ブルースクリーンの原因と対処法!WindowsPCの画面が青くなるエラーが発生したら?

WindowsOSで発生するブルースクリーンの原因は、エラーコードが青色の画面に表示されます。エラーの原因を特定することで、ブルースクリーンを解決することができます。今回は、WindowsPCで画面が青くなった場合のエラーの対処法をご紹介します。

ブルースクリーンの原因と対処法!WindowsPCの画面が青くなるエラーが発生したら?のイメージ

目次

  1. 1ブルースクリーンが発生する原因について
  2. 2WindowsPCで起こるブルースクリーンの原因
  3. 3ブルースクリーンが発生する原因の対処法
  4. 4それでもブルースクリーンが解決しない場合の原因の対処法
  5. 5ブルースクリーンの原因を解決してWindowsPCを回復させよう!

ブルースクリーンが発生する原因について

Windowsのイメージ

Windowsで使用するアプリケーションやデバイスなどの周辺機器にトラブルが発生すると、オペレーションシステム(OS)が他の装置へのダメージを避けるために保護状態にする機能があります。

WindowsOSがエラーで青い画面になる現象

STOPエラーのイメージ

ブルースクリーン(別名STOPエラー)とは、Windows10やWindowsXPなどのMicrosoftのWindowsOSで起こるエラー報告です。画面が青くなり、システム異常を知らせるメッセージが表示されるます。この現象は、PCをエラーから保護するためであり問題が起きていることをエラーコードを表示して知らせます。

OSに異常が起きている

深刻なエラーのイメージ

PCをエラーから保護するためですが、ブルースクリーンは最新のWindowsOSや小さなエラーでも発生しないため深刻なエラーが生じていることを示しています。システムが異常を検出すると、青色の画面でエラーを表示して、自動的にシャットダウンしたり、再起動でダメージの回避を繰り返します。

WindowsPCで起こるブルースクリーンの原因

原因のイメージ

WindowsPCで起こるブルースクリーンは、OS自体の不具合(例えば、システムファイルの破損など)やディスクエラー、目盛りの不具合などがあります。ここでは、ブルースクリーンが発生する原因をご紹介します。

ハードウェアが原因の場合

CPUや内臓ハードディスクのイメージ

外部ハードウェアデバイスが正常に動作していない」「CPUや内臓ハードディスクなどのハードウェアデバイスが誤作動」「ハードウェアデバイスがBIOSと互換性がない」などハードウェアが原因のブルースクリーンが発生します。

ソフトウェアが原因の場合

システムファイルのイメージ

「Cドライブに空き容量がない」「ハードウェアドライバが古い」「互換性のないプログラムをインストール」「ウイルス」「システムファイルの破損」「BIOSが古い」などソフトウェアが原因のブルースクリーンは多くあります。エラーコードで原因を特定して、解決することが必要です。

エラーコードで原因の特定をする

エラーコードのイメージ

ブルースクリーンが発生すると、青色の画面に白い文字で表示画面の下部に「停止コード」が記載されています。ここのエラーコードの種類で原因を特定します。対処法を解説しますが、念のためにデータのバックアップを最優先しましょう。以下がエラーコードの例です。

エラーコード1 エラーコード2 概要
0x0000001E KMODE_EXCEPTION_NOT_HANDLED 空きディスク領域が不足
0x0000007E YSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED システムが処理できない例外
0x0000007F UNEXPECTED_KERNEL_MODE_TRAP OSのダメージを回避するために停止
0xC0000218 UNKNOWN_HARD_ERROR 認識できない機械で故障

最も多い原因はドライバとアプリケーション

ブルースクリーンが原因で一番多発のイメージ

ブルースクリーンが原因で一番多発しているので、停止コードや失敗した内容を検索して原因を特定します。

エラーの原因1:ドライバ

ファイルのイメージ

ブルースクリーンで青色の画面に表示された「OOOO.sys」ファイルをインターネットで検索して原因のドライバを特定します。問題のファイルが判明したら、このソフトを最新バージョンに更新します。特定できない場合は、Windows10のドライバ更新を試します。

エラーの原因2:アプリケーション

アプリケーションのイメージ

ブルースクリーンで青色の画面の原因がアプリケーションであれば、更新するかアンインストールします。Windowsを最新の状態に更新してみることも解決策です。

ブルースクリーンが発生する原因の対処法

対処法ののイメージ

ブルースクリーンが発生する原因をご紹介しましたが、多いのがドライバとアプリケーションのトラブルです。メモリなどの機械や部品のトラブル以外は、ほとんどは初期化することで修復が可能です。ここでは、それぞれのエラーに対する対処法を解説します。

デバイスが原因の場合

全て外すイメージ

新しいハードウェアデバイスを追加してから、ブルースクリーンが発生した場合には、パソコンをシャットダウンしてから、追加したデバイスの接続を外して、エラーの原因を特定します。まず、デバイスが適切に接続されているか、デバイス自体に問題はないかを確認しましょう。

取り外してブルースクリーンが発生しない場合には、別の物に交換することで対応します。USB機器など、全て外していきましょう。効果がない場合は、ドライバ更新します。

アプリケーションが原因の場合

アンインストールの画像

WindowsOSをアップデートしたり、ドライバ・アプリケーションをインストールしたことで、ブルースクリーンが発生した場合には、アンインストールして前回の状態に戻して、正常にパソコンが動作するか確かめます。

アンインストールする方法は、「スタート」ボタンから「コントロールパネル」>「プログラム」>「プログラムと機能」>「インストールされた更新プログラム」を開いて右クリックでアンインストールします。

アンインストールできない場合

セーフモードのイメージ

ブルースクリーンのためパソコンを起動できない場合は、「セーフモード」でアンインストールします。セーフモードとは、Windowsが制限された状態でき起動することをいいます。

ブルースクリーンdセーフモードにする方法は、電源メニューで「再起動」+「Shiftキー」を押して>オプション選択画面から「トラブルシューティング」>「詳細オプション」>「スタートアップ設定」>再起動をクリックします。

再起動すると、スタートアップ設定が表示されるので、該当する数字キーを押します。セーフモードが起動したらドライバ・アプリケーションを削除します。

PCの周辺機器・パーツが原因の場合

更新のイメージ

ブルースクリーンがパソコンに接続している周辺機器や内部パーツなどの内臓機器によって、内臓部品にエラーが発生している場合には、ハードウェアの故障とドライバの問題があります。先にドライバの更新を試します。また、ハードウェアやドライバに異常がなくても、電源供給が不十分な場合にもブルースクリーンは起こります。

Windowsスタートメニュー>「コントロールパネル」>「ハードウェアとサウンド」>「デバイスマネージャー」を開きます。

該当するデバイスを右クリックして「ドライバーの更新」をクリックします。ドライバの検索方法で「ドライバーソフトウェアの最新版を自動検索(S)」をクリックします。ドライバが見つからない場合にはアンインストールしましょう。

それでもブルースクリーンが解決しない場合の原因の対処法

解決しないイメージ

ブルースクリーンが上記の方法でも解決しない場合・原因に該当しない場合の要因をご紹介します。Windows10にアップグレードする際やパソコンを使用していて発生したる、メモリが不良品である可能性もあります。

Windows10にアップグレード後に発生した場合

Windows10のイメージ

Windows7もしくはWindows8.1からWindows10にアップグレードするとブルースクリーンが発生することがあります。原因はCドライブにディスク領域が不十分であることが挙げられるので容量を空けますが、32bitのOSでは16GB、64bitのOSでは20GBが必要です。

アップグレードの際に生じるブルースクリーンのエラーは空き容量だけではなく、BIOS設定の問題である可能性があります。設定を変更することでエラー修正できます。

また、ドライバの非互換性またはアップグレード実行に必要なハードウェアの問題はエラーの原因になります。マウスとキーボード以外の不要なデバイスや周辺機器を外すなどする必要があります。

PCの使用中に発生した場合

プリンタやモニターのイメージ

WindowsPCを利用しているときにブルースクリーンで発生したエラーは、新しく追加したハードウェアデバイス(例えば、プリンタやモニター)などを切断して再起動を試みます。

また、ウイルス攻撃を受けた可能性もあるので、ウイルスソフトなどで確認します。他のは、インストールしたプログラムや更新プログラムなどをアンインストールしたり、最新バージョンにアップグレードします。

メモリが原因の場合

メモリの不具合のイメージ

メモリの不具合で、ブルースクリーンが生じる場合があります。メモリの不具合を調べる方法として、対処法はWindows10の標準搭載されている「Windowsメモリ診断」を利用してみます。簡易診断ですが、メモリが正常に読み書きできるのかなどチェックします。

Windowsメモリ診断の使い方は、「スタート」ボタンから「Windows管理ツール」を開いて「Windowsメモリ診断」をクリックします。「今すぐ再起動して問題の有無を確認する」を選んでクリックします。

ブルースクリーンの原因を解決してWindowsPCを回復させよう!

冷静に対処のイメージ

ブルースクリーンが発生するのは、ほとんどはデバイスとアプリケーションが原因ですが、Windowsのアップグレードやメモリの不良・不具合、マルウェアなどでも起こります。青色の画面はエラーを報告をしてくれるのでエラーコードを確認して冷静に対処しましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
ma-gol
iPhone/Android/(iPad)/Windows10/MOS資格有。趣味はスポーツ観戦/旅行。京都出身。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ