Chromeの「このサイトは安全に接続できません」の原因と解決方法を解説!

Chromeで「このサイトは安全に接続できません」とERR_SSL_PROTOCOL_ERRORのエラーが表示されて、サイトにアクセスできない場合があります。「このサイトは安全に接続できません」のエラーが起こる原因と対処法についてこの記事では詳しく解説します。

Chromeの「このサイトは安全に接続できません」の原因と解決方法を解説!のイメージ

目次

  1. 1Chromeで「この サイトは安全に接続できません」のエラーが出る原因とは?
  2. サイト側のSSL証明書に問題がある場合が最も多い
  3. 2「この サイトは安全に接続できません」への対処法
  4. ERR_SSL_PROTOCOL_ERRORのエラーは基本的にサイト側での対処を待つ
  5. ユーザー側でERR_SSL_PROTOCOL_ERRORのエラーを解除する方法は?
  6. 3「この サイトは安全に接続できません」はユーザー側でできることはほとんどない!

Chromeで「この サイトは安全に接続できません」のエラーが出る原因とは?

Chromeでサイトにアクセスすると、ERR_SSL_PROTOCOL_ERRORのエラーが表示されて、「このサイトは安全に接続できません」になってしまう場合があります。この記事では、「このサイトは安全に接続できません」の原因と、対処法について解説します。

サイト側のSSL証明書に問題がある場合が最も多い

「このサイトは安全に接続できません」のエラーが起こる原因には、サイト側の原因が考えられる場合と、ユーザー側に原因があると考えられる場合があります。「このサイトは安全に接続できません」のサイト側の原因とは、サイトのSSL証明書がChromeの基準を満たしていないか、SSL証明書を導入してサイトの通信を暗号化していないことにあります。

ユーザー側に考えられる原因とは、ブラウザのセキュリティ設定に問題があることが考えられます。しかし、「このサイトは安全に接続できません」の原因を考えた場合、サイト側とユーザー側のどちらの原因の方が多いかというと、圧倒的にサイト側の原因に問題がある場合の方が多いでしょう。

「このサイトは安全に接続できません」のエラーの場合には、サイト側の対応が求められます。

httpsのプロトコルでのアクセスに対応していない可能性が

「このサイトは安全に接続できません」のエラーのサイト側の問題というのは、httpsのプロトコルでの接続に対応した暗号化を施していないことにあります。以前からインターネットを利用していた方は、以前のWebサイトのURLは「http」から始まっていたのに、最近では「https」から始まるようになっていることに気が付いている方もいるでしょう。

「http」と「https」の違いは、そのサイトから発信される情報が、暗号化されているか暗号化されていないかにあります。インターネット上のセキュリティの強化が求められる中で、以前はWebサイトの暗号化はされていませんでした。しかし、現在では標準仕様として暗号化した上での接続が求められるようになっています。

「このサイトは安全に接続できません」と表示されるサイトは、Chromeが求めるレベルの暗号化をしていないか、正しいSSL証明書を取得していないかのどちらかのエラーが起きているということです。

ThumbChromeの「ERR_CONNECTION_REFUSED」エラーの原因と10つの解決方法を解説!
Google Chromeで「ERR_CONNECTION_REFUSED」のエラーが表示さ...

「この サイトは安全に接続できません」への対処法

ERR_SSL_PROTOCOL_ERRORのエラーで「このサイトは安全に接続できません」になってしまう場合の対処法について解説します。

ERR_SSL_PROTOCOL_ERRORのエラーは基本的にサイト側での対処を待つ

ERR_SSL_PROTOCOL_ERRORのエラーで「このサイトは安全に接続できません」になってしまう場合には、基本的にサイト側の対処を待つしかありません。サイト側がSSL証明書を、現在のChromeの規格に適合する様にしっかりと整備しなければ、「このサイトは安全に接続できません」でアクセスできない状態は続いてしまいます。

SNSなどでサイトの運営者に連絡が取れる場合には、「このサイトは安全に接続できません」のエラーでサイトにアクセスできない旨を伝えて、対処をお願いしてみるのもおすすめです。

ユーザー側でERR_SSL_PROTOCOL_ERRORのエラーを解除する方法は?

とはいえ、「このサイトは安全に接続できません」でユーザー側でできる対処法は何かないのかと考える方もいることでしょう。「このサイトは安全に接続できません」の場合にユーザー側で試してみてもいいことは次の通りです。

  • PCの日時の設定を正確にする
  • Chromeに追加した拡張機能を解除する
  • ブラウザのキャッシュとcookieを削除する
  • Chromeを最新版にする
  • OSを最新にする

上記の対処法で「このサイトは安全に接続できません」のエラーが改善する可能性はあります。しかし、確実に対処できるかと言ったら、やってみて上手くいくかもしれない、という程度の対処法でしかありません。

「このサイトは安全に接続できません」は基本的にChromeが求めるレベルのSSLの暗号化をサイト側が行っていないことにあります。サイト側が対処するのを待つのが基本です。

ThumbERR_CACHE_MISSの原因と対処法!Chromeで表示させない回避方法も紹介!
Google ChromeでWebページを閲覧中にERR_CACHE_MISSと表示されるエ...

「この サイトは安全に接続できません」はユーザー側でできることはほとんどない!

この記事ではChromeで「このサイトは安全に接続できません」のエラーでサイトにアクセスできない場合の原因と対処法についてお伝えしました。このエラーでアクセスできない場合は、ユーザー側でできることはほとんどありません。サイト側で対応するのを待ちましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
K.C
皆様のお役に立てる情報をお届けするために日々精進していきます。どうぞよろしくお願いします。