メルペイポイントの使い方!有効期限が切れる前にSuicaに移す利用方法も紹介!

メルペイポイントの使い方を紹介します。有効期限が切れる前にSuicaに移す利用方法もご案内。メルペイは自動でポイント決済してくれるなど、便利です。メルペイポイントの使い方は少し複雑な操作が必要なので、こちらの記事を参考にしてください。

メルペイポイントの使い方!有効期限が切れる前にSuicaに移す利用方法も紹介!のイメージ

目次

  1. 1メルペイポイントとは?入手方法や有効期限は?
  2. 2メルカリでのメルペイポイントの使い方
  3. 3実店舗でのメルペイポイントの使い方
  4. 4メルペイポイントをSuicaにチャージして利用用途を広げる
  5. 5メルペイポイントを上手に利用しよう!

メルペイポイントとは?入手方法や有効期限は?

iPhoneの画像

最近では、様々な電子決済方法が復旧されており、キャッシュレスが進行しております。コンビニなどでの決済方法も、SuicaやPASMOだけでなく楽天ペイ、Lineペイ、クイックペイ等々選ぶことができます。メルペイはそんな電子決済方法の一つで新しいスマホ決済サービスの仕組みです。メルペイは、チャージやポイント利用など、いろいろなもので利用することができます。そこで、今回はメルペイのポイント利用についてご紹介いたします。

まず、そもそもメルペイがどのような仕組みなのかをご紹介いたします。メルペイは、電子マネーであり、会計をスマートにする仕組みです。電子マネーの中でも1番気軽にできるスマホ決済サービスとなっております。お店で利用するときに、今までは現金やクレジットカードで決済するか、電子マネー用のカードを出していました。

cardの画像

しかし、メルペイを利用することで、現金やクレジットカードや電子マネー用のカードを出す必要がなくなり、スマホで決済することが可能です。つまり、財布等から何かを出す手間がなくなります。メルペイを使用するときは2つの方法を選択することができます。【利用方法】メルカリの売上を移行させポイントで利用する方法。銀行口座からチャージ。

メルペイは現在、コンビニ・レストラン・ドラッグストア・ファーストフード店・カフェ等、さまざまなお店で利用可能であり、約90万以上の店舗で使用することが可能です。今後ますます利用できるお店が増えてくると考えられます。ちなみにメルペイのポイントは、1ポイント=1円として使うことができます。

入手方法

スクリーン画像

メルペイの入手方法はいたって簡単です。自分のお使いのスマートフォンのアプリストアでメルカリのアプリをダウンロードして、初期設定や電子マネーカードを作成、銀行口座の登録を実施することで、活用することができます。具体的な登録方法は以下の通りです。メルカリのアプリをダウンロードする。(※すでにダウンロードしているユーザーは、最新版であるか確かめて、最新盤でない場合はアップデートを実施してください。)

次に電話番号認証をする必要があります。メルカリの最新版のアプリを起動して、画面下にある「メルペイ」をアップしてください。以下の画面が表示されたら、「次へ」をタップしてください。メルペイが利用でいるお店が表示されたら「閉じる」をタップします。「売上金・ポイントをお店で使う」をタップしてください。すると、「売上金・ポイントが電子マネーとして使える!」が表示されるため、「次へ」をタップしてください。

「必要なのはスマホだけ設定操作は約1分」というページが開かれたら、下の「設定をはじめる(無料)」をタップしてください。続いて電話番号を入力して、「設定して完了」をタップしてください。SMSに送られてきた4桁の認証番号を入力して「認識して完了」をタップしてください。電話番号認証が完了すると、電子マネーカードが作成されます。「次へ」をタップしてください。

スクリーン画像

「電子マネーの情報をiPhoneに追加します」といったページが開かれたら、「名前」と「カード番号」を入力して、「電子マネーの情報を追加」をタップしてください。「追加情報は自動入力です」の画面が表示されたら「OK」を入力してください。するとApple Payの画面に切り替わります。(※iPhoneの場合)Apple Payの画面で「続ける」をタップしてください。

カード番号が入力されているのを確認して、画面右上の「次へ」をタップしてください。メルペイの利用規約が表示されたら、内容を確認して「同意する」をタップしてください。メルペイ電子マネーがWalletに追加されたのを確認したら、外面右上の「完了」をタップしてください。「メルペイ電子マネーがApple Payで利用可能になりました」という通知が届くため、「設定を完了」をタップしてください。

メルペイが利用可能になったら、次は銀行口座の登録が必要なります。銀行口座を登録することで、メルペイへのチャージが可能となります。銀行口座を登録する方法は以下の通りです。メルカリのアプリを開き、「メルペイ」をタップしてください。メルペイのトップページが表示されたら、画面を下にスクロールして「お支払いの用銀行口座の登録」を選択してください。

支払い画面

「お支払い用銀行口座の登録」画面が開かれたら下に表示されている「銀行口座を登録する」をタップしてください。銀行口座の選択画面の中からメルペイに登録する銀行を選択します。メルペイに登録する銀行を選択すると「銀行口座の選択」の画面が表示されるため、内容を確認のうえ「同意して次へ」をタップして下さい。銀行口座の登録画面が表示されるので、「名前」や「口座種別」等の必要項目を入力してください。

必要項目がすべて入力できたら、「銀行サイトへ」をタップしてください。ここからは、選択した金融機関によって登録画面がことなりますが、各金融機関の指示に従って登録してください。銀行口座の登録が完了したら、パスコードを設定します。パスコードの作成画面が表示されるので、4桁の番号を入力します。(※4桁のパスコードは忘れないようにしましょう)続いて確認のため、もう一度4桁のパスコードを入力します。

なおTouch IDやFace IDでパスコードの変更が可能です。これで、決済の準備は完了です。
 

メルカリでの友達招待やキャンペーン

スクリーン画像

2019年3月に「友達招待」の仕組みの変更が行われました。仕組みの変更後は、「友達招待」は「招待コード」を友達にシェアし、友達が招待コードを入力して新規会員登録すると「招待者と友達にそれぞれ300円分のポイント」がプレゼントされる仕組みになっております。※同じ月に11人目以降の友達が新規登録を完了した場合は、友達にのみP300が付与されます。

メルカリの売上金での購入

銀行口座を登録することで、メルペイ残高で商品をご購入することができ、これがメルペイ残高の使い方です。

有効期限

期限の画像

メルペイポイントは、永年不滅ではなく、一定期間以内に利用しなければなりません。有効期限は大体、180日間(6か月間)となっております。なお、メルペインポイントの有効期限を確認する方法は以下の通りです。メルカリのアプリから「メルペイ」に移動「ポイント」をタップします。ポイント履歴に移行するため、上部の右側の「有効期限」をタップします。

すると、各ポイントの有効期限が記載されるため、各ポイントの有効期限を確認することができます。

メルカリでの友達招待やキャンペーンで入手したポイント

スクリーン画像

メルカリでの友達招待やキャンペーンで入手したポイントの使い方について紹介していきます。このキャンペーンで入手したポイントはメルペイに自動でう反映されて使用可能です。

メルカリの売上金で購入したポイント

メルカリの売上金を自動でポイントに変換する使い方があります。

メルペイ残高との違い

違いの画像

メルペイの支払いは、ポイントから支払いに使われ。ポイントが使いきれたら残高から支払われます。メルペイ残高とは、売上金のことで、銀行口座に振り込み申請ができます。売上金からポイント交換し、ポイントとして使用することも可能です。ポイントには、有効期限があるため注意してください。また、メルペイに銀行口座から入金した場合は、メルペイ残高に反映されます。

銀行口座登録していれば、有効期限は無期限となりますが、銀行口座登録していない場合は、180日が有効期限です。

Thumbメルカリの会員登録方法!無料でアカウント作成する手順と注意点を解説!
個人で所有している不要なものをネットを介して、販売することができる人気アプリのメルカリへの会...

メルカリでのメルペイポイントの使い方

スクリーン画像

メルカリの支払い画面で、「ポイントを使う」を使うことで、ポイントを支払いの一部に利用する使い方があります。

実店舗でのメルペイポイントの使い方

スクリーン画像

実店舗でのメルペイポイントの使い方をまとめていきます。コンビニやカフェ、ドラッグストアなどの実店舗でメルペイを活用する方法は2通りあり、iDで支払う方法か、QRコード(バーコード)で支払う方法があります。

iDでの支払い

メルペイはiDという機能を通じて決済が行われるため、iDが使用可能なお店であれば、どこでもメルペイを利用することが可能です。メルカリでの売上額をポイントとしてメルペイに移行させて、そのポイントを利用してコンビニやスーパー、カフェ等でお買い物することができます。

スクリーン画像

今までは、メルカリの売上金1万円以下の場合は、振込手数料が発生していました。それだけでなく、振り込み期限は6か月と設定されていたため、振込手数料がかかってしまっても振込を余儀なくされておりました。しかし、メルペイを利用することで、振り込み手数料も必要なくなり、振込期限も気にしなくてよくなりました。

メルペイコードでの支払い

メルペイコードでの支払い方法は以下の通りです。アプリ内のメルペイを開きます。コード払いを選択し、画面を表示します。バーコードを読み取ってもらうことで、支払いを完了することができます。

ポイント優先!自動でポイント払いしてくれる

メルペイでは、ID決済するときに、メルペイ残高ではなく、ポイントが自動的につかわれ、自動でポイント決済をしてくれます。

メルペイポイントをSuicaにチャージして利用用途を広げる

スクリーン画像

メルカリでのモバイル決済「メルペイ」とApple Payを利用することで、1円も無駄にすることなくSuicaの残高にチャージすることができます。

Suicaにチャージする方法

スクリーン画像

メルカリのポイントや売上金をチャージする方法は以下の通りです。メルカリのアプリを開き、「メルペイ」を選択しポイントを確認します。つぎにiPhoneのWalletアプリを開きます。Apple Payに登録しているSuicaを選択して、右下の「・・・」をタップします。Suicaの詳細情報や設定が表示されますので、「チャージ」をタップします。チャージする金額を入力します。ポイントで確認した金額を入力します。

そして右上の「チャージ」をタップします。右したのApple Payのクレジットカードを選択するときに「メルペイ」を選択してください。メルカリのアプリから、即利用通知が届きます。WalletのアプリでSuicaの残高を確認して、ポイント分追加されていたら完了です。(30秒ほど、残高の反映までに時間がかかることがあります。)

メルペイポイントを上手に利用しよう!

スクリーン画像

メルペイポイントを上手に利用しようについてまとめました。自動でポイントを優先に支払ってくれる機能や、Suicaとの共有は、とても便利です。

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
hika418hika

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ