Microsoft Office 365 Soloのサービスとは?パッケージ版よりお得か解説!

Microsoft Officeの新しい形であるMicrosoft Office 365 Soloの値段やサービス、パッケージ版であるOfficeと、Microsoft Office 365 Soloと料金はどちらがお得なのか、この記事では紹介しています。

Microsoft Office 365 Soloのサービスとは?パッケージ版よりお得か解説!のイメージ

目次

  1. 1Microsoft Office 365 Soloとは?サービス内容解説
  2. 2Microsoft Office 365 Soloのパッケージ版との詳細な比較
  3. 3Microsoft Office 365 Solo登録・更新方法とは?
  4. 4Microsoft Office 365 soloを使うメリット・デメリット
  5. 5Microsoft Office 365 Soloで快適な作業環境を手に入れよう

Microsoft Office 365 Soloとは?サービス内容解説

Microsoft Office Soloのピクチャ画像

Microsoft officeには様々なoffice製品があり、契約形態に沿った購入方法が用意されており、個人向け、法人向け等、様々なライセンスが用意されています。その中でもMicrosoft Office 365 Soloとは、いったいどのような契約形態のライセンスにあたるのでしょうか。

この記事ではMicrosoft Office 365 Soloの特徴と、Microsoft Office 365との違いについて説明します。

Officeのサブスクリプションタイプのサービス

パソコンを使っている人の画像

Microsoft Office 365 Soloとは、officeのサブスクリプションタイプのサービスと言われています。Microsoft officeとはMicrosoft Office 365 Solo以外、すべて一度購入すると永続したライセンス契約になるため、追加料金などはかかりません。サブスクリプションタイプのサービスため、常に最新状態のMicrosoft Officeを利用できます。

OneDriveやSkypeの利用が可能

Skypeのロゴ画像

Microsoft Office 365 Soloはサブスクリプション型ですが、通常のMicrosoft officeと同じようにOneDriveの利用や、Skypeの利用が可能です。OneDriveはMicrosoft社のクラウド製品であり、このクラウド製品であるOneDriveもMicrosoft Office 365 Soloでは機能の一部として利用ができます。

同じくSkypeはダウンロードさえすれば誰にでも無料で使える通話サービスですが、ここでのSkypeというのはMicrosoft社の開発した電話サービスであるSkypeを指します。Skypeを電話として使うことの利点として、国際電話をお得にかけられるというサービスがあります。

1か月間の無料お試し期間がある

チャレンジのイメージ画像

Microsoft Office 365 Soloに契約する際には、一か月間の無料お試し期間が存在しています。現在では無料で使えるGoogleスプレッドシートなど、様々なサービスが無料で使える世の中になっています。そのため、Microsoft Office 365 Soloには一か月のお試し期間が存在しており、利用してみて月額、もしくは年単位での契約を結ぶことが可能です。

家族で分けて使うことは可能?

家族のイメージ画像

通常のMicrosoft officeのライセンスは購入者のみが利用できますが、Microsoft Officeでは、ほかのパソコンなどでライセンスを使うことが可能です。規約違反としては扱われますが、そのパソコンがライセンス契約者本人のパソコンであるかどうかまではMicrosoft社は調査を行いません。

そのため、一つのアカウントを多数の人物で使うことは可能ですが、パスワードや個人情報の問題もあり、推奨はしません。

ThumbMicrosoft Office365とは?使い方/機能/サービスやOfficeとの違いを解説!
Office365とは何か分かりますか?Office2019が同時に販売していますが、何が違...

Microsoft Office 365 Soloのパッケージ版との詳細な比較

パソコンを使っている人の画像

上記まではOffice 365 Soloの特徴やメリットなどについて説明しましたが、通常販売しているパッケージ版であるOffice2019と、Office 365 Soloの詳細な比較について説明します。

価格の違いは?

お金のイメージ画像

Officeのパッケージ版とOffice 365 Soloの価格には大きな違いがあり、年間支出として考えた結果どうなるのか、表で説明します。MicrosoftOfficeにはProfessional、Home and Business、Personalと3種類のパッケージがあり、価格も大きく違います。

購入するライセンスによって使える機能と使えない機能があり、それを踏まえた上で、パッケージ版とOffice 365 Soloの価格の違いを説明します。

  Office
365 Solo
Office
Professional
Office
Home and Business
Office
Personal
ライセンス サブスクリプション 永続 永続 永続
3年間費用 毎年12,744円 64,585円 37,584円 32,184円

サービスと機能の違いを解説

クエスチョンマークの女性の画像

価格の違いについて上記で説明しましたが、価格を踏まえた上で各Officeのサービスの違いと機能の違いについて解説します。Office 365 Soloは毎年、もしくは毎月定額の金額がかかりますが、パッケージ版を購入した際には追加料金がなく、長期間利用する場合などはパッケージ版がお得と感じる方が多いと考えられます。

ビジネスなどでOffice2019を多用する場合は高額ですが様々な機能が備わっているOffice Professionalを購入される方が多いです。

Office 365 Soloは1か月、もしくは1年単位でライセンスを更新するサブスクリプション型ということもあり、常に最新のMicrosoft Office機能を利用できるため、新しいバージョンが出るたびに買い替えるという事も必要なく、そういった点でお得です。

利用可能な台数の違いは?

従来のパッケージ版であるMicrosoft Officeは1つのパソコンにのみインストールが可能でした。しかしMicrosoft Office 365 Soloは台数を分けて使うのではなく、初めから利用できる台数が決まっています。WindowsPCもしくはMacPCが2台、スマートフォン2台、タブレット2台の合計6台の台数をMicrosoft Office 365 Soloでは利用できます。

パソコンでもスマホでも使えるの?

Microsoft Office 365 Soloはパソコンでもスマホでも使えるという機能が存在しています。Office 365 Soloで使える台数にもスマートフォン、タブレットが含まれています。パッケージ版であるMicrosoft OfficeにはiOSデバイスやAndroidデバイス向けの永続ライセンスは現在では存在していません。

しかし、Microsoft Office 365 SoloにはiOSデバイスやAndroidデバイス向けのOffice MobileというMicrosoftのアプリを利用することが可能です。

Office 365 soloとOffice 2019はどちらがお得?

Microsoft Office 365 Soloと、パッケージ版であるMicrosoft Office2019のどちらがお得かという問題ですが、Office 365 SoloとOffice2019には両方メリットとデメリットを備えており、使い方によってOffice 365 Soloのほうがお得であったり、Office2019のほうがお得であったりするため、一概にはどちらがお得とは言えないのが現状です。

ThumbOffice 365 Soloのインストール台数は無制限!同時使用の注意点も解説!
この記事では、Office 365 Soloのインストール台数に関しての特集になります。Mi...

Microsoft Office 365 Solo登録・更新方法とは?

パソコンを使っている人の画像

Microsoft Office 365 Soloの機能などについて説明しましたが、実際に登録、更新する方法について説明します。

ライセンスの登録・契約方法は?

MicrosoftStoreの画面画像

Windows10を使っている場合、ライセンス登録をするためにはまずMicrosoftアカウントにサインインする必要があります。Microsoftアカウントにサインインを行ったらMicrosoftStoreにアクセスし、Office 365 Soloに対応するアイコンをクリックします。クリックすると画面が移り、Office 365 Soloの購入画面へ移行します。

Office 365 Soloを購入し、ダウンロード、インストールを行うと利用ができるようになります。

Microsoft Office 365 Soloの購入画像

ログイン方法は?

ログインのイメージ画像

Office 365 Soloをインストールすると、ライセンス承認としてサインインするように求められます。もしくは、ExcelやWordなど、アプリを開く際にファイル、アカウントと順に選択します。サインインしていない場合、サインインを求められるのでログインが可能になります。

ライセンスを更新するには?

パソコンを使っている人の画像

Office 365 Soloは1年ごとにライセンスの更新が必要になります。ライセンスが切れた場合、ライセンスを更新しなければ内容を更新することができず、閲覧だけが可能になります。更新手続きを行うには更新料が1万2744円かかります。ライセンスの更新、新契約にはOffice 365 Soloを扱ってるWebサイトなどで更新が可能です。

その際、更新料の価格を払えるようにしておくことと、ライセンスを更新したいアカウントでログインしておくことが重要です。

ThumbMicrosoftアカウントの新規作成手順!Windows10のアカウント登録方法!
Microsoftアカウントを作成するとMicrosoftが提供している様々なサービスを活用...

Microsoft Office 365 soloを使うメリット・デメリット

パソコンを使っている人の画像

Office 365 Soloを使う上でのメリット、デメリットを紹介します。

Microsoft Office 365 soloを使うメリット

男性の画像

まずOffice 365 Soloを使うメリットについて説明します。

常に最新版Officeアプリが利用できる

Office 365 Soloはサブスクリプション型のMicrosoft Officeになっているため、常に最新の状態でOfficeを利用できます。パッケージ版の場合、買い切りのため新しいバージョンが出るたびに買い直す必要があります。

複数のデバイスで作業ができる

Office 365 SoloPC2台、スマートフォン2台、タブレット2台という台数制限はありますが、複数のデバイスを利用した作業が可能になっています。

OSやデバイスを選ばないのでMacでも使用できる

複数の台数で使えるうえに、iOSデバイスやandroidデバイスなど、Windows以外のOSにも対応しているため、Macなどでも利用ができます。

Microsoft Office 365 soloを使うデメリット

男性の画像

Office 365 Soloを使う上でのメリットを紹介しましたが、デメリットも存在しています。

毎年一定のコストがかかる

Microsoft Officeのパッケージ版であれば、パソコンを買い替えるまで、もしくは新しいOfficeのバージョンに入れ替えるまで一定額を1度払うことによってほかに支払いは発生しません。

しかし、Office 365 Soloの場合、サブスクリプションタイプのため、毎年一定のコストがかかり、長く使っているとそのコストがパッケージ版を超えるコストになる可能性もあります。

オンラインで使う必要がある

Office 365 Soloは基本的にオンラインで使う必要があります。オフラインでもWordなどのアプリを利用することができるのですが、30日に1度ライセンス認証があり、その際にオフラインになっていると大幅な制限がかかってしまいます。それに加えてOffice 365 Soloはセキュリティ面の問題のため、24時間オンラインパトロールを行っています。

そのため、オフラインで活動を続けているとパトロールでの承認に引っ掛かり、大幅な制限を受ける可能性も存在してます。

ThumbOffice365 SoloとBusinessの違いまとめ!価格・機能・サービスなど比較!
MicrosoftのOffice365は知っていますか。Office365には、SoloとB...

Microsoft Office 365 Soloで快適な作業環境を手に入れよう

パソコンを使っている人の画像

サブスクリプションタイプのMicrosoft Officeである、Microsoft Office 365 Soloについてこの記事では説明しました。

短期間や割り切って使うのには手ごろな価格でOffice機能を扱える点や、サブスクリプションのため常に最新のOffice機能を使える点、それに加えパソコン、スマートフォン、タブレットと多数の台数で利用ができる点など、様々な工夫がされています。

Microsoft Officeの購入を考えている方はぜひMicrosoft Office 365 Soloの購入を視野に入れて入れてみるのはどうでしょうか。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
ライターびび
猫が好きな在宅ライターです。ガジェット系の記事や、ライフスタイルに関係するアプリなどの記事を読むのが好きで、自分で...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ