自分のGmailアドレスの確認方法!Googleアカウントやパスワード忘れたらどうする?

多くの人が利用するフリーメールサービスGmailですが、複数所持している場合は記憶があいまいになってしまい、自分のGmailアドレスの確認が必要になることもあります。今回はGmailアドレスの確認方法とアカウントやパスワードを忘れたときの対処法を解説します。

自分のGmailアドレスの確認方法!Googleアカウントやパスワード忘れたらどうする?のイメージ

目次

  1. 1Googleアカウントから自分のGmailアドレスを確認する
  2. 2Googleアカウントの確認方法
  3. 3Gmailアドレスの確認方法
  4. 4Gmailアドレスが確認できなかったら
  5. 5Gmailアドレスのパスワードの確認方法
  6. 6Gmailアドレスを忘れた場合は確認方法を試してみよう

Googleアカウントから自分のGmailアドレスを確認する

Googleアカウントを作成するときにGmailアドレスを持つことになりますが、特にGmailを使う予定がない場合は、Gmailアドレスの記憶もあいまいになってしまうかもしれません。

Googleアカウント50

何かの機会でGmailが必要になったときに、Gmailアドレスが思い出せないということもあるでしょう。

Googleアカウント51

Gmailアドレスを確認したいとき、Googleアカウントにログインできていれば、Googleアカウントからアカウントに紐づいたGmailアドレスを確認できます。

Googleアカウント53

新規画面より、画面右上のGoogleアカウントのアイコンをクリックします。

Gmailアカウント1

ウインドウが開くので"Googleアカウント"をクリックします。

Gmailアカウント2

Googleアカウントの画面が開くので、左側のメニューにある"個人情報"をクリックします。

Gmailアカウント3

個人情報の画面を下方にスクロールします。

Gmailアカウント4

連絡先情報の欄内にメールの表示があり、「Googleアカウントのメールアドレス」と「再設定用のメールアドレス」が表示されています。右側の”>”マークをクリックすると、さらに詳細が確認できます。

Gmailアカウント5

メールアドレスの画面が開きます。”詳細設定”の行の右側の”へこみマーク”をクリックします。

Googleアカウント6

「Googleアカウントのメールアドレス」と「再設定用のメールアドレス」以外に、「予備のメールアドレス」などを設定できます。

Googleアカウント7

Googleアカウントの確認方法

GoogleアカウントにGmailアドレスで一度ログインしておけば、その後も自動的にログイン状態が保持されるので、Gmailアドレスのことも忘れてしまいがちです。

Googleアカウント54

ところが何かの拍子でログアウトしてしまったとき、いざ再ログインをしようと思ってもGmailアドレスが思い出せなくては対処できません。

Googleアカウント55

Googleアカウントをログアウトした状態で、「Googleアカウントのメールアドレス」(Gmailアドレス)を忘れてしまった場合は以下の手順を試してみてください。

Googleアカウント56

google.jpでログイン

まず、Googleのホームページ「google.jp」を開いて、”ログイン”をクリックします。

Googleアカウント7

ユーザー名を復元する

ブラウザがGoogleアカウントの履歴を残している場合は、過去にログインしたGoogleアカウントが表示されるので、ログインするGoogleアカウントをクリックします。

Googleアカウント9

パスワードを入力して”次へ”をクリックすればログインできます。

Googleアカウント16

Androidの場合

Androidのスマートフォンを使っている場合は、他の方法でGoogleアカウントを確認できます。

Googleアカウント57

アカウントから同期

”設定”から”アカウントと同期”を選びます。

Googleアカウント22

次の画面で”Google”をタップすると、「Googleアカウントのメールアドレス」を確認できます。

Googleアカウント20
ThumbGoogleマップの更新頻度や修正法は?ストリートビュー/航空写真の撮影時期を解説!
Googleマップの使い方から、地図の更新時期、ご自身でGoogleマップを最新の状態に修正...

Gmailアドレスの確認方法

もし、ブラウザにGoogleアカウントの履歴が残っておらず、「Googleアカウントのメールアドレス」を忘れてしまった場合は、Googleの「パスワードアシスタンス」ページを開きます。

Googleアカウント58

メールアドレスを忘れた場合

アカウント復元の画面が表示されるので、"メールアドレスを忘れた場合”をクリックします。

Googleアカウント24

次の画面で「再設定用のメールアドレス」かGoogleアカウントに紐づいている電話番号を聞いてきます。どちらもGoogleアカウントを作成したときに入力した情報です。確認できている方を入力して”次へ”をクリックします。(記憶が定かでないときは、とりあえず現在の電話番号を入力してみましょう。)

Googleアカウント11

次に名前を入力して、”次へ”をクリックします。

Googleアカウント13

確認コードを受け取る

次に「確認コードを受け取る」という画面が表示されるので”配信”をクリックします。

Googleアカウント14

「再設定用のメールアドレス」を入力した場合はメールで、電話番号を入力した場合はSMSで認証コードが送られてくるので、送られてきた6桁の認証コードを入力して”次へ”をクリックします。

Googleアカウント15

確認の取れたGoogleアカウントが表示されるので選択してログインします。

Googleアカウント16

Gmailアドレスが確認できなかったら

アカウント復元の作業を行っても、該当する「Googleアカウントのメールアドレス」が見つからなかった場合は、Google上での確認は難しいので、自分の過去の作業履歴などで自分のGmailアドレスの記録がないか確認しましょう。

Googleアカウント59

自分のPC内のドキュメントファイルや、自分の別のメールアドレス宛にGmailからメッセージを送っていないかなど、過去の記憶を頼りに探してみてください。スマートフォンやタブレット内に、Gmailアドレスが残っている可能性もあります。それぞれの端末の検索機能を使って「Gmail」で検索してみるのも一つの方法です。

Googleアカウント60

仕事用とプライベート用というように、目的別に自分のメールを使い分けている場合は、Gmailで受け取ったメッセージを別のメールアドレスに転送している可能性はあります。また、友人や家族あてにGmailを送っていないか確認してみましょう。記憶があいまいでも、少しでもGmailを送った可能性があればあたってみましょう。

Googleアカウント61

Gmailアドレスのパスワードの確認方法

「Gmailアドレスは何とか思い出せたが、パスワードを忘れてしまった」というときはいくつか個人認証の方法が用意されているので安心です。次にGmailアドレスのパスワードの確認方法を説明します。

Googleアカウント62

パスワードを忘れた場合

Gmailアドレスのパスワードを忘れたときも「google.jp」を開きます。ログイン画面でGmailアドレスを入力して”次へ”をクリックします。

Googleアカウント25

Gmailアドレスのパスワード入力画面で"パスワードをお忘れの場合"をクリックします。

Googleアカウント26

パスワード入力

過去に設定した最後のパスワードを聞いてくるので、憶えていれば入力して”次へ”をクリックします。この後は電話番号を入力して、SMSで受け取った確認コードが承認されればログインできます。

Googleアカウント27

もし、最後のパスワードを思い出せない場合は”別の方法を試す”をクリックします。

Googleアカウント27

スマホを確認

次の画面で、スマートフォンに送ったGmailから確認を行うようメッセージが表示されます。スマートフォンを持っていれば、受け取ったGmailを開いて画面上で”はい”をタップします。個人確認の認証が済んでログインできます。

Googleアカウント28

もし、スマートフォンでGmailが見られないのなら”別の方法を試す”をクリックします。

Googleアカウント63

確認コード

次の画面で、SMSもしくは音声で認証コードを受け取って個人認証を行うよう、メッセージが表示されます。スマートフォンを持っていれば、受け取った認証コードを入力してログインできます。

Googleアカウント29

もし、スマートフォンを携帯していないのであれば”別の方法を試す”をクリックします。

Googleアカウント64

Gmail経由の確認コード

次の画面で、登録したGmailアドレスで認証コードを受け取って、個人認証を行うようメッセージが表示されます。PCでGmailを閲覧できるようであれば、受け取った認証コードを入力してログインできます。

Googleアカウント30

もし、Gmailを閲覧できないのであれば”別の方法を試す”をクリックします。

Googleアカウント65

作成日を入力

次の画面で、Googleアカウントの作成時期を確認するメッセージ表示されます。正確な時期を回答できれば個人認証が済んでログインできます。

Googleアカウント30

もし、Googleアカウントの作成時期を忘れた場合は”別の方法を試す”をクリックします。

Googleアカウント65

リクエスト審査

次の画面で、リクエスト審査を促すメッセージが表示されます。連絡先のメールアドレスを聞いてくるので、問題なければメールアドレスを入力して”次へ”をクリックします。審査には時間がかかります。

Googleアカウント31

この時点で再度”別の方法を試す”をクリックした場合は”ログインできませんでした”と表示されて手続きがキャンセルされるので、必要に応じて手続きをやり直してください。

Googleアカウント25
ThumbGmailの通知が来ない・遅い時の対処法!スマホにプッシュ通知されない時は?
本記事ではGmail通知が来ない時の対処方法をご紹介しました。最近Gmailの通知が来ないと...

Gmailアドレスを忘れた場合は確認方法を試してみよう

Gmailアドレスを忘れたときは、まず基本の確認方法を試してみましょう。Gmailアドレスやパスワードの記憶があいまいでも、試してみてうまくいく可能性はあります。

Googleアカウント64

うまくログインできたらリスク対策も忘れないようにしましょう。「再設定用のメールアドレス」の設定は基本ですが、念のため「予備のメールアドレス」も設定しておけば万全です。あえてGoogleアカウント情報の履歴をペーパーで保存しておくのも良いかもしれません。

Gmailの記事が気になった方にはこちらもおすすめ!

ThumbGmailのアドレス帳(電話帳)の使い方まとめ!連絡先の同期や編集して管理する!
Gmailのアドレス帳の便利な管理方法、使い方をご紹介します。本記事で紹介する機能や方法を活...
ThumbGmailの受信拒否する設定方法!特定のアドレスをブロックするには?
Gmailに届くメールを受信拒否したいと考えた方も多いのではないでしょうか。Gmailで特定...
ThumbGmailアドレスにメールが届かない・受信できない5つの原因と対処法!
Gmailのアドレスにメールが届かない・受信できな原因には5つの原因と対処法があります!受信...
ThumbGmailのエイリアスとは!Googleアカウント1つでアドレスを追加作成!
Googleのメールサービス、Gmailのエイリアス機能の使い方を解説いたします。エイリアス...
ThumbWindowsPCの標準メールにGmailアカウントを設定する方法!
Windowsのメールアプリに多数のメールアカウントをまとめて管理することができれば、沢山の...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ