Windows10で設定画面(スタートメニュー)が開かない対処法!表示されない時の修復方法は?

Windows10を使用していていつもスムーズに立ち上がっていた設定画面が表示されない、開かない、とイライラしたことはないでしょうか。今回はWindows10で設定画面が開かない時や表示されないときの対処法を説明します。

Windows10で設定画面(スタートメニュー)が開かない対処法!表示されない時の修復方法は?のイメージ

目次

  1. 1Windows10の設定画面が開かない!
  2. 2Windows10の設定画面が開かない対処法〜コマンドプロンプトで修復〜
  3. 3Windows10の設定画面が開かない対処法〜アカウントの追加〜
  4. 4Windows10の設定画面が開かない対処法【解決済み】
  5. 5Windows10の設定画面が開かない対処法を試そう!

Windows10の設定画面が開かない!

Windows10が登場して以来、それ以前のWindows OSにはない機能や性能、またその使い易さゆえに、多くのユーザーから好意的な評価を受けています。しかし、そこは人間の作った製品。使用し続けて行く内にいろいろなバグや問題が生じるのは避けられないことです

特にWindows10の設定画面が表示されない、さらに悪いことに開かないといった問題はWindows10を快適に利用する面で大きな障害となり得ます。修復する方法はありますが、その前に行うべきことが幾つかあります。これから修復前にまず確認すべき幾つかのポイントについて説明します。

設定画面が開かないときに確認すること

Windows10で設定画面が表示されなかった、開かなかったりする問題が生じたら、テクニカルな修復を始める前にまず確認すべきことがありますそれらのチェック項目を確認した結果、問題が解決するケースもあります。まず1つ目は、焦らずにしばらく時間を置いて、もう一度試してみることです。

2つ目は、Windows10のタスクバーに「Windows」キーを押して反応を調べ、さらに再起動して問題が修復されたかを確認することです。3つ目は、Windows10の自動ログイン設定をしている場合、その設定を解除して再起動し、修復を試みることです。4つ目は、セキュリティ対策ソフトが干渉している場合があるので一旦停止して反応を見ることです。

5つ目は、Atokのような文字入力をサポートするソフトウェア(IME)を使用している場合、Microsoft社がWindows10に純正品として提供しているMS-IMEに切り替えて様子を見ることです。

信頼性モニターで問題を確認する

Windows10で設定画面が表示されなかった、開かなかったりする問題が生じたら、テクニカルな修復を始める前に確認すべきことがもう1つあります。それは、信頼性モニターで問題を探してみることです信頼性モニターとは、システムの変化点を表示し、原因を特定することができるツールのことです

Windows10のコントロールパネルを開き、「システムとセキュリティ」にある「コンピューターの状態を確認」を選択します。「メンテナンス」の項目を展開し、「信頼性履歴の表示」を選択します。「信頼性モニター」画面の中央部分にエラーの種類と発生日が表示されますので、そこで確認できます

コントロールパネルの信頼性履歴画面
ThumbWindows10でBIOS/UEFIの設定画面を起動させる方法を解説!
今回は、少し応用した操作と設定方法を行うための特集になります。Windows10でBIOS/...

Windows10の設定画面が開かない対処法〜コマンドプロンプトで修復〜

Windows10の設定画面が開かず、先ほど述べた事前確認項目も全てチェックしたものの、修復されない場合は、さらにテクニカルな対処方法を試す必要があります。これまで多くのWindows10ユーザーが設定画面の問題に直面しましたが、パソコンショップやパソコンの修理専門業者に依頼して修理することなく、修復を行うことができました。

これからそれらユーザーが試して効果があった対処法を2つ説明します1つはコマンドプロンプトで修復する方法、もう1つはアカウントを追加してログインし修復する方法です。

修理のアイテムの画像

コマンドプロンプトで修復する方法

まず紹介するのは、コマンドプロンプトで修理する方法です。コマンドプロンプトとは、コマンドと呼ばれる命令文を用いてWindowsの操作や設定を行うためのツールのことです。Windows10の設定が開かないという問題に対処したユーザーの多くがこの方法を用いて修復を行いました。

実証済みの対処方法ですので、まず説明します。Windows10トップ画面下のタスクバーをマウスで右クリックし、「タスクマネージャー」を選択します。そしてタスクマネージャー画面が立ち上がったら画面上部の「ファイル」を選択します。

タスクマネージャー画面

ポップアップが表示されますので「新しいタスクの実行」を選択します。「新しいタスクの実行」画面が立ち上がったら、「このタスクに管理者特権を付与して作成します」にクリックを入れます。また「開く」のボックスに「cmd」と入力し「OK」を選択します。コマンドプロンプトがWindows10デスクトップ画面に立ち上がります。

Windows10のタスクマネーじぇあー画面

コマンドプロンプトが立ち上がったら、まず以下のコマンドを入力して下さい。

dism /online /cleanup-image /restorehealth

「Enter」キーを押します。そして以下のコマンドをさらに入力し、スキャンを開始します。

sfc /scannow

コマンドプロンプト画面

スキャンには10分くらい掛かります。スキャンが終了したら、以下のコマンドを入力し、「Enter」キーを押します。

powershell

続いて以下のコマンドを入力し「Enter」キーを押します。

Get-AppXPackage -AllUsers |Where-Object {$_.InstallLocation -like “*SystemApps*”} | Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register “$($_.InstallLocation)\AppXManifest.xml”}

作業が完了したら、PCを再起動し、設定画面が正常に開くかどうかを確認します。

コマンドプロンプト画面
ThumbWindows10のシステムの復元方法!以前の復元ポイントに戻す方法も解説!
Windows10のパソコンを使っていて何かトラブルが生じたときにシステムの復元を試みること...

Windows10の設定画面が開かない対処法〜アカウントの追加〜

Windows10ユーザーが試し効果が実証された2つ目の方法は、アカウントを追加してログインする方法です。その方法と手順を説明します。

追加したアカウントでログインする方法

Windowsデスクトップ画面下のタスクバーにある「Windows」アイコンを選択します
PCに保存されている全てのアプリが表示されますので、「Windowsのシステムツール」をクリックし、表示される項目から「ファイル名を指定して実行」を選択します。「ファイル名を指定して実行」画面の検索ボックスに「control userpasswords2」と入力し「OK」を選択します

Windows10の「ファイルを指定して実行」画面

「ユーザーアカウント」画面が立ち上がりますので、「追加」を選択します「新しいユーザー」の入力画面が立ち上がりますので、「メールアドレス」を入力し、「次へ」に進みます

Windows10の「ユーザーアカウント」画面

「新しいユーザーの確認」画面に変わりますので「完了」を選択します。その後この新しいユーザーアカウントでログインします。正常に起動すれば、Windows10の設定画面が開くはずです。

Windows10の「ユーザーアカウント」画面
ThumbWindows10のタスクバーの検索ボックスの使い方!ファイルやプログラム検索方法を解説!
Windows10のタスクバーにある検索ボックスを使うと、ファイルやプログラムを一発で検索す...

Windows10の設定画面が開かない対処法【解決済み】

Microsoft社は、Windows10のスタートアップ画面が表示されないという同様の問題を持った多くのユーザーのクレームに対処するため、「startmenu.diagcab」という修復ツールを提供していました

startmenu.diagcabで修復する

「Startmenu.diagcab」は、Microsoft公式のトラブルシューティングツールで、このツールによって多くの問題が処理されてきました。現在は「startmenu.diagcab」トラブルシューティングツールの提供は終了していますので、ダウンロードすることはできません。

提供停止

「タイルデータベースの修復」の表示が続く場合

Windows10ユーザーの中には、以前にこの「startmenu.diagcab」をダウンロードして、Windows10の設定画面が開かないという問題の解決を図った方もあおられるかもしれません。「トラブルシューティング」を初めて実行し、「タイルデータベースの修復」という表示がなかなか消えないことにイライラされたかもしれません。

15分経過しても「タイルデータベースの修復」表示が消えないなら、「キャンセル」を選択し「Ctrl」キー、「Alt」キー、「DEL」キーを同時に押し、「サインアウト」し、再び「サインイン」を試み、問題がそれで解決したか確かめます。

「タイルデータベースが壊れています 未解決」と表示される場合

「トラブルシューティング」を何度も実行しても「タイルデータベースが壊れています 未解決」表示がいつも出て、問題が何も解決していないのでは、と頭をかしげることも多々あったかもしれません。しかし実はすでに問題が解決されていて、Windows10の設定画面も表示されることが多いようです

Windows10のスタートメニューは「Tile Data model server」が管理し、形成されたデータベースをベースにしてタイルのピン止めを維持しています。Windows10のスタートアップ画面を構成するタイルデータベースに異常があると、「トラブルシューティング」後に「タイルデータベースが壊れています 未解決」表示が出るようです。

「Microsoft Tile Data Layer Reset Tool(tdlrecover.exe)」というツールを使ってタイルデータベースをリセットし対処することもできますが、多くの場合その必要はないようです。

壊れている画像

現在はWindows Updateにより修正されている

「startmenu.diagcab」ツールの提供をMicrosoft社が中止した理由には、Microsoft社がWindows10のアップデートプログラムに、Windows10のスタートアップ画面が開かない、という問題解決のためのプログラムを含めたことがあります

ですから、Windows10搭載のご自分のPCが定期的にアップデートされていれば、「startmenu.diagcab」ツールの必要はありません

ThumbWindows10の起動が遅い時に立ち上がりを高速化する対処法まとめ!
Windows10の起動が遅いとき、立ち上がりを高速化するためにはどうしたらいいのでしょうか...

Windows10の設定画面が開かない対処法を試そう!

Windows10の設定画面が開かないと言う問題は、仕事に追われる日々を送っている現代人にとって多くのストレスです。Windows10の設定画面が開かない、という問題解決のために考慮したことを実践し、仕事に追われる日々ではなく、仕事を追う日々を送りましょう

関連するまとめ

Original
この記事のライター
伊藤清貴
現在南米のサッカー大国アルゼンチンに、妻と愛犬のミニチュア ピンシャー「チキ」と暮らしています。これまで20年間で...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ