Office 365 Soloのインストール台数は無制限!同時使用の注意点も解説!

この記事では、Office 365 Soloのインストール台数に関しての特集になります。MicrosoftのサービスOffice 365 Soloのインストール台数制限についてと、複数デバイスでサインインした同時使用について、注意点も解説します。

Office 365 Soloのインストール台数は無制限!同時使用の注意点も解説!のイメージ

目次

  1. 1Microsoft Office 365 Soloのインストール台数について
  2. 2Microsoft Office 365 Soloの同時使用の台数について
  3. 3Office 365 SoloとOffice 365 Businessの利用制限などの比較
  4. 4Office 365 Soloの同時使用台数5台を活用しよう!

Microsoft Office 365 Soloのインストール台数について

この記事ではMicrosoftが提供しているサービスであるOffice 365 Soloのインストール台数についての特集になります。Office 365を利用することでMicrosoftのWordやExcel、そしてPowerPointをはじめ、数多くのサービスを利用できるようになります。登録することでオンライン上でそれぞれのMicrosoftサービスが利用できるという強みがあります。

Microsoft Office 365では多くのサービスをオンラインで使用できるということですので、外出先でも自由に端末から閲覧したり、使用したりすることが可能です。つまり、メインのパソコン端末だけでなく、他のパソコン端末、タブレットなどからも利用するということになります。複数端末で使用するには制限があるのかという疑問が生まれてきます。

Office 365 Soloのインストール台数は無制限!

Office 365 Soloのサービスでは、複数端末使用のためのインストール台数は無制限となっています。そのため同じアカウントでサインインさえしてしまえば、出先にいたとしてもスムーズに使うことが可能です。例えば、家や職場のデスクトップパソコンと、出先のノートパソコンを同時に利用する場合には役に立ちます。気にせず使いましょう。

Office 365はサブスクリプション版ライセンス

サブスクリプション

Microsoft Office 365のサービスはサブスクリプション版のライセンスが利用できます。そのため契約している間は会員料金を支払うことでそのまま利用できます。ソフトを購入する金額ではないため、サービス内のアプリをインストールすることなく使えます。

どんなデバイスにもインストールが可能

Microsoft Office 365についてはサブスクリプションになりますのでどんなデバイスにもインストールが可能です。複数端末で同時に使用したいという場合でも、いくつものアプリをそれぞれインストールする必要はありません。

常に最新バージョンのアプリケーションに更新できる

また、Office 365のサービスでWordなどのアプリを使用する場合に、時間と共にアップデートを要求されるような心配がありません。オンライン上でのサービスになりますのでソフトを個別に更新する必要がありません。常に最新バージョンのアプリを使用できるメリットがあります。

法人向けにはOffice 365 Businessが選べる

サブスク更新

個人的にOffice 365を利用できますが、法人向けのOffice 365 Businessというサービスも用意されています。仕事の場で使用する方は、Office 365 Businessを選択してみてください。アプリなどの内容も異なっています。

ThumbOffice365「サブスクリプションの有効期限が切れています」の対処法を紹介!
Office365で「サブスクリプションの有効期限が切れています」と表示されたときの対処法・...

Microsoft Office 365 Soloの同時使用の台数について

Office 365にはSoloというサービスがあります。個人的に利用するのであればSoloを選択して使うことが一般的です。このSoloサービスでは同時使用台数はどうなっているのかということについて解説していきます。

Office 365 Soloの同時使用の台数は5台まで!

Office 365 Soloで同時使用する場合には5台までの制限があります。とは言っても1人で利用することが前提のプランになりますので、それほど不便に感じることはありません。複数端末から利用することが多い方は覚えておきましょう。

Office 365 Soloの同時使用を5台にする条件

ここで、Office 365 Soloを同時使用で5台にするための条件について触れておきます。Office 365 Soloで5台にする条件は、年会費として12,744円を支払うことで可能になります。詳しくはMicrosoftのページで料金プランをチェックしてください。

Microsoft Office 全製品の比較 | Microsoft Office

ネットで同じMicrosoftアカウントでサインインする

Microsoftのロゴ

Microsoft Office 365 Soloに登録しましたら、あとはそのアカウントでログインするだけであらゆるアプリをすぐに利用できるようになっています。同時使用する場合はそのままネットで同じMicrosoftアカウントでサインインするだけです。タブレットなどでサインインしてみてください。

ThumbOffice365のOutlookでのメールテンプレートの作成方法!便利な使い方も解説!
今回はOffice365のOutlookでのメールテンプレートの作成方法についてご紹介してい...

Office 365 SoloとOffice 365 Businessの利用制限などの比較

ここからはOffice 365 SoloとOffice 365 Businessの利用制限など、サービス内容に関して比較していきます。個人利用と仕事で区別しようと考えている方は、どのような違いがあるのか知っておきましょう。現時点でのサービスの比較になります。

共通点

まずはOffice 365 Soloと、Office 365 Businessのサービスの共通点について解説しておきます。ライセンスなどの基本的な仕組みについてはそれぞれ違うバージョンであっても同様になります。

サブスクリプション版ライセンス

Office 365 SoloとOffice 365 Businessで共通している点として最初に紹介するのは、サブスクリプション版のライセンスだということです。年会費を支払うことでその期間はサービスが無条件で利用できます。買い切りのプランではありません。

常に最新バージョンのアプリケーションに更新可能

Office365代表的なアプリ

Office 365 SoloとOffice 365 Businessで共通している点として次に紹介するのが、常に最新バージョンのアプリケーションに更新して使うことが可能だということです。使い勝手については不自由に感じることがそれほどありません。

OneDriveにファイル保存と共有が可能

Microsoft社屋

両方のプランで共通している点として最後に紹介するのが、OneDriveにファイル保存と共有ができるということです。MicrosoftではクラウドストレージサービスのOneDriveがあります。これを利用して、データを保存できますので、端末が変わってもすぐに表示して作業できます。

相違点

ここからはOffice 365 Soloと、Office 365 Businessのサービスの相違点について説明していきます。料金からアプリのラインナップなど異なりますので事前に把握してください。

各サービスごとに料金が違う

まずは料金からチェックしていきましょう。Office 365 Soloでは先ほど説明しましたように年額で12,744円を支払うことになり、Office 365 Businessでは、年額で1人あたり6,800円支払うことになります。月額の割り振りも可能です。

利用可能なアプリケーションが違う

Office365アプリ

Office 365 SoloとBusinessの違いとして利用可能なアプリケーションの種類についても紹介します。Soloの場合は、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Publisher、Accessなどが利用できます。Businessでも同じですが、Skypeが使用できなくなっています。

利用可能なサービスが違う

また、サービスについても異なる部分があります。クラウド共有ができるOneDriveはビジネス版になるなど若干の仕様の違いがみられます。

インストール可能台数が違う

次の違いについてですが、インストール台数が挙げられます。Soloではデバイスの数に制限はありません。Businessではデバイスが最大で5台までとなります。デバイス制限があっても基本的に1人で使用するのであれば台数で不自由することはありません。

利用可能なユーザー数が違う

次に、利用可能なユーザー数についても違いがあります。Soloでは、1人でサインインしてアカウントを利用しますが、Businessでは最大で300人までサインインして使用できます。

個人でもOffice 365 Businessの利用が可能

ちなみに、個人でもOffice 365 Businessにアカウントを登録してサインインすることは可能です。5台までの制限がありますが、少しお得に利用できます。お持ちのデバイスを考えてアカウントを取得してください。

ThumbOffice365 SoloとBusinessの違いまとめ!価格・機能・サービスなど比較!
MicrosoftのOffice365は知っていますか。Office365には、SoloとB...

Office 365 Soloの同時使用台数5台を活用しよう!

Microsoftアイコン

今回はOffice 365のSoloとBusinessのサービスの違いについて解説してきました。たくさんのデバイスを持っていて1つのアカウントで使用したいという方はSoloを使用していきましょう。仕事場で複数のメンバーで使う場合はBusinessを選択しましょう。

ThumbOffice 365 Soloをダウンロード・インストールする方法と注意点を解説!
大変便利なOffice 365 Soloをインストールしていますか?この記事ではOffice...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
Nij
「わからない」がネット検索で解決できる時代に貢献できる記事を提供。楽曲制作の傍ら、質の高い記事によってたくさんの方...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ