スクリプトエラーがWindows10のIEで頻発する原因と消えない対処法を解説!

JavaスクリプトのスクリプトエラーがWindows10のIE11で頻発することがあります。スクリプトエラーが頻発する原因と、エラーが消えないときの対処法はどうしたらいいのか、この記事ではインターネットの設定方法等を解説します。

スクリプトエラーがWindows10のIEで頻発する原因と消えない対処法を解説!のイメージ

目次

  1. 1Windows10のIE11でスクリプトエラーが頻発する原因とは?
  2. JavaScriptのプログラムのエラーが発生している
  3. Chromeなど他のブラウザではあまり起きない
  4. 2スクリプトエラーが消えない場合の対処法
  5. 対処法1・ブラウザを再起動する
  6. 対処法2・インターネット一時ファイルなどキャッシュを削除する
  7. 対処法3・エラーを通知しないように設定する
  8. 対処法4・使用するブラウザを変更する
  9. 3スクリプトエラーが起きても慌てずに対処しよう!

Windows10のIE11でスクリプトエラーが頻発する原因とは?

Windows10でIE11を使っていると、時々スクリプトエラーが発生することがあります。他のブラウザを利用していても、時折何らかのエラーが発生することはあります。

しかし、IE11のスクリプトエラーが頻発しすぎると感じている方も少なくありません。この記事では、IE11でスクリプトエラーが頻発する原因と、エラーが消えない場合の対処法について詳しく解説します。

JavaScriptのプログラムのエラーが発生している

まずIE11でスクリプトエラーと表示される原因について解説します。IE11で頻発するスクリプトエラーとは、Javaスクリプトのプログラムのエラーが発生していることを意味しています。

Javaスクリプトとは、ウェブサイトを構築するためのプログラミング言語の一つです。Javaスクリプトで記述されている部分のプログラムに、何らかのエラーが発生した場合に、IE11にスクリプトエラーと表示されます。

Chromeなど他のブラウザではあまり起きない

ブラウザが違っていても、同じサイトを閲覧した場合には、IE11でスクリプトエラーが発生するのであれば、同じエラーが発生しているはずです。

しかし、Google ChromeやFirefoxなどの他のブラウザでは、スクリプトエラーが表示されることはありません。IE11以外のブラウザでは通常、無視されることが普通です。

ThumbWindows10でInternet Explorerを使う方法!EdgeよりIEを使うメリットは?
今までInternet Explorerを使っていたのに、Windows10に入っていなくて...

スクリプトエラーが消えない場合の対処法

IE11でスクリプトエラーが消えない場合の対処法について解説します。

対処法1・ブラウザを再起動する

スクリプトエラーが消えない場合の原因と対処法

スクリプトエラーが発生した場合には、まずはIE11を再起動してみましょう。IE11の右上の閉じるボタンをくクリックして、いったん閉じてから、もう一度IE11を起動してみると、スクリプトエラーが解消される可能性があります。

対処法2・インターネット一時ファイルなどキャッシュを削除する

IE11を再起動してもスクリプトエラーが消えない場合には、インターネット一時ファイルなどのキャッシュを削除してみましょう。

スクリプトエラーが消えない場合の原因と対処法

インターネット一時ファイルのキャッシュの削除方法は、IE11の右上の歯車マークのボタンをクリックして、「セーフティ」>「閲覧履歴の削除」と進みます。

スクリプトエラーが消えない場合の原因と対処法

次に開いた画面で、「インターネット一時ファイルおよびWebサイトのファイル」にチェックを入れて「削除」をクリックします。これでキャッシュが削除できます。

対処法3・エラーを通知しないように設定する

キャッシュを削除しても、スクリプトエラーが消えない場合には、エラーを通知しないように設定しましょう。

スクリプトエラーが消えない場合の原因と対処法

IE11の歯車マークから「インターネットオプション」をクリックします。

スクリプトエラーが消えない場合の原因と対処法

詳細設定」のタブを開いて「スクリプトのエラーごとに通知を表示する」からチェックを外します。「OK」をクリックすると、エラーが起きても通知が表示されなくなります。

対処法4・使用するブラウザを変更する

IE11のスクリプトエラーへの最終的な対処法は、使用するブラウザを変更することです。現在、IEの開発はすでに終了していて、Microsoftの標準的なブラウザは、Microsoft Edgeへ移行しています。

また、PCだけではなくスマホやタブレットへの互換性も高い、Google ChromeやFirefoxを利用する人も増えています。

現在、IE11はセキュリティアップデートは行われていますが、2025年には完全にサポートが終了することも発表されています。

仕事などでどうしてもIE11を使わなければならないという環境でなければ、IE11からスクリプトエラーが無視されて表示されないMicrosoft EdgeやGoogle Chromeなど、他のブラウザ変更することをおすすめします。

ThumbIEのバージョン確認方法!Internet Explorerのバージョンを調べるには?
理由は様々ありますが使用中のInternet Explorer(IE)のバージョンを確認した...

スクリプトエラーが起きても慌てずに対処しよう!

この記事では、IE11でスクリプトエラーが頻発して消えない場合の原因と対処法について解説してきました。エラーが頻発すると、イライラしますが、エラーの通知をオフにすることもできます。

また、IE11から他のブラウザへ変更してもいいでしょう。スクリプトエラーへの対処法はいろいろとあるので、ぜひこの機会に対処できるようにしておきましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
K.C
皆様のお役に立てる情報をお届けするために日々精進していきます。どうぞよろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ