VirtualboxにWindows10をインストールする方法[Mac/Linux]

MacやLinuxでWindowsのアプリをテストしたいときには、VirtualboxにWindows10をインストールするとテストできます。この記事ではMacやLinuxにVirtualboxを導入してWindows10をインストールする方法を解説します。

VirtualboxにWindows10をインストールする方法[Mac/Linux]のイメージ

目次

  1. 1MacやLinuxのVirtualboxにWindows10をインストールするための準備
  2. VirtualboxをMacにインストール
  3. Windows10のインストール用ディスクを入手
  4. 2VirtualboxにWindows10をインストールする方法
  5. Virtualboxを起動して仮想マシンを作成してハードディスクを割り当てる
  6. Windows10のインストール用ディスクをセット
  7. 仮想マシンを起動するとWindows10のインストールが始まる
  8. Windows10の初期設定をする
  9. 最新版にアップデートしたら終了
  10. 3VirtualboxにWindows10をインストールするときの注意
  11. Microsoftアカウント作成には電話番号が必要
  12. PCによってはWindows10が入らないことも
  13. 4MacやLinuxにWindows10環境を作ろう!

MacやLinuxのVirtualboxにWindows10をインストールするための準備

世界的にPCのOSのシェア率を見ると、Windowsが85%以上を占めています。一方でMacは10%程度、Linuxは3%未満ほどしかシェア率はありません。しかし、その一方で開発者の世界では、Windowsよりも使い勝手のいいMacやLinuxを使用割合が、高くなります。

PC向けのアプリを開発する際に、MacやLinux向けのアプリだけを開発するわけにはいきません。一般ユーザーの多くが利用している、Windows向けのアプリの開発が必要です。MacやLinuxには仮想PCを作成し、Windowsをインストールできる方法があります。

MacやLinuxの中にWindowsをインストールできれば、MacやLinuxで開発したWindows用のアプリやシステムをPCを変えることなく、簡単にテストできます。この記事では、MacやLinuxにWindowsをインストールする方法をご紹介します。

まずは、MacやLinuxにWindowsをインストールするための準備を解説します。

VirtualboxをMacにインストール

MacやLinuxにWindows10をインストールするために、MacやLinuxのPCの中に、仮想のマシンを作る必要がありますPCの中にもう一つ仮想のPCを作るために、Virtualboxというソフトが必要です。Virtualbox をPCにインストールする方法は、以下のの記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

Thumb【Mac】Virtualboxをインストールして他のOSの仮想環境を入れる方法!
Macの中に別OSをインストールしてみたいと考えていませんか。Virtualboxを使えば簡...

Windows10のインストール用ディスクを入手

PCの環境を整える一方で、MacやLinuxにインストールするWindows10インストール用ディスクも入手する必要があります。Windows10はマイクロソフトのホームページから、インストール用ディスクを入手できます。インストール用ディスクの作成方法は、以下の記事で解説しています。

Windows10のインストール用ディスク
ThumbWindows10のインストールディスク作成方法!USB・DVDのメディアでの作り方を解説!
Windows10を何らかの理由で修復する必要があるときに、インストールディスクが必要になる...

尚、Windows10をPCにインストールする際は、ライセンスが必要になる場合があります。有効なライセンスを持っていない場合は、Amazonなどでライセンスキーだけ販売されています。ライセンスキーだけであれば、それほど高い価格ではないので、ぜひ購入して利用しましょう。

Windows 10 Pro 1PC ダウンロード版 日本語正規 32bit/64bit プロダクトキー インストール完了までサポート オンライン認証保証

VirtualboxにWindows10をインストールする方法

仮想マシン「Virtualbox」をインストールしたら、MacやLinuxにWindows10をインストールする方法をご紹介します。

Virtualboxを起動して仮想マシンを作成してハードディスクを割り当てる

  • MacもしくはLinuxでVirtualboxを起動
  • 仮想マシンを管理できる管理画面が開かれる
  • Tools」から「新規」を選ぶと、新しい仮想マシンの作成ができる
  • 新しい仮想マシンの名前を英数字で付ける
  • あまり長くなりすぎず、わかりやすい名前にしておく(特殊文字は使わない)
  • エキスパートモード」を選択
  • 仮想ハードディスクを作成する」にチェックを入れる
  • メモリーサイズの割り当てができるため、Windows10の処理が十分にできる程度のメモリを割り当てる
どの程度割り当てればいいのかは、PC環境によって異なります。少なすぎるとWindows10での動作が不安定になりますが、大きくしすぎると元々のMacやLinuxのPC環境が不安定になり、PC全体の動作が重くなります。
  • タイプ」は「Microsoft Windows」、「バージョン」は「Windows10(ビット数)」を選択
  • Windows10のビット数は、インストールするものを選択
  • 必要な項目の割り当てが終わったら「作成」をクリック

仮想ハードディスクを作成する画面が出てきます。ハードディスクを仮想マシンに割り当てる量は、あまり大きくしすぎない方がいいでしょう。ハードディスクのファイルタイプを選べますが、速度は特にどれを選んでも大差はありません。「作成」をクリックすると、Virtualboxに仮想マシンの作成が終了します。

Windows10のインストール用ディスクをセット

Windows10をインストールするための仮想マシンの用意ができたら、Windows10のインストール用ディスクをセットしましょう。

  • Virtualboxの「設定」を押して「ストレージ」をクリック
  • ディスク」>「仮想光学ディスクファイル」へ進む

PCの中に先ほど作成したWindows10のインストール用ディスクを挿入して、ファイルの選択画面でディスクを選択します。

仮想マシンを起動するとWindows10のインストールが始まる

  • Virtualboxの管理画面に戻る
  • 作成した仮想マシンの起動ボタンをクリック
  • Windows10のインストールが始まる
  • 画面の指示に従ってインストールを進める
PCの環境によってインストールにかかる時間は変わります。インストールが始まったら、終了するのを待ちましょう。

Windows10の初期設定をする

Windows10のインストールが終了したら、自動的に再起動され、Windows10の初期設定画面が開かれます。住んでいる場所や、インターネットへの接続などの設定が続きます。画面の指示に合わせて設定を進めていきます。Microsoftアカウントへのログインを求められます。アカウントを持っていないのなら、作成しましょう。

画面を進めていくと、Windows10の設定が自動的に始まります。設定が終了すると、Windows10のデスクトップ画面が開き、Windows10を利用できます。

最新版にアップデートしたら終了

Windows10の設定が終了したら、最新版にアップデートしておきましょう。Windows10のアップデートは、

  • スタートボタン」>「設定」>「更新とセキュリティ」>「Windows Update」と進む
  • 更新プログラムのチェック」をクリックすると、Windows10のアップデートがないか確認できる

VirtualboxにWindows10をインストールしたら

アップデートするべきものがあれば、セキュリティ面からも、必ず利用前にアップデートしておきましょう。

ThumbMacにHomebrewをインストールする方法!基本的な使い方も解説
本記事ではMacに「Homebrew」をインストールする方法やアンインストール方法を紹介して...

VirtualboxにWindows10をインストールするときの注意

VirtualboxにWindows10をインストールする際の、注意点を解説します。

Microsoftアカウント作成には電話番号が必要

Windows10をインストールするために、現在はMicrosoftアカウントを作成しなければいけません。Microsoftアカウントの作成のために、電話番号によるSMS認証が必要です。あらかじめ、SMS認証ができる電話番号を用意してから、Windows10のインストールに臨みましょう。

なお、以前電話番号なしで作ったMicrosoftアカウントを復活させるときも、現在は電話番号の登録が求められます。注意しましょう。

PCによってはWindows10が入らないことも

Virtualboxをインストール、仮想マシンを作成し、Windows10をMacやLinuxに入れる方法は、PCの環境によってできない場合があります。低スペックPCにLinuxを入れている場合は、Virtualboxに割り当てられる仮想メモリや仮想ハードディスクの余裕がない可能性があります。どうしても入れらないときは、諦めましょう。

ThumbMacOSのアップデートができない・失敗する時の対処法!注意点や解決方法!
MacOSのアップデートができない、失敗する場合の対処法を説明します。不具合が生じたら、セー...

MacやLinuxにWindows10環境を作ろう!

この記事では、MacやLinuxにVirtualboxの仮想マシンを作成し、Windows10をインストールする方法にをご紹介しました。きちんとした手順を踏めば、仮想マシンの作成やWindows10のインストールは、それほど難しいものではありません。ぜひチャレンジしてみましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
K.C
皆様のお役に立てる情報をお届けするために日々精進していきます。どうぞよろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ