Macの外付けHDDやSSDをフォーマット(初期化)する方法!

Macの外付けHDDやSSDをフォーマット(初期化)する方法を解説します!Macの外付けHDDやSSDの不具合が発生したときは、まず基本的な原因チェックを行いましょう。それでも解決しない場合は、外付けHDDやSSDを再フォーマットして初期化しましょう!

Macの外付けHDDやSSDをフォーマット(初期化)する方法!のイメージ

目次

  1. 1Macで外付けHDD・SSDをフォーマットの消去(初期化)とは?
  2. 2Macの外付けHDD・SDDをフォーマット(初期化)する前のチェック事項
  3. 3Macの外付けHDD・SSDのフォーマット(初期化)の手順【APFSからAPFS編】
  4. 4Macの外付けHDD・SSDのフォーマット(初期化)の手順【APFSからMac OS編】
  5. 5Macの外付けHDD・SDDをフォーマット(初期化)して利用しよう!

Macで外付けHDD・SSDをフォーマットの消去(初期化)とは?

今回は、Macの外付けHDD・SSDをフォーマット(初期化)する方法について解説しますが、まずはフォーマット(初期化)について基本的な理解を深めましょう。

Mac_外付けHDD・SSD

Macは外付けHDD・SSDを読みこまない場合の対処法の1つ

Macを使用する上で、外付けHDD・SSDを認識しない・読みこまないという状況になったときの対処法として外付けHDD・SSD自体を再フォーマット(初期化)する方法があります。

Mac_外付けHDD・SSD

ただし、この方法はあくまで最終手段です。諸条件を確認して改善する場合があるので、外付けHDD・SSDの再フォーマット(初期化)を決断する前に、よくPC・周辺機器環境の状況を調べてみましょう。

Mac_外付けHDD・SSD

フォーマット(初期化)すると全てのデータが消去されるので要注意

外付けHDD・SSDの再フォーマット(初期化)はできれば避けたい決断です。なぜなら、外付けHDD・SSDを再フォーマット(初期化)は、全てのデータを消去することになるからです。

Mac_外付けHDD・SSD

外付けHDD・SSDをバックアップ用に使用している場合は、本体に同じデータが残っているはずなので、外付けHDD・SSDを再フォーマット(初期化)した後、改めてデータを移行すれば、再度バックアップ用の外付けHDD・SSDとして機能することができます。

Mac_外付けHDD・SSD

しかし、第2・第3のHDD・SSDとして使用している場合は、再フォーマット(初期化)を行うとその中のデータは単純に消去され、復元できません。大事なデータを保存している外付けHDD・SSDは、リスク対策として普段からバックアップを取っておくことをお勧めします。

Mac_外付けHDD・SSD

Macの外付けHDD・SDDをフォーマット(初期化)する前のチェック事項

Macの外付けHDD・SDDの再フォーマット(初期化)を決断する前に、行うべきチェック事項について解説します。外付けHDD・SDDの不具合が発生したときに、これらの諸条件を確認することで症状が改善することがあります。

Mac_外付けHDD・SSD

できればこうしたチェックを丁寧に行うことによって外付けHDD・SDDの不具合を改善し、再フォーマット(初期化)は行わないようにしましょう。

Mac_外付けHDD・SSD

HDD・SDDの電源がONになるか確認しよう

まず、外付けHDD・SDDの電源がONになるか確認しましょう。電源が入らない場合は外付けHDD・SDD本体の不具合ではなく、電源経路(電源コード・電源アダプター)の不具合が原因である可能性があります。電源経路(電源コード・電源アダプター)の部品を取り換えることで不具合が改善するか試してみましょう。

Mac_外付けHDD・SSD

HDDを軽く振って異常音がないか確認しよう

SSDは半導体素子メモリを使用したストレージデバイスですが、HDDは電磁ディスクを使用したストレージデバイスなので、HDDが破損している場合は本体を振ると「カサカサ」と破損した磁気ディスクがシェイクされる音がします。

Mac_外付けHDD・SSD

HDD本体を振ったときに異常音が鳴るようであればHDDが物理的に破損している可能性が高いといえます。逆に、異常音がしないのであればHDDに物理的な破損はない可能性があります。HDDが破損している場合は、そもそも再フォーマット(初期化)はできません。

Mac_外付けHDD・SSD

HDD・SSDをONにした時に稼働音は聞こえるか確認しよう

外付けHDD・SSDをONにした時に稼働音が聞こえるか確認しましょう。正常に稼働しているのであれば稼働音がします。HDDは明らかに確認できる稼働音がしますが、SSDの場合は普通の距離感では稼働音を感知できないので、本体に耳を近づけて確認するようにしましょう。SSDも耳を傾けると微かに稼働音を聞き取ることができます。

Mac_外付けHDD・SSD

MacのユーティリティでHDDやSSDがマウントされているか確認しよう

Macにはデフォルトで内蔵されている「ディスクユーティリティ」というシステム管理アプリがあります。「ディスクユーティリティ」を使えば、外付けHDD・SSDがMac側で正しく認識されているかどうかを確認できます。

Mac_外付けHDD・SSD

起動の手順は、「Finder」を開いて「アプリケーション」「ユーティリティ」を開くと「ディスクユーティリティ」のアイコンがあるのでダブルクリックで立ち上がります。

Mac_外付けHDD・SSD

「ディスクユーティリティ」を起動すると現在Macに接続されているストレージデバイス(データ保存装置)が表示されます。「外部」の項目に外付けHDD・SSDが表示されていれば、正常にMacに認識されていることになります。

Mac_外付けHDD・SSD
ThumbiTunesの保存先を外付けHDDに移行!PCでバックアップデータ管理!
iTunesのデータを外付けHDDで管理すれば、バックアップとして使えるので便利です。ここで...

Macの外付けHDD・SSDのフォーマット(初期化)の手順【APFSからAPFS編】

上記のチェック事項を確認しても、外付けHDD・SSDの不具合の原因が確定できずに、最終的に外付けHDD・SSDの再フォーマット(初期化)を決断した場合の手順について説明します。

Mac_外付けHDD・SSD

まず、事前の知識としてMac用のフォーマットの種類を知る必要があります。Mac用のフォーマットは大きく分けて2種類あります。

Mac_外付けHDD・SSD

「APFS」と「Mac OS拡張」です。「APFS」はMac用の最新フォーマット形式です。「Apple File System」の略で、従来のフォーマットの問題点を改善したニューバージョンです。ただし対応OSが「MacOS High Sierra(10.13)」以降になります。

Mac_外付けHDD・SSD

「Mac OS拡張」はMac用の従来のフォーマット形式です。「MacOS High Sierra(10.13)」より前のMac OSを使用する場合は「Mac OS拡張」でフォーマットする必要があります。

Mac_外付けHDD・SSD

Macの外付けHDD・SSDを再フォーマット(初期化)する際、「APFS」から「APFS」に再フォーマット(初期化)する場合と、「APFS」から「Mac OS拡張」に再フォーマット(初期化)する場合は手順が違います。まず、「APFS」から「APFS」に再フォーマット(初期化)する手順から説明します。

Mac_外付けHDD・SSD

「APFS」→「APFS」に再フォーマット(初期化)する場合は、まず、「ディスクユーティリティ」のウインドウ内の左メニューから、再フォーマット(初期化)するHDD・SSDもしくはその階層を選択し、ウインドウ上方の「消去」をクリックします。

Mac_外付けHDD・SSD

ポップアップが表示されるので、フォーマットの種類を選択します。「APFS」を選択します。ちなみに「暗号化」バージョンは使用時にパスワードを要求するフォーマットで、「大文字/小文字を区別」バージョンは文字通り、大文字と小文字を区別するフォーマットです。

Mac_外付けHDD・SSD

「大文字/小文字を区別」バージョンは、一部のアプリが正常に作動しないことがあるようなので注意が必要です。

Mac_外付けHDD・SSD

Macの外付けHDD・SSDのフォーマット(初期化)の手順【APFSからMac OS編】

次に、「APFS」→「Mac OS拡張」に再フォーマット(初期化)する手順を説明します。まず、「ディスクユーティリティ」のウインドウ内の左メニューから、再フォーマット(初期化)するHDD・SSDもしくはその階層を選択し、ウインドウ上方の「マウント解除」をクリックします。

Mac_外付けHDD・SSD

次に、同じく「ディスクユーティリティ」のウインドウ内の左メニューから、再フォーマット(初期化)するHDD・SSD自体を選択し、ウインドウ上方の「消去」をクリックします。

Mac_外付けHDD・SSD

ポップアップが表示されるので、フォーマットの種類を選択します。「Mac OS拡張(ジャーナリング)」を選択します。他の「暗号化」などのバージョンについては前述したとおりです。

Mac_外付けHDD・SSD

最後にフォーマットの方式を選択します。フォーマットの方式は3つありますが、通常の方式の「GUID パーティションマップ」を選びます。

Mac_外付けHDD・SSD

ちなみに「マスター・ブート・レコード」はWindowsと兼用するときに選びます。ただし、双方でうまく読み取れないケースもあるようなので注意が必要です。「Apple パーティションマップ」はMacの古い機種でCPUに「PowerPC」を使っている機種で使うときに選びます(現在のMacのCPUは「Intel」です)。

Mac_外付けHDD・SSD
ThumbiTunesライブラリの新しいPCへの移動方法!外付けHDDに移行させるには?
お使いのPCを買い替えるなどした場合、音楽好きな方はiTunesの音楽ライブラリを移動させる...

Macの外付けHDD・SDDをフォーマット(初期化)して利用しよう!

Macは「Time Machine」というバックアップアプリがデフォルトで内蔵されており、データのバックアップを奨励しています。またiPhone・iPadのバックアップデータをMac内に保存している人もいるでしょう。そうした状況を考えると、MacユーザーがMacのバックアップ用ストレージとして外付けHDD・SSDを利用するケースは多いはずです。

Mac_外付けHDD・SSD

Macのフォーマットの種類や方式をよく理解して、外付けHDD・SDDの再フォーマット(初期化)を行いましょう。ただし、再フォーマット(初期化)を行う場合はデータが消去されることを忘れてはいけません。外付けHDD・SDDの不具合が発生したときは、まず前述したチェック項目を確認して、できるだけデータを消去せずに済むように状況確認しましょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ