CTFローダーとは何?Windows10でメモリ/CPU使用率が高い時の対処法を解説!

メモリやCPUの使用率が高くて、Windows10が重いときの原因がCTFローダーの場合があります。この記事では、CTFローダーとはどういったプログラムで、Windows10が重いときには停止しても大丈夫なのか、対処法をお伝えします。

CTFローダーとは何?Windows10でメモリ/CPU使用率が高い時の対処法を解説!のイメージ

目次

  1. 1CTFローダーとは?どんなプログラム?
  2. Windows10のIMEに関するプロセス
  3. 2CTFローダーが原因でCPUやメモリの使用率が高い!停止しても大丈夫?
  4. 停止したら文字入力ができなくなる!
  5. 3CTFローダーが原因でPCが重いときの対処法
  6. PCを再起動
  7. ウイルススキャンをかける
  8. Windows Updateを実行する
  9. システムファイルを修復する
  10. チェックディスクを実行する
  11. 4CTFローダーの問題は停止以外の対処をしよう!

CTFローダーとは?どんなプログラム?

CTFローダーについて

Windows10が重くなって、タスクマネージャーでCPUやメモリの使用率を調べてみると、「CTFローダー」というプログラムによって、PCのスペックが大量に使われている場合があります。

この記事では、CTFローダーとはどういったもので、CTFローダーが原因でPCが重い時にはどのように対処したらいいのか解説します。まずはCTFローダーについて見ていきましょう。

Windows10のIMEに関するプロセス

CTFローダーとは、Windows10の中のIMEに関するプロセスです。IMEとは、「Input Method Editor」の略で、日本語にすると「入力方法編集プログラム」となります。簡単に言うと、Windows10でキーボードでPCに文字入力するときのシステムがIMEであり、CTFローダーはシステムの中のプロセスを司っているプログラムです。

CTFローダーが原因でCPUやメモリの使用率が高い!停止しても大丈夫?

CTFローダーが原因で、CPUやメモリの使用率が高くなり、Windows10が重くなった場合には、CTFローダーを停止したいという声もあります。CTFローダーは停止しても大丈夫なのか解説します。

停止したら文字入力ができなくなる!

CTFローダーを停止してしまうと、IMEが動かなくなります。文字入力用のソフトはIME以外の、Google日本語やATOK等を利用しているという方もいるでしょう。しかし、IMEがつかさどっているのは、キーボードからの文字入力や文字の変換のシステム全般です。

他の入力用ソフトを使っていても、そのバックグラウンドではIMEが動作しています。CTFローダーを停止してしまうと、Google日本語などの文字入力にも支障をきたします。CTFローダーを停止することはできません。

CTFローダーが原因でPCが重いときの対処法

CTFローダーが原因でCPUの使用率などが高い場合には、CTFローダーの停止以外の対処法を実行してみましょう。

PCを再起動

まずはPCを再起動してみます。CPUやメモリ、ディスクの使用率が妙に高い場合には、8割がた再起動するだけで直ります。まずは再起動して様子を見ましょう。Windows10を再起動する方法は次の通りです。

ThumbWindows10の再起動方法!デスクトップにショートカットアイコンを作成する方法も解説!
Windows10の再起動について、デスクトップにショートカットを作成、ショートカットキーな...

ウイルススキャンをかける

突然、特定のプログラムのPCのスペックが高い状態になった場合には、ウイルスが影響している可能性があります。PCにインストールしてあるウイルス対策ソフトで、フルスキャンをかけてみましょう。

Windows Updateを実行する

CTFローダーについて

Windows Updateを実行した後で、CTFローダーによってCPUなどの使用率が高くなったとしたら、インストールしたアップデート用プログラムの影響があるかもしれません。その場合には、すぐに修正用パッチが配布されます。もう一度Windows Updateを実行することで改善する可能性があります。

システムファイルを修復する

Windows内部のプログラムに何らかの不具合が発生していることが、CTFローダーの挙動をおかしくしている原因の可能性があります。その場合には、システムファイルの修復で改善する可能性があります。こちらの記事でシステムファイルの修復方法を解説しているので、ぜひ実行してみてください。

Thumbsfc /scannowコマンドで破損したWindowsのシステムファイルを修復する方法!
Windowsのシステムファイルが破損したときの修復方法には、sfc /scannowコマン...

チェックディスクを実行する

プログラムではなく、PCのディスクに発生した不具合が、CTFローダーの動作をおかしくしている原因の可能性もあります。チェックディスクを実行して、ハードディスクに生じたエラーを修復することで改善しないか確認してみましょう。

チェックディスクを実行する方法は、エクスプローラーから「PC」を開き、「ローカルディスク(C:)」を右クリックします。表示されたメニューから「プロパティ」を開きます。

CTFローダーについて

ツール」のタブを開き、「エラーチェック」の「チェック」をクリックします。

CTFローダーについて

ドライブのスキャン」をクリックすると、ドライブディスクにエラーが生じていないかチェックが始まります。修復が必要であれば修復して、CTFローダーの動作が改善するか確認してください。

CTFローダーの問題は停止以外の対処をしよう!

この記事では、CTFローダーがCPUやメモリなどの使用率を高くしてしまう場合の対処法について解説してきました。基本的にCTFローダーは重要なプロセスですが、それほど大量のスペックを必要とはしません。

CTFローダーが原因でPCが重くなる場合には、必ず何か原因があるはずです。ぜひご紹介した対処法で、その原因を解決してください。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
K.C
皆様のお役に立てる情報をお届けするために日々精進していきます。どうぞよろしくお願いします。