【2019】Windows7からWindows10への移行方法!サポート期限後のアップグレード方法は?

Windows7のサポート期限が1年を切りました。Windows10への移行が急がれますが、アップグレードするのはどのような方法なのでしょうか。この記事ではWindows7からWindows10への移行方法について詳しく解説します。

【2019】Windows7からWindows10への移行方法!サポート期限後のアップグレード方法は?のイメージ

目次

  1. 1Windows10の無償アップグレードはサポート期限後も可能?
  2. Windows7からWindows10への移行が可能
  3. Windows認証済PCはプロダクトキーが不要
  4. 2Windows7からWindows10へ移行する準備
  5. Windows10へ互換性サポート情報の確認
  6. 現在のデバイス環境の確認
  7. 移行問題が無いことの検証
  8. Windows7のデータをバックアップ
  9. 3Windows7からWindows10へ移行する注意点
  10. アップグレードかクリーンインストールかの検討
  11. 移行できないでデータ・アプリの確認
  12. 4Windows7からWindows10へ移行する方法
  13. Windows10のインストーラーを作成する
  14. Windows10をインストールする
  15. 5Windows7からWindows10アップグレード後の作業
  16. 以前のデータやアプリが周辺機器で使用可能かの確認
  17. ファイルとアプリの関連付けの変更
  18. Windows7のバックアップデータを復元
  19. 6Windows7からWindows10へ移行しよう

Windows10の無償アップグレードはサポート期限後も可能?

Windows7のサポート期限が2020年1月14日に終了することが決まっています。Windows7のサポート期限終了後はWindows Updateによるセキュリティ更新がなされなくなる上に、ウイルス対策ソフトもサポート対象外になります。サポート期限終了後にWindows7を使い続けることは大きなリスクになります。

Windows7のWindows10への無償アップグレードは終わったと思っている人も多いようですが、現在も実は無料でアップデートすることが可能です。サポート期限が終了する前に無料でアップデートしたほうがいいのは言うまでもありませんが、終了したはずの無料アップグレードができるというのはいったいどういうことなのでしょうか。

Windows7からWindows10への移行が可能

実は現在もWindows7からWindows10へ無料でアップグレードすることができます。無料アップグレードのサポートが終了したのは、最も簡単にアップグレードする方法の、Windows Update経由での無償アップデートの提供とサポートの期限です。

現在はプロダクトキー付きのアップグレード用のインストールファイルが販売されていますが、実はある条件をクリアするとWindows7からWindows10へまだ無料でアップグレードできるのです。Windows Update経由ではないので、ちょっと面倒くさい操作が必要ですが、無料でWindows7をアップデートしたい人は試してみましょう。

Windows認証済PCはプロダクトキーが不要

Windows7をWindows10へ無料で移行させてアップグレードすることができる条件は、Windows7が認証済みPCであることです。つまりMicrosoftの正規版のPCであれば、プロダクトキーを購入しなくても無償でアップグレードすることができます。

Windows7のプロダクトキーの確認方法は「コントロールパネル」「システムとセキュリティ」「システム」と進むと確認することができます。「Windowsはライセンス認証されています」という記載と、プロダクトIDが記入されていれば、そのWindows7のPCは無料でWindows10へアップグレードすることができます。

Windows7をWindows10へ移行する
ThumbWindows7の高速化・軽量化設定する!PCが重い・遅い時に軽くする方法を解説!
Windows7が重い、遅いと感じるようになったら高速化することはできないのでしょうか。この...

Windows7からWindows10へ移行する準備

Windows7からWindows10へ移行するためには事前に確認することなど準備が必要です。

Windows10へ互換性サポート情報の確認

まずはWindows10へ移行したいWindows7のPCが、Windows10と互換性があるかどうかを調べます。Windows10をインストールするためのPCの要件はこちらのMicrosoftのページで確認してみましょう。こちらに記載されている条件は、最低限使えるという条件なので、サクサク快適に動かせる、というスペックではないことは頭に入れておきましょう

Windows 10 インストールのシステム要件
Windows7をWindows10へ移行する

またWindows7のPCのメーカーの公式ホームページには、PCがWindows10と互換性があるかどうかを確認することができます。お持ちのWindows7のメーカーのホームページで確認してみましょう。

現在のデバイス環境の確認

PCのスペック以外にも、特殊なデバイスを導入していないかどうか、アップグレードさせるPCが何台あるのか、といった環境面での確認も必要です。特殊なハードウエアの構成などをしていた場合には、ハードウエアがWindows10に対応しているかどうかの確認も必要です。

移行問題が無いことの検証

Windows7をWindows10へ移行させるのに問題がないかどうかの検証もしておきましょう。

十分なディスク容量があることの確認

Windows7のハードディスクもしくはSSDに、Windows10をインストールするための十分な空き容量があるかどうかを確認します。最低でも10GBはWindows10をインストールするために必要になります。

Windows7をWindows10へ移行する

アンチウイルスソフトを無効にするかの確認

アンチウイルスソフトをそれぞれのPCにインストールしているかと思いますが、Windows7をWindows10へ移行させるときには無効にしましょう。完璧な対策をするのなら、アンインストールしたほうがいい場合もあります。

Windows7へWindows10をインストールするときに、アンチウイルスソフトが動いているとウイルスと勘違いしてファイルを駆除してしまうことがあります。そうするとWindows10への移行がうまくいかないので、アンチウイルスソルトは無効にしましょう。

バックグラウンドソフトの実行影響の確認

Windows7を起動したときに、自動的に立ち上がり、常にPCのバックグラウンドで動いているソフトがあります。Windows7にWindows10をインストールしているときに、バックグラウンドで動いているソフトがあると、どんな影響があるかわかりません。バックグラウンドソフトは停止してしまいましょう。

バックグラウンドソフトの停止方法は、「コントロールパネル」「システムとセキュリティ」「管理ツール」「システム構成」と進み、「スタートアップ」のタブを開きます。するとバックグラウンドで動いているソフトウエアの一覧が出てくるので、Windows10をインストールするときには、すべてチェックを外してしまいましょう。

Windows7をWindows10へ移行する

周辺機器の取り外しの確認

PCにプリンタやスキャナなどが取り付けられている場合には、必要ないものは全て取り外しておきます。USBメモリやSDカード、CD・DVD、外付けHDDなどの記憶媒体は特にアップグレードの妨げになる場合があります。必ず周辺機器は取り外してからアップグレードを行いましょう

Windows7のデータをバックアップ

Windows7からWindows10へアップグレードするときには、PCの中のデータをそのままにして移行できることになっています。しかし、実際にはアップグレードした時にPCの中のデータが思いがけずすべて消えてしまったという実例があります。念のために重要なファイルのバックアップは取ってからWindows10への移行を行いましょう

ファイルのバックアップまたは復元

Windows7のファイルをバックアップするのに便利なのは、PCの「バックアップと復元」を利用して、外付けHDDやUSBメモリなどにバックアップしてしまうことでしょう。バックアップと復元はWindows7の「コントロールパネル」「バックアップと復元」から行うことができます。

Windows7で「バックアップと復元」を開いたら、バックアップ先を確認してから「今すぐバックアップ」をクリックするとPCの内容がバックアップされます。

Windows7をWindows10へ移行する

Windows7からWindows10へ移行する注意点

Windows7からWindows10へ移行するときには注意点があります。

アップグレードかクリーンインストールかの検討

Windows7からWindows10へ移行する方法には、アップグレードとクリーンインストールがあります。PCの中のデータを残したまま移行する方法がアップグレードで、PCの中のデータを消去して0から書き換えてしまうのがクリーンインストールです

どちらもWindows7のデータのバックアップは必須ですが、アップグレードの場合にはデータが消えずに成功すれば復元の手間がいりません。クリーンインストールの場合には、バックアップの復元が必須ですが、長年の使用でPCの内部に生じたバグなどを一掃することができるので、動作がアップグレードよりも快適になる可能性があります。

どちらも一長一短あるので、PCの使用の環境に応じてどちらがいいのか検討しましょう。

移行できないでデータ・アプリの確認

Windows10と互換性がないアプリや、Windows7にはあったけれども、Windows10では消えた機能は移行することができないので注意しましょう。例えば、Windows7にあったデスクトップガジェットはWindows10ではなくなりました。また、Windows7で用意されていたけれども10ではなくなった壁紙も移行することはできません。

ThumbWindows7の初期化方法!PCをリカバリする方法は?
Windows7の調子が悪くなる前に、その状態を修復させるデカバリ方法は覚えておいて損するこ...

Windows7からWindows10へ移行する方法

Windows7からWindows10へ実際に移行する方法について詳しく見ていきましょう。

Windows10のインストーラーを作成する

まずはWindows10をインストールするためのインストーラーメディアを作成します。インストーラーメディアを作成するためのファイルをMicrosofのこちらのページから入手します。

Windows10のダウンロード

「ツールを今すぐダウンロード」をクリックしてインストールファイルをダウンロードします。

Windows7をWindows10へ移行する

ダウンロードしたファイルをクリックすると、青い画面になります。しばらく待つと「このPCを今すぐアップグレードする」「別のPCのインストールメディアを作成する」を選択できます。今回はインストールメディアを作成するので、「別のPCのインストールメディアを作成する」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

Windows7をWindows10へ移行する

インストールする言語を選んで「このPCにおすすめ」からチェックを外します。するとアーキテクチャで両方を選ぶことができます。どちらにしたらいいのわからない場合には、「両方」を選んでおきましょう。

Windows7をWindows10へ移行する

インストールメディアを作成する方法を選びます。今回はUSBメモリを選択しました。この次の画面で複数のUSBメモリがある場合には、インストールメディアを作成するUSBメモリを選択します。

Windows7をWindows10へ移行する

「次へ」をクリックするとインストールメディアの作成が始まります。PCのスペックやインターネットへの接続状況によっては6時間かかる場合もあるので、時間に余裕をもって行いましょう。完了したらこのような画面が出ます。

Windows7をWindows10へ移行する

Windows10をインストールする

USBメモリにインストールメディアが作成できたら、Windows10に移行したいPCにそのUSBメモリを挿して、メモリの中を開きます。「setup.exe」というファイルがあるので、そちらをクリックするとWindows10のインストールが始まります。

もしもクリックしてもインストールが始まらない場合には、「setup.exe」を右クリックして「管理者として実行」を選択します。管理者のアカウントのパスワードを入力すると実行できます。

Windows7をWindows10へ移行する

「重要な更新プログラムをインストールします」の確認画面が出ますが、重要な更新プログラムを同時にインストールするとうまくいかないことがあります。「今は実行しない」を選択して「次へ」をクリックします。

Windows7をWindows10へ移行する

次の画面でインストール内容を確認して「インストール」をクリックするとWindows10のインストールが始まります。時間は早い人で30分程度、遅いと数時間かかるので時間に余裕をもって行いましょう。

インストールが完了した後でインターネットに接続すると、ライセンス認証が行われ、Windows10を利用することができるようになります。

Windows7からWindows10アップグレード後の作業

Windows10への移行が成功して、ライセンス認証されたことが確認出来たら次の作業を行いましょう。

以前のデータやアプリが周辺機器で使用可能かの確認

Windows10へ移行したアプリや周辺機器がWindows10でも使えるかどうか、一通り確認しておきましょう。周辺機器の新しいドライバなどが必要な場合には、メーカーのホームページなどからダウンロードして、更新する必要があります。バックアップを復元したら、以前のデータも使えるかどうか確認する必要があります。

ファイルとアプリの関連付けの変更

Windows7から変更されたアプリで利用するファイルを、新しくWindows10の環境へ関連付ける必要があります。必要なデータを開くためのアプリを1つ1つ確認して、関連付けが必要ならその作業を行いましょう。

Windows7のバックアップデータを復元

クリーンインストールしたり、アップグレードしたけれどもデータが消えてしまった場合にはWindows7でバックアップしたデータを復元します。

ファイルのバックアップまたは復元

Windows7をWindows10へ移行する

Windows7の「バックアップと復元」でバックアップしたデータは、Windows10の設定から復元することができます。バックアップを保存したメディアをPCにつないでから、Windows10のスタートボタンから歯車マークの「設定」に入ります。

「設定」「更新とセキュリティ」「バックアップ」と進むと「以前のバックアップをお探しですか?」とあります。そちらにある「バックアップと復元に移動」をクリックするとバックアップを復元することができます。

Windows7からWindows10へ移行しよう

この記事ではWindows7からWindows10への移行方法について詳しく見てきました。Windows7のサポート期限の終了が間近なので、サポート期限が終わる前にWindows7をWindows10へ移行しておきたいものです。現在はMicrosoftからWindows10への移行ファイルが無料で提供されていますが、無料で提供される期限がいつまでなのかはわかりません。

サポート期限が終了した後も無料で提供されるとは限らないので、Windows10への移行は早めに検討したほうがいいでしょう。現在はすでにサポート期限が終了したWindows VistaのWindows10への移行ファイルが有料で提供されているので、Windows7もサポート期限終了後は有料になると思われます。早め早めの対策をお願いします。

ThumbWindows7/8.1のサポート終了後の延長期限は?Window10へ無料移行方法も解説!
Windows7と8.1のサポート期限の終了が迫っていますが、サポート期間を延長することもで...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
K.C
皆様のお役に立てる情報をお届けするために日々精進していきます。どうぞよろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ