Airpodsで通話に出る方法!電話を受ける・かける方法や終話のやり方を解説!

革新的で新しいイヤホンAirPodsですが、はたして通話はできるのでしょうか。このページではAirPodsで通話をする方法、具体的に電話に出る、かける、受ける、そして終話の方法をご紹介します。気になるAirPodsの音割れやマイク性能についてもご紹介します。

Airpodsで通話に出る方法!電話を受ける・かける方法や終話のやり方を解説!のイメージ

目次

  1. 1AirPodsで通話しよう!
  2. そもそもAirPodsで通話は可能?
  3. AirPodsでLINEの通話はできる?
  4. 2AirPodsで通話する方法
  5. AirPodsで電話を受ける
  6. AirPodsで電話をかける
  7. AirPodsで終話する
  8. 3AirPodsで通話する時の注意点と前準備
  9. AirPodsで電話に出る際にタップしすぎない
  10. AirPodsのマイクは固定可能
  11. AirPodsの自動耳検出機能
  12. 4AirPodsで通話はしやすい?
  13. AirPodsでの会話中のノイズや音割れについて
  14. AirPodsでは会話中に声が聞こえなくなる時がある?
  15. AirPodsのマイクは高品質?
  16. 5AirPodsでも通話を楽しもう!

AirPodsで通話しよう!

便利で革新的なイヤホンとして、Apple社が発売したAirPodsですが、ただ音声を伝えるだけのイヤホンとは一味も二味も違いがあります。AirPodsは左右のイヤホンが完全に独立、かつ、完全ワイヤレスのイヤホンです。

さらに、AirPodsはApple社製品と高い親和があり、AirPodsとiPhone、iPodとはAirPodsの蓋を開けるだけでペアリングされ、簡単かつ、直感的に使用できます。そんなAirPodsで簡単に、電話を受けたり、かけたりできたら非常に便利です。

そんな近未来的なイヤホン、AirPodsですが、電話を受けたり、かけたりできるのでしょうか。このページではAirPodsでの電話のかけ方、受けた方、電話をする時に気になる音質や音割れ、使用感などについてご紹介いたします。

そもそもAirPodsで通話は可能?

AirPodsで通話をすることは可能です。革新的なイヤホンAirPodsでは、簡単な操作によって電話をかける、出る、受ける、通話における全てが可能です。しかし、電話をする際には、操作に癖があるものや、慣れが必要なものもあります。普段通話にAirPodsを使用している方も、このページで、今一度通話の仕方をおさらいしてみるのもおすすめです。

AirPodsでLINEの通話はできる?

AirPodsでLINEやメッセンジャーアプリ等、通話をできる多くのアプリで通話が可能です。しかし、LINEを含めて通話をする為にはアプリごとに、設定をする必要があります。それぞれ通話の設定をしてから使用しましょう。

ThumbAirPodsの音量調整方法!ダブルタップ操作とSiriでボリューム変更する!
AirPodsで「Siri」を使った音量・ボリューム調整方法を紹介します。AirPodsは便...

AirPodsで通話する方法

AirPodsでは音楽再生や、曲送り時などと同じ様に直感的な操作で通話が可能です。AirPodsで電話をする一通りの方法をご紹介いたします。AirPodsでの簡単な、通話を開始してみましょう。

AirPodsで電話を受ける

AirPodsを使用中に電話がかかってきた時には、AirPodsの脇の部分、小さな穴があるのでAirPodsの小さな穴の周辺をポンポンと軽くダブルタップします。これだけで、AirPodsで通話が開始され、電話に出ることができます。もちろん、AirPodsと接続されているiPhoneを直接操作して電話を受けても、AirPodsを通して通話が可能です。

AirPodsで電話をかける

AirPodsで電話をかける時には、少しだけ、間接的な操作が必要になります。AirPodsには基本的に、小さな穴の部分でタッチを認識する以外の操作はできません。なので、それ以外の操作をしたい時には、他のアプリやデバイスの手助けを借りる必要があります。AirPodsで電話をかける時には、Apple社のアシスタントアプリケーションSiriの力を借ります。

AirPodsと接続されているデバイスで、特に操作をしていない時にAirPodsをダブルタップすると、Siriが起動します。ここで通常Siriに依頼をする様に、「○○さんに電話をかけて」と依頼します。これで、iPhoneやiPadに触れずともAirPodsから、電話をかけることができます。

AirPodsで終話する

AirPodsで終話をする、通話を終える方法は極めてシンプルです。電話を切りたいと思ったタイミングで、AirPodsで電話を受けるときや、電話をかける時と同様にダブルタップします。AirPodsをダブルタップするだけで、AirPodsで終話ができます。

ThumbAirpodsは音漏れする?遮音性や電車で使う注意点を解説!
2016年の初代発売から2019年に第2世代が発売になったAirPods。今ではAppleの...

AirPodsで通話する時の注意点と前準備

AirPodsで電話する時には、いくつか注意点があります。よくある失敗例から、AirPodsで電話をする際に、前もって準備しておくこと、AirPodsで電話する際の注意点をご紹介します。

AirPodsで電話に出る際にタップしすぎない

AirPodsで電話に出る方法、電話の切り方でもご紹介しましたが、AirPodsでは、電話に出るときも、電話を終えるときも同じ様にAirPodsをダブルタップすることで、操作ができます。裏を返せば、連続してタップしすぎてしまうと、相手の電話に出て、そのまま電話を切ってしまうことになります。

この出る時と、終話の操作が同じことをうっかり失念していて、間違って電話を切ってしまうことはよくあるようです。勢い余ってAirPodsをタップしすぎて、電話を切ってしまわない様に注意しましょう。

AirPodsのマイクは固定可能

AirPodsのイヤホン部分はそれぞれが完全に独立しているので、マイクは左右のどちら側にもついています。このマイクは基本的に自動で、左右のどちらの音を拾うか判断してくれるのですが、雑踏などではこの機能がうまく働かず、声を拾ってくれないケースもあるようです。

ですが、このマイクは予め、片方に固定しておくことが可能です。マイクを固定しておけば、雑踏の中でも、どちらのマイクに口を近づけて話せばいいのか迷わなくて済みます。

設定方法は簡単です。AirPodsの設定アプリからBluetoothを選択し、AirPodsの右側の「i」マークをタップします。タップした後のページ「AirPods」というページの最下部の「マイク」をタップすると、マイクの設定画面が開きます。このページで、「自動」「常に右」「常に左」を選択できます。

AirPodsの自動耳検出機能

自動耳検出機能はその名の通り、AirPodsが自動で耳を検出、感知する機能です。自動耳検出機能をオンにしておくことで、AirPodsは耳に装着しただけでAirPodsが使用中であると認識し、設定されていれば、iPhoneやiPadなどのデバイスと自動で繋がり、通話などが可能になります。しかし、この機能は高機能であるがゆえに、少しだけデメリットもあります。

AirPodsを耳に装着していない状態では、AirPodsは反応しなくなるという点です。この機能をオフした状態では、AirPodsを耳に装着していなくても、AirPodsを操作することが可能で、電話に出るなどが可能です。そんな事態はあまりないかもしれませんが、不便さを感じるならばこの機能をオフにすることができます。

自動耳検出機能を、オフにする方法も簡単です。AirPodsの設定アプリから、AirPodsの「i」マークをタップします。次の画面の「自動耳検出」をタップします。ここで、アイコンが緑ならオン、白になっていればオフの状態になります。

ThumbAirPodsはランニングやジョギングで使える?運動で落ちたり汗は大丈夫かレビュー!
AirPodsをランニングやジョギングなどの運動中に使う人が増えていますが、実際のところ汗の...

AirPodsで通話はしやすい?

AirPodsでの通話は、はたしてしやすいのでしょうか。気になるAirPodsでの通話についての正直なレビューを、ここではご紹介いたします。

AirPodsでの会話中のノイズや音割れについて

AirPodsは完全ワイヤレスであり、Bluetoothで本体である、iPhoneやiPadなどのデバイスと接続されています。その為に、動きながら電話をすると、通話中、ノイズが発生してしまうことはあるようです。

基本的な性能は一般的な多くのワイヤレスイヤホンよりは快適で通話もしやすいですが、Bluetooth接続であるがゆえにどうしても音が拾えない、途切れてしまうといったことは起こるようです。

AirPodsでは会話中に声が聞こえなくなる時がある?

Bluetooth接続ゆえに、通話中に音が途切れたり、ノイズが発生することで相手の声が聞こえない、電話中の声が飛んでしまったり、電話中に何を話してもらっているのかわからなくなることは起こるようです。しかし、通話中に音声が急激に大きなって、通話中に音割れが起こるようなことはあまり起こらないようです。

基本的には、AirPods自体の性能はとても高く通話でもそれは発揮されるようですが、如何せんBluetooth接続であるがゆえの技術的な限界によって不具合が起こってしまうようです。通話の際には、その点に注意してみると、より快適に使用できるかもしれません。

AirPodsのマイクは高品質?

マイクに関しては、非常に優秀であるようです。それは通話をする際にも、機能を遺憾なく発揮します。ワイヤレスイヤホンからの通話であることに、驚かれてしまうほどにこちら側からの通話の音声は非常に安定しているようです。

ですが、やはりBluetooth接続ですから、あまり激しく移動しながらでは、通話の音声が安定しない可能性があるので注意が必要です。通話をしていて、こちらの声がうまく届いていないような時には、Bluetooth接続の欠点を思い出して、止まって通話をしてみることもおすすめです。

ThumbAirPodsの充電確認方法!バッテリーの駆動時間や残量が表示されない対処法を解説!
iPhoneと簡単に接続できるイヤホンがAirPodsですが、充電状況やバッテリーの確認方法...

AirPodsでも通話を楽しもう!

革新的で直感的な操作が可能なイヤホン、AirPodsでは電話をかける、出る、受けるなど電話をする一通りの方法が簡単かつ直感的に行えることがわかりました。AirPodsで電話をすることは非常に簡単です。今まで、一般的なイヤホンとしてしか使用していなかった人も、この機会にAirPodsを通話にも利用してみてはいかがでしょうか

ThumbAirPodsとMacのペアリング方法!接続解除方法や繋がらない対処法を解説!
AirPodsとMacのペアリング方法や解除方法、繋がらない場合の対処法を紹介します。Sir...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
nnB99
ライター初心者の未熟者です。 ご迷惑をおかけしてしまうこともあるかと思いますが、 精一杯努めますのでご教授ご鞭...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ