Microsoft Office365とは?使い方/機能/サービスやOfficeとの違いを解説!

Office365とは何か分かりますか?Office2019が同時に販売していますが、何が違うのでしょうか?この記事ではOffice365とはどのようなものなのか?使い方・機能・サービスについてOfficeとの違いを比較して詳しく解説していきます。

Microsoft Office365とは?使い方/機能/サービスやOfficeとの違いを解説!のイメージ

目次

  1. 1Microsoft Office365とは?サービス内容を紹介
  2. Office365について
  3. ライセンスに利用料を払うサブスクリプション型
  4. 2Office365のプラン内容と違い
  5. 家庭向けプランはOffice365 Soloのみ
  6. 一般法人向けプランは全3種類
  7. 3Office365の便利な使い方について
  8. 外出先からタブレットで作業可能
  9. データの保存や共有が簡単
  10. 4Office365とOfficeの機能・サービス・特徴の違い
  11. アプリの内容
  12. 機能の更新
  13. インストールできる端末数
  14. OneDrive(オンラインストレージ)
  15. 使い方などのテクニカルサポート
  16. Skype通話が毎月60分間無料で利用可能
  17. コスト面
  18. 5Office365のMac版とは
  19. Office365をMacで使えるのは【Office 365 Solo】だけ?
  20. Officeの機能をMacで使えるパッケージ版全2種類
  21. 6Microsoft Office365を使ってみよう!

Microsoft Office365とは?サービス内容を紹介

Microsoft Office365とは?使い方/機能/サービスやOfficeとの違いを解説1

出典: https://www.microsoft.com/ja-jp/office/homeuse/scenario-default.aspx

この記事ではサブスクリプション型のMicrosoft Office365とはどのようなものなのか?使い方・機能・サービス・ライセンスについて、Microsoft Office2019などのMicrosoft Officeとの特徴の違いを以下の項目に分けて詳しく解説していきます。
 

  • Microsoft Office365とは?サービス内容を紹介
  • Office365のプラン内容と違い
  • Office365の便利な使い方について
  • Office365とOfficeの機能・サービス・特徴の違い
  • Office365のMac版とは

また、この章ではMicrosoft Office365とは?サービス内容について以下の項目に分けて解説します。
 

  • Office365について
  • ライセンスに利用料を払うサブスクリプション型

Office365について

Microsoft Office365とは?使い方/機能/サービスやOfficeとの違いを解説2

まずはMicrosoft Office365とはどのようなものなのかということを解説します。

Office365とはサブスクリプション型のOfficeライセンスになります。サブスクリプションとは毎月または毎年の利用料を支払うことによってサービスを利用できる形式です。

買い切り型の永続ライセンスとは異なり、Office365サブスクリプションの有効期間中は常に最新バージョンのOfficeアプリケーションWord、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、Publisher、Accessを利用できます。

サブスクリプション型のOffice365はWindows、Mac、タブレット(iPad・Android)、スマホ(iPhone・Android)など複数のデバイスにインストールできます。さらにオンライン ストレージであるOneDriveを1TBも使うことができ、Skypeの無料通話プランまで用意されているなどのメリットがあります。

ライセンスに利用料を払うサブスクリプション型

Microsoft Office365とは?使い方/機能/サービスやOfficeとの違いを解説3

次はサブスクリプション型のOfficeライセンスについて解説します。

サブスクリプション型のOfficeライセンスとは前述のように毎月または毎年の利用料を支払うことによってOfficeを利用できる形式です。買い切り型の永続ライセンスはライセンス購入時に全額支払わないと使うことができませんが、サブスクリプション型ライセンスであるOffice365ならば必要なくなった時に解約をすれば費用は掛からなくなりますのでお試しで使うことも可能です。

但し、ライセンスを年間契約している場合は低価格のため契約の途中で解約すると違約金が発生する場合がありますのでお試しする場合は月間契約でライセンス契約しましょう。

ThumbOffice365「サブスクリプションの有効期限が切れています」の対処法を紹介!
Office365で「サブスクリプションの有効期限が切れています」と表示されたときの対処法・...

Office365のプラン内容と違い

Microsoft Office365とは?使い方/機能/サービスやOfficeとの違いを解説4

この章ではOffice365のプラン内容と違いについて以下の内容を解説していきます。

  • 家庭向けプランはOffice365 Soloのみ
  • 一般法人向けプランは全3種類

家庭向けプランはOffice365 Soloのみ

Microsoft Office365とは?使い方/機能/サービスやOfficeとの違いを解説5

出典: https://www.amazon.co.jp/Microsoft-Office-%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E7%89%88-%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%8F%B0%E6%95%B0%E7%84%A1%E5%88%B6%E9%99%90-1TB%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%81%A4%E3%81%8D/dp/B00O2TXF8O/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=Office365&qid=1571478238&sr=8-1

まずは家庭向けプランOffice365 Soloとはどのようなものかについて紹介します。

家庭向けのサブスクリプション型OfficeはOffice365 Soloのみ選択できます。Windows、Mac、タブレット(iPad・Android)、スマホ(iPhone・Android)など1ユーザーで全てのデバイスに同時に5台までサインイン可能です。そして、常に最新版のOfficeが利用可能になっています。

Office365soloは下記のリンクから申し込みしてください。

Microsoft 公式 - 家庭向けおよび一般法人向け Office 製品の比較

一般法人向けプランは全3種類

Microsoft Office365とは?使い方/機能/サービスやOfficeとの違いを解説6

出典: https://www.amazon.co.jp/Office-Business-Premium-%E8%B3%BC%E5%85%A5%E5%BE%8C%E3%82%B5%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E4%BB%98%E3%81%8D-%E3%82%B5%E3%83%96%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3/dp/B06W5JKRRR/ref=sr_1_33?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=Office365&qid=1571478238&sr=8-33

ここでは一般法人向けプランは全3種類とはどのようなものかについて以下の内容を解説します。
 

  • Office365 Business
  • Office365 Business Premium
  • Office365 Business Essentials

Office365の一般法人向けプランは下記のリンクから申し込みしてください。

Microsoft 公式 - 家庭向けおよび一般法人向け Office 製品の比較

Office365 Business

Microsoft Office365とは?使い方/機能/サービスやOfficeとの違いを解説7

まずはOffice365 Businessとはどのようなものかについて解説します。

Office365 Soloと同様にWord、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、Publisher、AccessのOfficeアプリケーションが利用可能になります。OneDrive1TBも利用可能ですがSkypeの無料通話はありません。

Office365 Soloとの大きな違いとしてOffice365 Soloは1ユーザーだけしか使えません。ところが、Office365 Businessは料金が1ユーザーごとに追加されますが300ユーザーまで追加可能です。

Office365 Business Premium

Microsoft Office365とは?使い方/機能/サービスやOfficeとの違いを解説8

次はOffice365 Business Premiumとはどのようなものかについて解説します。

Office365 Businessと同様にWord、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、Publisher、AccessのOfficeアプリケーションとOneDrive1TBが利用可能になります。さらにExchange、SharePoint、TeamsのOfficeアプリケーションが追加で利用できるようになります。

Office365 Business Premiumも料金は1ユーザーごとに追加されますが300ユーザーまで追加可能です。

Office365 Business Essentials

Microsoft Office365とは?使い方/機能/サービスやOfficeとの違いを解説9

次はOffice365 Business Essentialsとはどのようなものかについて解説します。

利用できるOfficeアプリケーションとしてはWord、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、Publisher、Accessは利用できませんが、OneDrive1TBとExchange、SharePoint、Teamsは利用できます。

Office365 Business Essentialsも料金は1ユーザーごとに追加されますが300ユーザーまで追加可能です。

ThumbOffice365 SoloとBusinessの違いまとめ!価格・機能・サービスなど比較!
MicrosoftのOffice365は知っていますか。Office365には、SoloとB...

Office365の便利な使い方について

Microsoft Office365とは?使い方/機能/サービスやOfficeとの違いを解説10

この章ではOffice365の便利な使い方について以下の内容を解説していきます。
 

  • 外出先からタブレットで作業可能
  • データの保存や共有が簡単

外出先からタブレットで作業可能

Microsoft Office365とは?使い方/機能/サービスやOfficeとの違いを解説11

まずはOffice365の便利な使い方として外出先からタブレットで作業可能について解説します。

Office365を使えば外出先からでもOneDriveで共有したファイルをタブレット(iPad・Android)やスマホ(iPhone・Android)などでいつでもどこにいても複数人で共同作業することができます。

データの保存や共有が簡単

Microsoft Office365とは?使い方/機能/サービスやOfficeとの違いを解説12

次はOffice365の便利な使い方としてデータの保存や共有が簡単について解説します。

Office365ならばクラウドストレージサービスであるOneDriveが1TBもあるため、大きなデータでさえも保存や共有が簡単にできるようになります。

そして、ファイル共有・情報共有アプリケーションであるSharePointがあればまさに自由自在にデータの保存や共有ができるようになります。また、SharePointならばチームごとに掲示板を立ち上げて情報共有を円滑に進めることも可能です。

ThumbOffice365のOutlookでメールを自動転送する方法!設定手順を解説!
Outlookのメールの自動転送は大変便利な機能です。メールを自動転送することで情報共有をス...

Office365とOfficeの機能・サービス・特徴の違い

Microsoft Office365とは?使い方/機能/サービスやOfficeとの違いを解説13

この章ではOffice365とOfficeの機能・サービス・特徴の違いについて以下の内容を解説していきます。Office365は家庭用のOffice365 soloでOfficeは2019年10月現在で最新のOffice2019を対象に比較します。
 

  • コスト面
  • アプリの内容
  • 機能の更新
  • インストールできる端末数
  • OneDrive(オンラインストレージ)
  • 使い方などのテクニカルサポート
  • Skype通話が毎月60分間無料で利用可能

アプリの内容

Microsoft Office365とは?使い方/機能/サービスやOfficeとの違いを解説17

まずはアプリの内容における特徴の違いについて解説します。Office365とOffice2019のアプリの内容比較は以下の通りです。

利用できるアプリ Office365solo Office Home & Business 2019 Office Personal 2019
Word
Excel
Outlook
PowerPoint ×
Publisher × ×
Access × ×

Office365では上記6つのアプリを全て利用可能ですが、Office2019の上位版であるOffice Home & Business 2019でもPublisherとAccessは利用できません。

機能の更新

Microsoft Office365とは?使い方/機能/サービスやOfficeとの違いを解説18

次は機能の更新における特徴の違いについて解説します。Office365とOffice2019の機能の更新比較は以下の通りです。

項目 Office365solo Office2019
機能の更新 更新プログラムを含めた全ての機能について常に最新バージョンを利用可能 更新プログラムのみ

インストールできる端末数

Microsoft Office365とは?使い方/機能/サービスやOfficeとの違いを解説19

次はインストールできる端末数における特徴の違いについて以下の内容を解説します。
 

  • Officeは2台のみ
  • Office365は制限なし(同時接続は5台まで)

Officeは2台のみ

まずはOffice2019のインストールできる端末数について解説します。

Office2019では端末にインストール可能なのは同時に2台までになります。同時に2台までインストール可能ということなので端末2台にインストールしていたとしても1台アンインストールすれば他の端末にインストールすることは可能です。

Office365は制限なし(同時接続は5台まで)

次はOffice365のインストールできる端末数について解説します。

Office365では端末に同時にインストール可能な台数制限はありません。それなのでOffice365を使いそうな端末には全てインストールしておくのがいいでしょう。Office365を急に使うことになっても慌てることなく利用することができます。

但し、Office365を同時に接続(サインイン)できるのは5台までになります。Office365を5台全て接続していて他の端末を使いたい場合は1台サインアウトすればすぐにその端末でOffice365を利用できるようになります。

OneDrive(オンラインストレージ)

Microsoft Office365とは?使い方/機能/サービスやOfficeとの違いを解説20

次はOneDrive(オンラインストレージ)における特徴の違いについて解説します。Office365とOffice2019のOneDrive(オンラインストレージ)比較は以下の通りです。

項目 Office365solo Office2019
OneDrive(オンラインストレージ) 1TB利用可能 特典なし

OneDriveはMicrosoftアカウントがあればOfficeを購入していなくても誰でも無料で5GB利用可能です。しかし、Office365では1TB(1,000GB)が利用可能になるので大差があります。

使い方などのテクニカルサポート

次は使い方などのテクニカルサポートにおける特徴の違いについて解説します。Office365とOffice2019の使い方などのテクニカルサポート比較は以下の通りです。

項目 Office365solo Office2019
テクニカルサポート 継続的テクニカルサポート インストール用に初期(60日間)のテクニカルサポートのみ

Office365は継続的にいつでもテクニカルサポートを受けることができますが、Office2019は初期の60日間のみです。

Skype通話が毎月60分間無料で利用可能

Microsoft Office365とは?使い方/機能/サービスやOfficeとの違いを解説21

次はSkypeの無料通話における特徴の違いについて解説します。Office365とOffice2019のSkypeの無料通話比較は以下の通りです。

項目 Office365solo Office2019
Skype通話 毎月60分間無料 なし

コスト面

Microsoft Office365とは?使い方/機能/サービスやOfficeとの違いを解説22

次はコスト面における特徴の違いについて解説します。Office365とOffice2019のコスト面比較は以下の通りです。

項目 Office365solo Office Home & Business 2019 Office Personal 2019
価格 月間契約\1,274
年間契約¥12,744
¥37,584
(購入時のみ)
¥32,184
(購入時のみ)

Officeは3年ごとに最新バージョンがリリースされますので、常に最新版のOffice365soloを3年間利用すると年間契約¥12,744×3年間=¥38,232になります。Office2019の上位版であるOffice Home & Business 2019は¥37,584で¥648安いですが、Office365soloの優れている点を¥648で購入できると考えるとOffice365soloの方が格安です。

ThumbOffice365のOutlookでのメールテンプレートの作成方法!便利な使い方も解説!
今回はOffice365のOutlookでのメールテンプレートの作成方法についてご紹介してい...

Office365のMac版とは

Microsoft Office365とは?使い方/機能/サービスやOfficeとの違いを解説15

この章ではOffice365のMac版とはどのようなものなのかについて以下の内容を解説していきます。
 

  • Office365をMacで使えるのは【Office 365 Solo】だけ
  • Officeの機能をMacで使うならパッケージ版全2種類

Office365をMacで使えるのは【Office 365 Solo】だけ?

まずはMacで使えるOffice365とはどのようなものかについて解説していきます。

Macで使えるOffice365はOffice365 soloだけと勘違いしている方もいるようですが、この記事で紹介したOffice365はMacでも全て利用できます。Mac、Windows、タブレット(iPad・Android)、スマホ(iPhone・Android)の全てで以下のOffice365が利用可能です。
 

  • Office365 Solo
  • Office365 Business
  • Office365 Business Premium
  • Office365 Business Essentials

Office365soloは下記リンクから申し込みしてください。

Microsoft 公式 - 家庭向けおよび一般法人向け Office 製品の比較

Officeの機能をMacで使えるパッケージ版全2種類

Microsoft Office365とは?使い方/機能/サービスやOfficeとの違いを解説16

次はOfficeの機能をMacで使えるパッケージ版とはどのようなものかについて以下の内容を解説します。
 

  • Office Home & Student 2019 for Mac(Outlookなし)
  • Office Home & Business 2019(Outlook込み)

Macで使えるパッケージ版のOfficeは下記リンクから申し込みしてください。

Mac 用 Office 製品の選択 - Microsoft Office

Office Home & Student 2019 for Mac(Outlookなし)

まずはOffice Home & Student 2019 for Macとはどのようなものかについて解説します。

Office Home & Student 2019 for MacとはMac専用の永続ライセンスです。永続ライセンスなので2台のPCにしかインストールできません。OfficeアプリケーションはWord、Excel、PowerPoint、OneNoteが利用可能になりますが、Outlookが含まれていません。Outlookがないことで低価格になっていますのでOutlookが必要ない方にはお勧めです。

Office Home & Business 2019(Outlook込み)

次はOffice Home & Business 2019とはどのようなものかについて解説します。

Office Home & Business 2019とはMacとWindows共通の永続ライセンスです。永続ライセンスなので2台のPCにしかインストールできません。OfficeアプリケーションはWord、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlookが利用可能になります。Macから永続ライセンスを利用される方でOutlookが必要な方はOffice Home & Business 2019を購入しましょう。

ThumbOffice365 SoloのMacへの無料ダウンロード・インストール方法を解説!
Macユーザー必見。パソコンをWindowsからMacに乗り換えてからOffice365を使...

Microsoft Office365を使ってみよう!

Microsoft Office365とは?使い方/機能/サービスやOfficeとの違いを解説14

これまでサブスクリプション型のMicrosoft Office365とはどのようなものなのか?使い方・機能・サービス・ライセンスについてOffice2019などのOfficeとの特徴の違い、そしてOffice365のMac版について解説してきました。Office365とOffice2019を比較するとOffice365の優れている面が大きいため大変格安に利用できます。

この記事を参考にMicrosoft Office365を使ってみてください。

ThumbMacでOfficeソフトを無料で使える「Office Online」の使い方を徹底解説!
MacでOfficeソフトを無料で利用できる「Office Online」の使い方を徹底解説...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
kyou1121
誰でもわかるような記事の執筆を心掛けています。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ