Office365 SoloとBusinessの違いまとめ!価格・機能・サービスなど比較!

MicrosoftのOffice365は知っていますか。Office365には、SoloとBusinessがあります。本記事では、Office365 SoloとBusinessの違いや、価格・機能・サービスなどを比較していきます。

Office365 SoloとBusinessの違いまとめ!価格・機能・サービスなど比較!のイメージ

目次

  1. 1Office365とは?【Solo】と【Business】は何が違う?
  2. 2Office365 SoloとOffice365 Businessの共通点一覧
  3. 3Office365 SoloとOffice365 Businessの違いを比較【価格編】
  4. 4Office365 SoloとOffice365 Businessの違いを比較【機能編】
  5. 5Office365 SoloとOffice365 Businessの違いを比較【サービス編】
  6. 6SoloとBusinessの相違点を踏まえたおすすめプランとは?
  7. 7Office365 SoloとOffice365 Businessの違いを知って便利に活用!

Office365とは?【Solo】と【Business】は何が違う?

Office365とは、Microsoftが提供しているソフトです。1か月間はお試し期間として、無料でサービスを利用することができるようになっています。解約は、無料期間中も含めていつでもできます。無料期間終了後は有料のサービスになっています。

また、Office365には、Office365 SoloとOffice365 Businessがあります。ここでは、Office365とは何か、Office365 SoloとOffice365 Businessの共通点・相違点を比較していきます。

Office365

Ofiice365はサブスクリプションタイプのサービス

Office365 SoloとOffice365 Businessには、Excel・Word・PowerPoint・Outlookなどのアプリケーションが入っています。Office365 SoloとOffice365 Businessで利用できるデバイスは、Windows・Mac・タブレット・スマートフォンなどです。

そして、これまでのOffice2010やOffice2019などでは、パッケージ版になっており、一度ソフトを購入すれば、永年利用できるものでした。

Office365

しかし、パッケージ版では、サポートに関して永年ではなかったのです。サポート終了後は、サポートを受けられないのです。それに対して、Office365 SoloとOffice365 Businessは、サブスクリプションタイプのサービスです。

サブスクリプションタイプのサービスとは、契約期間中、一定額を支払うことでOffice365 SoloとOffice365 Businessのサービスを利用することができるものです。

Office365 SoloとOffice365 Businessの支払い方法は、1ヶ月もしくは年単位になっています。Office2010やOffice2019と比較すると、パッケージ版からサブスクリプションタイプのサービスに変わったのです。

Soloは個人向け・Businessは法人向け

Ofiice365 Solo

Ofiice365には、Office365 SoloとOffice365 Businessがあります。まず、Ofiice365 Soloは個人向けのサービスになっています。Office365 Soloの価格は、1,274円/月または12,744円/年になっています。

Office365 Soloで利用できる機能は、Excel・Word・PowerPoint・Outlook・Publisher (Windowsのみ)・Access(Windowsのみ)になっています。他にも、Ofiice365 SoloにはSkypeもついており、60分間の無料通話が可能です。

また、Office365 Soloでは、OneDriveでファイル保存・共有もできます。そして、Office365 Soloでは、インストールできるデバイス台数に制限はありません。よって、Ofiice365 Soloは個人向けであることが言えます。

Ofiice365 Business

Ofiice365 Soloに対して、Ofiice365 Businessは法人向けのサービスになっています。Office365 Businessの価格は、1ユーザーにつき1,080円/月(月間契約)・900円/月(年間契約)になっています。Office365 Businessで利用できる機能は、Excel・Word・PowerPoint・Outlook・Access(Windowsのみ)になっています。

また、OneDriveで、ファイル保存・共有もできます。更に、最大ユーザーが300になっているため、複数で利用し、デバイス台数も多い法人向けになっています。Office365 Businessでは、インストールできるデバイス台数は、WindowsもしくはMac5台・スマホ5台・タブレット5台になっています。

Office365 Soloとは違い、インストールできるデバイス台数に制限があります。

Office365 Businessは3タイプに分かれている

Ofiice365 Business

Office365 Soloとは違い、Office365 Businessは、3タイプに分かれています。それは、Office365 Business Essentials・Office365 Business・Office365 Business Premiumです。それぞれ利用できる機能・価格に違いがあります。

まず、Office365 Business Essentialsの価格は、1ユーザーにつき650円/月(月間契約)・540円/月(年間契約)になっています。

Office365 Businessの中で一番価格が安くなっています。利用できる機能は、Web版のExcel・Word・PowerPoint・Outlookです。他にも、Exchange・OneDrive・SharePoint・Teamsが利用できます。更に、最大ユーザーが300になっているため、Office365 Soloとは違い複数で利用する法人向けになっています。

Ofiice365 Business

Office365 Businessの価格は、1ユーザーにつき1,080円/月(月間契約)・900円/月(年間契約)になっています。利用できる機能は、Excel・Word・PowerPoint・Outlook・Access(Windowsのみ)になっています。

また、Office365 BusinessにはOneDrive機能があり、ファイル保存・共有もできます。更に、最大ユーザーが300になっているため、複数で利用する法人向けになっています。

Ofiice365 Business

Office365 Business Premiumの価格は、1ユーザーにつき1,630円/月(月間契約)・1,360円/月(年間契約)になっています。Office365 Businessの中で一番価格が高くなっています。Office365 Business Premiumで利用できる機能は、Excel・Word・PowerPoint・Outlook・Access(Windowsのみ)になっています。

他にも、Exchange・OneDrive・SharePoint・Teams・Bookings・CustomerManagerの機能があります。

また、Office365 Business PremiumではOneDrive機能があり、ファイル保存・共有もできます。更に、最大ユーザーが300になっているため、複数で利用する法人向けになっています。

Office365 SoloとOffice365 Businessの共通点一覧

Office365 SoloとOffice365 Businessの共通点について比較していきます。

常に最新バージョンのアプリが使える

Office365 SoloとOffice365 Businessを提供しているMicrosoft

出典: https://www.microsoft.com/ja-jp/store/b/home?s_kwcid=AL!4249!3!266755591329!e!!g!!microsoft&ef_id=CjwKCAjwxaXtBRBbEiwAPqPxcK2ucfT2L_KuS0yEJZd2-9_b8K0nyAakT0GDBvclpJ4_3z1VNEkXVBoCXncQAvD_BwE:G:s&s_kwcid=AL!4249!3!266755591329!e!!g!!microsoft&invsrc=search&cl_vend=google&cl_ch=sem&cl_camp=982067652&cl_adg=51370400151&cl_crtv=266755591329&cl_kw=microsoft&cl_pub=google.com&cl_place=&cl_dvt=c&cl_pos=1t1&cl_mt=e&cl_gtid=aud-341489308769:kwd-11656221&cl_pltr=&cl_dim0=CjwKCAjwxaXtBRBbEiwAPqPxcK2ucfT2L_KuS0yEJZd2-9_b8K0nyAakT0GDBvclpJ4_3z1VNEkXVBoCXncQAvD_BwE:G:s&OCID=AID2000001_SEM_CjwKCAjwxaXtBRBbEiwAPqPxcK2ucfT2L_KuS0yEJZd2-9_b8K0nyAakT0GDBvclpJ4_3z1VNEkXVBoCXncQAvD_BwE:G:s

Office365 SoloとOffice365 Businessの共通点は、常に最新バージョンのアプリが使えることです。これまでのOffice2010やOffice2019などではパッケージ版だったため、バージョンアップすると、その都度最新のソフトを新たに購入しなければいけませんでした。

しかし、パッケージ版からサブスクリプションタイプのサービスに変わったことで、Office365 SoloとOffice365 Businessでは常に最新バージョンのアプリが使えるようになりました。

OneDriveで1TBのスペースがついている

Office365 SoloとOffice365 Businessについている機能

Office365 SoloとOffice365 Businessの共通点は、OneDriveで1TBのスペースがついていることです。OneDriveで、ファイルの保存・共有ができるという共通点があるのです。更に、容量が1TBもあるため、大変便利になっています。

Office365 SoloとOffice365 Businessの違いを比較【価格編】

Office365 SoloとOffice365 Businessの価格での共通点・相違点について比較していきます。Office365 SoloとOffice365 Businessの価格は以下の通りになっています。
 

       Office365 Solo
(個人)
Office365 Business Essentials
(法人)
Office365 Business
(法人)
Office365 Business Premium
(法人)
価格
(月額)
1,274円
      (月間契約)
(年間契約)
1ユーザーにつき650円
(月間契約)
1ユーザーにつき540円
(年間契約)
1ユーザーにつき1,080円 
(月間契約)
1ユーザーにつき900円
(年間契約)
1ユーザーにつき1,630円
(月間契約)
1ユーザーにつき1,360円
(年間契約)
価格   (年額) 12,744円 6,480円
(年間契約)
10,800円
(年間契約)
16,320円
(年間契約)

Office365 SoloとOffice365 Businessの価格を比較すると、Office365 Business Essentialsが一番価格が安くなっています。

1か月と1年のプランがある

Office365 SoloとOffice365 Businessの価格での共通点は、1か月と1年のプランがあることです。どちらも1か月と1年のプランという共通点はありますが、価格に相違点があります。

Office365 Soloは、1か月と1年プラン両方同じ価格です。それに対してOffice365 Businessは、1か月と1年プランで価格が違います。1年プランの方が価格が安くなっています。

利用できるユーザ数・デバイス台数に大きな差がある

Office365 SoloとOffice365 Businessの価格での相違点は、利用できるユーザー数・デバイス台数に大きな差があることです。Office365 Soloでは、利用できるユーザー数は1名のみ、インストールできるデバイス台数に制限はありません。ただし、Office365 Soloで同時に利用できる台数は5台までになっています。

それに対してOffice365 Businessでは、利用できるユーザー数は300名、インストールできるデバイス台数は、WindowsもしくはMac5台・スマホ5台・タブレット5台までになっています。ただし、Office365 Business Essentialsに関しては、WindowsもしくはMac5台にインストールはできません。

Office365 Business Essentialsでインストールできる台数は、スマホ5台・タブレット5台のみになっています。

Office365 SoloとOffice365 Businessの違いを比較【機能編】

Office365 SoloとOffice365 Businessの機能での共通点・相違点を比較していきます。

プランによって利用可能なアプリに大きな差がある

Office365 SoloとOffice365 Businessについているアプリケーション

Office365 SoloとOffice365 Businessの相違点は、プランによって利用可能なアプリに大きな差があることです。Office365 SoloとOffice365 Businessで利用可能なアプリは、以下の通りになっています。
 

  Office365 Solo
(個人)
Office365 Business Essentials
(法人)
Office365 Business
(法人)
Office365 Business Premium
(法人)
Word 利用可 利用不可(Web版のみ) 利用可 利用可
Excel 利用可 利用不可(Web版のみ) 利用可 利用可
PowerPoint 利用可 利用不可(Web版のみ) 利用可 利用可
Outlook 利用可 利用不可(Web版のみ) 利用可 利用可
Access(Windowsのみ) 利用可 利用不可 利用可 利用可
Publisher(Windowsのみ) 利用可 利用不可 利用可 利用可

Office365 Business Essentialsでは、利用できるアプリケーションがありません。Office365 Business Essentialsで利用できるのは、Web版のWord・Excel・PowerPoint・Outlookのみです。Office365 SoloとOffice365 Businessで共通点もありますが、プランによって利用可能なアプリに大きな差があります。

Office365 SoloとOffice365 Businessの違いを比較【サービス編】

Office365 SoloとOffice365 Businessのサービスでの共通点・相違点を比較していきます。

プランによって利用できるサービスに大きな差がある

Office365 SoloとOffice365 Businessについているサービス

Office365 SoloとOffice365 Businessの相違点は、プランによって利用できるサービスに大きな差があることです。Office365 SoloとOffice365 Businessで利用可能なサービスは、以下の通りになっています。
 

  Office365 Solo
(個人)
Office365 Business Essentials
(法人)
Office365 Business
(法人)
Office365 Business Premium
(法人)
OneDrive 利用可 利用可 利用可 利用可
Exchange 利用不可 利用可 利用不可 利用可
SharePoint 利用不可 利用可 利用不可 利用可
Teams 利用不可 利用可 利用不可 利用可
Bookings 利用不可 利用不可 利用不可 利用可
CustomerManager 利用不可 利用不可 利用不可 利用可
Skype 利用可 利用不可 利用不可 利用不可

Office365 Soloでは、利用できるサービスは少ないですが、Skypeがあり60分間の無料通話が可能です。また、利用できるサービスが一番多いのは、Office365 Business Premiumになっています。

SoloとBusinessの相違点を踏まえたおすすめプランとは?

Office365 SoloとOffice365 Businessの相違点を踏まえたおすすめプランについて解説していきます。

個人利用や個人事業主ならSolo

Office365 SoloとOffice365 Businessを提供しているMicrosoft

Office365 SoloとOffice365 Businessの相違点を踏まえたおすすめプランとは、個人利用や個人事業主ならSoloです。Office365 Soloは個人向けのサービスになっているため、利用できるユーザー数は1名のみ、インストールできるデバイス台数に制限はありません。よって、個人利用や個人事業主ならOffice365 Soloが使いやすくおすすめです。

法人や複数人数・複数デバイスで使用するならBusiness

Office365 SoloとOffice365 Businessを提供しているMicrosoft

Office365 SoloとOffice365 Businessの相違点を踏まえたおすすめプランとは、法人や複数人数・複数デバイスで使用するならBusinessです。利用できるユーザー数は300名、インストールできるデバイス台数は、WindowsもしくはMac5台・スマホ5台・タブレット5台までになっています。

よって、法人や複数人数・複数デバイスで使用するならOffice365 Businessがおすすめです。

ThumbOffice365 SoloのMacへの無料ダウンロード・インストール方法を解説!
Macユーザー必見。パソコンをWindowsからMacに乗り換えてからOffice365を使...

Office365 SoloとOffice365 Businessの違いを知って便利に活用!

今回は、Office365 SoloとBusinessの相違点や、価格・機能・サービスを比較しました。ご紹介した通り、Office365 SoloとOffice365 Businessには相違点があります。相違点を理解した上で、Office365 SoloとOffice365 Businessを便利に活用してみてください。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
leiyu
皆さんのお役に立てる記事を分かりやすく書いていくライターを目指しています。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ