Windows10のクリーンインストール方法!無償でOSを再インストール!

Windows10の調子が悪いときにはOSからクリーンインストールすることがおすすめです。Windows10のクリーンインストールでの再インストールの仕方や、インストールメディアをUSBメモリに作る方法などについてお伝えします。

Windows10のクリーンインストール方法!無償でOSを再インストール!のイメージ

目次

  1. 1Windows10のクリーンインストールとは
  2. 2Windows10のクリーンインストール・再インストールする前に
  3. 3Windows10のクリーンインストールする方法【インストールメディアから】
  4. 4Windows10のクリーンインストールする方法【Windows10を起動した状況から】
  5. 5Windows10のクリーンインストール完了前の初期設定
  6. 6Windows10のクリーンインストールにプロダクトキーは必要?
  7. 7Windows10のクリーンインストールをしてみよう

Windows10のクリーンインストールとは

Windows10の調子が悪いときには、いろいろと原因を探り、データなどを保持したまま何とかならないものかと方法を考えることでしょう。しかし、どうにもならないとわかったらクリーンインストールをしてOSを再インストールせざるを得なくなることもあります。

Windows10のクリーンインストールでの再インストールというのは無償でできるのでしょうか。この記事ではWindows10をクリーンインストールする方法について詳しく見ていきましょう。

クリーンインストールとは

クリーンインストールとは、新規にOSやアプリをインストールすることです。Windows10をクリーンインストールで再インストールするという場合とは、いったんPCのハードディスクに書き込まれたOSや、アプリや文書などのデータをすべて消去してから、Windows10をOSからインストールすることになります

クリーンインストールとは非常に手間と時間がかかる上に、PCの中を丸ごとバックアップを取らなくてはいけなくなります。面倒くさいものですが、Windows10のOSやアプリのデータとともに、それまでWindows10の中にたまってしまったPCの中のバグなどがすべて消えるので、ク厘インストールでの再インストール後は動作が快適になります。

クリーンインストールは無償でできる?

Windows10のクリーンインストールは無償でできるのでしょうか。Windows10のクリーンインストールは無償でできます。再インストール用のファイルがMicrosoftのサイトで無償で配布されています。この無償のファイルを使って無償でクリーンインストールをするためには、今使っているPCがMicrosoftの正式なライセンス認証のプロダクトキーを持っているPCでなくてはいけません

正式なライセンス認証のプロダクトキーを持っているPCであれば、Windows7やWindows8.1からのアップグレードのためのクリーンインストールも可能になっています。プロダクトキーを持っていない場合には、Windows10をインストールするためにはパッケージ版を購入しなくていけません。

調子が悪くてWindows10を再インストールする場合にはすでにプロダクトキーを持っているはずなので無償でクリーンインストールすることができます。

Windows10のクリーンインストール・再インストールする前に

Windows10をクリーンインストールで再インストールする前には、事前に必要な準備があります。必要な準備とはどんなものがあるのでしょうか。

ドライバーを用意

まずはドライバーを用意しておきましょう。クリーンインストールで再インストールするとハードディスクに書き込まれている情報がすべて消えてしまいます。ドライバーも消えてしまうので、Windows10の再インストール後にインストールする必要があります

ドライバーとはPCを動かすために必要な周辺機器をOS上で動かすためのソフトウエアで、PCのメーカーから配布されています。ディスプレイ、マザーボード、拡張カードといったPCを動かすために最も重要な周辺機器それぞれにドライバーが必要です。

クリーンインストールする前に、各メーカーから入手して、Windows10のインストールメディアにするのとは別のUSBメモリや光学ディスクに書き込んでおきましょう。

USBメモリーまたはDVDから起動できるように設定

USBメモリを使ってWindows10をクリーンインストールで再インストールするためには、PCに電源を入れた後でUSBからブートするように設定しておかなくてはいけません。USBメモリからブートするためには、BIOSで設定しておく必要があります

BIOSでUSBから起動するように設定する方法は、PCのメーカーによって違います。各メーカーのホームページやマニュアルで確認して下さい。

インストール用のメディア作成

USBメモリからWindows10をクリーンインストールするためには、USBメモリをインストール用のメディアにする必要があります。まずはMicrosoftのこちらのサイトからWindows10のインストール用のファイルを入手します。

Windows10のダウンロード

「ツールを今すぐダウンロード」をクリックするとWindows10のインストール用のファイルをダウンロードすることができます。

Windows10をクリーンインストール

ダウンロードしたファイルをクリックして実行します。するとこのような画面になるのでしばらく待ちましょう。

Windows10をクリーンインストール

ライセンス条項への同意を求められるので「同意」をクリックすると、「このPCをいますぐアップグレードする」「他のPCにインストール用メディアを作る」を選択する画面になります。今回はUSBメモリをインストール用のメディアにするので、「他のPCにインストール用メディアを作る」を選択します。

Windows10をクリーンインストール

インストールメディアにするUSBメモリを接続してから「次へ」をクリックします。内容を確認しながら「次へ」と進んでいくと、どのようにインストールメディアを作成するか選択できます。「USBフラッシュドライブ」を選択して「次へ」をクリックします。

尚、Windows10のインストールメディアにするためのUSBメモリは8GBか16GBにしましょう。最低容量は8GB必要ですが、16GBよりも大きい容量のものではエラーになってしまうことがあります。USBメモリはどちらかを選びましょう。USBメモリの中のデータはインストール用のファイル以外のものでは使えなくなるので気を付けましょう。

Windows10をクリーンインストール

インストールメディアにするUSBメモリを確認したら「次へ」をクリックします。

Windows10をクリーンインストール

するとWindows10のOSのダウンロードが始まり、USBメモリがインストール用メディアに作成されます。数時間かかることもあるので、じっくりと待ちましょう。

Windows10をクリーンインストール

PCをバックアップ

USBメモリでインストール用メディアを作成しながら、PCのバックアップも取ってしまいましょう。クリーンインストールとはPCの中を完全に消去してから書き換えるものなので、バックアップしておかないとPCの中身をすべて失ってしまいます。

Windows7や8.1のPCをWindows10へアップグレードするときでも、Windows10の再インストールの時でも、WindowsのPCに標準搭載されいている「バックアップと復元」を利用して外付けHDDにバックアップを取りましょう。

PCの中にバックアップを取ることもできますが、PCの中にバックアップを取ると、クリーンインストール後に完全に消えてしまいます。必ずバックアップはPCの外に取るようにしましょう。バックアップの取り方はWindows7と8.1の場合にはコントロールパネルから、Windows10の場合にはPCの設定から「バックアップと復元」に入ります。

Windows10をクリーンインストール

バックアップを取る外付けHDDを接続するとバックアップするための手順が表示されるようになるので、指示に従ってバックアップを取るようにしましょう。

ThumbWindows10のインストールメディアをUSBメモリで作成する方法!
Windows10を再インストールする必要があるときに、必要になるのがインストールメディアで...

Windows10のクリーンインストールする方法【インストールメディアから】

Windows10をクリーンインストールする方法についてみていきましょう。

インストールメディアを起動

Windows10をクリーンインストールする方法です。PCの電源を切った状態で、インストールメディアとして作成したUSBメモリをPCに接続してからPCの電源を入れます。先ほどBIOSでUSBメモリから起動するように設定してあるので、Windowsが立ち上がる前にUSBメモリにインストールした、インストール用のファイルへPCが接続するはずです。

「Press any Key to boot from……」という文字が出たら、何でもいいのでキーを押しましょう。するとWindows10のクリーンインストールが始まります。言語などを確認したら「次へ」をクリックします。

今すぐインストール

「今すぐインストール」をクリックします。

Windows10のライセンス認証

次にライセンス認証のためのプロダクトキーの入力を求められます。今回は無償のクリーンインストールということで、すでにプロダクトキーを持っているPCへのインストールになるので「プロダクトキーがありません」をクリックします。

もしも無償アップグレードではなく、プロダクトキーを持っていなくてパッケージ版を購入した場合には、パッケージ版に記載されているプロダクトキーをこちらに入力します。

Windows10のセットアップ

次にセットアップの方法です。プロダクトキーを確認したら、セットアップを進めていきます。まずはWindows10のシステムを選択します。Windows7や8.1,10がProではないPCでWindows10 Proを選択することはできません。

ライセンス条項への同意を求められるので同意したら、インストールの種類を尋ねられます。今回はクリーンインストールをしたいので、「カスタム」を選択します。Windows10をインストールする場所を決めますが、その前にパーティションは全て削除しましょう。

「新規」をクリックして「次へ」をクリックします。するとインストールする場所としてCドライブのみが選択できます。次の画面でパーティションを作成するなら作成し、さらに「次へ」をクリックします。するとWindows10のセットアップが始まります。

Windows10のクリーンインストールする方法【Windows10を起動した状況から】

Windows10を起動した状態からでもWindows10をクリーンインストールする方法があります。

ファイルのなかのSetupを開く

Windowsを開いた状態で、Windows10をインストールする方法は、インストールメディアとして作成したUSBメモリを開いて「set up」をクリックします。するとユーザーアカウント制御の画面が出るので「はい」をクリックするとインストールが始まります。

更新プログラムをダウンロードしてインストールする

Windows10のクリーンインストールが始まると、重要な更新プログラムをインストールするかどうか確認されます。Windows10からの再インストールの場合には同時にインストールしても大丈夫でしょう。

Windows7や8.1からのグレードアップの場合には、同時に重要な更新を行うとWindows10のインストールに失敗することがあります。「今は実行しない」を選択して後でWindows Updateを実行したほうがいいでしょう。

ライセンス条項

ライセンス条項への同意を求められるので、「同意する」をクリックします。

引き継ぐものを変更

インストールする画面まで来ましたが、今回はクリーンインストールなのでこのままインストールしないようにします。このままインストールしてしまうと、ファイルやアプリのデータが残されたままなのでクリーンインストールになりません。「引き継ぐものを変更」をクリックします。

次の画面で「何もしない」を選択します。するとすべてのデータが削除されるクリーンインストールになります。この状態で「インストール」をクリックするとWindows10のOSのクリーンインストールが実行されます。

Windows10のクリーンインストール完了前の初期設定

Windows10のクリーンインストールが完了する前に、初期設定を行います。初期設定の方法についてみていきましょう。

音声ガイダンスに従う

初期設定の方法では、音声ガイダンスが始まります。音声ガイダンスに従って初期設定を行っていきましょう。音声ガイダンスがいらない場合や、音声を流せない場合の対処は、画面の左下にあるマイクをクリックすると音声がオフになります。

ガイダンスを進めると住んでいる地域を聞かれます。日本なら日本を選んで「はい」をクリックします。

キーボードのレイアウト、個人用設定を選択したらWindows10のユーザーアカウントを作成します。Microsoftアカウントを持っている人はここでログインして、持っていない人はMicrosoftアカウントか、ローカルアカウントを作成します。ローカルアカウントを作成する場合には、「オフラインアカウント」をクリックします。

ユーザー名、パスワード、秘密の質問を設定して、デバイスプライバシーの設定の選択を同意したらクリーンインストールが終了に向かって進んでいきます。クリーンインストールが完了するまでしばらく待ちましょう。

Windows10のクリーンインストールにプロダクトキーは必要?

Windows10にクリーンインストールするときにはプロダクトキーは必要なのでしょうか。プロダクトキーとはソフトウエアを利用する上で、正規に購入したものであることを証明するために、ソフトウエア一つ一つに割り当てられたパスワードのことです

ソフトウエアは簡単にコピーして不正利用することができるので、正規版を使ってほしい場合にはプロダクトキーを割り当てるのです。Windows10をクリーンインストールする際には、プロダクトキーは必要なのでしょうか。

OSをインストールする際プロダクトキーは必要ない

正規版のWindows7,8.1,10を一度でもインストールしたことがあるPCであればプロダクトキーは必要ありません。おなじPCなら無償でWindows10をクリーンインストールすることができます

ただし、Windows7とWindows8.1からのWindows10への無償アップグレードがいつまでできるかはわかりません。早めにアップグレードしておいた方がいいでしょう。Windows10からWindows10への再インストールは問題なくできます。手元にプロダクトキーがなくても安心しましょう。

Windows10のクリーンインストールをしてみよう

この記事ではWindows10のクリーンインストールの方法とは、ということでお伝えしてきました。Windows10をクリーンインストールする方法はちょっと込み入っていますが、手順を踏んで行っていけば難しい方法ではありません。

PCがおかしい、不調だと思ったときにはご紹介した方法でクリーンインストールで再インストールして、快適にPCを使えるようにしましょう

ThumbWindows10のISOファイル(ディスクイメージ)をダウンロードする方法!
Windows10のパソコンを最新のバージョンにアップデートするには、公式サイトからISOフ...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
K.C
皆様のお役に立てる情報をお届けするために日々精進していきます。どうぞよろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ