Windows10がリモートデスクトップ接続できない原因と対処法!認証エラーを確認!

Windows10のリモートデスクトップが接続できないときの対処法について解説します。Windows10のリモートデスクトップが接続できないときは、原因を特定することで対処法も確認できます。また認証エラーの確認方法も解説しています。

Windows10がリモートデスクトップ接続できない原因と対処法!認証エラーを確認!のイメージ

目次

  1. 1Windows10リモートデスクトップに接続できない原因/対処法1
  2. 2Windows10リモートデスクトップに接続できない原因/対処法2
  3. 3Windows10 リモートデスクトップ接続できない認証エラーの原因
  4. 4Windows10 リモートデスクトップ接続できない認証エラーの対処法
  5. 5Windows10リモートデスクトップが接続できない/繫がらない原因を解決!

Windows10リモートデスクトップに接続できない原因/対処法1

リモートデスクトップのイメージ

Windows10リモートデスクトップとは、PCからネットワーク接続されている他のPCに接続することができます。外出先から自宅のPCに接続したり、クライアントのPCに接続したりすることもできます。この記事では、このWindows10のリモートデスクトップが接続できないときの対処法について解説します。リモートデスクトップが他のPCに繫がらないときは、原因を特定して対処しましょう。

まず確認すべき設定事項

事項のイメージ

Windows10のリモートデスクトップが接続できない原因が多い事項から対処法を確認していきましょう。

ファイアウォールが原因の場合

ファイアウォールのイメージ

Windows10ファイアウォールの設定で「外部ネットワークからの接続を拒否」しているのが原因の可能性があります。ファイアウォールの設定を確認してみましょう。ファイアウォールやTCP受信設定を変更する方法を説明します。

contの入力画面

「cont]と入力して「コントロールパネル」を起動します。

システムとセキュリティの画面

「コントロールパネル」の表示方法がカテゴリであることを確認して「システムとセキュリティ」をクリックします。

Windows Defender ファイアウォールの画面

「Windows Defender ファイアウォール」 から「Windowsファイアウォールによるアプリケーションの許可」をクリックします。

設定の変更の画面

「許可されたアプリおよび機能(A)」から「リモートデスクトップ」を選択して右上の「設定の変更」をクリックして「リモートデスクトップ」「プライベート」「パブリック」にチェックを入れて「OK」をクリックします。

管理ツールの画像

「システムとセキュリティ」「管理ツール」をクリックします。

セキュリティが強化されたWindows Defender ファイア ウォールの画像

  1. 「セキュリティが強化されたWindows Defender ファイア ウォール」をダブルクリックします。
  2. 画面の左側にある「受信の規則」をクリックします。
  3. 「リモートデスクトップ TCP受信 」を選択して「プロパティ」をクリックします。
  4. 「リモート デスクトップ・ユーザーモードTCP受信 のプロパティ」から「詳細設定」タブをクリックして、「プロファイル」項目をチェックして「OK」をクリックします。

ファイアウォールが遮断されているイメージ

ファイアウォールが遮断されているのが原因の場合の確認方法を説明します。Windowsのマークの「コントロールパネル」から「システムとセキュリティ」をクリックします。(もしくは「cont」と入力してコントロールパネルを起動します。)

Windows Defender ファイアウォールの画像

システムとセキュリティから「Windows Defender ファイアウォール」をクリックします。

詳細設定の画像

「詳細設定」をクリックして、「受信の規則」の中から「リモート デスクトップTCP受信」を右クリックして「規則の有効化」を選択しすると、リモートデスクトップがファイアウォールで遮断されないです。

リモート接続設定が許可されていないのが原因の場合

許可のイメージ

Windows10のPCのリモートデスクトップの接続設定が「許可」されていないことが原因の可能性があります。ホスト側がリモートデスクトップ接続設定を許可していない場合、クライアント側から接続できません。リモート接続設定の対処法は、設定を変更します。以下、リモートデスクトップの接続設定の方法を説明します。

  1. Windowsマークを右クリックします。
  2. 「システム」から「リモート設定」をクリックします。
  3. システムのプロパティから「リモート」のタグをクリックします。
  4. リモートデスクトップ欄から「このコンピュータへのリモート接続を許可する」にチェックして「OK」をクリックします。

ユーザーアカウントの設定が原因の場合

ユーザーアカウントのイメージ

Windows10のリモート接続できない/繫がらない原因がユーザーアカウントが設定されていない場合は、以下の方法で設定できます。

  1. Windowsマークを右クリックします。
  2. 「システム」から「リモート設定」をクリックします。
  3. システムのプロパティから「リモート」のタグをクリックします。
  4. リモートデスクトップ欄から「ユーザーの選択」をクリックして「追加」へ進みます。
  5. 「詳細設定」を選択し、「検索」をクリックします。
  6. ログインするアカウントを選択して「OK」をクリックします。

ユーザーアカウント設定で確認する事項のイメージ

さらにユーザーアカウント設定で確認する事項があります。

  1. ユーザーアカウントにパスワードが設定されていない場合は、リモートデスクトップ接続ができません。リモート接続するユーザーアカウントにはパスワード設定が必要です。
  2. プロパティの「アカウントを無効にする」がチェックされている場合はは接続できません。

Windows10リモートデスクトップに接続できない原因/対処法2

他の対処法のイメージ

Windows10リモートデスクトップが繫がらない原因を調べたけど、原因が多い事項が該当しなかった場合の他の対処法を解説します。

その他の解決策

さらに原因を調べるイメージ

ファイアウォール設定やリモート接続設定、ユーザーアカウント設定ではない場合の原因の対処法を紹介します。

ホスト(コンピュータ名)が見つからないのが原因の場合

PCの名前のイメージ

リモート接続には、相手側のPC(ホスト)を特定する必要があります。ホストが見つからないのが原因の場合、対処法としては、接続先にPCの名前を知っておきましょう。以下、ホスト(コンピュータ名)の確認方法を説明します。

デバイス名の画像

  1. 「歯車」マークから「システム」を選択します。
  2. バージョン情報から「デバイス名」に表示された文字が「コンピュータ名(ホスト)」です。

非対応のエディションが原因の場合

エディションのイメージ

リモートデスクトップ機能が使用できるエディションであるか確認します。「Windows10 Home」エディションではリモートデスクトップを使用できません。リモートデスクトップ機能を設定できるエディションは「Windows10Pro (Professional)」「Windows10Enterprise」「Windows10Education」です。以下、Windows10のエディションとエディションの確認方法を説明します。

エディション 概要
Windows 10 Pro(Professional) 小規模企業向けPCやタブレットが対象です。
Windows 10 Enterprise 企業向けPCやタブレットが対象です。
Windows 10 Education 教育機関向けPCやタブレットが対象です。
Windows 10 HOME 個人向けのPCやタブレットが対象です。
Windows 10 Mobile 個人向けのスマホや小型タブレットが対象です。
Windows 10 Mobile Enterprise 企業向けスマホや小型タブレットが対象です。
Windows 10 IoT Core IoT(Internet Of Things)向けの小型デバイスが対象です。

「PC設定」からWindows10のエディション確認方法を説明します。

「歯車」のアイコンの画像

スタートメニューの「歯車」のアイコンをクリックします。

システムの画像

Windows10の設定から「システム」をクリックします。

バージョン情報の画像

左メニューの「バージョン情報」をクリックして、下にスクロールすると、「Windowsの仕様」「エディション」のバージョン情報を確認できます。

2つめの方法のイメージ

「コントロールパネル」からWindows10のエディションを確認する方法を説明します。

コントロールパネルを開く画像

「cont」と入力すると、「コントロールパネル」が起動します。

システムとセキュリティの画像

コントロールパネルの「システムとセキュリティ」をクリックします。

システムの画像

システムとセキュリティから「システム」をクリックします。

Windowsのエディションの画像

「Windowsのエディション」からWindows10のエディションを確認できます。

ネットワークのエラーが原因の場合

接続先のPCの電源が入っていないイメージ

リモートデスクトップ機能のネットワークエラーとは、「接続先のPCの電源が入っていない」場合や「ネットワーク設定が間違っている」場合は、リモートデスクトップ機能を接続することができないです。

ネットワークエラーでの確認事項
ルーター 有効であることを確認する。(プライベートネットワーク設定であることを確認)
イーサネットケーブル ネットワークアダプターに接続されているか確認する。(有線LANを使用している場合)
無線LANスイッチ PCで無線LANを使用している場合はスイッチがONになっているのか確認します。
ネットワークアダプター デバイスマネージャーなどで動作が正常であるか確認します。

電源オプションが原因の場合

スリープ状態のイメージ

リモート接続設定が許可されているが、リモートデスクトップが繫がらないのは「電源オプションの警告」が原因の可能性があります。電源が常時通電されていない場合に注意喚起されます。対処法は、リモートPCの「スリープ状態」「休止状態」を無効にする設定に変更します。

ルータでIPフィルタされているのが原因の場合

TCPのイメージ

リモート接続が繫がらないには、ルータでIPフィルタの設定が原因でポートがふさがっている可能性があります。Windowsのリモートデスクトップ接続TCPポートは必ず空けて起きましょう。またルータでポート変換を設定を追加しておく必要もあります。

リモートデスクトップのバージョンが原因の場合

OSが異なっているイメージ

PC同士のWindowsOSが異なっていると、バージョンも違ってリモート接続が繫がらない原因にもなります。対処法としては、リモートデスクトップのバージョン情報の確認をしましょう。

DNS設定が原因の場合

モバイWi-FiをONのイメージ

ルータでDNS設定されていないのが原因でリモート接続ができない場合があります。この症状は、「DNSサーバーが応答していません」と表示されて、インターネットに接続ができません。対処法は、「ルータのDNS自動取得をONにする」「モバイWi-FiをON」を確認しましょう。

更新プログラムが原因の場合

WindowsUpdateのイメージ

Windows10の2018年5月更新プログラムによって、リモートデスクトップ接続にトラブルが起きています。原因は、リモートPCを一方だけ更新プログラムが適応されていることです。対処法としては、両方のPCでWindowsUpdateの更新プログラムを適用することで解決できます。

Windows10 リモートデスクトップ接続できない認証エラーの原因

認証エラーのイメージ

2018年5月のWindows Update以降に「認証エラーが発生ました。要求された関数はサポートされていません」と表示されるエラーが起きました。2018年3月のWindows Updateでも更新プログラムをリリースしていますが、2018年5月の更新プログラムでは古いバージョンが適用されなくなり繫がらなくなりました。

ここでは、Windows10でリモートデスクトップを接続しようとして繫がらずに「認証エラーが発生した」場合の原因と対処法を説明します。この認証エラーは、「2018年5月のWindows Update」が原因よって起きています。つまり、Windows Updateが未適応の状態です。接続しようとしたPCでは更新プログラムが適応されていますが、サーバーには更新プログラムが適応されていないので認証エラーが起きます。

Windows10 リモートデスクトップ接続できない認証エラーの対処法

一時的に認証エラーを回避するイメージ

Windows10リモートデスクトップの認証エラーに対する対処法は、「サーバーに最新の更新プログラムを適応」することです。サーバーが更新できない場合は、接続するPC側のローカルグループポリシーを変更することで一時的に認証エラーを回避できます。セキュリティリスク(セキュリティレベルが下がる)が発生するので、注意が必要です。接続するPCとサーバーが最新のWindows Updateであればエラーはありません。

  1. 「ファイル名を指定して実行」を起動します。
  2. 名前に「gpedit.msc」を入力してENTERキーを押します。
  3. 「ローカルグループポリシーエディター」が起動したら、「コンピューターの構成」から「管理用テンプレート」「システム」へ進み「資格情報の委任」を開きます。
  4. 右パネルから「暗号化オラクルの修復」をクリックします。
  5. 開かれた設定画面で「有効」にチェックを入れて、保護レベルを「脆弱」に変更して「OK」をクリックします。

「構成を有効」「保護レベルを脆弱」に変更することでリモートデスクトップ機能を繫がらない原因を回避できますが、認証エラーの問題が解決したら戻して起きましょう。

Windows10リモートデスクトップが接続できない/繫がらない原因を解決!

リモートデスクトップのイメージ2

Windows10リモートデスクトップが繫がらない原因と対処法について紹介してきました。Windows10リモートデスクトップが接続できない場合は、原因を特定しましょう。基本的に繫がらない原因の多くは、ファイアウォールの設定ですので、接続トラブルを解決しましょう。

Windows10認証エラーはWindows Updateが原因で繫がらない現象が起きています。両方のPCの更新プログラムが適応されていることを確認して、リモートデスクトップをトラブルなく接続してみましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
ma-gol
iPhone/Android/(iPad)/Windows10/MOS資格有。趣味はスポーツ観戦/旅行。京都出身。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ