iTunesの曲の削除方法!ライブラリの音楽を消す/復元方法まとめ!

iTunesから曲を削除する方法や、復元する方法について紹介しています。 気づかないうちに曲を重複して入れてしまったり、間違って削除してしまった場合にその方法を知っていることで、より安心して便利にiTunesを利用できます。

iTunesの曲の削除方法!ライブラリの音楽を消す/復元方法まとめ!のイメージ

目次

  1. 1iTunesのライブラリ音楽を簡単に削除・復元する方法がある?
  2. 2iTunesライブラリの音楽を消す方法
  3. 3iTunesで重複した曲をまとめて削除する方法
  4. 4一度消してしまった音楽を復元する方法
  5. 5iTunesから音楽を消す時の注意点
  6. 6iTunesは元フォルダにデータは残しておくのがベター

iTunesのライブラリ音楽を簡単に削除・復元する方法がある?

iPhoneやiPadを使用している方は、音楽を同期するためにiTunesはなくてはならないアプリケーションです。iTunesは画面がシンプルでスッキリしていますが、いまいち操作方法がわかっていないという人も少なくないのではないでしょうか。

1度CDなどからiTunesに取り込んだ音楽が不要になった場合にライブラリから消す方法や、間違って消してしまった音楽の復元方法があれば、その方法を知ることでもっと快適にiTunesを利用できるのは間違いありません。

実は復元も削除も自在にできる

長くiTunesを使っていると、昔iTunesに取り込んだはいいものの、今はあまり聞くことのなくなった曲がたくさんあったり、気づかないうちに同じ曲を何曲も重複して入れてしまっていて曲数が膨大になり、管理が大変になるケースも少なくありません。そんな時のために、iTunesには曲の削除や復元も自在に行う機能が用意されています。

iTunesライブラリの音楽を消す方法

まずはiTunesライブラリから不要になった曲を削除する方法について紹介します。iTunesから曲を削除する場合、2つの方法があります。1つ目が"iTunesからは削除して、ファイル自体は元フォルダに残しておく"という方法です。もう1つは"iTunesからもPCからも完全に元フォルダごと音楽ファイルを削除する"という方法です。

元フォルダには音楽を残す

まずは"元フォルダを残す"削除方法について紹介します。iTunesの画面の左上にあるドロップダウンから"ミュージック"を選択した状態で"曲"を選択します。そうするとiTunesライブラリに保存されている曲が一覧で表示されますので、削除したい曲を選択した状態から右クリックしてください。

iTunesで曲を削除する方法

そうするとメニューが表示されますので、下の方にある"ライブラリから削除"をクリックしてください。

iTunesのライブラリから削除を選択

"ライブラリから削除してもよろしいですか"というメッセージが表示されますので、"曲を削除"をクリックしてください。

iTunesから削除時にファイルを保持する

すると続けてメッセージが表示され、ゴミ箱に移動するかフォルダに残すか聞かれますので、"ファイルを保持"をクリックします。そうすることでiTunesからは曲が削除されますが、元のフォルダには残したままにできます。

元フォルダごと音楽を消す

今度はiTunesから音楽を削除するだけでなく、元フォルダもまとめて削除する方法について紹介します。上で紹介した方法と途中までの操作は同じですが、上で"フォルダを保持する"を選択したメッセージが表示された際に"ゴミ箱に入れる"を選択します。

そうすると元フォルダからPCのゴミ箱に音楽ファイルが移動され、iTunesの管理下からはなくなってしまいます。この後にも詳しく説明していますが、この方法で削除した場合には、元フォルダからiTunesへの復元ができなくなってしまうので、注意が必要です。

iTunesで重複した曲をまとめて削除する方法

iTunesを長く使用していると段々と曲数も増えてきて、前に1度iTunesに入れたことを忘れてしまって再度同じ音楽を入れてしまった経験があるという人も少なくないかもしれません。そんな時にまとめて曲を削除できると便利です。こちらでは音楽をまとめて消す方法について紹介します。

ミュージック→曲→ライブラリを選択

iTunesの上メニューライブラリを選択

まず、左メニューの"曲"を選択した後に上メニューの"ライブラリ"を選択します。ライブラリに保存されている音楽の一覧が表示されます。

メニューバー「ファイル」からライブラリを選択

iTunesのファイルからライブラリを選択

その状態で今度は画面上に表示されている"ファイル"メニューを開いて表示される"ライブラリ"を選択してください。

重複する項目を表示

iTunesの重複する項目を表示を選択

ファイルからライブラリを選択すると、さらに子メニューが表示されます。その中に"重複する項目を表示"メニューがありますので、それをクリックしてください。

重複した削除したい曲を選択「削除」

iTunesの重複した項目を表示

重複した項目を表示の項目を選択すると、iTunesライブラリで重複している音楽のみが表示されます。ここから削除したい曲を選択し、上で紹介した方法で削除します。元フォルダから削除してしまうのが怖い場合には"ファイルを保持"を選択しておくことでPCからは削除されません。

ctrlまたはcommandボタンを押すと多数選択可能

iTunesでまとめて曲を削除

重複した曲がたくさんあり、1つずつ削除するのは大変だという場合もあるかもしれません。そのような時には、複数の曲をまとめて選択して一括で削除できます。

WIndwosのPCを使用している場合は"Ctrlキー"、MacのPCを使用している場合は"Commandキー"を押下したままライブラリに表示された曲をクリックすると複数選択できるので、その状態から削除すればまとめて削除できます。

iTunesで曲を複数洗濯して削除する

"Shift"キーを押下しながらクリックすることで連続して曲を範囲で選択でき、選択した範囲をまとめて削除できます。選択した範囲内に削除したくない曲がある場合には、範囲選択をした状態で再度"Ctrl or Command"キーを押下しながらクリックすることで選択を解除できます。

削除したい曲が大量に並んでいる場合には簡単に複数の曲をまとめて選択できるのでShiftを使って削除する方法がとても便利ですが、必要な曲まで気づかないうちに削除してしまってどの曲を削除してしまったかわからず、復元したくても復元できないという事態が発生してしまう可能性もあるので、慎重に行ってください。

一度消してしまった音楽を復元する方法

1度削除してしまった曲をiTunesライブラリに復元できます。間違って削除してしまっても復元できますので、焦らずにこれから紹介する方法で復元してください。

ライブラリに追加で元フォルダから復元

iTunesから削除した場合でも、元フォルダから削除していない場合は、PCに音楽ファイルは残っている状態です。その音楽ファイルを再びiTunesに取り込むことで復元できます。

iTunesのライブラリに追加

ファイルメニューをクリックすると"ライブラリに追加"というメニューが表示されますので、クリックしてください。するとファイルを選択するダイアログが表示されますので、iTunesに復元させたい音楽ファイルを選択してください。

CDまたはダウンロードし直す

CDからiTunesに取り込んだ場合は、iTunes Storeから曲を購入した場合でも復元できます。

CDが手元にある場合には再度CDの曲をiTunesに取り込めますし、iTunes Storeで購入した曲であれば購入履歴が残っていますので、購入したAppleアカウントでログインした状態であればiTunes Storeから再度ダウンロードして曲を復元できます。

この方法の場合、CDが手元にない場合や購入したAppleアカウントがわからなくなってしまった場合などは復元できないので注意が必要です。

「FonePaw 」を使用する

"FonePaw"というデータ復元ツールを使用して削除した曲を復元することができます。FonePawはiTunesの音楽だけでなく、PCからデータを誤って削除してしまった場合や、PCがいきなり故障してしまってデータを復元したいなど、通常の方法では復元できない状況でもデータを復元できる可能性があります。

ただし、FonePawは有料のツールになりますので、とても大切な曲を消してしまって、お金を払ってでも取り戻したいという場合には有効な方法かもしれません。購入金額も安くないので、他の方法でどうしても復元できなかった場合には考えてみてもいいかもしれません。

iTunesから音楽を消す時の注意点

iTunesから音楽を削除する場合に注意すべきことについて紹介します。

元フォルダから消すと復元できない

曲を削除する方法には"元フォルダは残す"方法と"元フォルダごと削除する"2つの方法があると紹介しました。もし元フォルダごと削除してしまった場合には、iTunesアプリケーションの管理下ではなく、ゴミ箱に音楽ファイルが移動されてしまっています。

ゴミ箱に残っている状態であれば復元できる可能性はありますが、ゴミ箱からも削除されてしまっている場合には復元することはできないので、元フォルダごと削除する場合には注意が必要です。

一時的削除なら元フォルダは残す

何らかの理由で1時的にiTunesから曲を消したいという理由で削除する場合には、間違っても元フォルダごと削除ではなく、元フォルダを残した状態で削除するように注意してください。

iTunesは元フォルダにデータは残しておくのがベター

iTunesから曲を削除する方法や、1度削除してしまった曲を復元する方法について紹介しました。重複した曲を一括で削除できたり、簡単な操作で削除できるので、方法を知っているとさらにiTunesを快適に利用できるようになります。

一方、あまり深く考えずにもう聞かないだろうからという理由で気軽に削除してしまうと、後から復元の方法を試してみても元フォルダから削除してしまっていたため復元できなかったという事態になりかねません。

PCの容量を節約するためなど、やむを得ない事情がない限り、iTunesから曲を削除する場合には元フォルダには残した状態で削除するようにしましょう。

iTunesの記事が気になった方にはこちらもおすすめ!

ThumbiPhoneのバックアップを削除する方法!iTunes/iCloudからデータを消す方法は?
iPhoneのバックアップをとる人は多いと思いますが、古いバックアップを削除しているひとは少...
ThumbiTunesのiPhoneバックアップファイルの場所と削除/復元する方法!
本記事ではiTunesのバックアップファイルの保存場所や、削除方法、削除したバックアップファ...
ThumbiTunesで購入済みの曲・音楽を再ダウンロードする方法!
iTunesで購入した楽曲は再ダウンロード可能です。購入済みの楽曲を間違って削除してしまった...
ThumbiTunesに曲を追加する方法!mp3の音楽をライブラリに取り込みできない対処法を解説!
皆さんはiTunesに楽曲を追加する際に「追加したけどライブラリに表示されない。」「エラーが...
ThumbiTunesにCDの音楽を取り込む方法!曲を選択してインポートするには?
iTunesはCDから音楽を取り込むことができます。WindowsでもiTunesをインスト...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ