Amazonで店頭・コンビニ受け取りできない原因と対処法!

Amazonで商品を購入した際に、コンビニ店頭で商品を受け取りできない原因と対処法について紹介します。Amazonコンビニ受け取りをする際の色々な条件や、コンビニ受け取りできない理由、コンビニ受け取りの注意点についても詳しく紹介します。

Amazonで店頭・コンビニ受け取りできない原因と対処法!のイメージ

目次

  1. 1Amazonでコンビニ受け取りができない時の原因と対処法
  2. 販売者がAmazonマーケットプレイスの場合
  3. 配送オプションを指定している場合
  4. Amazon定期おトク便で注文している場合
  5. Amazonパントリーを注文している場合
  6. 大型や大量・高額の商品を注文している場合
  7. コンビニが対応していない場合
  8. システムトラブルの可能性
  9. 2Amazonでコンビニ受け取りできない?利用方法について
  10. コンビニ受け取りを設定して注文する方法
  11. 支払い方法について
  12. 受け取り方法
  13. 受け取りの注意点
  14. 3Amazonのコンビニ受け取りについて
  15. 利用するメリット
  16. 利用できるコンビニについて
  17. 4Amazon以外の通販サイトはコンビニ受け取りができないのか
  18. 楽天市場
  19. メルカリ
  20. ヤフオク
  21. 5Amazonでコンビニ受け取りできない時は注文内容を確認しよう!

Amazonでコンビニ受け取りができない時の原因と対処法

Amazon

Amazonで商品を購入した際にコンビニ受け取りができない時の原因と対処法について紹介します。

色々な商品を取り扱っているAmazonですが、不在の時は商品を受け取ることができない時など、コンビニ受け取りが便利ですが、コンビニ受け取りができない場合があります。その時の原因について理解して、Amazonで販売している商品を購入して、コンビニ受け取りしてみましょう。

販売者がAmazonマーケットプレイスの場合

考える

ここでは、販売者がAmazonマーケットプレイスの場合について紹介します。さらに、マーケットプレイスについても詳しく紹介します。マーケットプレイスであったときの対処法についても紹介します。マーケットプレイスとは、インターネット上に売られている物の販売者と購入者が自由に参加できる取引市場のことを言います。

Amazonもマーケットプレイスなので、マーケットプレイスの販売者から商品を購入する場合は、マーケットプレイスの販売者に確認してから商品を購入しましょう。マーケットプレイスの販売者がコンビニ受け取りをしていない場合は、コンビニ受け取りをすることができないので注意しましょう。

マーケットプレイスの場合は、販売者に配送の方法を決める権限があるので、購入したい商品がマーケットプレイスであるか確認しておきましょう。マーケットプレイスの場合は、販売者に配送方法を変更してもらいましょう。

ThumbAmazonマーケットプレイスとは?出品/購入の仕方や安全性について解説!
AmazonにはAmazonが販売している商品の他に、マーケットプレイスで出品者が販売してい...

配送オプションを指定している場合

配達

Amazonで商品を購入した際に、追加料金を支払って購入した商品をお急ぎ便(早く届けてもらう)設定をする際には、コンビニ受け取りを設定することが出来ません。

なので、コンビニ受け取りを設定したい際には、追加料金を支払ってのお急ぎ便や当日のお急ぎ便のサービスは利用しないようにしましょう。また追加料金を払って、日にちを指定できるサービスを利用する場合も、コンビニ受け取りに設定することが出来ないので注意しましょう。

Amazon定期おトク便で注文している場合

Amazon

Amazonの「定期おトク便」で購入した商品は、コンビニ店頭受け取りをすることができません。定期おトク便の商品をコンビニ店頭受け取りに設定することはできないので注意しましょう。

Amazonパントリーを注文している場合

Amazonパントリーとは、日用品などの単価が低い商品を1つの箱にまとめて注文できるAmazonのサービスです。Amazonパントリーを注文すると、お急ぎ便や配達の日時の指定などはできません。さらに、コンビニ受け取りもできないので、コンビニ店頭受け取りしたい場合は、パントリー注文にしないようにしましょう。

大型や大量・高額の商品を注文している場合

段ボール

Amazonで商品を購入した際に、商品が80サイズを超える大型の商品であったり、10キロ以上の大量の商品であったり、30万円以上の高額商品を注文した際には、コンビニ受け取りを利用することができません。なので、コンビニ店頭受け取りを利用したい際には、サイズや重さや値段などコンビニ受け取りが利用できるか確認してから商品を購入しましょう。

大量の荷物を配送してもらいたい場合は、大量の荷物が10キロを超えないようにしましょう。大量の荷物が10キロを超えてしまう場合は自宅への配送、もしくは、大量の荷物を分けて配送してもらいましょう。あらかじめ、量・大きさ・値段など確認しておきましょう。

コンビニが対応していない場合

コンビニ

Amazonで商品を購入した際に、コンビニ店頭受け取りを利用することができない場合は、コンビニが対応していない場合があります。コンビニの店頭受け取りする場合は、コンビニが対応しているか確認しておきましょう。また、セブンイレブンは受け取りができないので注意しておきましょう。

店頭が無理な時は友人宅などの配送先を用意する

家

店頭が無理な場合は、友人宅や家族宅などの配送先を用意しましょう。家にいない場合は、不在として荷物を受け取ることができない場合がある際には、自分以外の配送先を用意して、荷物を受け取りましょう。

ヤマト運輸営業所でも受け取り可能!

Amazonで商品を購入した際には、ヤマト運輸営業所でも受け取りが可能なので、不在の場合や家に配送するのが嫌な人は、ヤマト運輸営業所に配達先を設定して、ヤマト運輸営業所で受け取りましょう。近くにコンビニがない場合は、ヤマト運輸営業所に配送してもらいましょう。

ヤマト運輸営業所について紹介します。ヤマト運輸営業所店舗は多くあり、近くの営業所を調べたい際には、インターネットで「ヤマト運輸営業所」と検索し、ヤマト営業所のホームページにアクセスすると、近くの営業所を調べることができるサイトで、営業所をすぐに検索することができます。

日本郵便は受け取り出来ない

郵便

Amazonで商品を購入した際に、日本郵便では受け取りができないので注意しましょう。日本郵便は、Amazonの商品を受け取りできないので、自宅以外で受け取りたい際には、ヤマト運輸営業所もしくはコンビニ店頭で商品を受け取りましょう。

システムトラブルの可能性

Amazonの商品をコンビニ店頭で受け取ることができなかった場合、Amazonのシステムトラブルの可能性があります。Amazonのシステムトラブルが原因の際は、Amazonの問い合わせから連絡して、対処してもらいましょう。

システムトラブルの場合、購入者側は何も対処できないので、コンビニ受け取りできなかった場合は、Amazonに問い合わせてみましょう。

Amazonでコンビニ受け取りできない?利用方法について

Amazon

Amazonで購入した商品をコンビニ受け取りにしたい場合の利用方法について細かく紹介します。コンビニ受け取りの設定方法や支払い方法など、下記で細かく紹介します。

コンビニ受け取りを設定して注文する方法

ここでは、コンビニ受け取りを設定して注文する方法について紹介します。設定方法として、Amazonで商品をカートに入れてレジをする際に、「お届け住所選択」の画面が表示されます。

その際に、「住所で検索」ボタンをタップして、店頭受取先を新しく検索するという文字の下に、住所を入力し、左下にある「検索する」ボタンをタップします。すると、近くの受け取りが可能なコンビニが表示されるので、受け取りたいコンビニの「この店舗に送る」ボタンをタップします。

支払い方法について

カード

ここでは、コンビニ受け取りの際の支払い方法について紹介します。コンビニ受け取りの際の支払い方法は、クレジットカード・Amazonギフト券・携帯決済・電子マネー・コンビニ・ネットバンキング・ATM・代金引換です。前払いや即時決済など、自分の支払いたい支払い方法で支払いましょう。

即時決済の場合

ここでは、即時決済の場合について紹介します。即時決済は、クレジットカード・Amazonギフト券・携帯決済などがあります。即時決済したい場合は、この3つのいずれかで支払いましょう。

前払いの場合

Amazon

ここでは、前払いの場合について紹介します。前払いは、コンビニ・ネットバンキング・ATM・電子マネーなどがあります。前払いの際は商品を注文し、Amazonからメールが届きます。

メール内容に従って、コンビニなどで支払いをします。Amazonが入金を確認し、購入した商品が発送されます。前払いなので、コンビニ受け取りの際にはお金は必要ありません。注意点として、ATMなどは手数料がかかるので注意して支払い選択をしましょう。

代金引換の場合

段ボール

ここでは、代金引換の場合について紹介します。代金引換は、コンビニで購入した商品を受け取る際に商品と引き換えで代金と手数料を支払います。なのでコンビニ受け取りの際には、コンビニで代金と手数料を支払います。ここでの注意点としては、代金引換の場合はAmazonプライム会員の方も手数料として324円かかります。

手数料がかかるのが嫌な人は代金引換ではなく他の支払い方法で支払いましょう。代金引換を利用する際は、必ず手数料がかかってしまうので、商品を買った時の値段よりも手数料の分代金が高くなってしまうので、代金引換を利用する際は、代金と手数料のお金を持っていいきましょう。

受け取り方法

Amazon

下記では、コンビニでの商品の受け取り方法について紹介します。コンビニによって商品の受け取り方法が違うので、コンビニで商品を受け取る際には、それぞれの受け取り方を覚えておきましょう。

ファミリーマートやミニストップの場合

ファミリーマート

ここでは、ファミリーマートやミニストップでAmazonの商品を受け取る際の方法について紹介します。商品を注文してコンビニに商品が配達されるとAmazonから受け取る際に必要な番号のメールが届きます。その際に、「お問い合わせ番号」と「認証番号」が書かれています。

ファミリーマートやミニストップの店頭に商品受け取る際に使用する機械が置いてあるので、「お問い合わせ番号」と「認証番号」を入力すると、機械から商品引換に必要なレシートが出てくるので、レシートをレジへ持っていくと商品を受け取ることができます。

ローソンの場合

ローソン

ここでは、ローソンで商品を受け取る際の方法について紹介します。Amazonで購入した商品がローソンへ届くと、Amazonからメールが届きます。メールには、バーコードが表示されているので、ローソンのレジへ行き、バーコードを店員に見せてスキャンしてもらいましょう。

受け取りの注意点

下記では、Amazonで購入した商品の受け取りの注意点をいくつか紹介します。身分証や受け取り期間、本人以外の受け取りなど、コンビニ受け取りの際に注意する点を詳しく紹介します。

受け取り期間について

砂時計

ここでは購入した商品のコンビニ受け取りについて紹介します。コンビニに商品が到着するとAmazonからメールが届きます。Amazonからメールが送られてき、10日後までが受け取り期間となっています。

例として、1月1日にメールが届くと、1月11日までにコンビニで商品を受け取る必要があります。受け取り期間が過ぎてしまった場合は、Amazonに商品が返送されます。

身分証について

身分証明書

Amazonの商品をコンビニで受け取る際には、身分証が必要です。Amazonの商品受け取りの説明欄には、商品を引き取る際に身分証を提示するように書かれています。しかしコンビニ受け取りする際には、コンビニの機械で商品を受け取る際の番号を入力し、レシートを商品と交換するので、身分証の提示を求められ事はあまりありません。

本人以外の受け取りについて

コンビニで受け取る際は、名前などが店員さんに確認されることがあります。女性の名前なのに男性が受け取りにきたら、身分証の提示を求められる可能性があります。しかし、受け取りについては本人しか知り得ない番号なので、本人以外の人が商品受け取りをすることは可能です。

Amazonのコンビニ受け取りについて

Amazon

Amazonのコンビニ受け取りをする際に、利用するメリットについて紹介します。

利用するメリット

下記では、Amazonのコンビニ受け取りのメリットについて紹介します。手数料など、利用するメリットを説明します。

自宅以外の店舗で受け取れる

コンビニ

Amazonのコンビニ受け取りは、自宅以外の店舗で受け取れるので、仕事などで自宅を留守にしている人など、自宅に発送しても受け取れない方などにはコンビニ受け取りは、とても便利なサービスです。

手数料がかからない

Amazonで商品を購入して、コンビニ受け取りを利用する際には手数料がかかりません。しかし、コンビニで代引きを選択すると324円(税込)の手数料がかかってしまうので注意しましょう。

お金

購入した内容は店員にバレない

コンビニ受け取りの際に、店員さんに購入した商品の内容はバレません。商品の大きさや重さなどは、やはり店員さんが受け渡すのでバレますが、中身の内容は店員さんには一切バレないので安心してコンビニ受け取りしましょう。

利用できるコンビニについて

コンビニ

下記では、利用できるコンビニについて紹介します。Amazonで購入した商品を受け取る際には、利用できるコンビニと利用できないコンビニがあるので、きちんと覚えておきましょう。セブンイレブンが非対応であることについて、下記でセブンイレブンのコンビニ受け取りについて詳しく紹介します。

ファミリーマート

ファミリーマート

「ファミリーマート」では、コンビニ受け取りが可能です。店内にある機械で、商品を受け取る際に必要なレシート(引換券)を受け取り、店員さんに渡すことで商品を受け取ることができます。

ミニストップ

ミニスットプ

「ミニストップ」では、コンビニ受け取りが可能です。ファミリーマートと同様に、店内にある機械で、商品を受け取る際に必要なレシート(引換券)を受け取り、店員さんに渡すことで商品を受け取ることができます。

ローソン

ローソン

「ローソン」では、コンビニ受け取りが可能です。ローソンでの受け取り方は、Amazonから届くメールにバーコードが添付されているので、そのバーコードを店員さんに見せると商品を受け取ることができます。

セブンイレブンは非対応なので注意!

セブンイレブン

注意点として「セブンイレブン」ではコンビニ受け取りは非対応なので注意しましょう。コンビニ受け取りが可能なのは、ファミリーマート・ミニストップ・ローソンなので、商品を受け取りたいコンビニがセブンイレブンでないか一度確認しておきましょう。

セブンイレブンでは、Amazonのコンビニ受け取りサービスが非対応なので、商品が小さいものであろうと、セブンイレブンでは受け取りサービスを利用することはできません。受け取りたいコンビニがセブンイレブンでないかきちんと確認しておきましょう。

Amazon以外の通販サイトはコンビニ受け取りができないのか

通販サイト

下記では、Amazon以外の通販サイトでのコンビニ受け取りについて紹介します。楽天市場・メルカリ・ヤフオクといった、多くの人が利用する通販サイトのコンビニ受け取りについて詳しく紹介します。

楽天市場

楽天市場

ここでは楽天市場についてのコンビニ受け取りを紹介します。楽天市場では、コンビニ受け取りは可能ですが、配達方法の下に自宅外受取の種類が書いており、コンビニ受取・郵便局受取・ロッカー受取などが表示されているので、購入する商品が希望の配達方法に対応しているか確認しましょう。

メルカリ

メルカリ

ここではメルカリについてのコンビニ受け取りを紹介します。メルカリでは、コンビニ受け取りは可能ですが、「ゆうゆうメルカリ便」に設定されている商品のみが可能なので注意して購入しましょう。コンビニ受け取りしたい際には、販売者に「ゆうゆうメルカリ便」にしてもらえないかと交渉しましょう。

ヤフオク

ヤフオク

ここでは「ヤフオク」についてのコンビニ受け取りを紹介します。ヤフオクは、コンビニ受け取りが可能ですが、「ゆうパック(おてがる版)」または「ゆうパケット(おてがる版)」に設定されている商品のみが可能なので注意しましょう。

一部の出品者だけなので注意が必要

コンビニ受け取りを利用したい場合は、購入する商品が、コンビニ受け取り可能であるか確認してから購入しましょう。コンビニ受け取りできない商品を購入したい際は、出品者に発送方法を変更してもらいましょう。

Amazonでコンビニ受け取りできない時は注文内容を確認しよう!

Amazon

Amazonでコンビニ受け取りができない場合は、注文内容を確認しましょう。出品者によって、コンビニ受け取りができないので、きちんとかくにんしてコンビニ受け取りができる商品を購入しましょう。

Amazonの販売者から商品を購入する際に、販売の方法や配送の方法など確認し、コンビニ受け取りができる販売方法または配送方法でない場合は、販売者に販売方法または配送方法を変更してもらいましょう。また、大量の荷物を配送してもらう場合は、大量の荷物が10キロを超えてしまうと配送できないので大量の荷物が10キロ以下であるか確認しましょう。

もし、10キロ以上の大量の荷物を配送してもらう場合は、自宅に届けてもらう、もしくは大量の荷物を分けて配送してもうなどの工夫をしましょう。さらにセブンイレブンはコンビニ受け取りは非対応なので、商品を受け取りたいコンビニがセブンイレブンかセブンイレブンでないか確認しておきましょう。

ThumbAmazonで代引き(代金引換)できない原因は?選べない時の対処法を解説!
Amazonで代引き(代金引換)できない原因は様々です。商品の特性上不可能なものもあれば、同...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
sakamotokotone
sakamotokotoneと申します よろしくお願いいたします