iPhoneの充電マークが表示されたままで充電できない原因や対処法を解説!

充電マークが表示されているのに、iPhone、iPadが充電できない。充電されないのはiPhone、iPadの寿命、とあきらめるのは、ちょっとまってみましょう。充電マークがつくのは充電しているからです。本記事の対処法で充電されない原因を突き止めましょう。

iPhoneの充電マークが表示されたままで充電できない原因や対処法を解説!のイメージ

目次

  1. 1充電マークが出ていてもiPhoneが充電できない原因は?
  2. 電源アダプターが原因
  3. 接続機器(コンセント等)の不具合
  4. 充電ケーブルに不具合
  5. 本体のコネクタが故障
  6. iPhoneバッテリーの劣化
  7. 過去に水没している
  8. 2充電マーク表示でも充電不可の場合の対処法
  9. まずは再起動してみる
  10. その他の対処法
  11. 3それでもiPhoneの充電マークが点灯してるのに充電できないときは
  12. Appleで修理する場合
  13. docomo・au・softbankで修理する場合
  14. 4充電中はiPhoneの充電マークを確認しよう

充電マークが出ていてもiPhoneが充電できない原因は?

iPhoneやiPadが、充電されないときには、意外と単純なミスが原因なこともあります。故障と決めつける前に、以下のことをまず確認してみましょう。

電源アダプターが原因

  1. コンセントに電源アダプターがきちんと挿し込まれているか
  2. テーブルタップのコードはコンセントに挿し込まれているか
  3. テーブルタップのスイッチが「OFF」になっていないか
  4. ケーブルがiPhone、iPad本体にきちんと挿し込まれているか
  5. 配電盤のブレーカーが落ちていないか
  6. 電源アダプターを指し直してみる

電源アダプターが原因

Apple純正の充電器でiPhone、iPadを充電中、iPhone、iPadが熱くなりすぎますと、80%以上の充電を制限することがあります。

この場合、充電マークは点灯していることも多く、故障と勘違いする方も多いようです。本体と充電器を涼しいところに移動させれば充電も再開されます。

接続機器(コンセント等)の不具合

出典: https://support.apple.com/ja-jp/HT204178

電源アダプターの設置が不適切であったり、不具合で充電されないこともあります。こういうケースでは、充電マークがついているにもかかわらず、iPhone、iPadに充電されないといったことも起こります。

充電マークが表示されているにもかかわらず、iPhone、iPadが充電できないときの、「電源アダプター」の充電状態や注意すべき点と対処法は以下のとおりです。

ケーブルの外皮の破損と摩耗 アダプターの交換
アダプターの水濡れ、や液体濡れ 素手で触れず、乾いた布で包み取り外す
アダプターの端子のゆるみや曲がり アダプターの交換
アダプターのブレードの曲がりや黒ずみ アダプターの交換
アダプター本体から火花 アダプターの交換
アダプター目で見える損傷、変色 アダプターの交換
アダプターから破裂音 アダプターの交換
差し込みブレードが折れた 電気工事士に連絡
デバイスに充電できない 取り扱いショップ、Appleに相談

上記のケースでは「電源アダプター」の不良が原因で充電されない、できないということもあり対処法としては、「電源アダプター」の予備がある場合、そちらを使用すると充電できる可能性があります。

電源アダプターが原因

接続機器(コンセント等)の不具合

いつも当然のように使っているコンセントですが、なんらかの原因で、コンセントに通電していないこともあります。またコンセントにゆるみがあり、接続機器が、しっかり挿し込めていなかったということもあります。

ブレーカーが落ちていたりすると、近くのコンセントに挿してもだめかもしれません。別の部屋、別の階のコンセントに挿し込んで試してみましょう。

充電ケーブルに不具合

本体のコネクタが故障

出典: https://support.apple.com/ja-jp/HT204178

充電ケーブルを純正のものに交換すると、充電マークのとおりに充電されることが多いです。充電ケーブルの不自然な「ねじれ」があるときは交換してみましょう。

ThumbiPhoneの断線しにくい充電ケーブルのおすすめ19選!選び方も解説!
iPhoneのApple純正の充電ケーブルは断線しやすいことで有名です。この記事ではiPho...

本体のコネクタが故障

Phoneバッテリーの劣化

「コネクタ」に、ゴミやほこりなどの異物がたまると接触不良になり、充電の妨げや発熱の原因にもなります。対処法は、綿棒などの柔らかいもので、丁寧に取り除くと改善されるでしょう。

出典: https://support.apple.com/ja-jp/HT201569#slow

またコネクタに「ガタ」があると、充電するために、ライトニングケーブルを挿し込んだ際「ゆるみ」を生じ、接触不良による電圧降下がおき、充電マークがついていながら、いつまで待っても満充電にならない、ということが起きます。

対処法としては、「購入したショップ」や「Apple」に相談するのが解決の早道です。※コネクタに「ガタ」ができる原因は、ケーブルを挿し込んだまま乱暴な扱い方をしたか、ケーブルごと落下させたようなときに発生します。

iPhoneバッテリーの劣化

iPhoneバッテリーの劣化

Appleが公表しているiPhoneバッテリーの寿命は3年です。使い方にもよりますが、3年経過したバッテリーは消耗も早くなり、「一日バッテリーがもたない」などの報告もあります。

バッテリーの充電時間も長くなりがちで、充電マークがついているのに、なかなか満充電されないこともあるようです。

Phoneバッテリーの劣化

お使いのiPhone、iPadが下記の症状に思い当たるようでしたら、バッテリー充電トラブル(充電できない、充電されない)の前症状かもしれません。

  • iPhoneのバッテリーの消耗がはげしい
  • バッテリー残量表示がおかしい
  • iPhoneの充電に時間がかかるようになった
  • iPhoneがふくらんだような気がする(バッテリーの変形?)

過去に水没している

水没は当然充電機能にも悪影響をおよぼします。

過去に水没している

防水機能は「iPhone7」以降の全機種に施されていますが、完全というわけではありません。使用年数を重ねて防水機能は劣化します。

水没直後iPhonに何事もなくても、数日、数週間後に不具合が起きることもあります。水没させた場合は、iPhoneを購入したショップで相談するとよいでしょう。

充電マーク表示でも充電不可の場合の対処法

ソフトウェアの不具合やゴミファイルの影響で充電できないということもあります。

出典: https://support.apple.com/ja-jp/HT201412

まずは再起動してみる

ソフトウェア(アプリ)の動作が、充電できない原因のときは、「再起動」でiPhoneをリセットするのが一番です。これで充電が再開することも多いようです。

iPhone SE、5 以前を再起動する方法

iPhone SE、5 以前を再起動する方法

出典: https://support.apple.com/ja-jp/HT201559

上部のボタンを電源オフスライダが表示されるまで押し続けます。

スライダをドラッグし、本体の電源が切れるまで 30 秒ほど待ちます。
デバイスの電源を再び入れるには、上部のボタンを Apple ロゴが表示されるまで押し続けます。

  1. 上部ボタンを長押し~電源オフスライダが表示されるまで
  2. スライダをスワイプします
  3. 本体の電源がきれるまで待つ(30秒ほど)
  4. 再起動~上部ボタンをAppleロゴが表示されるまで長押し

iPhone 8、7、6 を再起動する方法

iPhone 8、7、6 を再起動する方法

出典: https://support.apple.com/ja-jp/HT201559

  1. サイドボタンを長押し(電源オフスライダが表示されるまで)
  2. スライダをスワイプ
  3. 電源が切れるまで30秒ほど待つ
  4. 再起動~サイドボタンappleロゴが出るまで長押し

iPhone8・iPhone8Plus・iPhoneX以降のモデル

iPhone8・iPhone8Plus・iPhoneX以降のモデル

出典: https://support.apple.com/ja-jp/HT201559

  1. 片方の音量ボタンとサイドボタンを長押し
  2. 電源オフスライダが表示されるのでスワイプします。
  3. 切れるまで30秒待つ
  4. 再起動~サイドボタン(iPhone右側)Appleロゴが出るまで長押し

iPad

  • Face ID 搭載の iPad の再起動

Face ID 搭載の iPad の再起動

出典: https://support.apple.com/ja-jp/HT210631

  1. 片方の音量ボタンと上部ボタンを同時に長押し(電源オフスライダが表示されるまで)
  2. スライダをスワイプして30秒待つ(電源がきれるまで)
  3. 再起動~上部ボタンをAppleロゴが表示されるまで長押し

  • ホームボタン付きのiPad の再起動

ホームボタン付きのiPad の再起動

出典: https://support.apple.com/ja-jp/HT210631

  1. 上部ボタンを長押し(電源オフスライダが表示されるまで)
  2. スライダをスワイプ
  3. 電源が切れるまで30秒ほど待つ
  4. 再起動~上部ボタンをAppleロゴが出るまで長押し

出典: https://mysupport.apple.com/product/0

その他の対処法

iPhone8以降のiPhoneは「ワイヤレス充電」が採用されています。この方式では、iPhone本体が熱を持つようなことがおきると構造上、充電が中断されます。そのようなときは涼しいところに移動させれば充電が再開されます。

その他の対処法

出典: https://support.apple.com/ja-jp/HT208078

ThumbiPhoneの充電残量が増えない原因と対処法!不具合を確認して解決!
iPhoneの充電残量が増えない原因と対処法を解説します。バッテリーやケーブルの故障が原因だ...
電源アダプターが原因5

それでもiPhoneの充電マークが点灯してるのに充電できないときは

これまでの対処法を試しても状態が改善されない(●充電できない●充電が不十分)時は、本体の修理やバッテリーの交換も含め、専門店に持ち込むのが解決の早道になります。

この場合必要なことは購入したショップでの補償の精査や、iPhone、iPadなどデバイスのバックアップです。下のリンクをクリックするとバックアップの方法が判ります。

iPhone、iPad、iPod touch をバックアップする方法 - Apple サポート

Appleで修理する場合

Appleで修理する場合事前に予約が必要です。また購入先のショップでは直接修理ができません、修理はApple認定の工場で行われます。持ち込むことも郵送で修理することもできますが、まず下記の公式サポートでサポートを受けましょう。

Apple サポート 公式サイト
Appleで修理する場合2

出典: https://support.apple.com/ja-jp

サイトに移動したら、修理のことを知りたいときは、上図から「サポートが必要な時は」の「こちらから」をクリックして進めていきます。

Appleで修理する場合1

出典: https://support.apple.com/ja-jp

修理や補償のことを知りたいときは、上図の下の「わからないことがあるときは」から「サポートコミュニティに質問する」をクリックして進むと、ディスカッション形式の質問ができます。

iPhoneの修理 | ビックカメラのiPhone・Apple製品正規修理サービス

apple認定の修理サービスで事前に予約をして持ち込むとスムーズに対応されます。

キタムラ、iPhone修理や画面・バッテリーの即日交換|Apple製品の正規修理サービス

「キタムラ」も「ビックカメラ」同様Apple認定の修理工場です。各地に拠点があります。

docomo・au・softbankで修理する場合

docomo・au・softbankで修理する場合

docomo・au・softbankで修理する場合、必要なことはやはり補償の有無です。原則ショップでApple製品の修理は行われていず、とりつぐだけです。この場合もバックアップは自分で取っておきましょう。

iPhone・iPadの故障・修理 | スマートフォン・携帯電話をご利用の方 | au
iPhone/iPad 修理取次サービス | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク
iPhoneリペアコーナー | お客様サポート | iPhone | NTTドコモ
充電中はiPhoneの充電マークを確認しよう

充電中はiPhoneの充電マークを確認しよう

”充電は完全に充電量が切れる前に、そして満充電になる前に充電を切り上げる”というのがバッテリーを長持ちさせるコツのようです。充電マークを確認しながら上手に充電しましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
山口 長二
きょうは霜が降りていました冬本番ですね。皆さんがんばりましょう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ