Windows10でWi-Fiアイコン・SSIDが表示されない対処法!無線LAN機能は有効になってる?

Wi-Fiアイコンが表示されない、SSIDが表示されないというトラブルによってWindows10がWi-Fiに接続できなくなることがあります。ここでは、Windows10でWi-Fi接続できないときの原因・対処法をご紹介します。

Windows10でWi-Fiアイコン・SSIDが表示されない対処法!無線LAN機能は有効になってる?のイメージ

目次

  1. 1Windows10でWi-FiのSSIDが表示されない原因
  2. SSIDとは
  3. Wi-FiのSSIDが表示されない原因
  4. 2Windows10の通知領域にWi-Fiアイコンが表示されない時の再表示方法
  5. 3Windows10でSSIDがWi-Fi一覧から消えた場合の対処法
  6. Wi-Fi一覧からSSIDが消えた原因
  7. SSIDを再表示する方法
  8. 4Windows10でWi-FiのSSIDが表示されない対処法
  9. 無線LANを有効にする
  10. ルーターの設定から無線の規格を変更
  11. ステルスモードの解除
  12. ルーターとPCのチャンネルを合わせる
  13. 無線ドライバの再インストール
  14. ルーターのファームウェアの更新
  15. 無線子機・ルーターの修理
  16. 5Windows10でWi-FiアイコンやSSIDが表示されない時はまず原因を確認しよう!

Windows10でWi-FiのSSIDが表示されない原因

SSIDとは

SSID

SSIDとは、かんたんに説明すると、アクセスポイントの固有の名前(識別番号)です。今やWi-Fiはどこでも飛んでおり、街中や店内で利用する場合でも、たくさん表示されるようになりました。もし、これらのWi-Fiを識別せずに利用すれば、混信(次々と接続するアクセスポイントが入れ替わる)してしまい、ネットワーク接続が混乱してしまいます。

それを防ぐために、利用されるのがSSIDです。SSIDによって、特定のアクセスポイントにスムーズに接続できるようになり、安定したネットワークが利用できます。

Wi-FiのSSIDが表示されない原因

無線LANデバイスが無効

パソコンで無線LANデバイスが無効になっていると、Wi-Fi接続はできず、SSIDもWindows10に表示されません。使用しているパソコンで初めてWi-Fiを利用する際に、無線LANデバイスが無効になっているケースが多いです。

無線LANルーターの規格に対応していない

無線LANルーターの規格

無線LANルーターの規格には、「a」「b」「g」「n」「ac」が存在します。規格によって、周波数(2.4GHzか5GHzのどちらか)、通信速度が変わってきます。周波数が異なると、無線LANルーターからパソコンにWi-Fiを受信できません。そのため無線LANルーターの規格にパソコンが対応していない場合、SSIDはWindows10に表示されません。

ステルスモードになっている

無線LANには、「ステルスモード」機能が搭載されています。これは、他のWi-Fi利用者に、該当のSSIDが表示されないように設定できる機能で、セキュリティレベルを上げられるメリットがあります。この機能が有効になっていると、Windows10がSSIDを自動検出できなくなり、Windows10に表示されなくなります

ルーターとPCのチャンネルが不一致

ルーターとPCのチャンネルが不一致

Wi-Fi以外にも、電子レンジといった家電も電波を出しています。それら電波がお互いに干渉しあわないように、「チャンネル」が設定されています。このチャンネルがルーターとパソコンで不一致だと、Windows10にSSIDは表示されません。

無線子機・ルーターに異常・故障

今までに説明した無線LANの設定、機能に問題がない場合、パソコン(無線子機)かルーターに異常・故障が発生していると考えられます。パソコンとルーターのどちらに問題があるか確かめるためには、もう1台無線子機(スマホなど)を用意します。

もう1台の無線子機にSSIDが表示された場合、パソコンに異常・故障が発生していると判断できます。逆に無線子機にもSSIDが表示されない場合、ルーターに異常・故障が発生していると判断できます。

Windows10の通知領域にWi-Fiアイコンが表示されない時の再表示方法

通知領域

Windows10のタスクバー右端にある、通知領域にWi-Fiアイコンが表示されると、Wi-Fiの接続状況を一目で確認でき、クリックして設定画面にすぐアクセスできて便利です。ここでは、Wi-Fiアイコンが表示されなくて困ったときの、対処法についてご紹介します。

設定の選択画面

Wi-Fiアイコンの再表示は、「設定」ページからタスクバーに関する設定を変更することで、簡単にできます。

  • 「スタートボタン」をクリックし、「設定」を開く

個人用設定の選択画面

  • 一覧の中から、「個人用設定」をクリック

タスクバーの設定画面

  • 「個人用設定」の一覧から、1番下にある「タスクバー」をクリック
  • 右側のページに、タスクバーに関する情報が表示される
  • 真ん中にある「タスクバーに表示するアイコンを選択します」をクリック

タスクバー表示設定

  • タスクバーに表示できるアイコン一覧が表示されるため、Wi-Fiアイコン(ネットワーク)を探し、右側のスイッチを「オン」にする
これで、Wi-Fiアイコンを通知領域に再表示できます。

システムアイコンの設定

もし、タスクバーに表示できるアイコン一覧の中に、Wi-Fiアイコン(ネットワーク)がなければ、1つ前のページに戻ります。

  • 「タスクバーに表示するアイコンを選択します」の下に、「システムアイコンのオン/オフの切り替え」があるため、クリック

ネットワークのアイコン設定

  • システムアイコンの一覧が表示されるため、「ネットワーク」を探し、右側のスイッチをクリックし、「オン」にする。
  • 再度「タスクバーに表示するアイコンを選択します」から再設定し、Wi-Fiアイコンを再表示できる

Windows10でSSIDがWi-Fi一覧から消えた場合の対処法

Wi-Fi一覧からSSIDが消えた原因

Windows10からアクセスポイントに接続する際に、パスワードの入力を誤ると、Wi-Fi一覧からSSIDが消えることがあります。

SSIDを再表示する方法

ネットワーク設定の選択画面

消えたSSIDをWindows10に再表示させるには、「ネットワークの設定」で該当のSSIDを1回削除し、再び追加する、という操作を行います。

  • Wi-Fiアイコンをクリックし、SSID一覧を開く
  • 一覧下に「ネットワークとインターネットの設定」表示があるため、クリック

Wi-Fiアイコン再表示設定

  • 左側に「Wi-Fi」があるため、クリック
  • 右ページ中央の「既知のネットワークの管理」をクリック

SSIDの削除画面

  • 登録しているSSIDの一覧が表示されるため、その中からWindows10のWi-Fi一覧から消えたアイコンを探す
  • 見つけたら、そのSSIDをクリックして削除
これで、Wi-Fi一覧に消えたSSIDが自動検出されるようになり、再表示されます。

ネットワークの追加

SSIDを削除した後、自動でSSIDがWi-Fi一覧に表示されない場合は、手動でSSIDを追加します。

  • Wi-Fiの設定画面の上部に「新しいネットワークの追加」と表示があるため、クリック
  • 必要情報の入力画面が出てくるので、入力
  • 無事に入力を終えれば、消えたSSIDが再表示される

Windows10でWi-FiのSSIDが表示されない対処法

無線LANを有効にする

ネットワーク接続の選択画面

無線LANの設定が「無効」になっている場合、「ネットワーク接続」ページから無線LANを「有効」にできます。

  • 「スタートボタン」を右クリック
  • す一覧が表示されるため、中央にある「ネットワーク接続」をクリック

無線LANデバイスの有効化

  • 左側のWi-Fiを選択すると、右ページ上部にWi-Fiの「オン/オフ(有効/無効)」切り替えスイッチが表示される
  • スイッチをクリックすると、オン/オフ(有効/無効)が切り替わるので、「オフ(無効)」になっている場合はクリックして「オン(有効)」にする
これで、無線LANを有効にし、Windows10に表示されるようになります。

ルーターの設定から無線の規格を変更

無線LANの規格が、ルーターとパソコンで異なる場合、ルーターの設定から、無線LANの規格を変更できる場合があります。ルーターによって変更の仕方は異なるので、取扱説明書を参考に変更を行ってください。無事、規格の変更ができたらWindows10にSSIDが表示されます。

ステルスモードの解除

ステルスモードの解除

ステルスモードを解除したい場合、ルーターとパソコンを有線接続し、本体から解除作業を行います。ルーターによって解除作業の流れは異なるため、取扱説明書を参照して行いましょう。ステルスモードが解除されたら、Windows10に表示されるようになります。

ルーターとPCのチャンネルを合わせる

ルーターとパソコンのチャンネルを合わせるには、有線接続してルーター側のチャンネル変更を行います。無線LANルーターのチャンネルが12chになっている場合、1~11chに変更すればWindows10にSSIDが表示されるようになります。

無線ドライバの再インストール

無線LANルーターの設定、機能に問題がなければ、無線ドライバを再インストールしましょう。これによって、SSIDがWindows10に表示されることがあります。

無線ドライバのインストール方法は使用しているルーターによって異なるため、取扱説明書を参照して作業を行ってください。

ルーターのファームウェアの更新

更新画面

ルーターのファームウェアとは、ルーターを制御するソフトウェアのことを指します。ファームウェアの更新によって、ルーターの不具合の改善、ルーターの機能の改良が行われます。そのため、ルーターに不具合が出ており、SSIDがWindows10に表示されない場合に、ファームウェアの更新は有効です。

ファームウェアの更新方法は、使用しているルーターによって異なるため、取扱説明書を参照して行ってください。

無線子機・ルーターの修理

残念ながら、上記方法すべてを試してもWindows10にSSIDが表示されなければ、パソコン(無線子機)、ルーターの修理が必要です。家電量販店や専門店で修理してもらいましょう。

Windows10でWi-FiアイコンやSSIDが表示されない時はまず原因を確認しよう!

Windows10でWi-FiアイコンやSSIDが消えた・表示されないというトラブルが起きた場合、パソコン(無線子機)の設定・機能の問題、無線LANルーターの設定・機能の問題など、いくつか原因が考えられます。Wi-Fi接続で問題が発生した場合は、原因を1つずつ確認していきましょう。

原因を分析し、対処していくことで、Windows10でWi-Fi接続できないトラブルは、簡単に解消できます。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
柚月

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ