AirPodsは片耳だけ購入できる!片方紛失した時の探し方と購入方法を解説!

Bluetoothでペアリングができる人気のワイヤレスイヤホンのAirPodsを片耳だけ紛失してしまった場合は片耳だけのAirPodsを購入することができます。今回は、AirPodsを片耳紛失した際の探し方と購入方法を紹介します。

AirPodsは片耳だけ購入できる!片方紛失した時の探し方と購入方法を解説!のイメージ

目次

  1. 1AirPodsで片耳紛失してしまった!
  2. 2AirPodsの片耳が紛失して見つからなかったら?
  3. 3AirPodsはなぜ片耳だけで購入できる?
  4. 4AirPodsで片耳だけ紛失しても大丈夫!

AirPodsで片耳紛失してしまった!

主にiPhoneに向けて販売されているワイヤレスイヤホンのAirPodsはケーブルがもちろんありません。引っかかることがありませんので日々の生活の中でスマートに音楽を聴くことが可能です。しかし、ケーブルが無いがゆえに紛失してしまうことも十分に考えられます。ここではAirPodsを片耳だけ紛失した場合の探し方を解説します。

「iPhoneを探す」で探す

一番簡単な方法は「iPhoneを探す」の機能を使って探すという方法です。これはiPhoneに標準装備されている機能ですのでiPhoneユーザーにはお馴染みの機能です。これを事前に「iPhoneを探す」設定にしておくことでそれ以外に何もすることはありません。紛失した片耳のAirPodsの位置情報を得ることが可能です。

位置情報のアイコン

iPhone・iPad・iPod touchでの探し方

AirPodsはiPhoneでもiPadでも同じようなやり方で探します。この機能は、アプリ起動のみでできますのでいつでも使えるようにしておいてください。AirPodsを探すには「iPhoneを探す」のアプリを起動するのみです。Apple IDでサインインをして、最後に「AirPods」をタップすることで位置情報をチェックすることが可能です。

PCでの探し方

PCを使ってAirPodsの場所を調べるには、まず「iCloud」のページにアクセスしてください。アクセス後にあなたのApple IDとパスワードでログインしてください。ログイン後に「iPhoneを探す」の部分を開き「すべてのデバイス」からお使いの「AirPods」を選択してください。

Macbookを使う画像

表示される丸印の色でAirPodsの状態を確認!

探すシステムにはAirPodsの状態を色別に表示してくれる機能が搭載されています。青、緑、灰色の3種類に状態が分かれています。青色の表示がある場合は探すシステムを使用中のAirPodsということを表します。緑色は、オンライン状態を指します。この場合はルートを表示することが可能です。灰色は電源が入っていないことを示します。

音を鳴らして探す

AirPodsが接続されている状態であれば音を鳴らして探すことができます。「アクション」から「サウンド」を選択して音を鳴らすことが可能です。音は次第に大きくなっていくような仕組みになっています。このタイミングで探し出せた場合は音を停止させてください。見つからない場合は再度お試しください。

AirPodsとAppleロゴ

AirPodsの片耳が紛失して見つからなかったら?

AirPodsの片耳だけを紛失してしまい、iPhoneやパソコンを使って上記のような「iPhoneを探す」の方法を試しても見つからなかった場合は、また同じものを一式購入しなければならないと悩んでしまいがちです。しかし諦めてしまう必要はありません。その理由は次で紹介しますので、ご覧ください。

AirPodsはAppleで片耳だけ購入できる!

実は、AirPodsは片耳だけのイヤホンを購入することが可能になっています。つまり、片耳のみを紛失してしまった場合はAirPods全体を新しく購入する必要がないということを意味します。片耳のみを紛失してしまった場合は、本体を丸ごと購入し直すよりも割安な値段で再購入することができますのでユーザーにとってはありがたいシステムです。

AirPodsのイヤホンのみ

AirPodsを片耳だけ購入する手順

AirPodsの紛失としてAppleに修理を依頼することで購入することが可能です。まずは下記に記載したリンクから修理依頼の申し込みページにアクセスしてください。そちらから「AirPodsの紛失」を選択して進めてください。この時に、お使いのAirPodsのシリアルナンバーも確認しておきましょう。

Contact Apple Support
修理依頼

紛失で購入する場合の金額

AirPodsは、Appleに修理依頼をした場合は、税抜き表示となっており、片耳で7800円がかかります。

AirPodsはなぜ片耳だけで購入できる?

AirPodsは片耳だけで購入できるシステムになっていますが、このようなシステムを導入したことには理由があります。

AirPodsの化粧箱

片耳だけを紛失しやすく需要がある

AirPodsは非常にコンパクトな商品なのですぐに紛失してしまうことが多く、需要もそれなりにあるということが大きな理由となっています。

左右独立しているため片耳だけの購入が可能

また、イヤホンの機器としても左右は単独の機器として動作しますので片耳が新しく変わったとしても大丈夫です。

片方のAirPods

Apple以外でも購入ができる?

Appleから修理依頼をすれば、確実性はあるものの時間がかかる場合もあり、それなりに料金もかかります。Amazonやオークションなどでも出品されていることが多くありますので、すぐに欲しい方はご自身で購入してしまうという手もあります。

AirPodsで片耳だけ紛失しても大丈夫!

Appleのロゴ

AirPodsのイヤホンをどちらか片方無くしてしまった場合でも対処法はいくつかあります。まずは、アプリから位置情報を検出し、それでも見つからない場合は部分的な購入を検討してください。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ