Windows10でISOイメージファイルを作成する方法!標準機能で作成可能?

Windows10でISOイメージファイルを作成するのは、Windows10の標準のソフトでは行えるのでしょうか。この記事ではWindows10でのISOイメージファイルの作成方法やISOファイルからCDやDVDを作成する方法についてみていきましょう。

Windows10でISOイメージファイルを作成する方法!標準機能で作成可能?のイメージ

目次

  1. 1ISOイメージファイルとは?
  2. 2Windows10でISOイメージファイルを作成する方法
  3. 3Windows10の中のISOファイルからCD・DVDを作成する方法
  4. 4Windows10のインストール用ISOイメージファイルの作成方法
  5. 5Windows10でISOイメージファイルを作ってみよう!

ISOイメージファイルとは?

Windows10のPCからCDやDVDを作成するためには、ISOイメージファイルを作成する必要があります。Windows10でISOイメージファイルを作成する方法を探す方法を検索する人がたくさんいるようです。ISOイメージファイルとはどんなものなのでしょうか。

CD・DVD・Blu-rayのファイル形式

PCやスマホなどで利用するファイルにはファイル形式というものがあり、ファイル形式によって拡張子が付けられています。例えばWordなどの文書ファイルには「.doc」、画像ファイルには「.jpg」「.png」といった拡張子が付いています。

ISOイメージファイルというのは、CDやDVD、Blu-rayといった光学ディスクに書き込むためにファイル形式です。どんな種類のファイルでも、光学ディスクに書き込むときにはISOイメージファイルに変換されて、拡張子は「.iso」になります。

PCなどに保存しておくことも可能

CDやDVD、Blu-rayからPCや外付けHDD、USBメモリなどにデータをコピーすることもありますが、この場合のファイルの拡張子も「.iso」になります。「.iso」のファイルは、いつでもDVDなどに書き込める状態でPCなどに保存していくことが可能です。

ThumbWindows10のhostsファイルを編集・書き換える方法!保存場所はどこに?
サーバ移転の際、DNSの設定を変更する前にサーバの動作確認を行う方法について紹介します。Wi...

Windows10でISOイメージファイルを作成する方法

Windows10でISOイメージファイルを作る方法についてみていきましょう。

フリーソフト「ImgBurn」を使う

Windows10の標準ソフトにはISOイメージファイルを作成する機能が搭載されていません。そこでWindows10でISOイメージファイルを作成できるフリーソフトを使います。フリーソフトは「ImgBurn」がおすすめです。

ImgBurn公式ホームページ

ファイルがいくつも表示されていますが、「Mirror7」をクリックします。Windows10へダウンロードしたファイルをクリックして、Windows10のPCへインストールします。

Windows10でISOイメージファイルを作成する方法

英語のファイルなので、日本語化するファイルもダウンロードします。同じページを下にスクロールすると、言語を選択できます。「Japanese」「Check Here」をクリックして、日本語化するファイルをダウンロードします。

Windows10でISOイメージファイルを作成する方法

日本語化するファイルをダウンロードしてzipファイルを展開したら、「ImgBurn」をインストールしたフォルダにある「Language」のフォルダにコピペします。すると日本語表示で「ImgBurn」が表示されます。

「ImgBurn」をWindows10で起動するとこのような画面になります。「ファイル/フォルダをディスクに書き込み」を選択すると、自動でISOイメージファイルが作成されて、ディスクへ書き込まれます。ディスクへ書き込まずにISOイメージファイルをWindows10へ保存したいときには「ファイル/フォルダからイメージファイルを作成」をクリックします。

Windows10でISOイメージファイルを作成する方法

するとISOイメージファイルの作成を設定する画面が出てきます。「入力元」からISOイメージファイルを作成したいファイルを選択して「保存」のボタンを押すと、ISOイメージファイルがWindows10で作成されます。

Windows10の中のISOファイルからCD・DVDを作成する方法

Windows10に保存してあるISOファイルからCDやDVDを作成する方法についてみておきましょう。

Windows標準機能を使う

Windows10に保存してあるISOファイルからCDやDVDを作成するには、Windows標準機能でできます。Windows10のExplorerからISOファイルを選択すると、上のリボンに「書き込み」が表示されます。

そちらをクリックするとWindows10で「Windowsディスクイメージ書き込みツール」が立ち上がるので、書き込みをするドライブを選択します。「書き込み」のボタンをクリックするとISOイメージファイルを書き込むことができます。

Windows10でISOイメージファイルを書き込む

Windows10のインストール用ISOイメージファイルの作成方法

Windows10をインストールするためのISOイメージファイルの作成方法も見ておきましょう。

Windows10を再インストールするときに必要

Windows10を使っていたら、何らかのトラブルで再インストールが必要になることがあります。再インストール用のISOイメージファイルを作っておくことで、いつでもWindows10の再インストールが可能になります。

Microsoftの公式ホームページからファイルを入手

Windows10の再インストール用のファイルはマイクロソフトの公式ホームページから入手可能です。こちらのページから「ツールを今すぐダウンロード」をクリックしてファイルを入手しましょう。

Windows 10 のダウンロード
Windows10のISOイメージファイルを作成する方法

ISOイメージファイルの作成方法

Windows10にダウンロードしたファイルをクリックして実行します。しばらく待つとライセンスへの同意を求められるので「同意する」をクリックしてしばらく待つとこのような画面になるので「別のPCのインストールメディアを作成する」を選択して「次へ」をクリックします。

Windows10でISOイメージファイルを作成する方法

内容を確認しながら画面を進んでいくと、このような画面になります。ISOファイルの場合には「ISOファイル」を選択します。

Windows10でISOイメージファイルを作成する方法

次の画面で保存する場所を決めて「保存」をクリックすると、Windows10のPCに再インストールするためのISOイメージファイルが作成されます。

Windows10でISOイメージファイルを作ってみよう!

この記事ではWindows10でISOイメージファイルを作成する方法についてみてきました。バックアップ用のメディアとしては、USBメモリや外付けHDDを使うことが多くなりましたが、まだまだCDやDVDを使っている人もたくさんいます。

CDやDVD、Blu-rayにデータを書き込むサービスを有料で行っているお店もありますが、自分でやり方を覚えればDVDなどを購入する費用だけで自分でできるようになります。ぜひISOイメージファイルを作成する方法を確認して、いつでもCDやDVD、Blu-rayに自分で書き込めるようにしましょう。

ThumbWindows10でISOファイルをマウントして仮想ドライブで再生する方法!
Windows10のOSを搭載したパソコンでは、他のツールを使うことなく、ISOファイルを簡...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ