GoogleChromeでFlashPlayerを常に許可する方法!できない時や注意点は?

Google ChromeでFlashPlayerを常に許可する方法や、 ChromeでFlashPlayerで常に許可したいのにできないなどのトラブルを解消します。Flashを上手に活用することで、毎日が豊かに暮らせるでしょう。

GoogleChromeでFlashPlayerを常に許可する方法!できない時や注意点は?のイメージ

目次

  1. 1ChromeでFlashを常に許可にしよう
  2. 2ChromeでFlashを常に許可する~設定方法~
  3. 3ChromeでFlashを常に許可する~確認方法~
  4. 4ChromeでFlashを常に許可する~注意点~
  5. 5ChromeでFlashを常に許可するには注意が必要

ChromeでFlashを常に許可にしよう

通常のChromeはFlashが無効になっているため、標準でFlashムービーなど様々なコンテンツが利用できないことになっています。ChromeからFlashで動画を見たい場合は設定が必要となりますので、どのようにFlashムービーを観れるようになるのかを学んでいきましょう。

50700229 2567988313228249 8931208496949023255 n.jpg? nc ht=scontent frt3 2.cdninstagram
gadgynews

ChromeのデフォルトはFlashが再生できない

動画などを支えてきたAdobe Flash Playerですが、最近はウェブの安定性やセキュリティなどが問題視され始め、ウェブブラウザのデフォルト設定が、できないようになっていることが多いです。

そんな中2020年には、Flash Prayerが終了すると発表されました。Chromeではデフォルト設定でFlashが再生できないためムービーが観られません。そこで、ChromeでFlashを再生するために、設定方法を知っておきましょう。

ChromeでFlashを常に許可する~設定方法~

50582136 1045853912284510 8784414996588556812 n.jpg? nc ht=scontent frt3 2.cdninstagram
takeshi9895

ChromeでFlash Playerのムービーを見るためには、ChromeでFlashを常に許可するという方法を取ります。どのように「常に許可」をしていけば良いのかを見ていきましょう。

毎回許可するのが面倒な時に常に許可することが可能

ChromeでFlash Playreを使用するときに、設定が毎回リセットされてしまいます。毎回許可をしなくてもいいように設定することが可能です。Windowsの設定情報が、書き込まれているレジストリがあります。

これを決められたフォーマットに、書き換えることで今までと同じFlashを常に許可できます。毎回ChromeでFlash Playerを利用している人は、この方法を試してみてください。

設定手順

ChromeでFlash Playerを、常に許可する方法をわかりやすく解説していきます。見た感じは難しくてできないと思われますが、一つずつ丁寧に行えば簡単にできますが、レジリストにはWindowsの情報も含まれていますの、違うところを変換してしまったりすると、後で面倒なことになるため注意してください。

Chromeの検索バーにchrome://flagsと入力しEnterを押す

Chromeバー画像

Chromeのページを開くと、上の画面に検索バーがあります。そのChromeの検索バーのところに「chrome://flags」と入力しましょう。

表示されたページの検索バーにカーソルを合わせる

chromeカーソル画像

Chromeのバーに入力をした後に、上の図のような画面が表示されます。ここはあまりよくわからなくても、次の項目さえ行えればOKです。

Enable Ephemeral Flash Permissionsと入力する

ChromeFlash画像

左上にある検索バーに「Enable Ephemeral Permissions」と入力してください。入力ミスしやすい英語ですので慎重に行いましょう。

DefaultからDisabledに変更する

Chromeダウンロード画像

「Enable Ephemeral Permissions」と入力ができたら、画面右側に「Default」という項目がありますので、これをクリックして「Disabeled」にチェンジしてください。チェンジした後画面の下側に「RELAUNECH NOW」と表示されます。

RELAUNCH NOWをクリックしChromeを再起動する

Chromeクリック画像

「RELAUNCH NOW」のボタンが表示されたらクリックをすれば完了です。全て完了した後に、Chromeを再起動しましょう。Chromeを再起動した後、Flash Playerが常に許可されたということになります。ChromeのFlash Playerが、常に許可されているのか確認する方法は次の章でご紹介します。

ChromeでFlashを常に許可する~確認方法~

これまでChromeでFlashを、常に許可するという方法を行ってきました。この動作がしっかりと行われているのかを、確認しておく必要があります。ちゃんと行えていないのであれば、常に許可することはできないです。ChromeでFlashが、有効になっているかを確認するページがあります。

有効になっている場合は、たとえChromeを終了しても、Flash Playerが許可されたままになっているはずなのです。

確認手順

Flash Piayerが、どのような状況になっているのかを確認していきます。それには「Flash Playerの状況確認」というページを開く必要があります。早速どのような手順なのかを詳しくみていきましょう。

FlashPlayerの状況確認のページを開く

Chrome確認画面

まずは、Adobeのホームページにて「Flash Playerの状況確認」というページを開いてみてください。そこに「Flash Playerインストールの確認・バージョンの確認」などが出てきます。

開いたページのFlashPlayerを許可する

ChromeFlash画像

このページの項目で「Flash」がありますので「確認(デフォルト)」をクリックしてください。画面の上に赤い文字で「このサイトへの接続は完全に保護されていません」となっていますが、これに関しては今の所大丈夫ですので安心してください。

ページを再読み込みする

Chrome読み込み画像

確認ボタンを押したあ〇〇に、画面の上側に「再度読み込み」が表示されていますので、クリックしましょう。

今すぐチェックをクリックし確認する

Chromeいますぐチェック画像

再度読み込みをした後に、ちゃんと行えたのか確認したい場合は「今すぐチェック」というボタンをクリックしてください。そうすると「Google ChromeにはFlashPlayerがあらかじめインストールされており、自動的に更新されます。」というものが表示されます。

この表示が出ると、許可されているということです。そして今度はChromeを再起動します。同じく「今すぐチェック」を押すと同じ内容が表示されますので、FlashPlayerが常に許可されたことを表しています。

ChromeでFlashを常に許可する~注意点~

50870693 2271606183083167 7822950316228995891 n.jpg? nc ht=scontent frt3 2.cdninstagram
46sk_sen

ChromeでFlashを毎回許可するためには、注意しなければいけないことがいくつかあります。長年AdobeのFlash Playerはぜい弱性があるということを指摘されたため、今販売されているほどんどのブラウザがFlashを推奨できないというのが現実的にあります。

理由は、Flashはぜい弱性のためそれにつけ込み誰かが悪用した場合は、個人情報の流出につながってしまうのです。Flashの終了というのは、個人情報流出の可能性を防ぎ、個人の安全性を守るために設置されたものです。この状況も踏まえてからChromeのFlashを有効にしなくてはならないでしょう。

信頼できるサイトに絞ってFlashを有効にする

Chrome内でFlashを有効にした場合、ドメインが同じだとサイト内であれば、たとえ他のページだとしてもFlashは有効化されてしまいます。ドメインが同じということは、うっかりよくないサイトに行ってしまった場合は、注意しなければならないでしょう。

しっかりしたサイトに絞ることで、自分の情報が守られるのです。そのため、よくわからないサイトがFlashムービーを使用していても、やたらむやみにFlashを有効化するのは注意が必要となります。有効化するのであれば、慎重に行いましょう。

FlashPlayerを常に最新にしておく

AdobeはこれらのFlash Playerのぜい弱性に関して報告されているので、ぜい弱性対策として毎回新しいバージョンを出すように勤めています。Flash Playerが毎回アップデートを行っているのも、このためなのです。これからもChromeでFlashを活用するのであれば、アップデートのお知らせが来るたびに毎回アップデートを行ったほうが良いでしょう。

また、ChromeでFlashPlayerを利用するために、更新情報のチェックも怠らないように注意してください。よくわからないサイトでFlashムービーを見てしまったために、個人情報が盗まれたという事例も実際に起こっているのです。

ChromeでFlashを常に許可するには注意が必要

51128823 109730680011233 1743842104260360277 n.jpg? nc ht=scontent frt3 2.cdninstagram
profmariofischer

今やHTML5が標準となる時代で、AdobeのFlashは2020年に役目を終えます。2020年になると完全にサポートが終了し、次第にFlashがなくなってしまうのでしょう。しかし、それまでまだ時間があり、Flashムービーを使用しているサイトもたくさんあります。

特に、新しいPCならFlashの使用規制もどんどん強まっていき、デフォルトでは無効化とされてしまっているのです。Flashを常に有効化をするということは、リスクも大きくなってしまう可能性もありますので、自分で責任を持たなくてはならないということなのです。

自己責任でおかしなサイトに行かずに、しっかりと信頼できるサイトでChromeでFlashPlayerを活用していきましょう。

ThumbGoogleChromeでFlashPlayerを有効/無効設定する方法!更新や注意点は?
Chrome上でFlashPlayerの有効化、無効化する設定方法と注意点を紹介します。Fl...

GoogleChromeの記事が気になった方にはこちらもおすすめ!

ThumbChrome拡張機能の設定方法!管理画面での削除やシークレットモードでの適用方法は?
Chromeブラウザの拡張機能の追加方法や設定、管理方法をご紹介します。Chromeブラウザ...
ThumbChromeの通知オン/オフ設定!サイトごとに通知表示の許可やブロックするには?
Chromeブラウザの通知をブロック及び削除、許可する方法をご紹介します。Chromeブラウ...
ThumbGoogleChromeのflagsで高速化する12の設定!日本語化はできる?
検索速度が速いGoogle Chromeでも、便利な機能が増え、長期間使用している場合は速度...
ThumbGoogleChromeのプラグイン設定ページが廃止!Flash Playerの設定は?
Googleを利用している方はChromeのブラウザでChrome Pluginsを呼び出す...
ThumbChromeの新しいタブの設定をカスタマイズする方法!
Google Chromeで拡張機能を使って、新しいタブに特定ページを設定する方法を説明しま...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ