dヒッツの再契約のやり方と注意点!解約前のデータは引き継ぎできる?

dヒッツは解約後に再契約できるのでしょうか。また、再契約後にmyヒッツの引き継ぎはできるのでしょうか。この記事では、dヒッツを再契約するときの注意点や、再契約する方法、dヒッツを再契約するめっりと等について詳しく解説します。

dヒッツの再契約のやり方と注意点!解約前のデータは引き継ぎできる?のイメージ

目次

  1. 1一度解約したdヒッツは再契約できる?
  2. 解約後の再契約は可能
  3. 再契約するときのポイントと注意点
  4. 2dヒッツを再契約する方法
  5. dアカウントの再契約方法
  6. dヒッツの再契約方法
  7. 3再契約するのならdヒッツがお得?dヒッツのメリットとは?
  8. 月額料金が格安!
  9. 邦楽のラインナップが豊富
  10. プレイリストを選ぶので曲を選ぶ手間を省ける
  11. dヒッツ以外から取り込んだ楽曲もプレイリストにできる
  12. ハイライト再生ならオンデマンド再生も可能!
  13. 4dヒッツを再契約する前に試してみた?無料プランや無料体験もできる音楽アプリも!
  14. Spotify
  15. YouTube Music
  16. 5格安で使えるdヒッツを再契約するものおすすめ!

一度解約したdヒッツは再契約できる?

いろいろな音楽アプリがある中で、ドコモが運営しているdヒッツを選択する方もたくさんいます。dヒッツは月額300円から利用できる音楽ストリーミングサービスということで、その料金に惹かれて契約したものの、さまざまな理由で解約してしまう方も当然います。

しかし、dヒッツを解約したものの、再契約したいという方も少なくありません。特にここ最近は、携帯電話回線をドコモから他社に移したことで、自動的に解約になってしまう方が増えています。

解約したくないのに解約になってしまった方もいる中で、再契約できるかどうかmyヒッツを復元できるかどうかが、気になっている方も多いようです。この記事では、dヒッツの解約後に再契約できるか、再契約するときの注意点にはどのようなものがあるのか、詳しく解説します。

解約後の再契約は可能

dヒッツを解約後に再契約することは当然可能です。一度解約してしまっても、dヒッツは再度契約することができるので安心しましょう。また、条件を満たせばプレイリストやmyヒッツの復元も可能です。

再契約するときのポイントと注意点

dヒッツを再契約するときには、いくつかの注意点と料金の支払いについてのポイントがあります。dヒッツを再契約するときにはどのような点を頭に入れておかなければいけないのかお伝えします。

再契約の時には無料体験はできない

dヒッツを初めて契約するときには31日間の無料体験期間があります。しかし、再契約する場合には無料体験は利用できません。メールアドレスなどを変えて、全く別のdアカウントを作成すれば無料体験できる可能性はありますが、dアカウントを変更してしまうとmyヒッツの引き継ぎはできません。

myヒッツなどの以前の利用状況のデータを引き継ぎするつもりなら、再契約の時には最初から利用料金がかかることを理解した上で契約しましょう。

お試し期間中の解約でも同じ月内の再契約なら以前の利用状況を復元可能

31日間のお試し期間中に解約してしまい再契約した場合には、同じ月内での再契約なら、お試し期間中に作成したプレイリストやmyヒッツを復元できます。dヒッツの利用期間は、毎月1日から月末までになります。その間に無料体験の終了と再契約をした場合には、データの引き継ぎは可能です。

なお、一度解約した後に、無料期間が残っている期間での再契約の場合には、無料体験貼りようできません。再契約した日から利用料金が課金されるので注意しましょう。

解約した同じ月内の再契約なら再度の支払いは必要ない

無料体験期間がすでに終了して、利用料金の支払いが発生している場合、解約した月と同じ月に再契約すると、その月の利用料金を再度支払う必要はありません。以前の支払いがそのまま継続されるので、その月の利用料金は1回分の支払いで済みます。

解約から6ヶ月以内の再契約なら以前の利用状況を引き継ぎ可能なことも

dヒッツの再契約を考えている方の多くが、プレイリストやmyヒッツなどの保存データを、再契約後に引き継ぐことができるのかどうか、という点です。

dヒッツを解約後に6ヶ月以内に再契約した場合には、以前のデータを引き継ぎ可能なことがあります。引き継ぎ可能な状況とは、同じdアカウントで再契約した場合の他に、dアカウントが変更されても、以前のdアカウントの利用者と再契約した利用者が同一人物であるとドコモが確認できた場合です。

ドコモがdアカウントが変更されても同一人物だと確認kできる場合とは次の2通りのどちらからに当てはまる場合です。

・ドコモ回線から他社回線に乗り換えたことで、ドコモdアカウントからキャリアフリーdアカウントに移行した場合
・キャリアフリーdアカウントの利用者がドコモ回線を契約したことで、ドコモdアカウントに変更した場合

myヒッツの復元は500円プランの再契約に限る

dヒッツのmyヒッツとは、お気に入りの楽曲を登録して、いつでも好きなときに再生できる機能です。500円のプランで利用できます。300円のプランでは利用できません。dヒッツは楽曲ではなくプレイリストを指定して再生するのが基本なので、再生したプレイリストの中でお気に入りの楽曲を保存しておきたい方には大切なデータになります。

dヒッツの解約後の6ヶ月以内の再契約で、myヒッツのデータの引き継ぎの条件に合っていても、500円プランで再契約しなればmyヒッツの復元ではできません。以前はmyヒッツを利用していた方でも、300円プランで再契約してしまうと、myヒッツは利用できなくなるので注意しましょう。

配信終了で消えたmyヒッツは再現できない

再契約後にmyヒッツを復元したら、myヒッツからお気に入りの曲が消えていた、ということがよく起こります。myヒッツから曲が消える理由は、dヒッツでの配信が終了したためです。

dヒッツでは一定期間配信された楽曲は、定期的に入れ替えが行われています。楽曲の入れ替えにより配信が終了した楽曲は、myヒッツからも消えてしまうのはあらかじめ理解しておきましょう。

Thumbdヒッツとは?月額料金やメリット・デメリットを評判や口コミ付きで解説!
dヒッツの月額料金やメリット・デメリットを評判や口コミ付きで解説します。dヒッツの評判はTw...

dヒッツを再契約する方法

dヒッツを再契約する方法を解説します。dヒッツを再契約する方法は、通常の契約方法と同じように、dアカウントを作成した後にdヒッツを契約する流れになります。dアカウントをお持ちで、同じdアカウントでdヒッツを再契約する場合には、dヒッツの再契約方法から始めてください。

dアカウントの再契約方法

dヒッツを解約後にdアカウントも解約してしまった場合には、dアカウントの再契約が必要です。dアカウントの再契約方法は、dアカウントの新規契約方法と全く同じで、メールアドレスを登録した後でIDと基本情報を登録します。

dアカウントの作成方法は次の4つから選べます。

  • Webからの作成
  • dアカウント設定アプリで作成
  • ドコモショップで作成

こちらの記事でdアカウントの作成方法を詳しく解説しています。dアカウントの登録方法を忘れてしまったという方は参考にしてみてください。

Thumbdアカウント設定アプリの使い方!iPhoneのTouch IDで簡単ログイン!
dアカウントの設定アプリの使い方やdアカウントの設定のアプリの初期設定、TouchIDの設定...

dヒッツの再契約方法

dアカウントを再契約できたら、dヒッツを再契約しましょう。dヒッツの再契約はこちらのページから始めます。

【dヒッツ】音楽聴き放題のサブスク音楽アプリ!オフライン(ダウンロード)でも再生できる!|音楽聴き放題のサブスク音楽アプリ!オフライン(ダウンロード)でも再生できる!

「dアカウント」の「ログイン」からログインします。するとdヒッツへの「会員登録」や「無料お試し」のボタンが画面上に現れるのでクリックします。支払い方法を選択します。ドコモの回線を利用している方はドコモの料金とまとめて支払います。

ドコモの回線を利用していない方はクレジットカード払いになるのでカード番号を登録します。支払い方法を登録して確認画面で登録ボタンを押したら、dヒッツに再契約できます。

再契約するのならdヒッツがお得?dヒッツのメリットとは?

いろいろな音楽ストリーミングサービスがある中で、dヒッツを再契約しようか、他の音楽ストリーミングサービスを探そうか、どうしようか迷っている方も少なくないでしょう。dヒッツを特に選ぶべき理由にはどのようなものがあるのか、dヒッツのメリットをご紹介します。

月額料金が格安!

dヒッツの最大のメリットは月額300円から利用できるという点です。dヒッツの料金プランは、プレイリストの再生ができる300円のプランとmyヒッツなどの機能が利用できる500円のプランがあります。

ほとんどの音楽アプリの利用料金が月額980円からなので、dヒッツの月額300円から利用できるという格安の料金プランは、dヒッツを再契約するべき理由になると言ってもいいでしょう。

邦楽のラインナップが豊富

dヒッツの楽曲数は他の音楽アプリと比較すると少ない方ですが、邦楽のラインナップには定評があります。dヒッツは邦楽を豊富に用意してダウンロード販売しているレコチョクから楽曲の提供を受けているので、国内アーティストの楽曲が他のアプリよりも多く聴けます。

洋楽やインストルメンタル、民族音楽など他の音楽アプリで聴ける音楽ではなく、日本国内で発表されている楽曲を聴きたい方には、格安で利用できるdヒッツはおすすめです。

プレイリストを選ぶので曲を選ぶ手間を省ける

dヒッツは1曲ごとに楽曲を選択するのではなく、プレイリストを選んでストリーミングで楽曲を聴きます。プレイリストはアーティスト名やジャンルだけではなく、気分やシチュエーションでも選ぶことができます。

曲をその都度選ばなくても、自分の気分に合ったプレイリストを選ぶだけでいいので、曲を選ぶ手間を省けます。

dヒッツ以外から取り込んだ楽曲もプレイリストにできる

スマホやPCに他の音楽サービスで購入した楽曲を保存している方もいるでしょう。dヒッツでは自分でプレイリストを作成することもできますが、dヒッツ以外のサービスから取り込んだ楽曲もプレイリストに加えることができます。自分が購入した曲も加えて、お気に入りのプレイリストが作れるのも、dヒッツのいいところです。

ハイライト再生ならオンデマンド再生も可能!

dヒッツではプレイリストの再生が基本ですが、ハイライト再生なら検索で探した楽曲を再生することも可能です。気になる楽曲のさびの部分だけでもいつでも聴ける機能も、dヒッツのおすすめポイントです。

Thumbdヒッツの使い方!音楽聴き放題アプリでのオフライン再生や料金・評判を紹介!
dヒッツというのはドコモがリリースしている音楽聴き放題アプリですが、ドコモユーザー以外の人も...

dヒッツを再契約する前に試してみた?無料プランや無料体験もできる音楽アプリも!

dヒッツは月額300円もしくは500円と格安で利用できる音楽ストリーミングサービスですが、音楽アプリの中には完全無料で利用できるプランを用意しているものもあります。dヒッツを再契約しようかどうしようか迷っているのであれば、完全無料で利用できる他のサービスを試してみるのもおすすめです。

こちらでは、dヒッツを再契約する前にぜひ試していただきたい、無料プランを備えたおすすめ音楽アプリをご紹介します。

Spotify

dヒッツを再契約する前に試してみたい音楽アプリ
Listening is everything - Spotify

完全無料で、すべての楽曲のフル再生ができるおすすめアプリがSpotifyです。Spotifyには月額980円から利用できる有料プランがありますが、広告表示ありで無料で全楽曲の聴き放題ができるプランもあります。

無料プランでもバックグラウンド再生などもできるので、スマホで他のアプリを利用しながらSpotifyで音楽を楽しめます。登録して無料プランで利用するだけなら無料なので、一度試してみる価値はあるでしょう。

YouTube Music

YouTube Music

YouTube Musicも無料プランですべての楽曲をフル再生できる音楽アプリです。月額980円のYouTubeプレミアムに加入すると、バックグラウンド再生などの機能をすべて利用できるようになります。しかし、無料プランでもすべての楽曲のフル再生が可能です。

YouTube Musicの無料プランでも広告が表示されます。しかし、プレミアムプランとの違いは、バックグラウンド再生ができないことと広告表示があることだけです。その他の違いはほとんどないので、YouTube Musicもおすすめです。

格安で使えるdヒッツを再契約するものおすすめ!

この記事では、dヒッツを再契約できるのか、dヒッツを再契約したときに過去のデータはどうなるのか、詳しくみてきました。dヒッツは過去6ヶ月以内であれば、myヒッツやプレイリストの復元が可能です。格安で広告表示なしで音楽を聴き放題できるのがdヒッツのいいところです。ぜひ再契約をお考えの方は、6ヶ月以内の再契約をおすすめします。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
K.C
皆様のお役に立てる情報をお届けするために日々精進していきます。どうぞよろしくお願いします。