iTunesのデータ移行(引っ越し)方法!PCの買い替えで曲を引き継ぐには?

iTunesのデータを買い替えたPCへ移行する方法は、外付けドライブ以外にも方法があります。ホームシェアやiTunesMatch、移行アシスタント、Dropbox、iCloudDrive、ケーブルなど引き継ぎ方法を説明します。

iTunesのデータ移行(引っ越し)方法!PCの買い替えで曲を引き継ぐには?のイメージ

目次

  1. 1iTunesのデータを買い替えたPCへ移行前にすること
  2. 2iTunesのデータを外付けドライブで移行する方法
  3. 3iTunesのデータをホームシェアリングで移行する方法
  4. 4iTunesのデータをiTunesマッチで移行する方法
  5. 5iTunesのデータを移行する他の方法
  6. 6iTunesを新しいPCに曲を移行しよう!

iTunesのデータを買い替えたPCへ移行前にすること

iTunesの画像

新しく買い替えたPCへiTunesのデータを移行する方法は、いくつもあります。古いPCのiTunesデータのバックアップを取って、一番やりやすい移行方法で、買い替えたPCへiTunesの曲を引き継ぎしましょう。

以下で、MacとWindowsでのバックアップ方法をご説明します。

Mac/Windows

Macの画像

MacとWindowsのバックアップ方法は、記載されている表示に違いがあますが、ほぼ同じです。バックアップですることは、ライブラリの整理でファイルの統合バックアップの作成です。

ライブラリの統合

ライブラリを整理

以下、WindowsでのiTunesのバックアップ方法を説明します。

  1. iTunesのメニューバーから”編集”から”設定”をクリックして、”詳細”を開きます。
  2. 詳細画面で”iTunesMediaフォルダ”の場所を確認します。
  3. iTunesのメニューバーから”ファイル”から”ライブラリ”をクリックして、”ライブラリの整理”を選びます。
  4. ライブラリの整理で”ファイル統合”をクリックします。
  5. ”iTunesMediaフォルダ”の場所にアクセスしてバックアップをUSBメモリなどで取ります。

Macの画像2

以下、MacでのiTunesのバックアップ方法を説明します。

  1. iTunesから”環境設定”を選択します。
  2. 詳細画面で”iTunes Mediaフォルダ”の場所を確認します。
  3. iTunesのメニューバーから”ファイル”から”ライブラリ”を選択して”ライブラリの整理”をクリックします。
  4. ライブラリの整理で”ファイル統合”をクリックします。
  5. ”iTunesMediaフォルダ”の場所にアクセスしてバックアップをUSBメモリなどで取ります。

iTunesのバックアップと注意点

バックアップのイメージ

iTunesのバックアップは、現在の最新のデータを保存することです。新しく買い替えたPCへ引き継ぎする場合も、以前のiTunesのデータをバックアップしたデータを読み込めば移行が行えます。

  バックアップを取った場合 バックアップを取っていない場合
移行方法の注意点 データを移動させるだけ 全てのコンテンツを新しくダウンロード

iTunesのデータを外付けドライブで移行する方法

HDDのイメージ

iTunesのデータを外付けドライブで引き継ぎする方法があります。バックアップを外付けドライブにコピーすればOKです。以下、外付けドライブで引き継ぎの説明します。

外付けドライブ

USBのイメージ

外付けハードドライブ(HDD)を使用して移行する場合は、十分な空き容量があることを確認します。外付けハードドライブの転送速度で時間が変わります。バックアップを取れば、新しいPCにも、古いPCにもコピーや復元/移行ができます。

  容量 外付けドライブ
使用できるドライブ iTunesのフォルダ以上の空き容量 外付けHDD/USBメモリ

外付けドライブをセットして移行

HDDのイメージ2

  1. iTunesのライブラリをバックアップを外付けハードドライブ(HDD)に移行します。
  2. 古いPCから外付けドライブを外します。

新しいPCに復元する

新しいPC上に移行するイメージ

  1. 外付けドライブを、iTunesのライブラリを移行したいPCに接続します。
  2. 外付けドライブから、iTunesのバックアップを新しいPCに復元します。

iTunesのデータをホームシェアリングで移行する方法

Macのイメージ3

iTunesのデータは、移行方法は多くあるので、コンテンツを新しくダウンロードする必要はありません。以下、iTunesのデータをホームシェアリングで移行する方法を説明します。

ホームシェアリング

ホームシェアリングのイメージ

以下、iTunesのデータを移行するのに、ホームシェアリングを使って引き継ぎする方法を説明します。

新しいPCにiTunesを入れる

iTunesのイメージ4

  1. iTunesを新しいPCにも入れます。
  2. 古いPCと買い替え新しいPCが、同じネットワークに接続していることを確認します。
  3. メニューバーから”iTunes”をクリックして、”iTunesについて”を見て、iTunesのバージョンを確認します。

ホームシェアリングを起動

両方のパソコンのイメージ

iTunesのライブラリを整理して、iTunesの共有を始めます。両方のパソコンの電源をONにします。

AppleIDとパスワード入力

パスワードのイメージ

ポップアップ画面でAppleIDとパスワードを入力します。(持っていない場合は、取得します。)”ホームシェア”をクリックします。

2つめのPCでAppleIDを認証します。新しいPCでホームシェアリングを起動して、”共有”アイコンから、古いPC上にある項目リストを、新しいPC上で見ることができます。

コピーしてインポート

クリックのイメージ

  1. 新しいPCに移行したい項目を選択して、”編集”から”コピー”をクリックします。コピーされた項目はブルーに変わります。
  2. コピー後は、新しいPCに選択した項目をドラッグして移します。(ファイルを複製してしまうので、全ての項目を選択します)
  3. ”編集”から”全てを選択する”をクリックして、”インポート”をクリックします。

iTunesのデータをiTunesマッチで移行する方法

iTunesマッチの画像

iTunesの曲のデータをiTunesmatchで引き継ぎする方法を説明します。iTunesmatchは、年間登録の支払いがいりますので注意が必要です。また全てのメディアデータは移行できません。音楽の曲を転送向けのオプションです。

matchに登録

聴くイメージ

iTunesMatchは登録すると、音楽CDや他の音源、曲などを他のデバイスから聴くことができます。

  1. Mac/WindowsのPCでiTunesを最新バージョンのiTunesで開きます。
  2. iTunesの画面上部で”ストア”をクリックします。
  3. 画面の右側にあるミュージックナビリンク”の下で”iTunesmatch”をクリックします。
  4. 登録ボタンをクリックします。
  5. コンテンツ購入に使っているAppleIDとパスワードでサインインします。
  6. 有効なお支払い方法を追加して、”登録する”をクリックします。
  7. iTunesmatchの利用規約に同意します。

iTunesのmatchで移行する方法

移行のイメージ2

  1. iTunesライブラリとiCloudのアカウントと接続して、曲をアップロードします。
  2. 曲のアップロードが完了した後、新しいPCでiCloudのアカウントにサインインしてiTunesを起動します。
  3. ストアのメニューで、iTunesmatchをオンにします。
  4. iCloudアカウントの中の曲リストは新しいPCのiTunesライブラリにダウンロードされます。

iTunesのデータを移行する他の方法

iTunesの画像2

買い替えたPCへiTunesのデータを引き継ぎする他の移行方法もご紹介します。

MacからMacへ移行

MacとMacのイメージ

以下、古いMacのiTunesのデータを、買い替えた新しいMacのiTunesに引き継ぎ/移行する方法です。

iCloud Drive

iCloudのイメージ1

AppleIDを取得していると、データの転送/移行ができます。iPhoneと連携して使用できます。Macユーザーには使いやすいです。iCloudDriveは、Apple公式のサービスです。

  1. ”設定”から”iCloud”をクリックします。
  2. ”iCloudDrive”にチェックを入れて完了です。
  3. ”iCloudDrive”うぃクリックして、移行したいファイルをドラッグ&ドロップします。
  4. 新しいMacで”設定”から”iCloudDrive”でAppleIDとパスワードを入力してログインします。

移行アシスタント

Wi-Fiのイメージ

引き継ぎする移行アシスタントは、”Wi-Fi”もしくは”ケーブル”を使います。移行アシスタントを使用する場合は、古いMacと新しいMacを同じWi-Fiに接続します。以下、移行アシスタントの注意点と移行方法です。

  • 古いMacに保存しているデータ(動画、画像、音楽、アプリ、ユーザーアカウント、設定)を新しいMacにコピーできます。
  • Apple公式の設定でないものは、引き継ぎできない可能性があります。
  • 移行データの量によって、移行作業に時間がかかります。

  1. 古いMacと新しいMacをケーブルで繋ぎます。
  2. 新しいMacに移行アシスタントを設定します。
  3. Utilitiesの中の”移行アシスタント”をクリックします。
  4. 移行アシスタントが起動したら、”続ける”をクリックします。
  5. ”続ける”をクリックすると、”ユーザ名””パスワード”を入力して”OK”をクリックします。
  6. ”別のMac”へを選択して、”続ける”をクリックします。
  7. 新しいMacへの移行アシスタントの設定の完了です。

移行アシスタントの画像

  1. 古いMacに移行アシスタントを設定します。
  2. Utilitiesの中の”移行アシスタント”をクリックします。
  3. 移行アシスタントが起動したら、”続ける”をクリックします。
  4. ”続ける”をクリックすると、”ユーザ名””パスワード”を入力して”OK”をクリックします。
  5. ”Mac 、Time Machine バックアップ、または起動ディスクから”を選択して、”続ける”をクリックします。
  6. 新しいMacで起動ディスクを選択します。
  7. 古いMacをクリックして、”続ける”をクリックします。
  8. 古いMacと新しいMacでセキュリティコードを確認して、”続ける”をクリックします。
  9. 新しいMacで転送するファイルにチェックを入れて、”続ける”をクリックします。
  10. 移行完了です。

Dropbox

ドロップの画像

Dropboxは、MacからMac、WindowsからMac、MacからWindowsへの引き継ぎに使うことができます。ただし、無料は、2GBまでです。

Dropboxは、ネット上にデータを保存するサービスです。オンラインならどのデバイスでもデータ編集や閲覧ができます。クラウド上に保存しているため、端末の破損や紛失でもデータはDropboxに残っています。オンライン接続で、MacでもWindowsでもデータの閲覧や編集ができます。ただし、保存したファイルのデータ(音楽、書類、画像、動画)の移動のみです。

  1. Dropboxをインストールして、アカウント登録をします。
  2. Dropboxの登録が完了したら、”Finder””Dropbox”が追加されるので、アップロードしたいファイルをドラッグ&ドロップすると、自動で同期されます。
  3. 一度アップロードしたファイルは、クラウド上にあるので、どのブラウザからもダウンロードができます。

MacからWindowsへ移行

Windowsのイメージ

以下、古いMacから、新しく買い替えたWindowsへ引き継ぎ/移行する方法をご説明します。

リンクケーブル

リンクケーブルの画像

Mac/Windows対応のケーブルを移行するために購入します。両方のパソコンに接続して、移行したいファイルを移したいPCへドラッグ&ドロップします。

WindowsからMacへ移行

MacとWindowsのイメージ

以下、古いWindowsPCから、新しいMacへ引き継ぎ/移行する方法をご説明します。

移行アシスタント

注意点のイメージ

Windowsの移行アシスタントの注意点と移行方法を説明します。

  • WindowsからMacに音楽、写真、書類などを転送できます。
  • 移行時間がかかる場合があります。
  • 移行アシスタントは、Windows7以降に対応しています。
  • Windowsを最新バージョンにします。
  • WindowsPCの管理者アカウントの名前とパスワードの確認をします。
  • WindowsとMacを同じネットワーク(Wi-Fiなど)に接続します。

Windowsのイメージ3

始める前にWindowsの準備をします。

  1. ”スタート”から”ファイル名を指定して実行”をクリックします。
  2. ”ファイル名を指定して実行”ウインドウに”cmd”と入力して”ENTER”を押します。
  3. コマンドウインドウに”chkdsk”を入力して”ENTER”を押します。
  4. チェックディスクユースリティーで問題が報告された場合は、”chkdsk drive:/F”と入力して”ENTER”を押します。

Macに移行するイメージ

  1. データを移行します。
  2. WindowsPCで、Windows移行アシスタントをダウンロードとインストールします。
  3. Windowsの移行アシスタントを開きます。
  4. ”移行アシスタント”ウインドウで”続ける”をクリックして、移行を始めます。
  5. Macを起動します。Macの設定が終わっている場合は、”Utilities”から”移行アシスタント”をクリックします。
  6. Macで画面に従って進めて”WindowsPCから”を選択して”続ける”をクリックします。
  7. 管理者アカウント名とパスワードを入力して”続ける”をクリックします。
  8. 利用できるPCリストからWindowsPCを選択して、WindowsのPC画面上に、Macに表示されているパスコードが表示されます。
  9. 両方同じパスワードが表示されたら、WindowsPCとMacで”続ける”をクリックします。
  10. MacがWindowsから移行できる情報リストを作成します。スキャン後、Macに移行する情報を選択して”続ける”をクリックします。
  11. 移行完了です。

iTunesを新しいPCに曲を移行しよう!

新しいPCのイメージ

以上、iTunesの曲を買い替えたPCに引き継ぎする方法を説明してきましたが、どのデータ移行方法を選択しますか?

外付けドライブやケーブルを購入して買い替えたPCへ曲を引き継ぎすることもできますが、転送アプリで曲を移行することもできます。

この記事を参考にして、iTunesの曲を新しいPCへ移行してみてください。

iTunesの記事が気になった方にはこちらもおすすめ!

ThumbiTunesの保存先を外付けHDDに移行!PCでバックアップデータ管理!
iTunesのデータを外付けHDDで管理すれば、バックアップとして使えるので便利です。ここで...
ThumbiTunesライブラリの新しいPCへの移動方法!外付けHDDに移行させるには?
お使いのPCを買い替えるなどした場合、音楽好きな方はiTunesの音楽ライブラリを移動させる...
ThumbiTunesの曲をUSBに移行する方法!バックアップのコピーの仕方は?
iTunesの曲をUSBメモリに移行する方法をご紹介します。iTunesから曲をUSBメモリ...
ThumbiTunesのホームシェアリングでのライブラリ共有方法!設定できない時は?
iTunesホームシェアリングの認証方法や、利用方法をご紹介します。iPhoneなどのiOS...
ThumbiTunesに曲を追加する方法!mp3の音楽をライブラリに取り込みできない対処法を解説!
皆さんはiTunesに楽曲を追加する際に「追加したけどライブラリに表示されない。」「エラーが...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
ma-gol
iPhone/Android/(iPad)/Windows10/MOS資格有。趣味はスポーツ観戦/旅行。京都出身。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ