Office365 SoloのMacへの無料ダウンロード・インストール方法を解説!

Macユーザー必見。パソコンをWindowsからMacに乗り換えてからOffice365を使ってみたい、しかし高くて導入を悩んでいる方に向けて無料で使える方法があります。そんなOffice365 SoloをMacにダウンロード方法についてシェアしていきます。

Office365 SoloのMacへの無料ダウンロード・インストール方法を解説!のイメージ

目次

  1. 1Office 365 SoloをMacで無料お試ししてみよう!
  2. 有料のOffice365が一ヶ月無料でお試しできる
  3. 2Office 365 SoloをMacにインストールするにはアカウントを作ろう
  4. マイクロソフトストアの試用版のページを開く
  5. マイクロソフトアカウントを作成する
  6. 3Office 365 SoloをMacにインストールする
  7. Macにインストーラーをダウンロードする
  8. Macにインストールする
  9. Office 365 Soloのライセンス認証をする
  10. 4Office 365 SoloをMacで使う際の注意点
  11. Office 365 Soloをお試しで使う場合は解約を忘れずに
  12. 5Office 365 SoloをMacにインストールして使ってみよう!

Office 365 SoloをMacで無料お試ししてみよう!

Officeの公式ホームページ

「WindowsからMacにパソコンを変えたが、ExcelやWordを導入したい」・「主にMacを使用していたが今回OfficeのソフトをMacに導入して仕事の効率化をしたい」そんな方に向けて今回はMacユーザーがOfficeを無料でダウンロード・インストールする方法について書いて解説していきます

有料のOffice365が一ヶ月無料でお試しできる

Office公式ホームページのOffice365ダウンロードページ

最近はMacユーザーが増えてきました。Macユーザーが主に使うソフトでNumbersやKeynoteがあげられます。普段からExcelやWordを使っている方からしたら使いづらいと思う部分も少なくありません。

そんなMacユーザーがOffice 365 Soloを導入してお金を払った後に、「インストールしなくてよかった」と後悔しない為にも、MacでOffice 365 Soloを試しで使う方法があります。それは「1ヶ月無料期間」でサービスを利用することです。

Officeは以前一括支払いの支払い方法でしたが、定年支払に変わりました。これで常にOfficeは最新状態で使用することができます。ですがMacユーザーにとってわざわざお金を払ってやっぱり使いづらいとなってしまっては勿体無いですよね。この1ヶ月無料期間を利用するにあたりMacにOffice 365 Soloをインストールする流れを説明していきます

Office 365 SoloをMacにインストールするにはアカウントを作ろう

作業中の画像

まずはOffice 365 SoloをMacにインストールするにはアカウントを作らないといけません。そのアカウントの作り方についてまずは順番に説明していきます。下記の通りに進めてアカウントを作りましょう。

マイクロソフトストアの試用版のページを開く

Office365Soloの検索ページ

まずはOffice 365 Soloの無料版インストール画面を表示させます。その際検索エンジンはなんでもいいのですが今回はGoogleで「Office 365 Solo 無料」と検索し、上記の画面が出ますので赤枠の部分のクリックしてください。

MacだとSafariを使う方も多いのでそちらで検索しても問題ありません。

Office公式ホームページのOffice365ダウンロードページ

クリック後Office 365 Solo公式ページが出てきます。上記画像のページの移動しますので、「1ヶ月間、無料で試す」をクリックしてください。

マイクロソフトアカウントを作成する

Officeのアカウント作成画面

次に「アカウント登録」に移動します。その際にアカウントをお持ちでしたらこの作業は省きますので、ここの説明欄は飛ばしてくれて構いません。

アカウントお持ちの方は下に記載してある個人情報入力までスクロールしてください。また会員登録まで済んでいる方は「Office 365 SoloをMacにインストールする」までスクロールしてください。

ここから登録の流れについて説明します。

ログイン時のアカウント登録画面

ここはご自分が持っているアドレスを入れます。Office 365 Soloの専用のアドレスが必要と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが問題ありません。ご自分が普段使っているアドレスを使ってください。

入力が完了しましたら、今度は右下にある「次へ」ボタンをクリックして次に進みます。

パスワード入力の画面

進みましたら、今度はパスワード入力の画面に変わります。ここもご自分のお好きなパスワードを入力してください。その際に注意していただきたいのが、パスワードを忘れないようにどこにまとめておくと便利です。Macユーザーならメモアプリなどに保存しておくものいいかもしれません。

入力が完了しましたら、また右下にある「次へ」ボタンをクリックして次に進みます。

基本情報の入力画面

次はあなたの名前の登録作業を行います。ここもご自分の名前を入力していただければ問題ありません。

基本情報入力完了の画面

基本情報の入力が完了したら、上記のような画面に変ります。その時にご自分のアドレス宛にコードが記載されているメールが届きます

メール画面の確認場所

上記のような内容のメールが届きましたら、黒字で塗りつぶされているところに記載されているコードを先ほどの画面に入力していただいたら、「次へ」と進みます

表示文字の入力画面

次へと進みましたら、画面に表示されている文字を入力していきます。またここで間違えても、新規ボタンがありますのでやり直しもできます。落ち着いて入力しましょう。入力が終わりましたら「次へ」のボタンをクリックしてください。

支払い方法の入力画面

ここまではご自分の基本情報を入力していきましたが、今度は支払い方法の入力です。ここは少し作業が多いところですが、間違えないように入力しましょう。

個人情報の入力完了画面

個人情報の入力が完了するとこのような画面が出てきます。チェック項目欄がありますが、これからも使っていくかもしれないと思う方のみチェックを入れていただければ問題ありません。間違いがなければそのまま「申し込む」ボタンをクリックしてください。

これでアカウント作成は終わりです。次はMacにOffice 365 Soloをインストールする流れについて説明していきます。

Office 365 SoloをMacにインストールする

インストールの画面

アカウント作成が終わりますと、約1~2分くらいで上記の画面に変わります。その際「Officeのインストール」と書いてあるところをクリックしてください。

インストールする前の画面

クリックすると上記のような画面が出てきますので、「インストールする」をクリックしてください。通信環境にもよりますが30分くらいかかることもあります。

Macにインストーラーをダウンロードする

インストーラーの画面

今回はGoogleで検索したので、「インストールする」をクリックしますと、画面左下に格納されています。ダウンロードが完了しましたらクリックしてください

ここからはMacにOfficeを入れるにあたりインストーラーを開きます。左下の格納されたファイルをクリックすると、上記のような画面に変わります。そのまま右下にある「続ける」をクリックしてください。

そのまま使用契約画面に変わりますので、気になる方はしっかりと読んでください。読み終わったらまた右下にある「続ける」をクリックします。

契約同意の画面

上記のような画面に進みましたら、そのまま「同意する」をクリックしてください

Macにインストールする

Macへのインストール画面

同意まで完了したら、今度はMacにインストールが開始されます。そのまま「インストール」をクリックしてください。ここで注意しなければいけないのがMacの容量を確認してください。容量不足ですとインストールされません

デーだ通知の画面

インストールが完了すると、上記のような画面が出てきますがデータ更新の内容となっておりますのでそのまま「OK」を押していただいて問題ありません。次はOffice 365 Soloのライセンス認証に進みます。

Office 365 Soloのライセンス認証をする

アカウントのログイン画面

最後は登録したアカウントを使ってログインしていきます。まずはMac内にあります「LaunchpadからOfficeのソフトをなんでもいいので開いてください。今回はExcelを開きました。その際先ほどご自分で登録されたアドレスとパスワードを入力していきます

ここでよくMacでライセンスを認識してくれないことが起こります。その際は下記のリンクから問題を確認してみてください。

Office for Mac のインストールやライセンス認証ができない場合の対応策 - Office サポート

サインインが完了したらようやくOfficeのソフトが使えます。

Office 365 SoloをMacで使う際の注意点

MacにOffice 365 Soloをインストールしソフトが使えるようになったからと行って油断してはいけません。最後に注意しないといけないところがあります。Macに無料でインストールしましたが無料期間中に自動更新を止めることです。今回は1ヶ月無料となっておりますが、1ヶ月が終わると自動更新となってしまい定期的に支払いが発生してしまいますので、それを解約する必要があります。

Office 365 Soloをお試しで使う場合は解約を忘れずに

解約手続きの流れについて説明していきます。まずは下記のように検索をしてからマイページに移動するようにしましょう。

Officeマイページ検索結果の画像

ここをクリックしたら、ご自分のマイページに飛びます。

マイページ購入履歴の画面

マイページに移動したら、今度は右上にある「購入履歴」をクリックしてください
購入履歴をクリックすると以下の画面が出てきます。

サブスクリクションの管理画面

クリックした後、「サブスクリプションの管理」と書いてあるところがございますので、そこをクリックします。

支払い管理画面の画像

その後「管理」ボタンがあるのでそちらもクリックします。

支払いの画面

上記のような画面が出てきましたら、「プラント定期請求の変更」を押して「定期請求を無効にする」をクリックしてください。その後は「はい」とクリックしたら今後の支払いは発生しません。ここをしっかりと行わないと定期請求を行われてしまうので、無駄に支払いをしたくない人はあらかじめやっておくと良いかもしれません。

また再度更新したい場合でも、同様な流れで有効にすれば翌月以降もOfficeは使用できるようになるので安心してください。

これで自動更新をしない設定ができました。この設定が終われば無料で1ヶ月間Officeのソフトが使用できます。

Office 365 SoloをMacにインストールして使ってみよう!

これでMacユーザーもOffice 365 Soloを使うことができるようになりました。初めてのかたや慣れていない方にとっては少し大変な作業とはなるかもしれませんが、このサイトをみながら行なっていただけると幸いです。

今回はMacユーザーも慣れ親しんだOfficeを無料で使えるということで説明していきました。解約するなどの手間があったりもしますが、これを機にOffice 365 Soloを導入して仕事の業務効率をあげるのもおすすめです。

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
篠崎幹典
頑張りますのでよろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ