iPadのストレージは32GBで足りる?おすすめWi-Fiモデルの価格・容量を解説!

2019年9月30日から発売が開始される、10.2インチに画面が大きくなった新型iPadの32GBWi-Fiモデルは、コストパフォーマンスのいいおすすめモデルです。本記事ではさこの新型iPadのストレージが32GBで足りるか足りないかについて、詳しく説明します。

iPadのストレージは32GBで足りる?おすすめWi-Fiモデルの価格・容量を解説!のイメージ

目次

  1. 1iPadを購入するなら容量は32GBで足りるか足りないか
  2. 32GB・Wi-Fiモデルが価格的におすすめ
  3. ストレージが32GBか128GBかで1万円違う
  4. 2iPad32GBモデルで容量が足りる人
  5. 3iPad32GBモデルでは容量が足りない人
  6. 4iPadが32GBでも128GBでも物足りない人
  7. ディスプレイサイズが物足りない
  8. コンパクトさが足りない
  9. 性能が物足りない
  10. 5iPad32GBは価格だけでなく性能も含めておすすめ

iPadを購入するなら容量は32GBで足りるか足りないか

iPadのイメージ

2019年9月30日から発売される新型iPadは、CPUやメモリ、Apple Pencil対応については旧型を踏襲しつつ、10.2インチとディスプレイサイズを拡大し、iPad Airと同じSmart Keyboardを利用できるよう、拡張性を強化したiPadです。それでいながら価格は旧型よりも3,000〜6,000円値下げされて、非常に魅力的な価格になっています。

32GB・Wi-Fiモデルが価格的におすすめ

iPadのイメージ

新型iPadはどれも購入意欲をそそる価格ですが、その中でも特に32GBWi-Fiモデルは、わずか3万4800円(税別)と非常に購入しやすい価格です。現在発売されているiPhoneの中で一番低価格のiPhone 8が64GBで5万2800円なのに比べると、2万円近くも安く購入できます。

しかし、32GBWi-FiモデルのiPadで気になるのは、はたして32GBの容量のストレージでiPadを使いこなせるのか、ということです。実際、iPhoneのラインナップはすべて64GBからとなっており、32GBのiPhoneは販売されていません。それなのにiPadは32GBで足りるのか、というのは不安を抱くところです。

ストレージが32GBか128GBかで1万円違う

iPadの価格差

とはいえ、iPadの容量が32GBでは足りないとなると、次のストレージ容量は128GBになり、途端に1万円価格が跳ね上がります。10万円のものが11万円になってもあまり気になりませんが、3万5000円が4万5000円になるのは少々堪えるものがあります。iPadのストレージが32GBで足りるのであれば、128GBを使わずに済ませたいところです。

iCloudなら2年1万円で200GB使える

iCloudのイメージ

のちほど詳しく説明しますが、iPadの容量が32GBで足りるようにする方法の一つがiCloudの利用です。写真などのデータは、基本的にiPadには保存せずにiCloudに保存するようにすれば、iPadの容量は32GBでも足りるようになります。ただし、そのためにはiCloudの容量を購入する必要があります。

iCloudの料金

32GBWi-FiモデルのiPadを2年間使うとして、iCloudの50GBを購入すると130×24=3,120円(税別)、200GBを購入すると400×24=9,600円(税別)が必要となります。iCloudの50GB、200GBといっても、そのすべてをiPadの外部ストレージとして使えるわけではなく、iPhoneやiPadのバックアップ容量も10GBほど必要です。

しかしその分を勘定に入れても、iCloudを使えば、iPadが2年3,120円で64GB相当に、9,600円で256GB相当になるのですから、1万円で128GBにしかならないことを思えば、十分におすすめできる容量と価格であるといえます。

ThumbiPadの使い方・活用術!初心者におすすめの便利な設定方法やできることを解説!
iPadに興味があるものの、iPhoneやPCで足りるのでは、と思う人はいます。しかし、iP...

iPad32GBモデルで容量が足りる人

iPadのイメージ

出典: https://www.apple.com/jp/shop/buy-ipad/ipad-10-2/32gb-%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89-wifi

それでは、iPadが32GBで足りる場合について説明します。最初に理解してほしいのは、ストレージ容量が32GBだからといって、そのすべてをユーザーが使えるわけではないということです。ストレージは、まずそれを利用するためのフォーマットをした段階で1割程度利用可能領域が減り、加えてiOSやプリインストールアプリでさらに容量が減ります。

そのため、実際に利用できるiPadのストレージ容量は、公式の容量よりも10GB程度は少なくなっています。つまりiPad32GBWi-Fiモデルの場合は、実質的に利用できるストレージ容量は20GB程度しかないということです。

iPhoneとiPad

つまりiPadの32GBWi-Fiモデルで足りるのかどうかというのは、あなたがiPadの利用目的が、20GBで足りるのかどうかということを意味します。20GBで足りるようにするためには、以下のような利用法が必要です。
 

  • 写真や動画はスマホ任せ
  • PDFや資料類をiPadに貯め込まない
  • ゲームはあまりしない
  • 映画やアニメも貯め込まず、ストリーミングや観たらすぐ消すようにする
  • iCloudを多用してのデータの入れ替えを、手間と感じない

こうした使い方をするのであれば、iPad32GBWi-Fiモデルでも十分に容量が足ります。また20GBは容量として多くはありませんが、それでも30分のアニメが余裕で20本以上入ります。旅行中に子どもの気を引く程度であれば、十分な容量といえるでしょう。

ThumbiPadのストレージ不足を解消!空き容量を増やすiCloudの整理/管理方法を解説!
この記事では、iPadのストレージ不足を解消し、空き容量を確保する方法について解説しています...

iPad32GBモデルでは容量が足りない人

iPadのイメージ

iPadの容量が32GBでは足りない人は、先の節でお伝えしたのと逆の使い方をする人です。
 

  • 写真や動画をiPadでもどんどん撮る
  • スマホで撮った動画をiPadに取り込んで編集する
  • PDFや資料類をiPadに貯め込む
  • 映画やアニメを貯め込んで観る
  • いろいろな種類のゲームを楽しむ
  • iCloudを多用してのデータの入れ替えが面倒くさいと感じる

こうした利用法では、20GBしか使えないiPad32GBモデルでは、あっという間に空き容量なくなります

クラウドストレージサービスのイメージ

中でも問題になるのがiCloudの利用法です。せっかくデータをiCloudに逃がしても、いざ必要になったときにしょっちゅうiCloudからダウンロードするのは結構な手間です。しかもiPadはWi-Fiモデルですから、iPhoneを併用していればテザリングでダウンロード可能なものの、そうでなければほしいときにダウンロードするというわけにはいきません。

場合によっては、Wi-Fiが使える場所に移動してからでないと、必要なデータをiPadにダウンロードできないことになります。そうした不便さを避けたいのであれば、iPadの容量を128GBにするか、Cellularにするしかありません。しかし、Cellularにするとお値段が128GBWi-Fiモデル以上になりますので、ある意味本末転倒です。

iPadを扱う女性

iPadを快適に気安く使いたいのであれば、32GBモデルではなく128GBモデルを購入するのがおすすめです。

ThumbiPad Proだけで動画編集はできる!必要なアプリ・周辺機器や注意点などを解説!
皆さんはiPad Pro というiPadのモデルをご存じでしょうか?このモデルは他のiPad...

iPadが32GBでも128GBでも物足りない人

iPadの比較

ここまではiPadが32GBで足りる人と足りない人について説明してきました。しかし、そもそもいくらお買い得でもiPad自体が物足りない場合もあり得ます。

ディスプレイサイズが物足りない

iPad Pro 12.9インチモデル

新型iPadの10.2インチディスプレイは、iPhoneと比べるとかなりの大きさですが、それでも資料を2画面で処理したり、A4のPDFをなるべく大きく表示しようとしたりすると物足りない思いをすることになります。また、電子書籍のコミックを見開きで読む場合や写真の現像を細かく行いたい場合はiPad Pro 12.9インチモデルが欲しくなります

もしこうした利用法を考えているのであれば、新型iPadはあまりよい買い物とはいえません。しかし、iPadを2台買ってもiPad Pro 12.9インチモデルより安く済みます。iPad Pro 12.9インチモデルで2画面表示するよりも、用途によってはiPad32GBモデルを2台買うほうが便利かもしれません

ThumbiPadで漫画やコミックを読むのに最適なモデル・画面サイズを比較解説!
電子書籍をiPhoneやiPadで読むのは便利ですが、漫画となるとiPhoneの画面では読む...

コンパクトさが足りない

iPad mini

出典: https://www.apple.com/jp/shop/buy-ipad/ipad-mini

逆に新型iPadの10.2インチディスプレイが大きすぎて、持ち運びに困る場合もあります。特に都市圏の通勤・通学時には、iPad miniのサイズ感が非常に便利です。またカバンからさっと取り出して、Apple Pencilでメモを取ったりスケッチをしたりするにも、iPad miniのほうが便利です。iPadの利用シーンを想定して、iPad32GBモデルを購入すべきです。

ThumbiPad mini 4とiPad mini 5(2019)のスペックや価格を比較レビュー!メモリやサイズの違いも!
iPad mini 5とiPad mini4の比較をします。基本スペックや価格やレビューを紹...

性能が物足りない

iPad Air

出典: https://www.apple.com/jp/shop/buy-ipad/ipad-air

最新のゲーム楽しんだり、動画編集を存分に行ったりしたいのであれば、iPadでは物足りない可能性があります。iPad Proまでいかなくとも、iPad Airの購入を考えるべきでしょう。

ThumbiPad AirとiPad無印の比較とレビュー!サイズ/ディスプレイ/カメラ性能の違いを解説!
新型iPad AirとiPad無印で選ぶなら、それぞれの違いを比較していきましょう。iPad...

iPad32GBは価格だけでなく性能も含めておすすめ

iPadのイメージ

以上、iPad32GBモデルについて、いろいろな面から紹介してきました。新型iPadは、十分な性能を備えながらApple PencilやSmart Keyboardに対応しており、さまざまな使い方が可能なコストパフォーマンスに優れたiPadです。特にiPad32GBWi-Fiモデルは、その圧倒的なコストパフォーマンスの良さが魅力のiPad入門機です

ひとまずはiPad32GBWi-Fiモデルを購入し、Smart KeyboardやApple Pencilを揃えた上で、iPad32GBWi-Fiモデルに不満が出たら、iPad Airにステップアップするのがおすすめです。そうすれば自分に必要な容量もわかりますし、Smart KeyboardもApple Pencilも使い回せて、より便利にiPadを使いこなすことができます

ThumbおすすめのiPadの選び方!今からiPadを買うなら?スペックや機能を比較!
2019年7月現在、現行のiPadは5モデルです。スペックや価格に違いのある5つのモデルの中...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
julyten
PDAの頃から携帯機器やPC関係を扱ってきた旧きプロレス愛好家。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ