iTunesでiPhoneとファイル共有(転送)する方法!共有できない時は?

iTunesとiOSデバイスのファイル共有する方法をご紹介します。Windowsユーザーも、iTunesやiCloudなどを利用することで快適にiOSデバイスを利用する事ができます。iTunesのファイル共有を利用して、快適なiOSライフをお過ごしください。

iTunesでiPhoneとファイル共有(転送)する方法!共有できない時は?のイメージ

目次

  1. 1iTunesでiPhoneとファイル共有(転送)する方法!
  2. 2iTunesでiPhoneとファイル共有できない時は?
  3. 3iTunes・アプリでファイル共有する方法!【Windows編】
  4. 4iTunesでiPhoneとファイル共有・削除する方法
  5. 5iTunesでファイル共有していつでも便利な生活を!

iTunesでiPhoneとファイル共有(転送)する方法!

USB接続しているiPhone

本記事冒頭では、基本的なiTunesでiPhoneとファイル共有(転送)する方法をご紹介します。

またiTunes を利用した、異なるユーザーID同士での音楽ファイル共有方法も合わせてご紹介します。異なるユーザーIDどうしで音楽ファイルの共有を覚えておけば、家族や友人に音楽をプレゼントすることも可能です。

もっとも基本的な部分ですが、あなたの知らないファイル共有方法をご紹介します。

iTunesを使ってUSB接続でファイルを転送

iPhone・iPad・iPodを付属のUSBケーブルでパソコンに接続すると、iTunes上に対応するデバイスアイコンが表示されます。

iTunesを使ってUSB接続した画面1

USBなどを利用して複数のiPhoneやiPod、iPadなどをパソコンに接続した場合上記のアイコンをクリックすると、接続されている全てのデバイスが表示されます。

iTunesを使ってUSB接続した画面2

ファイル共有をしたいデバイスを選択して、画面左側にあるメニュー一覧から"ファイル共有"を選択すると、iTunes上でファイル共有可能なアプリの一覧が表示されます。

ファイルの共有方法1

アプリ一覧の名からアプリを選択すると、アプリが内包しているファイルやフォルダが表示されます。

ファイルの共有方法2

ファイルを選択して"保存"をクリックするとフォルダが表示されます。任意のフォルダを選択して、"保存"をクリックするとiPhoneやiPad、iPodのファイルをパソコン内に保存することができます。

ファイルの共有方法3

またiPhoneやiPad、iPodにインストールされているアプリに、ファイルを追加して保存したい場合は"追加"をクリックします。パソコン内のファイルがiPhoneやiPodに転送されます。

ファイルの共有方法4

追加できないファイル、保存できない特殊なファイルがありますが、ほとんどのファイルの共有が可能となります。

WebDAVを使ってアクセスする

Airdropロゴ

iPodの特定のアプリにはWebDAVサーバーに接続して、PCとファイル共有できるものもあります。Wi-Fiモデムを経由して、ファイル共有が可能です。

iPhoneやiPadはiCloudやWi-Fi、Airdropを経由してパソコンにアクセス、ファイルの共有が可能です。

iTunesで異なるユーザー間で音楽ファイルを共有

MacパソコンからiTunesを利用して、他のユーザーと音楽ファイルを共有したい場合は、iTunesフォルダのアクセス権を変更し、フォルダへのアクセスを許可すれば音楽ファイルを共有することができます。

共有できるライブラリを設定する

共有ライブラリを作成する方法をご紹介します。iTunesのフォルダを右クリックして、表示されるメニュー一覧から"情報を見る"をクリックします。

共有ライブラリの設定1

iTunesフォルダの情報画面が表示されます。画面右下にある"ロック”アイコンをクリックします。

共有ライブラリの設定2

ユーザー名にはご自身のユーザーネームが表示されます。パソコンのログインする際に利用する"パスワード”を入力して"OK"をクリックします。

共有ライブラリの設定3

Wi-Fiで同時接続されているユーザー一覧が表示されています。iTunesフォルダにアクセス許可するユーザーを選択して"読み/書き"を選択してください。

共有ライブラリの設定4

共有できるライブラリの設定方法は以上となります。

iTunesでiPhoneとファイル共有できない時は?

iTunesとiPhone間でファイル共有ができない場合の対処方法をご紹介します。iTunesはiPhoneやiPad、iPodの新製品が発売されるたびに、iTunes自体のアップデートを行っています。最新のiTunesにアップデートした途端にiPhoneやiPad、iPodとのファイル共有ができないという自体が度々過去にも発生しています。

iTunesはApple社が提供しているソフトウェアのため、Windowsパソコンとの互換性がMacパソコンほど高くはありません。そのためWindowsユーザーによくありがちな問題となっています。

iTunesをアップデート後にファイル共有ができなくなった場合は、下記の対処方法を実践してみましょう。

表示・転送されない時の対処方法

iPhoneとMac

iTunesを起動して接続して、表示されるiPhoneやiPodデバイスアイコンをクリックします。

表示・転送されない時の対処方法1

iPhoneやiPodなどのデバイス画面が表示されます。画面左側の"設定"項目から"ファイル共有"をクリックします。

表示・転送されない時の対処方法2

ファイル共有したいアプリを任意で選択します。ここで書類と書かれている部分にファイルが表示されない場合は画面右下部分にある"同期"アイコンをクリックしてください。

表示・転送されない時の対処方法3

以上で共有したファイルが表示されない場合の対処方法が完了します。この手順を試してみても、問題が解消されない場合は、次のステップに進みます。

電源をオフにする

iPadとiPhone

iTunes上でiPhoneやiPodなどのアプリを同期しても、ファイルが表示されない、またはファイルが転送できない場合は、一度パソコンとiPhoneやiPodデバイスの再起動をしてください。

デバイスの再起動は様々なトラブル対処に利用されますが、iTunes上でのトラブルにも有効的です。一度全てのデバイスを再起動して、iTunesにiPhoneやiPodデバイスを再接続してみてください。

iTunes・アプリでファイル共有する方法!【Windows編】

iTunesアプリでファイルを共有する方法【Windows編】をご紹介します。Windowsパソコンのファイルを、iPadやiPhoneなどで開く場合には本章で紹介する方法を実践してみましょう。

iPadからWindowsファイルを開く【Documentsアプリ】

Documents by Readdle

iPadからWindowsで利用されているる、Microsoft系のファイルを編集する場合は"Documents by Readdle"がおすすめです。"Documents by Readdle"を利用すれば、PDFやWordファイル、Excelファイルなどの閲覧、編集が一括して行うことができます。インストールは下記のリンクから可能です。

‎「Documents by Readdle」をApp Storeで

iPadとWindowsでファイル共有【クラウドアプリ】

Apple公式iCloudページ

iPhoneやiPadなどのiOSには必須のクラウドアプリ"iCloud Drive"を利用して、Windowsパソコンとファイル共有が可能です。

iTunes IDを持っているユーザーであれば、Windowsユーザーでも利用することが可能です。"iPhoneを探す"などの機能もついていて、ネット環境があればどこでもアクセスしてファイルの共有や転送をすることが可能です。

iCloud

5GBまでは無料で利用できるのも大きな特徴です。それ以上のストレージを利用する場合は下記の月額料金が発生します。
 

ストレージ 月額料金(VAT付加価値税込み)
50GB 月額料金130円
200GB 月額料金400円
1TB 月額料金1,300円
2TB 月額料金2,500円

下記のリンクからiCloudドライブに直接アクセスできます。

Sign in to iCloud - Apple

またはWindows専用iCloudアプリを下記のリンクからダウンロードして利用することも可能です。

iCloudアプリ
Windows 用 iCloud をダウンロードする - Apple サポート

iPadとWindowsのファイル共有に関してよくある質問

  • iPadでExcelやWordを編集することは可能なのか?
    • Googleが提供している"Googleスプレッドシート"や”Googleドキュメント”を利用することで、iPadでもネット環境があればMicrosoftファイルの編集が可能です。

iTunesでiPhoneとファイル共有・削除する方法

MacとiPhone

本記事で冒頭ではiTunesを利用して、iPhoneやiPodからファイルを共有する方法をご紹介しました、ここではiTunesからアプリが内包しているファイルの削除方法をご紹介してきます。

iPhoneから取り出す・削除する方法

iPhoneからファイルを取り出したい場合は、そのまま取り出したいファイルをクリックして"ドラッグ&ペースト"します。

iPhoneから削除する方法1

iPhoneからファイルを削除したい場合は、ファイルを選択して"Delete"または"Backspace"キーを押します。確認画面が表示されるので"削除"をクリックすれば削除完了です。

iPhoneから削除する方法2

iPhoneからファイルを取り出す方法、削除する方法の手順は以上です。

iTunesでファイル共有していつでも便利な生活を!

本記事ではiTunesとiOSデバイスのファイル共有する方法をご紹介しました。Windowsユーザーも、iTunesやiCloudなどを利用することで非常に便利にiOSデバイスを利用することができます。iTunesのファイル共有を利用して、快適なiOSライフをお過ごしください。

iTunesの記事が気になった方にはこちらもおすすめ!

ThumbiTunesのホームシェアリングでのライブラリ共有方法!設定できない時は?
iTunesホームシェアリングの認証方法や、利用方法をご紹介します。iPhoneなどのiOS...
ThumbiTunesのiPhone写真同期方法!iPadやiPodからPCに画像を転送するには?
iTunesを使ってiPhoneなどのiOSデバイスと写真を同期する方法を紹介します。iCl...
ThumbiTunesとiPhoneを勝手に同期しない設定方法!音楽とビデオを手動で管理!
この記事ではiTunesとiPhoneを勝手に同期しないようにする設定方法についてと、自動的...
ThumbiTunesを同期できない原因と対処法!パソコンとiPhone/iPodの音楽を同期!
iPhoneやiPodで音楽を楽しむのなら、パソコンのiTunesに同期させる必要があります...
ThumbiTunesとiPhoneのwifi同期方法!PCとiPhoneを無線経由で接続!
iTunesのデータをiPhoneに同期する場合、USBケーブルで同期するのが当たり前ですが...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ