Macのシステム容量が大きすぎる対処法!ストレージを減らして空きを作る!

Macのシステム容量が大きすぎるとMacの動作が重くなる原因となります。Macのシステムストレージの空き容量を増やすためにデータの減らす方法や削除する方法をご紹介します。初期化を考えている方はまず本記事を読んでからにしてください。

Macのシステム容量が大きすぎる対処法!ストレージを減らして空きを作る!のイメージ

目次

  1. 1Macのシステム容量が大きくなるとどうなる?
  2. 2Macのシステム容量が大きすぎるときはどうする?
  3. 3Macのシステム容量が大きすぎる場合ストレージを減らしてみる
  4. 4Macのシステム容量を減らすためストレージ空き領域を増やしてみよう!
  5. 5Macのシステム容量が大きすぎるときは適切に対処しよう!

Macのシステム容量が大きくなるとどうなる?

Mac本体についているアイテムだけで使い続けているユーザーは居ないでしょう。Macのストレージに便利なアイテムやお気に入りのアイテムを追加してユーザーの好みに合わせてMacは使われるものです。しかし、Macのストレージは大容量であるものの容量が無制限であるわけではありません。そのため、容量に注意しながらMacを使う必要があります。

ただし、Macの容量が、ストレージ内の空きがなくなってしまうとどうなるのでしょうか。ストレージ内のアイテムの容量を減らしたり、削除することで対応できるとは思いますがMacの容量が大きすぎることでどんな問題が起こるのでしょうか。そもそも、ストレージ内のアイテムの容量を減らしたり、削除することで解決できるのでしょうか。

Mac 容量

システム空き容量がないと動作が重くなる

Macを長年使い続けると間違いなく容量が増えるストレージにシステム容量があります。ファイルを作ったり、アイテムを作動させるためにあるいはプログラムを作動させるためにシステム容量はどんどん追加されていきます。システム容量はMacを使うことで間違いなく増え続け、Macの動作が重くなる原因となります

システム容量についてはアイテムの容量を減らしたり、アイテムを削除することで劇的に動作改善ができるものではありません。ストレージの空き容量が増えると言ってもシステム容量、作動させる容量が改善されていなければMacの動作は重くなったままです。

Mac 動作が重い

システム容量に空きがない=Macの動きが遅くなる、ということですのでシステム容量で使われている動作を減らしたり、最適化させればMacの動きは回復することになります。ということは、システム容量が大きすぎている原因を確認することが先決です。原因究明は何よりも先に行われるべき事項です。

Macの容量がどうしても減らせない、アイテムを削除できないという方もご安心ください。システム容量の空きを増やすというのは必ずしも容量を減らすためにアイテム自体の容量を減らしたり、削除するというわけではありません。ただし、Mac内の整理整頓は快適な環境を生み出すということは覚えておいてください

Mac 整理

正確なシステム容量を確認しよう

Macのシステム容量がどうなっているのか正確に確認することは非常に重要です。このステップを間違ってしまうと空き容量を増やすために大切なアイテムを削除したり、不用意にデータ容量を減らす羽目になります。これでは快適な環境づくりにはならず、不要な我慢をユーザーに強いることになります。

Mac 確認

大切なのはMacのシステム容量を最適な状態にして、ユーザーが不快に思わないように動作環境をよくしておくことです。容量が大きすぎるからアイテムを削除する、あるいは減らすというアクションの前にシステム容量を正確に確認しておきましょう。

(1)Finderから移動をクリック

システム容量を確認するためには「”Finder”から”移動”をクリック」します。Finderは下部に出てくるアイコンか上部に出てくるバーの表示されます。もし、上部に表示されるバーから入る場合にはFinderを経由せず、直接”移動”をクリックしてください。

Mac ホーム画面

(2)コンピュータを選択しMacintoshHDを選択

”移動”から”コンピューター”をクリックしてください。このコンピュータ画面まで行くとHDDやネットワークと言ったMacが作動させているアプリを確認できる画面に移ります。今回はMacのシステム容量について確認しますので本体のHD,つまり”Macintosh HD”をクリックしましょう。

Mac コンピュータ

(3)システムを右クリックして情報を確認

Macintosh HDを発見できたら中に入り、”システム”を右クリックしてください。この中には”情報を見る”という項目があるのでこれをクリックすれば現在のシステム容量を確認することができ、システム容量が大きすぎているのかを確認することができます。

システム容量が明らかにおかしい場合は動作が重い原因としてシステム容量が当てはまるでしょう。例えば、全体の容量が10GBしかないのに20GBと表示されているケースがあります。Macには機体によって容量が異なるためどのくらいの容量というのは明言できませんが容量の半分以上を占めているということを一つの目安にしてみるとよいでしょう。

Mac エラー

Macのシステム容量が大きすぎるときはどうする?

Macのシステム容量の確認方法をご紹介しましたが、確認した結果として空き容量が無く、システム容量が大きすぎるのであればMacの動作が重くなってしまいます。そのためシステム容量が大きすぎるのであれば対処しなければなりません。この対処法にはいくつかの方法があります。

Mac 対処法

Macのシステム容量が大きすぎる場合は軽度のものもあれば重症であるケースも存在します。そのためシステム容量が大きすぎる場合は段階を踏んで対処法を実行していかなければなりません。いきなり重症なケースで対処法を実行すると削除不要なデータを消しかねないため注意してください。

実際のシステム容量が大きかった場合の対処法

ここではシステム容量が大きすぎた場合の対処法を4段階に分けてご紹介します。最初の段階からスタートし、解決できなければ次の段階に進むというようにして対処法を実践してください。何れの方法も実行までは簡単ですが重症なケースであるほど時間がかかります。実行する際には時間に余裕があるかを確認しておきましょう

Mac 時間

(1)セーフモードで起動

一番軽度なケースとしてシステム容量にエラーが出ているのはMac本体が疲れているというケースです。この場合にはMacのセーフモードを実行することで改善することができます。Macを長時間使用したり、しばらくの間シャットダウンや再起動をさせていないケースです。セーフモードを実行すれば治るので心配は不要です。

Mac セーフモード

Macのセーフモードを起動させるためには一度再起動させ、Appleのロゴが出現するまでshiftキーを押し続けましょう。セーフモードが起動した後にストレージを確認しシステム容量が通常の値に戻っていれば修復完了です。通常の値であれば全体容量に収まるシステム容量と空き容量が確認できるはずです。

(2)Macの「NVRAM」をリセット

Macのセーフモードで問題が解決できず空き容量に問題がある場合にはNVRAMのリセットを実行しましょう。NVRAMには小容量のシステム容量ですが音量が画質、カーネルパニックなど所定の情報をMacが素早く取り込むための記憶領域です。これをリセットすることによってシステム容量のエラーを改善することができます。

Mac 確認

NVRAMのリセットを実行する前にMacの電源を落としてください。再起動後、すぐに”option、”command”、”P”、”R”を同時に押し続けてください。2回目の起動音が鳴る、もしくはAppleのロゴが消えるまで押し続けてください。再び、システム容量にエラーが起きていないか確認してみてください。

(3)OSの再インストール

ここまでの対処法を試しても改善されない場合にはOSが古かったり、最適な状態になっていないことが想定されます。そのためOSの再インストールが必要となります。OSの再インストールにはデータの消去がとのなう場合があります。必ずデータのバックアップをとっておきましょう

Mac OS

OSを再インストールする場合はMacを再起動後すぐに”command”と”R”を同時に押してください。するとMacOSユーティリティが表示されるので”OSの再インストール”を選択してください。これでOSの再インストールが開始されます。OSのインストール後にはシステム容量にエラーがないか確認しておきましょう。

(4)ディスクの消去

OSの再インストールでも問題が解決できず、システム容量の空き容量に問題がある場合はディスクの消去で対処することができます。ただし、データが大幅に削除されてしまう可能性があるためバックアップは不可欠となります。ディスクの消去というのはMacの初期化とほぼ同義です。

Mac バックアップ

ディスクの初期化をするためには再起動させ、”MacOSユーティリティ”を開く必要があります。”MacOSユーティリティ”を開くと”ディスクユーティリティ”があるのでクリックしましょう。選択肢が表れたら消去対象のHD(今回はMacintosh HD)を選べば初期化が開始します。ディスクの消去でも空き容量にエラーが生じるのであれば本体の修理が必要となります。

Macのシステム容量が大きすぎる場合ストレージを減らしてみる

Mac 減らす

ここまでMacのシステム容量(ストレージ)の確認方法と大きすぎた場合の対処法をお伝えしてきました。空き容量が少ないとMacの動作が重くなるため深刻な問題になる前に対処しておきたいものです。その場合ではシステムストレージの容量を減らす術をして多く必要があるでしょう。

Macのシステムストレージって何?

Macのシステムストレージには多くのファイルが貯蔵されています。写真やアプリ、iOSファイルなど単体で使うファイルなど、これらのソフトやアプリケーションをオペレーティングシステムやシステムログファイルなどが分類されています。またキャッシュデータやゴミとして消去したゴミデータなども含まれています。

Mac システム

つまり、システムストレージの中にはアプリやソフトを起動させるためのファイルや使った記録を残したキャッシュデータやゴミのデータなどが蓄積されているということです。これらのデータはMacに正確な判断をさせるために不可欠なデータです。システムストレージにはこうした大切なファイルが含まれているのです。

Macのシステムストレージを減らすにはどうする?

さて、Macのシステムストレージを減らすためにはどうすればよいのでしょうか。いくら大切なデータが蓄積されていると言ってもゴミをそのまま持っておけばMacの動作を重くしてしまいます。空き容量を増やすためにもMacのシステムストレージの減らし方について見ていきましょう。

Mac システムストレージ 減らす

今回はジャンクファイル(不要なストレージ)を正確に判定するために「FonePaw MacMaster」を使うことをおすすめします。「FonePaw MacMaster」を使うことで大切なキャッシュデータを誤って消すことなくシステムストレージの削除に努めることができます。

(1)ログファイルとシステムキャッシュを削除

ログファイルとシステムキャッシュを削除する場合、手動ですべて行うとかなり時間がかかりますし、何より間違ってデータを消しかねません。「FonePaw MacMaster」を開き”システムジャンク”をクリックして、”スキャン”をクリックください。次に”システムログ”と”システムキャッシュ”にチェックを入れてください。

Mac システムストレージ 減らす

この状態で”クリーン”をクリックすればログファイルとシステムキャッシュの内ジャンクファイルを削除することができます。これをするだけでMacの動作環境が劇的に変わることもあります。

(2)メール添付ファイルを削除

「FonePaw MacMaster」を開き”メール不要ファイル”を選択して、”スキャン”を開始してください。Macに登録されているメールに添付されているファイルの内ジャンクファイルはすべて検出することができます。検出されたファイルはすべて”クリーン”をクリックすることで削除することができます。残しておきたいファイルがある場合は選択を解除しておきましょう。

Mac メール ゴミ

メールの添付ファイルというのはそれだけでキャッシュデータにも残るものです。一日に何通もメールをあり取りしているとキャッシュデータは積み重なり、添付データがあればその分も蓄積されてしまいます。

(3)iTunesの不要なデータを削除

iTunesを使ってバックアップをしたりiOSのアップデートをする方は多いでしょう。バックアップファイルを見つけるのは簡単ですが、アップデートファイルの内ジャンクファイルを探すのは非常に大変です。「FonePaw MacMaster」ではそんな面倒なiTunesのジャンクファイルを見つけ出すこともできます。

Mac 削除

「FonePaw MacMaster」で”iTunesジャンク”を選択し、”スキャン”してください。するとジャンクデータの山が検出されるでしょう。アップデートファイルだけでも10GBを超すことがあるので、”クリーン”をクリックして一気にMacの動作改善を図りましょう。

(4)ゴミ箱を削除

Mac ゴミ箱

アイテムもゴミ箱に入れていればストレージの容量は増えると思っていませんか。残念ながら、それだけではファイルの場所を動かしただけですのでストレージの容量は変わりません。”Finder”を開き”ゴミ箱を空にする”を選びましょう。これでゴミファイルは完全に抹消されたことになります。

(5)タイムマシーンのバックアップデータを削除

Macには”タイムマシーン”という自動バックアップ機能がついており、このデータもシステムストレージに蓄積されます。ターミナルを起動させ「tmutil listlocalsnapshotdates」と入力したらEnterキーを押してください。すると日付順にバックアプデータが見れるので削除したいファイルを選択し、削除しましょう。

Mac タイムマシーン

次にターミナルで「tmutil deletelocalsnapshots」と入力し、同様の手順で削除したいデータを選びEnterキーを押せば削除できます。この作業を十分なシステムストレージになるまで繰り返せばMacの動作環境は見違えるほど改善できるでしょう。

Macのシステム容量を減らすためストレージ空き領域を増やしてみよう!

Mac 空き容量

Macのシステム容量を減らすための方法をご紹介しましたが、容量を直接減らす以外にもストレージの空き容量を増やす方法はあります。ごく簡単な方法として保存先を変更すればMacの空き容量をさらに増やすことができます。

コンテンツをクラウド保存することでストレージ容量を節約してくれる

Mac クラウド保存

空き容量を増やすために保存先を変更する場合、おすすめなのはコンテンツをクラウド保存することです。クラウド保存すればいつでも、どの端末でもコンテンツを楽しむことができます。また、別端末にコンテンツをダウンロードすることもできますのでバックアップ機能も果たすことになります。

iCloudに保存

Mac iCloud

”Macintosh HD”を開き、”おすすめ”の中から”iCloudに保存”をクリックしてください。すると”デスクトップと書類”、”写真”の2つの項目にチェックを入れましょう。するとすべてのデータがiCloudに保存されるようになります。こうすることでMacのストレージに余裕を持たせることができます。

ストレージを最適化

Mac ストレージ 最適化

ストレージを最適化させることもできます。この最適化というのは不要なデータは削除し、システムストレージに負荷をかけないようにすることを指します。どの程度最適化させるかは選ぶことができますので、”ストレージを最適化”をクリックして選択してください。

Macのシステム容量が大きすぎるときは適切に対処しよう!

Mac 嬉しい

Macのシステム容量が大きすぎる場合は安易に初期化などはせずに、容量不足を改善、解消できる方法を試してみましょう。適切に対処することであなたの大切なデータを損なわず快適な使用環境を手に入れることは可能です。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ