iPhoneソフトウェアのアップデート時間が長い!更新時間の短縮方法は?

iPhoneのソフトウエアのアップデートには長い時間がかかることで有名です。iPhoneのアップデート時間を短縮する方法はないものなのでしょうか。この記事ではiPhoneの更新にかかる時間について詳しく見ていきましょう。

iPhoneソフトウェアのアップデート時間が長い!更新時間の短縮方法は?のイメージ

目次

  1. 1iPhoneのアップデートはどのくらいかかる?時間が長いって本当?
  2. 2iPhoneを通常の手順でアップデートする方法
  3. 3iPhoneのアップデートの時間を短縮するための方法
  4. 4iPhoneのアップデートを失敗しないためのコツ
  5. 5iPhoneのメジャーアップデートは長い時間がかかることも!

iPhoneのアップデートはどのくらいかかる?時間が長いって本当?

iPhoneには時々ソフトウェアのアップデートがありますが、iPhoneのアップデートには長い時間がかかるといわれています。iPhoneのソフトウェアのアップデートにはどのくらい長い時間がかかるものなのでしょうか。

この記事ではiPhoneのアップデートに長い時間がかかる理由や、アップデートにかかる時間を短縮する方法はないのか、ということについてみていきます。

iPhoneのアップデートには2種類ある

iPhoneのソフトウェアのアップデートといっても、その種類にはメジャーアップデートとマイナーアップデートの2種類あります。特に長い時間がかかるといわれているのはメジャーアップデートですが、それぞれのアップデートにはどんな違いがあるのでしょうか。まずはiPhoneのアップデートの種類についてみていきましょう。

メジャーアップデートとは?

メジャーアップデートというのは、iPhoneのiOSのバージョンアップをするための大規模なアップデートです。例えばiOSを10から11、11から12へとバージョンアップさせるアップデートです。だいたい1年に1回ほど行われます。

メジャーアップデートでは大幅に新しい機能が追加されます。そのために大容量のアップデートファイルをダウンロードしてインストールします。メジャーアップデートをする場合には、iPhoneの空き容量は少なくとも3GB程度は必要だといわれています。

余裕を持ちたいのなら5GB必要だという人もいます。実際には5GBもダウンロードするアップデートファイルの容量はありませんが、かなり大容量なファイルをダウンロードしてiPhoneにインストールするのがメジャーアップデートです

大容量なアップデートファイルをダウンロードするのと、膨大なデータを使って更新するために、場合によっては5時間もの長い時間がかかることがあります。

マイナーアップデートとは?

マイナーアップデートというのは、メジャーアップデートしたiOSに細かいバグや不具合が見つかったときに行われる、細かいアップデートです。iOSに何らかの不具合が見つかった場合に、その都度修正のアップデートが行われます。ダウンロードして更新するファイルの容量も小さく、アップデートの番号も「iOS12.1.01」といった感じで小数点以下で表されます。

iPhoneのアップデートにはどうして長い時間がかかるのか?

iPhoneで長い時間がかかるソフトウェアのアップデートは、メジャーアップデートです。メジャーアップデートに長い時間がかかる理由は、更新するファイルの容量がとにかく大きいことが挙げられます。例えばiOS10からiOS11へのアップデートの場合には、更新するファイルの容量は1.9GBでした。

高速の光通信のインターネット回線を家まで引いていて、モデムをWi-Fiルーターにつないでいる場合には、それほど気にならないファイル容量でしょう。しかし、ポケットWi-Fiで通信速度に制限を受けている場合などは、ダウンロードするのにかなり時間が必要になります。

iPhoneのメジャーアップデートをする場合には、Wi-Fiの回線速度によって長い時間がかかることを覚悟しておいた方がいいでしょう

iPhoneを通常の手順でアップデートする方法

iPhoneを通常の手順でアップデートする方法について理解しておきましょう。この手順の中で、時間を短縮できる余地があれば工夫してみることをおすすめします。

まずはiPhoneをWi-Fiにつなぎます。iPhoneのメジャーアップデートはダウンロードするファイル容量が大きいためにWi-Fiにつないだ環境ではないとアップデートすることができません。どうしてもWi-Fi環境が作れない場合にはこちらの記事を参考にして下さい。

ThumbiPhoneアプリ(150MB以上)をWi-Fiなしでアップデートする方法!
iPhoneは150MB以上の大容量のソフトウエアのアップデートやアプリのダウンロードはWi...

iPhoneのホーム画面から「設定」をタップします。

iPhoneでアップデートする方法

「一般」をタップします。

iPhoneでアップデートする方法

「ソフトウェアアップデート」をタップします。

iPhoneでアップデートする方法

更新情報があればこちらに更新するべきアップデート情報が記載されています。まだダウンロードされていない場合には「ダウンロードとインストール」と表示されています。ダウンロードが完了している場合には「インストールする」と表示されます。インストールしても大丈夫ならタップしてダウンロードとインストールを行います。

尚、ソフトウェアのアップデートをするときには不測の事態が起こることもあります。必ず事前にiCloudかPCにiPhoneのバックアップを取ってから行いましょう

iPhoneでアップデートする方法

iPhoneのアップデートの時間を短縮するための方法

ダウンロードして更新するファイルの容量が大きいために、アップデートするのに時間がかかるiPhoneのソフトウェアの更新ですが、工夫次第で時間を短縮することもできます。Wi-Fiの通信環境や通信速度を変えるのは難しいことですが、通信環境を変えなくてもできるiPhoneのアップデートの工夫についてみていきましょう。

更新時間を少しずらす

iPhoneのアップデートが公開されたら、直後に世界中の人が一度にアップデートを行います。当然、Apple社のサーバーにも大きな負荷がかかり、ダウンロードする時間が通常よりも長くかかる可能性があります。

更新時間を数日ずらすだけでも、かなり違ってくるはずです。少しの違いでも、通信環境があまり良くなければかなりの時間短縮になるはずです。iPhoneの更新ファイルの公開直後ではなく、数日時間をおいてから更新するように工夫してみましょう。

バックアップデータを減らす

バックアップを直前にする場合には、バックアップデータが多いと、更新ではなくバックアップにも時間がかかってしまいます。事前にiPhoneの中に保存しているファイルやアプリを必要なものだけに整理して、バックアップデータを少なくしておきましょう。こうすることでアイロンのアップデートにかかる時間も短縮することが可能になります。

質のいいWi-Fi環境でアップデートをする

iPhoneのアップデートにかかる時間を短縮するためには、更新ファイルのダウンロード時間を短縮させることが大切です。そのためにはできるだけ質のいいWi-Fi環境でアップデートをすることが大切です。

1つのWi-Fiルーターに大勢の人がつないでいるような、不安定な公衆Wi-Fiスポットなどでのアップデートや、速度制限を受けてしまったポケットWi-Fiなどの利用は避けて、高速通信が可能なWi-Fi環境を用意しましょう

通信環境が安定しない場合にはPC経由でアップデート

どうしても通信環境が安定しない場合には、PC経由でアップデートすることも検討しましょう。PC経由でiPhoneのアップデートを行う場合には、PCに最新版のiTunesをインストールする必要があります。

iTunesを最新版にしてiPhoneをPCにライトニングケーブルでつなぎ、iTunesでアップデートするiPhoneを選択します。「概要」から「アップデートを確認」をクリックすると、アップデート情報があるときには更新ファイルが表示されます。

「ダウンロードしてアップデート」をクリックするとまずはPCのiTunesにアップデートファイルがダウンロードされた後で、iPhoneのアップデートが行われます。

iPhoneのアップデートを失敗しないためのコツ

iPhoneのアップデートがうまくいかないことがありますが、失敗しないためには必要なことがあります。最後にiPhoneのアップデートを失敗しないためのコツについてみておきましょう。

バッテリーは十分に充電してから

iPhoneのアップデートは時として5時間以上かかることもあります。その間、iPhoneは一瞬たりともアイドル状態になることなく、内部はフル回転しています。当然使用する電気の量もかなりの量になります。アップデートをしている途中でバッテリー切れを起こしてしまったら、アップデートを失敗してしまいます

中途半端にOSを書き換えている途中でバッテリー切れを起こしてしまったら、iPhoneが全く使えなくなってしまう可能性もあります。できることなら、メジャーアップデートをする場合には充電しながら行ったほうが無難です。

充電できない場合には、途中でバッテリー切れを起こさないようにフル充電してからアップデートするようにしましょう。

十分な空き容量を確保する

iPhoneのアップデートファイルをダウンロードするときに、iPhoneに十分な空き容量がないとアップデートに失敗してしまいます。発表されている容量にプラスして2GBくらい空き容量に余裕があるとメジャーアップデートでも問題なくアップデートができます

空き容量に余裕がない場合には、不要なファイルやアプリは整理して、クラウドやPCに移せるデータは移して、iPhoneの空き容量に余裕を持たせましょう。

iPhoneのメジャーアップデートは長い時間がかかることも!

この記事ではiPhoneのアップデートに時間が長い時間がかかる理由と、時間を短縮する方法についてみてきました。マイナーアップデートならともかく、大規模なメジャーアップデートではファイル容量が大きいために長い時間がかかってしまいます。

iPhoneのアップデートには時間がかかるということを理解した上で、時間短縮のための対処法などいろいろとできる工夫をしてみましょう。iPhoneはアップデートされるたびに、様々な新しい機能を楽しめるようになります。ぜひ時間がかかってもメジャーアップデートをしっかりと行って、新しいiPhoneを楽しめるようにしていきましょう

ThumbiPhoneをiOS12にアップデートする際の注意事項!対応端末や不具合は?
本記事ではiPhoneのアップデートの注意点をご紹介します。iOS12への更新には、注意点が...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ