iPad Wi-FiモデルにGPS機能を付ける!外付けGPSやWi-Fi経由で行う方法は?

iPad Wi-FiモデルにGPS機能を付ける方法を解説します。iPadには2つのモデルがありますが、その内の「Wi-Fiモデル」ではGPS機能が標準装備されていません。外付け機器やテザリングを使ってiPad Wi-FiモデルにGPS機能をつけましょう。

iPad Wi-FiモデルにGPS機能を付ける!外付けGPSやWi-Fi経由で行う方法は? のイメージ

目次

  1. 1iPadのWi-FiモデルにテザリングでGPSを取得する方法
  2. 2iPadのWi-Fiモデルにオススメの外付けGPS機器
  3. 3iPadのWi-FiモデルにGPSがないのはどうして?
  4. 4iPadのWi-FiモデルにGPS機能を付けよう!

iPadのWi-FiモデルにテザリングでGPSを取得する方法

iPadのモデルには「Cellularモデル」と「Wi-Fiモデル」の2つがあります。「Cellularモデル」は携帯キャリアと契約してSIMカードを使ってネットワーク通信を行えるモデルです。これに対して「Wi-Fiモデル」はWi-Fi環境がないと一切ネットワーク通信を行えないモデルです。

この2つのモデルを比較する上でもう1つ大事な点はGPS機能の有無です。「Cellularモデル」にはGPS機能は付いていますが、「Wi-Fiモデル」にはGPS機能は付いていません。

今回はiPad Wi-FiモデルにGPS機能を付加する方法を解説します。まず初めにiPadのWi-FiモデルにテザリングでGPSを取得する方法を説明します。

テザリングとは

テザリングとは、携帯キャリアと契約している端末と接続することで、その端末を中継して携帯キャリアのネットワークにアクセスする方法です。つまり、携帯会社と契約しているiPhoneとテザリングすることで、iPad Wi-Fiモデルでも携帯キャリアのネットワークを通してインターネット接続できます。

テザリングで位置情報を取得するにはアプリを使う

テザリングを使って、iPad Wi-Fiモデルで位置情報を取得するにはアプリを使用します。

テザリングでGPSを使える「TexaGPS」

テザリングを使って、iPad Wi-FiモデルでGPSを使えるようにするアプリとして「TexaGPS」というアプリがあります。「TexaGPS」を使えばiPhoneを使ってテザリングしたときに、iPhoneで取得した GPSの位置情報をダイレクトにiPad Wi-Fiモデルに引き継けます。

iPad_GPSのアプリ
ThumbiPhoneのGPS機能で相手の居場所を追跡!位置情報の精度を高める方法も解説!
iPhoneを紛失した場合、「iPhoneを探す」機能を使えばGPS機能を使ってiPhone...

iPadのWi-Fiモデルにオススメの外付けGPS機器

また、iPad Wi-FiモデルにGPS機能を付加するもう1つの方法として、外付けのGPS機器を利用するやり方があります。

Bad ELF GPS(バッドエルフGPS)

現在は多くのiPad用外付けGPS機器が提供されていますが、今回紹介するのは「Bad ELF GPS(バッドエルフGPS)」というデバイスです。

iPad_GPSのデバイス

オススメポイント

「Bad ELF GPS(バッドエルフGPS)」のおすすめポイントは「取り扱いが簡単でGPS機能を瞬時にiPadに付加できる」という点です。「Bad ELF GPS(バッドエルフGPS)」自体はドングルデバイスで、コンパクトなボディをiPadのLightningコネクタに差し込むだけで取り付けが完了します。

非常にお手軽に使いこなせるので緊急時でも重宝する便利機器です。また、「Bad ELF GPS(バッドエルフGPS)」はApple社公認のデバイスなので、サポートも安心です。

対応機種

「Bad ELF GPS(バッドエルフGPS)」の対応機種は、iPad 第4世代、iPad Air 2、iPad mini 1~3、iPhone 5S・5C以降、iPod touch 第5世代、となっています。

ThumbAndroidで位置情報を取得できない原因と対処法!アプリでGPS取得できないときは?
AndroidスマートフォンでGPSが有効になっているか分からない、アプリで位置情報が使えな...

iPadのWi-FiモデルにGPSがないのはどうして?

iPadのWi-FiモデルにGPS機能が付いていないのはなぜなのでしょうか?従来のiPad Wi-FiモデルにはGPS機能が付いておらず、最新のiPad Wi-FiモデルにもGPS機能は付いていません。

Wi-FiモデルにGPSがない理由

iPadのWi-FiモデルにGPSがない理由はコストの問題であると推測されます。「Cellularモデル」の場合はSIMスロットを装着するので合わせてGPS機能を装備してもコスト的に問題ないのですが、「Wi-Fiモデル」にGPS機能を装備するとなると単独装備になるためコストがかかるようです。

GPS機能でできること

iPadにGPS機能を装備することで可能になることは、まず、カーナビとして利用できる点です。iPadはiPhoneに比べて画面が大きいので、位置情報の取り扱いやカーナビ操作を簡便に行えます。

また、GPS機能を使ったオンラインゲームも利用できます。iPadの大きな画面で位置情報を使ったゲームを楽しめます。

Wi-Fiモデルで地図データと位置情報を取得する方法

Wi-Fiモデルで地図データと位置情報を取得する方法は大きくわけて3つあります。1つ目は「モバイル WiFi ルータ」を利用してネットワークに接続し、地図データと位置情報を取得する方法です。

2つ目はiPhoneなどの携帯キャリアのネットワークを使える端末とテザリングで接続して、地図データと位置情報を取得する方法です。

3つ目はオフラインでも利用できる地図アプリをiPadのストレージに直接ダウンロードして利用する方法です。代表的なアプリとして「MapFan(マップファン)」があります。

Thumb Androidの位置情報をオンオフ切り替える設定方法!GPSの精度をあげるには?
ゲームアプリや地図アプリなど、スマートフォンで位置情報サービスを利用することは多いですよね。...

iPadのWi-FiモデルにGPS機能を付けよう!

iPadのWi-FiモデルにGPS機能を付けましょう。iPadのWi-FiモデルにGPS機能を付加すれば、iPadの大きな画面でカーナビを利用でき、位置情報を使ったオンラインゲームも楽しめます。テザリング・アプリ・ドングル機器・モバイルWi-Fiを使ってiPadのWi-FiモデルでGPS機能を活用しましょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ