iPadでQRコードを読み取る方法!標準カメラアプリでスキャン可能!

iPadでQRコードを読み取る方法を解説します。iOS11以降のバージョンがインストールされているiPadであれば、標準カメラアプリでQRコードのスキャンが可能です。iOSがiOS11より古いバージョンの場合は専用アプリを利用しましょう。

iPadでQRコードを読み取る方法!標準カメラアプリでスキャン可能!のイメージ

目次

  1. 1iPadでQRコードを読み取る方法【基礎知識編】
  2. 2iPadでQRコードを読み取る方法【標準カメラアプリ編】
  3. 3iPadでQRコードを読み取る方法【QRコードリーダー編】
  4. 4iPadでQRコードを簡単に読み取ろう!

iPadでQRコードを読み取る方法【基礎知識編】

今回はiPadでQRコードを読み取る方法について解説します。iPadでQRコードを読み取る方法は、iOSのバージョンによって異なります。iPadでQRコードを読み取る方法を理解するための事前準備として、自分のiPadのiOSバージョンを確認する必要があります。

バーコードから拡張された2次元コード・QRコードとは?

まず、前知識としてQRコードについて簡単に解説します。QRコードとは、元々、バーコードから派生した2次元コードです。日本の企業、デンソーによって開発されました。代表的2次元コード、バーコードは横並びのライン幅とライン間隔で情報を再現していますが、QRコードは情報次元を縦横にとり、ドット配置で情報を再現しています。

2000年に国際規格化され、世界共通の情報コードとして普及が始まっています。QRコードで再現できる情報は、現在の規格では「数字・英数・8ビットバイナリデータ・漢字・かな」であり、格納できる最大文字数は、数字のみであれば7089文字、英数字であれば4296字、漢字・かなであれば1817文字となっています。

iPadでは標準カメラアプリまたはQRコードリーダーで読み取り

現在、iPadでは標準カメラアプリでQRコードを読み取れます。しかし、iOSが旧バージョンのiPadは専用アプリをダウンロードしてQRコードを読み取ります。

iPadのカメラアプリのアイコン

iOS11以降は標準カメラアプリで読み取り

正確には、iOS11以降のiOSバージョンがインストールされているiPadは標準カメラアプリでQRコードを読み取れます。

iPadのiOSのバージョンを調べる方法

中には自分のiPadのiOSのバージョンがはっきり分からないユーザーもいるでしょう。自分のiPadのiOSバージョンを確認する手順は簡単です。「設定」→「一般」→「情報」と進むと、画面上の「ソフトウェアバージョン」の項目で現在のiPadのiOSバージョンを確認できます。

iPadのiOSバージョンの確認方法
ThumbPCでQRコードを読み取れるサイトと拡張機能の使い方!カメラがない時は?
PC用のQRコード読み取り方法を解説します。PCにカメラが内蔵されていなくてもブラウザの拡張...

iPadでQRコードを読み取る方法【標準カメラアプリ編】

次に、iOS11以降のiOSバージョンがインストールされているiPadで、標準カメラアプリを使ってQRコードを読み取る方法を解説します。

iPadの標準カメラアプリでQRコードを読み取りする方法

iOS11以降のiOSバージョンがインストールされているiPadの標準カメラアプリでQRコードを読み取る手順は、まず、ホーム画面から「カメラ」アプリをタップして立ち上げ、メインカメラ(リアカメラ)をQRコードに向けます。

iPadの標準カメラアプリがQRコードを認識すると、画面上でQRコードを囲う様に枠が表示され、画面上方にポップアップでQRコード認識の通知が表示されます。その通知ポップアップをタップすると、QRコードの情報がURLであれば、即時的に画面が切り替わり、該当のサイト画面が表示されます。

URL以外の情報(テキストなど)であれば、その情報を表示できるアプリが自動的に立ち上がって情報を表示します。

iPadでQRコードを読み取る方法

コントロールセンターからQRコードアイコンをカスタマイズ

コントロールセンターにQRコードアイコンが設置されています。設置されていない場合は、「設定」からコントロールセンターの表示設定をカスタマイズすることで設置できます。

iPadのコントロールセンターのQRコードアイコン

コントロールセンターをカスタマイズする手順は、「設定」→「コントロールセンター」→「コントロールをカスタマイズ」をタップします。設定画面内の「QRコードをスキャン」をタップすれば、コントロールセンターにQRコードアイコンを追加できます。

iPadのコントロールセンターにQRコードアイコンを追加する方法

標準カメラアプリでQRコードを上手く読み取れない・スキャンできない時は?

iOS11以降のiOSバージョンがインストールされているiPadでありながら、標準カメラアプリでQRコードを上手く読み取れない・スキャンできない場合は、「カメラ」の設定を確認しましょう。

「設定」→「カメラ」と進み、「QRコードをスキャン」の項目がオンに設定されているかどうか確認します。オフに設定されていた場合はトグルをオンに設定して再度、標準カメラアプリでQRコードの読み取りを試してみましょう。

iPadのQRコードスキャンの設定
ThumbURLからQRコードに変換する方法!QRコードの作成方法まとめ!
URLを変換したQRコードの作り方を解説します。URLを元にQRコードを作成するには便利な専...

iPadでQRコードを読み取る方法【QRコードリーダー編】

次に、iOS11よりも古いiOSバージョンがインストールされているiPadでQRコードを読み取る方法を解説します。

可能であればiOSバージョンを最新にアップデートして、標準カメラアプリを使ってQRコードを読み取るようにするやり方が最も理想的ですが、状況が許さない場合は、専用アプリをダウンロードしてQRコードを読み取りましょう。

iPadにQRコードリーダーをダウンロードして読み取りする方法

QRコードを読み取る専用アプリは数多く提供されていますが、今回は「QRコードリーダー / バーコードリーダー」というアプリをインストール例として説明します。「QRコードリーダー / バーコードリーダー」はAppストアから無料でダウンロードできます。

「QRコードリーダー / バーコードリーダー」の使用手順としては、まず、Appストアからダウンロードしたらアプリを立上げ、メインカメラ(リアカメラ)をQRコードに向けます。

カメラをかざすだけで自動でQRコードを読み取り、アプリ画面上でQRコードの読み取り結果が表示されるので、該当の結果をタップすると、該当サイトや該当アプリが立ち上がって情報を表示します。

iPadでQRコードを読み取るアプリ
ThumbiPhoneでQRコードを標準カメラで読み取る方法!リーダーアプリは不要?
本記事ではiPhoneのQRコードリーダーの使い方や、SNSアプリでのQRコードの表示方法、...

iPadでQRコードを簡単に読み取ろう!

iPadで簡単にQRコードの読み取りを行いましょう。iOS11以降のバージョンがインストールされていれば、標準カメラアプリを立上げてカメラをQRコードにかざすだけで、簡単にQRコードを読み取れます。

iOS11より古いバージョンのiOSがインストールされているiPadの場合は、QRコード読み取りの専用アプリをインストールすれば問題なくQRコードを読み取れます。QRコード読み取りの専用アプリとしては「QRコードリーダー」がおすすめです。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ