iPhoneのSMS(メッセージ)は既読がつく?開封証明のオフで既読を知らせない!

iPhoneのSMSで「既読」表示をつけることは可能か、検証します。iPhoneのSMSでは、一部条件付きで、開封証明の設定をオフにすれば「既読」を知らせないことが可能です。iPhoneのSMSの「既読」表示機能をマスターしましょう。

iPhoneのSMS(メッセージ)は既読がつく?開封証明のオフで既読を知らせない!のイメージ

目次

  1. 1SMSは既読がつく?iPhoneのメッセージの種類について
  2. 2SMSは既読がつく?iPhoneの既読機能の有無について
  3. 3SMS(iPhoneのiMessage)で既読を付けない方法
  4. 4SMSでもiPhoneのiMessageなら既読設定ができる

SMSは既読がつく?iPhoneのメッセージの種類について

テキストメッセージのやりとりを行うアプリはたくさんありますが、例えばLINEのメッセージには相手がメッセージを開封したか確認できる「既読」の文字が表示される機能があります。

iPhoneには標準装備の「SMS・メッセージアプリ」がありますが、この標準装備の「SMS・メッセージアプリ」に「既読」の文字を表示する機能はあるのでしょうか?今回はiPhone標準装備の「SMS・メッセージアプリ」の「既読」確認機能について解説します。

iPhoneのメッセージは2種類ある

iPhone標準装備の「SMS・メッセージアプリ」の機能を知るには、まず、iPhoneの「SMS・メッセージアプリ」には2種類のメッセージモードがあることを認識する必要があります。「SMS」と「iMassage」です。

SMS(ショートメッセージ・ショートメール)

SMSは電話番号を使って短いメッセージを送れるメッセージモードです。電話番号を介してメッセージを送るので、携帯電話・スマホであればどの端末にもメッセージを送れます。携帯キャリアが違っていてもSMSのメッセージは送れます。

格安SIMサービスを利用する場合でも、SMS機能が付いたSIMカードを利用すればSMSメッセージに対応できます。

SMSの一般的名称は「ショートメッセージ」です。SMSを「ショートメール」と呼ぶ人がいますが、「ショートメール」という名称は、元々NTTドコモの過去サービスの固有名称で一般名称ではありません。当時「ショートメール」は「ショートメッセージ」と同等のサービスでした。

SMSのアイコン

iMessage

iMessageはSMSでメッセージを送った際に、相手の端末がiPhone・iPadであった場合に切り替わるメッセージモードです。

iMessageはインターネット経由でメッセージを送るので、電話料金ではなくデータ送信料として扱われます。

SMSのメッセージのやりとりは、グリーンの吹き出しで表示されますが、iMessageに切り替わると、メッセージのやりとりはブルーの吹き出しで表示されるので、吹き出しのカラーでメッセージモードを判別できます。

SMSの画面
ThumbスマホでSMS(ショートメール)が送れない原因と対処法を解説![iPhone/Android]
SMSは電話番号だけで送れるメールとして,スマホ初心者にも気やすく使えて楽しく便利なメール機...

SMSは既読がつく?iPhoneの既読機能の有無について

では、iPhoneの「SMS・メッセージアプリ」で「既読」表示は可能なのでしょうか?以下、2つのメッセージモードについて検証します。

SMSの既読機能について

SMSのメッセージ閲覧画面には残念ながら「既読」表示機能はありません。SMSのそれぞれのメッセージの吹き出しには、SMSメッセージが送受信された日時が表示されるだけになります。

SMSの画面

iMessageの既読機能について

iMessageは、デフォルト設定で「既読」表示機能が有効になっています。送信したメッセージを相手が開くと日時と一緒に「既読」の文字が表示されます。

「既読」表示機能が有効になっていない場合は「設定」→「メッセージ」で「開封証明を送信」をオンに設定すれば「既読」表示機能を有効にできます。

SMSの画面
ThumbiPhoneで使えるSMS(ショートメール)とMMSとは?機能の違いと使い方を解説!
ここに追加 皆さんはiPhoneで使えるSMSとMMSとは何かご存じでしょうか?電話番号、ア...

SMS(iPhoneのiMessage)で既読を付けない方法

次に、SMS(iPhoneのiMessage)で「既読」表示をつけない方法を解説します。

メッセージの設定を変えて既読を付けずに内容確認することができる

iMessageの「既読」表示機能は使い勝手がよく、便利な機能ですが、時にはメッセージの内容を確認していてもメッセージの送信元には既読であることを知らせたくない状況があります。例えば、メッセージの内容を一旦確認しておいて、返信は後で時間の余裕があるときに行いたいというときです。

そんなときは、メッセージの送信元が「既読」の表示を見て返信がすぐに送られてこないと不信感を抱くのではないかと、心配になる人もいるでしょう。そのような場合は、「開封証明を送信」の設定を変更することで対処できます。

「開封証明を送信」の設定方法

設定する手順は、「設定」→「メッセージ」で「開封証明を送信」をオフに設定します。「既読」表示機能が無効になります。

SMSの設定

連絡先ごとに有効・無効を設定することもできる

iMessageの「既読」表示機能は連絡先ごとに有効・無効を設定することもできます。

「SMS・メッセージアプリ」を起動させて、設定を変更する相手とのやりとり(メッセージ内容)をタップし、画面上方の「相手のアイコン」をタップします。

アイコンの下に表示される「i」マークをタップすると画面が切り替わるので「開封証明を送信」の設定を必要に応じてオン・オフ設定します。

SMSの設定
ThumbSMSの着信拒否を設定!iPhone/Androidでショートメールの受信をブロックする方法を解説!
SMSに迷惑メッセージやブロックしたい人からのショートメールを受信するときには着信拒否設定を...

SMSでもiPhoneのiMessageなら既読設定ができる

iPhoneの「SMS・メッセージアプリ」において、iMessageであれば「既読」表示がつくように設定が可能です。メッセージをやりとりする相手によって個別に「既読」表示の有効・無効設定が可能なので、この便利な機能を有効活用しましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
KOUSUKE
困ったときに役に立つ情報、今気になっている情報をピックアップして分かりやすく解説していきます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ