Windows8でローカルグループポリシーエディター(gpedit.msc)を起動する方法を解説!

Windows8でローカルグループポリシーエディター、gpedit.mscを起動する方法を解説します。Windows8でローカルグループポリシーエディター、gpedit.mscを使うのは簡単です。ローカルグループポリシーエディターを知っていただけたら幸いです。

Windows8でローカルグループポリシーエディター(gpedit.msc)を起動する方法を解説!のイメージ

目次

  1. 1Windows8で使えるローカルグループポリシーエディターとは
  2. 2Windows8でのローカルグループポリシーエディターの使い方
  3. 3Windows8でローカルグループポリシーエディターが見つからない時は?
  4. 4Windows 8ローカルグループポリシーエディターを活用しよう

Windows8で使えるローカルグループポリシーエディターとは

Windows8の画像

Windows8で使えるローカルグループポリシーエディター、gpedit.mscとは、Windows8のセキュリティや制限、ログイン設定がなどをするツールです。このローカルグループポリシーエディター、gpedit.mscは、個人では使うことはありませんが、会社や団体でのパソコンではローカルグループポリシーを使ってるところもあります。

セキュリティ・ログインなどの設定ができるツール

セキュリティの画像

Windows8で使えるローカルグループポリシーエディター、gpedit.mscとは、セキュリティ・ログインなどの設定ができるツールです。このgpedit.mscはどのWindowsのパソコンにも搭載されている機能で、個人よりも団体や企業が利用しているケースがあります。

ローカルグループポリシーについて

検索の画像

ローカルグループポリシーとは、セキュリティの設定をマシンごとに設定できる機能です。Windows8の端末に登録しているアカウントのパスワードや有効期限の長さを指定できます。

Microsoft管理コンソールベースのツール

Microsoft管理コンソールベースのツールとは、ソフトウェアのインストールや、レジストリ、エディター、インターネット、ログインなどの設定をできるのがMicrosoft管理コンソールベースのツールです。

ThumbWindows10でマカフィーリーフをアンインストール(削除)する方法!できない時の対処法も!
Windows10でマカフィーリーフをアンインストール(削除)する方法!できない時の対処法を...

Windows8でのローカルグループポリシーエディターの使い方

PCの画像

Windows8でのローカルグループポリシーエディターの使い方は簡単です。起動する方法、コンピューター構成からの設定について、ユーザー構成からの設定について、変更項目の検索方法、WindowsUpdate時の自動再起動を抑制する方法などの使い方はさまざまです。ローカルグループポリシーエディター、gpedit.mscを起動する方法は、ファイル名を指定して実行する必要があります。ファイル名、プログラム名などを入力して実行します。

Windows8では、画面の左下に表示されるクイックリンクからファイル名を指定して実行を表示します。そして、gpedit.mscを入力すれば起動します。コンピューター構成からの設定では、コンピュータのポリシーを設定可能です。これは、Windows8のプログラムを書き換えて、自分の好きなように設定ができます。ユーザー構成からの設定では、ローカルグループポリシーエディターを使って設定の変更ができます。これは、ログインするユーザーにポリシーの設定ができます。

変更項目の検索方法は、ローカルグループポリシーエディターで、さまざまなローカルグループポリシーの設定を変更できます。WindowsUpdate時の自動再起動を抑制する方法では、ユーザーアカウントの制御が表示されるので、自分で項目の値を埋めて設定ができます。

起動する方法

PCの画像

ローカルグループポリシーエディターを起動する方法は、ファイル名を指定します。指定したら実行する前に、ファイル名、プログラム名などを入力します。入力が完了すると、ローカルグループポリシーエディター、gpedit.mscの起動が実行されます。

ファイル名を指定して実行できること

ファイル名を指定して実行できることは、ローカルグループポリシーエディターgpedit.mscを起動することができます。

コンピューター構成からの設定について

PCの画像

コンピューター構成からの設定は自分のWindows8の設定を大幅に変更できます。構成では、コンピュータのポリシーの設定が可能です。主な操作は、Windows8のプログラムを書き換えることで、時刻を設定した強制終了などの設定ができます。

ユーザー構成からの設定について

ユーザー構成からの設定では、ローカルのグループポリシーエディターを使い、設定の変更ができます。このWindows8の機能は、ログインするユーザーにポリシーの設定をすることができます。権限のないユーザーにポリシーの強化が可能です。

変更項目の検索方法

検索の画像

ローカルグループポリシーエディターgpedit.mscの変更項目の検索方法は、ローカルグループポリシーエディターで行います。エディターではさまざまなローカルグループポリシーの設定があるので、変更できます。エディター内で不明な設定はフィルター機能から検索することもできます。

フィルター機能から検索する手順

フィルター機能から検索する手順は簡単です。管理用テンプレートを検索して、すべての設定からフィルター機能が使えます。名前順などに変更してエディターの検索が楽になります。

WindowsUpdate時の自動再起動を抑制する方法

ダウンロードの画像

WindowsUpdate時の自動再起動を抑制する方法は簡単です。Microsoftの管理コンソールから設定ができます。Microsoft Windowsが表示されるので、続行を選択し設定項目に値を入力します。その入力した内容で設定が変更されます。

ThumbWindows10でデスクトップのアイコンが消えたり表示されない時の原因や対処法!
Windows10にバージョンアップした時やWindows10を操作していて、突然デスクトッ...

Windows8でローカルグループポリシーエディターが見つからない時は?

検索の画像

Windows8でローカルグループポリシーエディターが見つからない時は、Windows8のエディションがHome版の場合や起動時にエラーメッセージが表示される場合などで変わります。Windows8のエディションがHome版の場合は、レジストリを追加する必要があります。Windows8のエディションがHome版の場合、ローカルグループポリシーエディターgpedit.mscが見つからないことは良くあります。

これは、Home版に対応していないので、ローカルグループポリシーエディターのレジストリを追加してHome版で使えるようにする必要があります。ローカルグループポリシーエディターが見つからない時、ローカルグループポリシーエディターを導入するには、ダウンロード、インストールが必要になります。ダウンロード、インストールの方法は簡単です。また、ダウンロード、インストール後に、起動できない時は、管理者に確認する必要があります。

ローカルグループポリシーエディターが見つからない時は、起動時にエラーメッセージが表示される場合もあります。その場合は、更新プログラムをダウンロード、インストールする必要があります。

Windows8のエディションがHome版の場合

Windowsの画像

Windows8のエディションがHome版の場合、ローカルグループポリシーエディター、gpedit.mscが見つからない場合があります。これは、ローカルグループポリシーエディターがHome版に対応していないため、ローカルグループポリシーエディターのレジストリを追加する必要があります。追加することで、Home版で使えるようになります。

レジストリを追加する方法

Windows8のエディションがHome版でローカルグループポリシーエディターが見つからない場合のレジストリを追加する方法は簡単です。レジストリのコードを入力しすることで追加されます。

ローカルグループポリシーエディターを導入する方法

ダウンロードの画像

ローカルグループポリシーエディターが見つからない時に、ローカルグループポリシーエディターを導入する方法にダウンロード、インストールが必要になります。ダウンロード、インストールしても対処されない場合は、管理人に確認する必要があります。

ダウンロードする方法

ダウンロードする時に注意するのがダウンロードする項目が2つあります。これは、自分のパソコンのbitによってダウンロードするファイルが異なるので注意が必要です。

インストールする方法

インストールの画像

インストールする方法も簡単です。インストールファイルがダウンロードされたらファイル名を確認してZipファイルを開いてインストールします。

gredit.mscで起動できない時は管理者に確認する

gredit.mscで起動できない時は管理者に確認する必要があります。企業には、対処できる管理部があるので、そこで対処できます。

システムの種類の確認方法

PCの画像

システムの種類の確認方法は簡単です。Windows8のバージョンが32bitか64bitなのかの違いをシステムから確認できます。

起動時にエラーメッセージが表示される場合

起動時にエラーメッセージが表示される場合は、更新プログラムをダウンロードする必要があります。

更新プログラムをダウンロードする

ダウンロードの画像

更新プログラムをダウンロードするには、Microsoftのダウンロードページから更新ができます。

ThumbWindows Server 2019と2016を比較!インストール方法・手順も解説
Windows Server 2019と2016で何が違うか知っていますか?機能やデザインに...

Windows 8ローカルグループポリシーエディターを活用しよう

いいねの画像

Windows8で使えるローカルグループポリシーエディターを活用するには、さまざまな設定が必要です。また、ローカルグループポリシーエディターの使い方では、多くの手順を踏む必要があり、エラー時にも対処が必要になります。この記事を参考にWindows8で使えるローカルグループポリシーエディターを活用する方法を知っていただけたら幸いです。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
hika418hika
海外で長期のインターンシップ経験があり、海外の流行にかなり敏感です。デザインツールやプログラミングコードなど開発環...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ