な次の対処法として、iOSを最新バージョンにアップデートします。「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」と進み、アップデートがあれば「ダウンロードしてインストール」を選んでソフトウェア・アップデートしてください

iOSの不具合がこのアップデートで修正されていて、カメラの真っ暗問題が解決されるかもしれません。もし、すでにiPhoneのOSが最新バージョンになっていたり、アップデートしても問題解決しなかったりする場合は、いよいよ最後の手段の出番です。

対処法その4 リカバリーモードでiPhoneを初期化

iOSのアップデートでもiPhoneのカメラが真っ暗なままなら、ソフト的な最後の対処法として、リカバリーモードでiPhoneを強制的に初期化します。リカバリーモードを利用するにはiPhone以外にWindowsやMacといったパソコンが必要です。パソコンが手許にない場合は、友人に借りるかネットカフェを使う必要があります。

リカバリーモードでiPhoneを初期化すると、iPhoneに入っているデータはすべて消えてしまいますので、あらかじめバックアップを取る必要があります。なお、iPhoneをリカバリーモードで初期化する手順については、以下のリンク先の記事を参考にしてください。

ThumbiPhoneのリカバリーモードのやり方と解除方法!ループから抜け出すには?
iPhoneを使っていて不都合が生じたときに手助けになるのがiPhoneのリカバリーモードで...

初期化する前にバックアップを忘れない!

iPhoneを初期化する前には、iPhoneのデータをバックアップしておかなければなりません。そのためにはまずWi-Fiが使える環境下で、できれば電源を確保した上で「設定」を立ち上げ自分のアカウントをタップし、「iCloud」を選択します。

iPhoneのバックアップ(iCloud)01

その上で「iCloudバックアップ」をタップし、「iCloudバックアップ」をオン(緑色)にした上で「今すぐバックアップを作成」を選択してください。

iPhoneのバックアップ(iCloud)02

バックアップが初めてだと、ここからかなり時間がかかりますが、毎日のようにバックアップしているのであればiCloudへのバックアップは数分で終了します。しかし、ここでバックアップを終えたのは主なアプリのデータ類のみです。iCloudに保存していない写真や、パソコンのiTunesに残っていない音楽や録音データは初期化すると消えてしまいます

そこで、iCloudに余裕があればiCloudにそうでなければGoogleフォトやGoogleドライブなどにデータをバックアップしておかなければなりません。また、LINEのトークのデータなどは、アプリのほうでバックアップを取っておかないと初期化したiPhoneにデータを戻すことができませんバックアップの取りこぼしに注意してください。

対処法を全部試してもダメなら真っ暗な原因はハード側

うまくいかないイメージ

iPhoneをリカバリーモードで完全初期化して、iPhoneを再起動してもカメラが真っ暗なままだとすれば、もはやソフト的な対処法は尽きました。こうなると、iPhoneのハードに問題があるとして、iPhoneを修理してもらうしかありません

ThumbiPhoneの強制終了・強制再起動する方法を機種別に解説!強制操作の注意点も紹介!
iPhoneの画面がフリーズした時の強制終了・強制再起動の方法についてご紹介してきます。iP...

ハード側が問題でiPhoneのカメラが真っ暗な時の修理方法

iPhone 11のカメラ

出典: https://www.apple.com/jp/shop/buy-iphone/iphone-11

カメラの画面が真っ暗になったiPhoneを修理するなら、そのiPhoneが保証期間内か否か、そしてハード的な問題が自然故障によるものか落下や水没といったあなたの過失や事故によるものかを確認しなければなりません自然故障であれば通常なら1年以内、AppleCare+に加済みなら2年以内であれば、iPhoneは無料で修理・交換できます

修理方法その1 Apple Care+でエクスプレス交換

AppleCare+に加入していると、エクスプレス交換サービスを受けられます。これは新品か新品同様の整備済みiPhoneを宅配便で届けてもらい、その場で故障したiPhoneと交換してもらえるサービスです。そのため、不具合が発生してはいてもまだ使えるiPhoneをギリギリまで使い続けることが可能です。

ただし、宅配便が届いたときに使っていたiPhoneを渡さなければならないので、手許でふたつのiPhoneのデータを転送することはできません。交換用のiPhoneが届くまでに必ずバックアップをとっておく必要があります。特にLINEの場合は、あらかじめバックアップのみならずLINEの引き継ぎまで行っておく必要があります

また、iPhoneのカメラの不具合が自然故障であれば無料で交換されますが、事故や過失によるものなら11,800円(税別)必要です。なお、AppleCare+はiPhone購入後30日以内でなければ加入できません。故障してからAppleCare+に入ろうとしても間に合いませんので、iPhoneの購入時にAppleCare+に加入するべきかを熟慮してください

ThumbiPhoneを新品と交換する方法!Apple Care+のエクスプレス交換の費用は?
画面が割れたiPhoneをだましだまし使っている人をよく見かけます。しかし購入時にApple...

修理方法その2 Apple Storeで配送・持ち込み修理

AppleCare+に加入していない場合は、App StoreやApple正規サービスプロバイダに持ち込み修理をするか、Appleリペアセンターへ送って配送修理する必要があります。当然のことながら、修理の際にはiPhoneは初期化されるか、新品や整備済み製品に交換されますので、修理に持ち込んだり送付したりする前にバックアップが必要です。

Apple Storeでの修理代金

Appleの修理をする人

出典: https://support.apple.com/ja-jp/repair

iPhoneのカメラが真っ暗になった場合の修理料金には、2019年9月現在で以下の3つのパターンがあります。
 

  1. 自然故障で保証期間内の場合……無償でカメラ部品、あるいはiPhoneを交換
  2. 自然故障で保証期間を過ぎている場合……9,612円(税別)でカメラ部品のみ交換
  3. 事故や過失により故障していた場合
    1. iPhone XS Max、iPhone11 Pro Max……64,800円(税別)
    2. iPhone XS、iPhoneX、iPhone11 Pro……59,800円(税別)
    3. iPhone XR、iPhone 11、iPhone 8 Plus……43,800円(税別)
    4. iPhone 8、iPhone 7 Plus……37,800円(税別)
    5. iPhone 7……34,800円(税別)
    6. iPhone 6s Plus、iPhone6 Plus……35,800円(税別)
    7. iPhone 6s、iPhone 6……32,800円(税別)

なお、iPhone 6 Plusのうち、iSightカメラ交換プログラムの対象になったシリアル番号で、購入から4年以内のものについては、保証期間を過ぎていても自然故障であれば無償でカメラ部品を交換してもらえます

Appleリペアセンターでの配送修理の方法

Appleへの配送修理

出典: https://support.apple.com/ja-jp/repair

Apple Storeや正規サービスプロバイダが遠くにあったり、立ち寄る時間がなかったりする場合はAppleリペアセンターでの配送修理を依頼します。

この場合は、フリーダイヤルの0120-993-993に電話をかけて申し込むかAppleのWebサイトで「サポート」タブを選んで「修理サービスオプションを見る」を選択し、「今すぐ修理を申し込む」から、iPhoneの機種や症状を伝えて配送修理を依頼します。すると希望の時刻に宅配便業者がきますので、手許のiPhoneを渡します。

なお、このときまでにiPhoneのバックアップを取っておくことと、アクティベーションロックを無効にすること、そしてSIMカードやケース、保護フィルムを外しておくことを忘れないでください。その後修理料金の見積もりがメールで届きますので、それを承認するとiPhoneが修理・交換され、だいたい1週間でiPhoneが帰ってきます

Apple Storeや正規サービスプロバイダでの持ち込み修理の方法

Apple Storeや正規サービスへの持ち込み

出典: https://support.apple.com/ja-jp/repair

Apple Storeや正規サービスプロバイダでiPhoneを修理する場合も、まずはAppleのWebサイトで「サポート」タブを選んで「修理サービスオプションを見る」を選択し、「今すぐ修理を申し込む」から、iPhoneの機種や症状を伝えて持ち込み修理の予約をします

とはいえ、Apple Store直営店は全国に9店舗、東京・大阪・名古屋・京都・福岡の5都市にしかありませんし、Apple正規サービスプロバイダも全国100店舗ほどで、多くの県では県庁所在地に1店舗あるのみで、山口・島根・鳥取に至ってはApple正規サービスプロバイダが存在していません

したがって場所によってはApple Storeや正規サービスプロバイダへの持ち込み修理はかなり難しいのが現状です。なお持ち込み修理自体は1時間ほどで終わりますので、前後の手続きや余裕などを見込んでも3時間もみておけば十分です。

ThumbiPhoneの配送修理レビュー!期間や料金はどのぐらいかかるか解説!
iPhoneの修理やバッテリー交換はApple正規代理店に持って行くものと信じておられますか...

真っ暗になったiPhoneのカメラをすぐ修理したければ

iPhone 11とiPhone 11 Proのカメラ

出典: https://www.apple.com/jp/shop/buy-iphone/iphone-11

前章でお伝えしたように、時間が合えばカメラが真っ暗になったiPhoneは、Apple Storeか正規サービスプロバイダに持ち込み修理するのが一番早く済みます。ただし、カメラがいますぐ写らなくてもいいのであれば、手許からiPhoneがなくなる時間が実質ゼロのAppleCare+のエクスプレス交換サービスを利用するのが一番です。

しかし、エクスプレス交換サービスですら、Appleから発送された交換品が手許に届くまで2〜3日かかりますし、配送修理では1週間かそれ以上も手許からiPhoneが消えてしまいます。そこで、手っ取り早く真っ暗になったiPhoneのカメラを修理したいのであれば、修理業者に持ち込むのも一つの方法です。

修理業者に持ち込む

多くの修理業者は、Appleの純正修理料金よりも安く、持っていったその日のうちに、1〜2時間でiPhoneを修理してくれますただしお店によって出来不出来、料金の安い高いがバラバラで、非常にお得に修理してもらえることもあれば、安くない料金を払ってまたすぐ故障するということもあります。

また、一度でも修理業者で修理してもらうと、もうAppleや正規サービスプロバイダでの修理は受けられなくなります。そのため、保証期間が切れたiPhoneならばいいのですが、保証期間内の自然故障やAppleCare+の期間内は自然故障や事故・過失による故障の際には、こうした修理業者は利用しないほうが賢明です。

ThumbiPhoneバッテリー交換にかかる時間!Apple Storeやその他の修理業者を比較!
使い方によりますが、iPhoneは1年を過ぎた辺りからバッテリーの保ち時間が短く感じられだし...

カメラが真っ暗になったiPhoneを買い替えるのが最速!

iPhone 11のカメラ

出典: https://www.apple.com/jp/shop/buy-iphone/iphone-11

もしもお金に余裕があるか、カメラが真っ暗になったiPhoneがiOS13でサポートされないiPhone 6/Plusより前の古め機種の場合は、思い切ってiPhoneを買い替える、いや買い増すのも手です。

買い替えなら使えない期間がゼロで問題も少ない

時間を測る女性

新しいiPhoneを買い増しすれば、わざわざバックアップしなくてもその場で新しいiPhoneにデータを転送できます。その上でカメラが真っ暗になったiPhoneを修理すれば、1台をバックアップにできて安心です。もし2台体制が不要であれば、修理から帰ってきたiPhoneをメルカリやヤフオクなどに出すことも可能です。

新しいiPhoneを買うのは一見もったいないように見えますがiPhoneがない生活を何日も送ることを考えると、十分お得な方法と言えます。

ThumbiPhoneの寿命は何年?バッテリーの長持ちさせる方法や買い替えのタイミングは?
iPhoneの寿命は何年か知っていますか?今回はiPhoneの寿命は何年か、またバッテリーを...

iPhoneのカメラが真っ暗になっても対処法はあるから安心

iPhoneを使う女性

以上、iPhoneのカメラが真っ暗になった場合の原因と対処法をお伝えしました。カメラが真っ暗になった原因によって対処法は変わってきますが、本記事に記した対処法を順に行っていけば問題は解決します。ただし、いざというときのためにバックアップだけは常日ごろから取っておいてください。そうすれば、問題は半分解決したようなものです。

ThumbiPhoneのバッテリーを無料で交換する方法!Apple Care+の保証を使おう!
iPhoneのバッテリーの保ちが悪くなるとバッテリー交換したくなります。iPhoneの新品購...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
julyten
PDAの頃から携帯機器やPC関係を扱ってきた旧きプロレス愛好家。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ