Windows Liveメールで送信できない時の対処法!確認事項やエラー原因を解説!

Windows Liveメールで送信できない時の対処法!確認事項やエラー原因を解説します。Windows Liveメールで送信できない時の対処法、確認事項やエラー原因も知ることができます。Windows Liveメールの使い方を知っていただけたら幸いです。

Windows Liveメールで送信できない時の対処法!確認事項やエラー原因を解説!のイメージ

目次

  1. 1Windows Liveメールの送信ができない!
  2. 2Windows Liveメールで送信できない時の対処法【サーバー】
  3. 3Windows Liveメールで送信できない時の対処法【添付ファイル】
  4. 4Windows Liveメールで送信できない時の対処法【セキュリティソフト】
  5. 5Windows Liveメールで送信できない時の対処法【メール容量】
  6. 6Windows Liveメールで送信できない時の対処法【その他】
  7. 7Windows Liveメールで送信できない時はまずエラー原因を探ろう

Windows Liveメールの送信ができない!

Windowsの画像

パソコンでメール機能を使うための、ソフトの一つにWindows Liveメールがあります。しかし、2017年にMicrosoft社によるWindows Liveメールのサポートが終了したため、新たにダウンロードができません。現在も継続して利用している方もいます。Windows LiveメールのMicrosoft社によるサポートが終了したため、メールの送信ができなくなるなどの、不具合が起きた場合に利用者がどのように対処すればいいのか、エラーで悩んでいる方は多くいます。

今回は、Windows Liveメールでメールの送信、受信ができない場合の原因と対処方法について紹介します。

まず確認すべきこと

検索の画像

Windows Liveメールでメールの送信、受信ができない状態になった場合、3つの原因があります。インターネットに接続されているか、メールアドレスに間違いがないか、メールの設定に間違いがないかなどがあります。

インターネットに接続されているか

インターネットの画像

Windows Liveメールでメールの送信、受信ができない場合は、パソコンがインターネットに正常に接続できているか確認の必要があります。インターネットのLANケーブルが半分抜けている場合や、Wi-Fiの接続の調子が悪い場合などのネット環境が原因でメールの送信、受信ができないことが多くあります。正常に接続されている場合でも、一度回線を切断して、再度接続することでインターネットの状況が回復する場合もあります。

メールアドレスが間違っていないか

メールの画像

次に、Windows Liveメールでメールが送信できない場合は、送信相手のメールアドレスに相違がないか確認の必要があります。メールアドレスの入力内容に誤りがある場合や、アドレスに記号を多く入力している場合でも送信、受信できないエラーが発生します。入力後に入力内容の再確認をする必要があります。

メールの設定が間違っていないか

ダウンロードの画像

Windows Liveメールでメールが送信できない場合は、メールの設定においてサーバー上にメールのデータをコピーしない設定に変更する必要があります。Windows Liveメールの、メール保存先となるメールサーバーは、使用できる量がプロバイダーによって決まっています。そのため、サーバーの容量に空きが少ない場合は、メールの送信ができない状態になっている可能性があります。

サーバー上にメールのデータをコピーしない設定に変更して、送信できないのが回復する場合もあります。

それでもメールの送信ができない場合

メールアドレスの問題やサーバーの問題でもメールの送信、受信ができない場合は、エラーコードからエラー原因を探ることができます。送信トレイにメールが残っているやメールサーバーへのログオンなどのさまざまなエラーがあります。エラーIDを参考に設定を変更します。

エラーコードからエラー原因を探る

エラーの画像

エラーコードからエラー原因を探るのもWindows Liveメールの送信ができない時の対処法になります。エラーはさまざまなので、自分のエラーコードを確認して設定変更の必要があります。

ThumbWindows8でローカルグループポリシーエディター(gpedit.msc)を起動する方法を解説!
Windows8でローカルグループポリシーエディター、gpedit.mscを起動する方法を解...

Windows Liveメールで送信できない時の対処法【サーバー】

サーバーの画像

Windows Liveメールで送信できない時の対処法にサーバーで改善する方法があります。サーバーの接続に原因があることも多くあります。その際の対処法に、送信サーバーとの接続を確認する、ポート番号を変更するというのがあります。

原因

検索の画像

Windows Liveメールでメールが送信できない場合やエラーになっている場合の原因にサーバーの接続に問題があります。サーバーの接続確認は簡単で、送信サーバーの確認やポート番号の変更で問題が解決します。

サーバーの接続に問題がある

サーバーが原因で、Windows Liveメールが送信できない場合には、サーバーに接続する際にエラーが発生している可能性があります。Windows Liveメールを利用している端末設定に、接続問題がある場合、もしくはWindows Liveメールのサーバーに接続問題があります。サーバー側に接続問題があると考えられる時は、サーバーの設定を接続変更できないので、注意が必要です。

対処法

PCの画像

対処法は2つあります。送信サーバーとの接続を確認する、ポート番号を変更するがあります。送信サーバーとの接続を確認する方法は、コマンドプロンプトでサーバーの調整ができます。ポート番号を変更する方法は、Windows Liveメールのアカウントからプロパティを選択して対処ができます。

送信サーバーとの接続を確認する

Windows Liveメールでメールが送信できない、エラーが発生した場合は、送信サーバーとの接続を確認する必要があります。送信サーバー(SMTPサーバー)を確認するには、コマンドプロンプトでpingコマンドを利用します。コマンドプロンプトは、Windowsキーを押してcmdと入力して検索できます。コマンドプロンプト画面でping に続けて、SMTPサーバー名を入力し、Enterキーを押します。数行の表示がされれば、SMTPサーバーへの接続は完了です。

しかし、もう一度実行する必要があると表示されたら、SMTPサーバーに接続できていません。その場合は、サーバー名を確認し、インターネット接続を確認します。

ポート番号を変更する

変更の画像

Windows Liveメールで、メールが送信できないエラーが発生した場合は、ポート番号を確認する必要があります。SMTPで使われているポート番号は25番です。Windows Liveメールでも、SMTPサーバーへの接続は25番ポートになっています。しかし、25番ポートを悪用したメール攻撃が発生したため、587番ポート(サブミッションポート)を使うことが主流です。今では、初期設定では25となっているSMTPのポートを、プロバイダーから指定されたポート番号に書き換える必要があります。

ポート番号を変更するには、Windows Liveメールの左リストにあるアカウント名を右クリックして、プロパティを選択します。プロパティウィンドウで、詳細設定のタブを選択します。サーバーのポート番号の送信メール(SMTP)でポート番号を変更します。OKをクリックして完了です。

ThumbWindows10でマカフィーリブセーフをアンインストールする方法!削除できない時の対処法も!
Windows10でマカフィーリーフをアンインストール(削除)する方法!できない時の対処法を...

Windows Liveメールで送信できない時の対処法【添付ファイル】

ファイルの画像

Windows Liveメールで送信できない時の対処法に添付ファイルが関係しています。原因は、添付ファイルのサイズ容量が大きすぎるという原因があります。対処法には、添付ファイルのサイズ容量を小さくするという対処法があります。添付ファイルにも送信できない原因があるので、注意が必要です。

原因

添付ファイルによって、Windows Liveメールでメールが送信できない場合やエラーになっている場合の原因は、添付ファイルのサイズ容量が大きすぎるというのがあります。

添付ファイルのサイズ容量が大きすぎる

PCの画像

添付ファイルが原因によるWindows Liveメールで、送信できない場合には、添付ファイルサイズが大きすぎるという原因で送信できない可能性があります。添付サイズの容量は、設定によって異なります。平均10MBサイズ以上であると、送信できないことが多いです。

対処法

添付ファイルが原因で、Windows Liveメールでメールが送信できない場合の一般的な対処方法に、添付ファイルのサイズ容量を小さくするというのがあります。

添付ファイルのサイズ容量を小さくする

ファイルの画像

添付ファイルのサイズ容量が大きい場合は、添付ファイルサイズ容量を小さくすることで送信できるようになります。ファイルを圧縮する、もしくはファイルを分割することで、添付ファイルサイズの容量を小さくすることができます

Thumb【Windows Liveメール】署名の挿入方法!作成手順や設定の方法を解説!
パソコンで利用できるメールソフトには、OutlookやWindows Liveメールなどがあ...

Windows Liveメールで送信できない時の対処法【セキュリティソフト】

セキュリティの画像

Windows Liveメールで送信できない時の対処法にセキュリティソフトが関係します。Windows Liveメールで送信できない原因は、セキュリティソフトがメールの送信を妨げているためです。対処法もあり、セキュリティソフトを停止して送信する、セキュリティソフトの設定を変更するの2つがあります。

原因

以下では、セキュリティソフトによってWindows Liveメールでメールが送信できない場合やエラーになっている場合の原因について説明します。セキュリティソフトとは、コンピュータセキュリティや情報セキュリティに関する危険性を回避するため、使用するアプリケーションのソフトウェアの総称です。

セキュリティソフトがメールの送信を妨げている

stopの画像

セキュリティソフトが原因によるWindows Liveメールで送信できない場合には、セキュリティソフトが送信を、妨げている可能性があります。セキュリティソフトが、メールの送信を妨げている要因として、考えられるのは、ウイルス感染を防ぐためです。

対処法

セキュリティが原因でWindows Liveメールでメールが送信できない場合の一般的な対処方法は、セキュリティソフトを停止して送信する、セキュリティソフトの設定を変更するがあります。

セキュリティソフトを停止して送信する

stopの画像

セキュリティソフトがメールの送信を妨げている可能性がる場合もあります。ウイルスソフトの設定を変更できる際は、セキュリティソフトを停止してWindows Liveメールが送信できるか確認が必要です。

セキュリティソフトの設定を変更する

セキュリティソフトの設定を変更することで、メールが送信できないのを解決できることもあります。

ThumbWindows10でデスクトップのアイコンが消えたり表示されない時の原因や対処法!
Windows10にバージョンアップした時やWindows10を操作していて、突然デスクトッ...

Windows Liveメールで送信できない時の対処法【メール容量】

メールの画像

Windows Liveメールで送信できない時の対処法にメールの容量があります。メールの容量が原因で、他人のメールアドレスに送信できないことがあります。対処法は、サーバー上にメールデータをコピーしない設定にする方法があります。メールデータは多くの空き容量が必要になるので、多くの空き容量が必要になります。

原因

Windows Liveメールで送信できない時の対処法にメールの容量があります。メールの容量が原因で、他人のメールアドレスに送信、受信できないことがあります。メールの送信、受信には空きの容量が必要になるので、注意が必要です。

メールサーバーの容量がいっぱいになっている

PCの画像

メールサーバーの容量がいっぱいになっているのも原因の1つです。この原因を解消するには、サーバー上にメールデータをコピーしない設定にする必要があります。

対処法

メールサーバーの容量がいっぱいになっているのも原因の対処法に、サーバー上にメールデータをコピーしない設定にする必要があります。メールデータとはメールアドレスや受信、送信したメールのデータのことです。

サーバー上にメールデータをコピーしない設定にする

メールの画像

サーバー上にメールデータをコピーしない設定にすることで、無駄なメールアドレスや送信、受信された内容を減らすことができます。サーバー上にメールデータを自動でコピーしてしまうので、必要ない人は、設定で解除する必要があります。

ThumbMP3編集ができるフリーソフトおすすめ11選!Windows10対応ソフトの機能を解説!
MP3ファイルを編集できるフリーソフトを使えば、音楽データを無料で分割・結合してオリジナルの...

Windows Liveメールで送信できない時の対処法【その他】

PCの画像

Windows Liveメールで送信できない時の対処法にその他の問題があります。メールの受信はできるが、送信ができないケースがあります。メールが送信トレイに残ったまま送信できない場合があります。

メールの受信はできるが送信はできない場合

メールの受信はできるが送信はできない場合、アドレスの違いやプロパティでサーバーの確認が必要になります。

対処法

キーボードの画像

対処法に、プロパティのサーバーの詳細設定からセキュリティなどの数値を変更することで、解消されます。

メールが送信トレイに残ったまま送信できない場合

メールが送信トレイに残ったまま送信できない場合もあります。この時の対処法に、送信トレイを削除するという対処法があります。

対処法

対処法に、送信トレイのメールを削除する方法があります。送信トレイに空き容量がないのが原因で、送信できないこともあります。

Thumb「捨てメアド(メルアドぽいぽい)」の使い方!メールアドレス取得・送受信の手順を解説!
スマホなど、キャリアのメールアドレス以外に、捨てメアド(メルアドぽいぽい)を取得できることは...

Windows Liveメールで送信できない時はまずエラー原因を探ろう

いいねの画像

Windows Liveメールで送信できない時は、エラーの原因を探すのが重要です。Windows Liveメールで送信できない時の原因に、サーバーの問題や、添付ファイル、セキュリティソフト、メールの容量などがあります。これらの原因に対して正確に対処するのが重要です。この記事を参考にWindows Liveメールで送信できない時の対処法を知っていただけたら幸いです。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
hika418hika
海外で長期のインターンシップ経験があり、海外の流行にかなり敏感です。デザインツールやプログラミングコードなど開発環...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ