スマホの充電がすぐなくなる原因と対処法!電池の減りが早い時は設定を確認!

スマホの充電(バッテリー)がすぐなくなるにはいくつもの原因があり、それぞれには対処法がありますので、スマホの電池の減りが早い・切れやすい人はどこの設定を変更すれば良いのか解説します。スマホの充電がすぐなくなる人はこの記事を参考にしてください。

スマホの充電がすぐなくなる原因と対処法!電池の減りが早い時は設定を確認!のイメージ

目次

  1. 1スマホの充電がすぐなくなる原因
  2. 2スマホの充電がすぐなくなる設定を見直そう!
  3. 3スマホの充電がすぐなくなるのは電池の劣化が原因?
  4. 4スマホの充電がすぐなくなる電池を長持ちさせる方法
  5. 5スマホの充電がすぐなくなる対策!効率の良い充電方法!
  6. 6スマホの充電がすぐなくなるのを節電アプリで管理する
  7. 7スマホの充電がすぐなくならないように設定を再確認しよう!

スマホの充電がすぐなくなる原因

充電がすぐなくなるイメージ

スマホの充電の減りが早いとは、バッテリーが意図しない場所で使用されていることです。アプリの使用のみではなく、明るさや通知などにも充電は消費されています。まず、スマホの充電がすぐなくなる原因をご説明します。

スマホの電池を消耗しているのは大半がアプリ

アプリのイメージ

スマホの充電の減りが早い原因は、動画やゲーム、ネット検索を使用している以外にも、バックグラウンドでアプリが更新されていたり、不要な通信が行われていたり、通知が来るだけでも電池を使用しています。電池が切れやすいと思ったら、スマホの設定を変更したり、使用している環境を改善することで対処できます。

バッテリーの劣化

バッテリーのイメージ

スマホの充電が減りが早い原因は、アプリだけではなく、バッテリーの劣化の可能性もあります。バッテリーの劣化が原因で、減りが早いなど、切れるのが早いの原因になります。バッテリーの劣化の危険信号は電源が切れる、電源が入らなくなるなど、勝手に再起動されるなどバッテリーの劣化の症状を見落とさないようにしましょう。

スマホの充電がすぐなくなる設定を見直そう!

スマホの設定のイメージ

スマホの充電の減りが早い、切れるのが早い原因は、スマホの設定を見直すことで改善します。ここでは、それぞれバッテリーを消費している設定や設定の変更方法を説明していきます。

バックグラウンドの更新をオフにする

バックグラウンド更新のイメージ

スマホのバックグラウンド更新は、使っていないアプリも全て自動更新します。個別にバックグラウンド更新しない設定でバッテリーがすぐなくなる原因を減らすことができます。

iPhoneの設定
  1. 「設定」をタップします。
  2. 「一般」から「Appのバックグラウンド更新」をタップします。
  3. 不要なアプリのバックグラウンド更新をオフにします。
Androidの設定
  1. 「設定」をタップします。
  2. 「アプリ」から「ダウンロード済みのアプリ一覧」を開きます。
  3. 不要なアプリを「停止」にタップします。

ディスプレイの明るさを下げる

ディスプレイが点灯のイメージ

ディスプレイが点灯している間にもバッテリーは消耗しています。明度を下げることで節約できます。以下、AndroidとiPhoneの設定の変更方法です。

iPhoneの設定
  1. 「設定」をタップします。
  2. 「画面の表示と明るさ」をクリックします。
  3. 明度を好みに下げます。
Androidの設定
  1. 「設定」をタップします。
  2. 「端末」から「画面設定」をタップします。
  3. 「画面の明るさ」をタップします。
  4. 明度を好みに下げます。

不要な通信をオフにする

スマホは電波を探しているイメージ

スマホを使用していない時でも、スマホは電波を探してバッテリーを消耗しています。Wi-FiやBluetooth、GPS機能など、使用しないならオフにしておきましょう。

iPhoneの設定
Wi-Fiの設定 「設定」から「Wi-Fi」通信をオフにします。
Bluetooth設定 「設定」から「Bluetooth」の通信をオフにします。
GPS設定 「設定」から「プライバシー」「位置情報サービス」をオフにします。

Androidの設定
Wi-Fiの設定 「設定」から「無線とネットワーク」「Wi-Fi」通信をオフにします。

Bluetooth設定
「設定」から「無線とネットワーク」「Bluetooth」の通信をオフにします。
GPS設定 「設定」から「ユーザー設定」「位置情報サービス」から「位置情報アクセス」をオフにします。

不要なアプリは終了・削除する

不要なアプリのイメージ

不要なアプリもメモリを消費して、バッテリーに負担がかかります。バックグラウンドで更新することもあるので、アンインストールか、削除しておきましょう。

iPhoneの設定
  1. 「設定」をタップします。
  2. 「一般」から「iPhoneのストレージ」をタップします。
  3. 不要なアプリをクリックして削除します。
Androidの設定
  1. 「設定」をタップします。
  2. 「アプリ」をタップします。
  3. 不要なアプリを「アンインストール」します。

不要なプッシュ通知をオフにする

スマホの通知のイメージ

スマホの通知はバッテリーを消耗します。LINEなどの通知はそのままでも良いでしょうが、使わないアプリの通知はオフにしておきましょう。画面が点灯するだけでもバッテリーの減りが早くなります。バッテリーの節約には通知の設定をオフにしましょう。

iPhoneの設定
  1. 「設定」をタップします。
  2. 「通知」をタップします。
  3. 不要な「通知を許可」をオフにします。
Androidの設定
  1. 「設定」をタップします。
  2. 「アプリ」をタップします。
  3. 「全てのアプリ」から個別に通知をオフにしていきます。
  4. 該当のアプリの「通知」をタップします。
  5. 「すべてブロック」のボタンをオンにします。

圏外のときは機内モードにする

圏外イメージ

圏外のときでも、スマホの電波はWi-FiとLET電波を探しています。圏外にいくときは、機内モードにしておきましょう。機内モードは通信ができなくなりますが、アラームなどは使用できます。

壁紙をシンプルにする

壁紙がシンプルなイメージ

スマホの壁紙にはさまざまなパターンがあると思いますが、ライブ壁紙など設定しているとバッテリーを消耗します。Androidでは天気予報などがウィジェット表示されると電力を使います。使用していないウィジェットは削除して、壁紙もシンプルなものを設定しましょう。

自動同期をオフにする

自動同期のイメージ

Googleアカウントの自動同期をオフに設定変更しましょう。そうすることで、バッテリーの節約ができます。ただし、自動同期をオフにすると、データが自動更新されないので注意が必要です。

  1. Googleアカウントの自動同期をオフにする方法
  2. まず、端末の設定「ねじマーク」を起動します。
  3. 「ユーザーとアカウント」をタップします。
  4. 「自動的にデータを同期する」をオフにします。

個別にGoogleアプリの自動更新のイメージ

Googleアカウントではなく、Googleアプリの自動同期をオフにすることでもバッテリーの節約ができます。データが自動更新されないため手動でアップデートを行う必要があります。

  1. 個別にGoogleアプリの自動更新をオフにする方法
  2. 端末の設定アプリを起動します。
  3. 「ユーザーとアカウント」をタップします。
  4. (アカウントが複数ある場合は、該当のアカウントを選択)
  5. 「アカウントの同期」をタップします。
  6. 自動同期させないアプリをオフにします。

スリープまでの時間を短くする

スリープ状態のイメージ

スマホ画面がスリープする時間を短縮することでバッテリーの節約ができます。スマホから離れた時間もしばらくは画面は点灯し続けて電池を消耗しています。

  1. ホーム画面から「設定」をタップします。
  2. 「画面設定」をタップします。
  3. 「スリープ」をタップして消灯時間を設定します。

スマホの充電がすぐなくなるのは電池の劣化が原因?

電池の劣化のイメージ

スマホの充電が切れるのが早い原因は、電池の劣化によるものかもしれません。ここでは、バッテリーの劣化が起きているのか解説します。スマホの充電が切れるのが早い原因は、バッテリーの寿命である場合がありますので注意しましょう。

バッテリーの交換期間

交換のイメージ

スマホ本体の交換は、メーカーや使用状況に影響されます。バッテリーの交換は2年が目安です。3年目以降は電池が切れやすいなど起こる場合はバッテリー交換するなど対応しましょう。

バッテリー交換の寿命

寿命のイメージ

Appleの公式サイトでは、充電を500回繰り返しても、バッテリーの最大容量が80%になるように設計されています。600回を超えると急激に電池が減りが早くなるという報告があります。毎日充電した場合は1年半ほどで500回を超えます。バッテリーはおよそ2年です。スマホ本体は3年使用している人が多いです。スマホを毎日ガンガン使用する人はバッテリーの寿命は早くなる可能性があります。

バッテリーを減らす操作を避ける

アプリやカメラのイメージ

スマホの充電がすぐなくなる原因はアプリです。電池残量が少ないと、ナビや動画、ゲームをすると電池はすぐに減ります。また、インターネットに接続するテザリング機能やGPS機能を多用すると電池を消費し、アプリやカメラを長時間・頻繁に使用するとバッテリーに負担がかかります。

減りが早い・すぐ切れるのは電池交換が必要なことも

バッテリーを交換のイメージ

スマホの電池の劣化が激しいのは、充電してもすぐ切れたり、バッテリーが熱くなったり、バッテリーが膨張しているなどです。バッテリーの膨張は仕様であると公式サイトでは書かれていますが、落下させたり、損傷させると起こる可能性があるので膨張は仕様だからと決めつけない注意が必要です。iPhoneは1年間は保証を受けることができるので、無償でバッテリーを交換してもらうことができます。

スマホの充電がすぐなくなる電池を長持ちさせる方法

長持ちさせるイメージ

スマホの充電の減りが早い原因は、設定やバッテリーの劣化だけではなく、バッテリーを長持ちさせる方法を実行することをおすすめします。必ずではなく、できる限り行うことで電池は長持ちします。

必要分のみでフル充電しない

必要分のみのイメージ

スマホはフル充電はバッテリーに負担がかかり、電池が長持ちしません。公式サイトからも、充電は80%までは高速充電されますが、80%~100%は充電で本体に負担がかからないようにゆっくり充電する仕組みです。スマホは充電回数が多いと劣化します。よって、使用しない場合は必要分のみ充電しましょう。

充電しながらスマホを使用しない

アプリを使用しながら充電のイメージ

充電しながらスマホを操作すると、電池は長持ちしませんバッテリーは熱に弱く、スマホで動画を観たり、ネット検索、アプリを使用しながら充電すると本体が熱くなってきます。バッテリーは45度まで耐えることができて、それ以上熱くならないようにコントロールされています。しかし、スマホが熱くなったときはだいたい42~43度でお風呂ほどの温度ですがこの状態で使用し続けることはバッテリーが劣化します。充電中は軽い操作のみにしておきましょう。

機内モードを活用する

機内モードのイメージ2

電波が圏外や就寝中は機内モードにするとバッテリーの節約ができて長持ちします。スマホは通常状態では、Wi-FiやLETの電波を探しています。スマホを操作していない間でもバッテリーを使用しています。電波が弱い環境ではバッテリーの消費が増えます機内モードは、メールや電話が鳴らないですが、アラーム音は鳴ります。どうしても電話にでれないけれど、電源は切れない時などは機内モードにしておくと電話がなりません。

高温の場所にスマホを置かない

真夏のイメージ

スマホの電池は熱に弱く45度までです。真夏の車内やダッシュボードに放置したり、スマホが熱くなる使用方法(充電中に使用する)などはバッテリーが劣化して長持ちしません。スマホ本体が熱くなってきたら、操作をやめましょう。またスマホカバーを使用していると熱が逃げにくいため、カバーを外すなども有効です。

充電の回数を減らす

500回のイメージ

スマホの充電回数は方充電を繰り返すとバッテリー性能が低下するだけでなく、充電ケーブルも損傷する可能性があります。継ぎ足しする充電はバッテリーに影響しませんが、フル充電は電池に負担がかかります。充電サイクルは300回~500回と言われています。総合で100%使い切ると1サイクルです。500回充電すると性能は70%にまで下がります。何度も使用して、充電を繰り返す回数が増えるとバッテリーは長持ちしません

充電したまま・電池残量0のままにしない

電池残量0のままのイメージ

スマホを充電したまま放置することは「過充電」と言います。電池の残量を0のまま放置することは「過放電」といいます。どちらも、バッテリーに負担がかかり劣化します。使用しないときは、残量は50%程度に充電しておいておくとバッテリーが長持ちします。携帯ショップでも、ある程度充電した状態で販売しています。

スマホの充電がすぐなくなる対策!効率の良い充電方法!

充電のイメージ

スマホの充電が減りが早い原因は充電方法でも対策ができます。充電を効率良く行うことで、スマホの充電の負担を軽くできます。ここでは、減りが早い・切れるのが早い人に試して欲しいスマホの充電の方法をご紹介します。

PCのUSBではなく電源ACで充電しよう!

USBのイメージ

PCとUSBケーブルを接続することでスマホの充電ができますが、USBからの電力供給は半分以下ですので、効率が良い充電とは言えません。効率良く充電する場合は電源ACからの充電にしましょう。電源ACから充電している場合でも、USBの品質によっては電源ACに非対応の可能性があります。その場合はUSBの電力供給が行われます。

スマホの電源を落として充電する

スマホの電源を切っているイメージ

電源を入れたままよりも、スマホの電源を切って充電する方が効率の良い充電方法です。ディスプレイは点灯もしないので電池を消耗しません。Wi-Fiやモバイル回線も電波を探すことをしないので、充電がスムーズに進みます。

涼しい場所で充電する

涼しい場所のイメージ

スマホの電池は熱に弱いため、本体が熱くなるとバッテリーが劣化します。真夏の車内などで放置しないようにしましょう。充電中もできるだけ涼しい場所で充電しましょう。温度差が激しいことも電池が劣化する原因になりますので注意しましょう。

純正の充電器を使用する

純正の充電器のイメージ

スマホを充電するには純正の充電器・付属の充電器を使用しましょう。充電器が合っていないと、バッテリーと本体に流れる電圧が純正の充電器と違うのでバッテリーの劣化にも繫がります。

iPad用電源アダプタで充電する

iPad用電源アダプタのイメージ

スマホのiPhoneは、iPadの電源アダプタで充電することができます。iPadの充電AC USBアダプタは12W(第4世代)です。大きめのACアダプタです。iPhoneの充電ACは5Wです。iPadの充電ACでもiPhoneに対応しています。

充電ができない・なくなるのが早いのは故障の可能性が

故障しているイメージ

スマホの電池が充電できないのは、故障している可能性があります。スマホを使用している期間が長いほどリスクが高いです。長期間使用している場合はバッテリー交換の必要があります。また、本体の故障で電池がなくなるのが早い場合もあります。スマホを落下させたり、水没させると内部の部品が壊れている可能性もあります。その場合は購入した店か、キャリアショップに修理を依頼しましょう。

スマホの充電がすぐなくなるのを節電アプリで管理する

アプリの種類のイメージ

スマホの充電が切れやすい原因をアプリで調べることができます。節電設定をしても、大量の電力を消費しているアプリが切れていないならバッテリーは減ります。ここでは、さらに節電について詳しく分かり、不要なアプリや通信を切れるアプリをご紹介していきましょう。

節電アプリの種類は3つ

種類は3つのイメージ

節電アプリには、「性能・機能制限系アプリ」「タスクキラー系アプリ」「通信キラー系アプリ」があります。それぞれ、ムダな電力消費を制限したり、不要なアプリを削除したり、使用していないスマホの通信を停止してくれます。それぞれについて解説します。

性能・機能制限系アプリ

性能・機能制限系のイメージ

節電アプリの「性能・機能制限系アプリ」とは、スマホの性能や機能を制限して節電するアプリです。例えば、ディスプレイの明るさが下がったり、電波を探す通信をオフにしたり、機能を制限します。

タスクキラー系アプリ

不要なタスクのイメージ

節電アプリ「タスクキラーアプリ」とは、使用していないタスクを停止して節電してくれるアプリです。たとえば、不要なタスクを停止して、不要なアプリを削除することができます。

通信キラー系アプリ

スマホがWi-Fi接続イメージ

節電アプリ「通信キラー系アプリ」とは、スマホのスリープモードでの通信を遮断して節電するアプリです。たとえば、使用していないスマホがWi-Fi接続しようとするのを切ります。

Yahoo!スマホ最適化ツール

Yahoo!スマホ最適化ツールの画像

スマホの節電アプリのおすすめ「Yahoo!スマホ最適化ツール」は、簡単にバッテリーの節約をすることができます。自動最適化機能、節電機能、不要タスクを削除して動作サクサク、アプリの削除・停止をしてくれます。バッテリークーラーでスマホの負担を減らして温度を下げてくれます。

節電と充電管理で電池長持ち&容量スッキリ Yahoo!スマホ最適化ツール - Google Play のアプリ

良い点・悪い点

Yahoo!のイメージ

良い点は、Yahoo!が提供しているアプリであり、ワンタッチでメモリを増やして、バッテリーの節約ができます。スマホが重い人も、このアプリでメモリ不足を解消できて、サクサクの動作になります。自動で簡単に軽くしたい人やスマホの充電の減りが早い人にオススメです。悪い点は、アプリ自体がバッテリーや容量を使用していることです。

Battery Mix (バッテリーミックス)

Battery Mixの画像

スマホのオススメ節電アプリ「Battery Mix」です。バッテリーの状態や端末を管理して、視覚的に電池の減りを確認することができて、アプリごとにバッテリー消費量を把握できます。残量バー機能、ウィジェット機能、充放電時間予測機能など便利な機能があります。

Battery Mix - Apps on Google Play

良い点・悪い点

Androidのイメージ

良い点は、電池の使用変動を視覚的にグラフで確認できて、ディスプレイの点灯時間やデータ通信量も確認できます。不要なタスクを削除できるので、タスクキルしたい人にオススメです。悪い点は、機種との相性があります。

最大6倍充電長持ち!電池節約!iBattery

最大6倍充電長持ちの画像

スマホのオススメアプリ「最大6倍充電長持ち!電池節約!iBattery」です。名前の通りに最大6倍の充電が長持ちするフレーズを使用しています。スリープモードでは不要な通信を切ってくれます。充電が節約できる実感したい人は使ってみましょう。エコモードでも着信はなります。

最大6倍充電長持ち!電池節約!iBatteryアイバッテリー - Google Play のアプリ

良い点・悪い点

エコモードのイメージ

良い点は、エコモードの切り替えが簡単にできることと、スリープモードでは停止する機能を選択できますが、常駐型のアプリは停止しませんので安心です。悪い点は、スリープモードで通知がこないことです。

Power Battery-節電、快速充電、電池計測&最適化

Power Batteryの画像

スマホのオススメアプリ「Power Battery」です。バッテリーの寿命を延ばしてくれるアプリです。電池の使用状況を把握できて、アプリの使用時間を知ることができます。アプリを管理して、電力消費が高いアプリを教えてくれます。

Power Battery-節電、快速充電、電池計測&最適化 - Google Play のアプリ

良い点・悪い点

電池の残量のイメージ

良い点は、不要なタスクキルで節電してくれて、電池の残量を正確に表示してくれます。操作が簡単で、重くないです。悪い点は、広告表示が邪魔です。

バッテリードクター(電池節約&充電管理&スマホ最適化)

バッテリードクターの画像

スマホのオススメアプリ「バッテリードクター」です。無料でワンタッチでタスクキルできます。3億3千万人以上のユーザーが使用しています。充電状況を把握できて、アプリで電力消費が高いものをコントロールしてくれます。

バッテリードクター(電池節約&充電管理&スマホ最適化) - Google Play のアプリ

良い点・悪い点

タスクキルのイメージ

良い点は、タスクキルがワンタッチでできることと、節電モードでもスケジュール管理ができます。バッテリーの残量を正確に把握できます。悪い点は、広告表示が邪魔であることです。

スマホの充電がすぐなくならないように設定を再確認しよう!

減りが早いイメージ

スマホの充電の減りが早い原因や節電設定の変更方法、長持ちする使い方、節電アプリをご紹介しました。スマホの充電が切れるのが早いと思ったら、設定を見直してみましょう。基本的にアプリがバッテリーを消費していますが、ディスプレイや通知などにも電池は使われていますので必要な設定のみ残してオフにしてしまいましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
ma-gol
iPhone/Android/(iPad)/Windows10/MOS資格有。趣味はスポーツ観戦/旅行。京都出身。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ