Amazonの配送業者デリバリープロバイダへのクレームの入れ方!対策方法や体験談も紹介!

Amazonで購入した商品が配送業者によって乱暴に扱われるケースが増えていますが、どのようにクレームを言えばいいのか悩んでいるユーザーが大勢います。今回はAmazonの配送業者デリバリープロバイダのクレームの入れ方や対策方法を紹介します。

Amazonの配送業者デリバリープロバイダへのクレームの入れ方!対策方法や体験談も紹介!のイメージ

目次

  1. 1Amazonの配送業者のクレームの原因
  2. デリバリープロバイダとは何か
  3. Amazonで使われるデリバリープロバイダ
  4. デリバリープロバイダTMGが最悪と言われる理由
  5. TMGとは
  6. TMGのサービスへの苦情内容・体験談
  7. 2Amazonのクレームをしたい配達業者の追跡・再配達方法
  8. 配送業者の追跡方法
  9. 配送業者の追跡の注意点
  10. ADPへの再配達依頼方法
  11. 3Amazonの配送業者へのクレームの入れ方
  12. 配送業者の問い合わせ先
  13. 4Amazonのクレームの多い配送業者を避ける対処法
  14. コンビニ受け取りにする
  15. 時間指定配送を夜にする
  16. 代引き設定にする
  17. 5クレームの多いAmazonの配送業者には十分注意しましょう!

Amazonの配送業者のクレームの原因

Amazonは現在日本で最も多くのユーザーが買い物のために利用している通販サイトです2018年度の売上高はなんと1兆5,000億円にも上りますAmazonのこうした日本での成功を陰で支えているのが配達業者ですこれまで日本における宅配最大手のヤマト運輸はAmazonの最大の取引先でした

しかしAmazonの当日配送サービスが、ヤマト運輸の経営上、大きな重荷となってしまいました取り扱う商品の数が急激に増えたものの、時間指定サービスのために、現場で働く配達員たちの食事や休息時間を奪う結果になりました

そのためヤマト運輸はAmazonに配送料の値上げを打診しましたが、認められず、その結果ヤマト運輸はAmazonの当日配送サービスから撤退することになりました。すでにライバル社である佐川急便は撤退をしていました。こうした大手宅配会社の撤退は、他の宅配会社に雇用の機会を生み出すことになりました

デリバリープロバイダとは何か

Amazonは自社の通販サイトで買い物をしたお客に商品を届けるために、地域限定の配送業者と契約をしていますAmazonと提携して、Amazonの商品を配送するために利用される配送業者をデリバリープロバイダと呼びます。現在デリバリープロバイダは日本全国で9社あり、営業所や物流センターのある場所によって管轄地域が割り当てられます

Amazonで使われるデリバリープロバイダ

Amazonと契約を結んでいるデリバリープロバイダ9社の名前と本社の所在地、また管轄地域を以下にまとめて記載します
 

デリバリープロバイダ 本社 管轄地域
TMG 大阪府茨木市 西日本が中心
SBS即配サポート 東京都江東区 東京、神奈川、千葉、埼玉
札幌通運 北海道札幌市 北海道、関東、中部、関西、東北
丸和運輸機関 埼玉県吉川市 全国区
若葉ネットワーク 神奈川県横浜市 神奈川
ギオンデリバリーサービス 神奈川県相模原市 東京、神奈川
ヒップスタイル 神奈川県横浜市 神奈川
遠州トラック 静岡県袋井市 静岡、関東
ロジネットジャパン西日本 大阪市 愛知、兵庫、大阪

デリバリープロバイダTMGが最悪と言われる理由

ヤマト運輸や佐川急便という大手宅配会社がAmazonの当日配送サービスから撤退した結果、Amazonの商品の配送業にデリバリープロバイダが極的に参入するようになりました

誠実なサービスを提供しながら業績を伸ばしているデリバリープロバイダーがある一方、サービスの悪さや配達員のマナーが最悪なために多くのクレームや苦情が寄せられるデリバリープロバイダもあります。そうした苦情とクレームの最も多く、最悪のデリバリープロバイダの筆頭に挙げられるのが「TMG」です

TMGとは

「TMG」は大阪府茨木市に本社を置く運送業者で、主に西日本を中心に配送業や運送業を営むデリバリープロバイダです9社あるデリバリープロバイダの中でも中心的な役割を果たしている運送業者で、デリバリープロバイダの配送荷物の追跡と再配達の依頼は、「TMG」のページに集約されているほどです

ヤマト運輸や佐川急便が撤退した今、Amazonの日本におけるビジネス拡大を支える屋台骨となっているのが「TMG」と言うことになります。しかし「TMG」には多くのクレームや苦情がユーザーから寄せられ、最悪のデリバリープロバイダという評判が立っています

TMGのサービスへの苦情内容・体験談

では具体的にデリバリープロバイダ「TMG」に関して、どんなクレームや苦情がユーザーから寄せられているのでしょうか。これから検証します。

荷物が時間通りに届かない

デリバリープロバイダ「TMG」に関して寄せられる、苦情やクレームの中には、「TMG」が配送するAmazonで購入した商品が時間通りに届かない、というものがあります。時間指定をしても時間通りに届かないのはサービス業としては失格です。しかし時間通りに届かないのは最初の配送の時だけではありません

再配達の依頼に関しても同様で、時間通りに商品が届かないことが多いようです

荷物の到着が遅い

デリバリープロバイダ「TMG」に関して寄せられる、苦情やクレームの中には、「TMG」が配送するAmazonで購入した商品の到着が遅い、というものもあります。時間通りに荷物が届かないことと、到着が遅いことは似ています。到着が違いとは、時間指定をせずに配送をしたときに、商品の到着が遅いと言う意味です

たとえ時間指定をしなくても、配送の際にはいつまでには届けます、というリミットがありますそのリミットを過ぎて到着するのは、あきらかに遅いと言わざるをえません。荷物が届かないのも問題ですが、配送の遅延も、時間厳守を重視する宅配業者にとっては致命的とも言える問題です

荷物受け取り時の対応がひどい

デリバリープロバイダ「TMG」に関して寄せられる、苦情やクレームの中には、デリバリープロバイダー「TMG」の配達員の対応やマナーの悪さも挙げられています接客マナーが最も重要なサービス業の中にあって、接客態度の悪さは致命的と言えます

荷物を放置する

デリバリープロバイダ「TMG」に関して寄せられる、苦情やクレームには、デリバリープロバイダ「TMG」の配達員が大切なお客さんの荷物を外に放置して立ち去ってしまう、という考えられないものもあります。お客さん第一のサービス業では全く許されない行為です

配送をしていないのに不在扱いにされる

デリバリープロバイダ「TMG」に関して寄せられる、苦情やクレームには、デリバリープロバイダ「TMG」の配達員が購入したAmazonの商品の配送をしていないにもかかわらず、不在扱いとして処理された、というものもあります。真心と誠実さはサービス業の基本なので、こうした行為は言語道断としか言えません

ThumbAmazonの配送業者は選べない?ヤマト運輸に指定する方法と注意点を解説
Amazonで注文すると、ヤマト運輸や佐川急便などの大手運送会社ではなく、デリバリープロバイ...

Amazonのクレームをしたい配達業者の追跡・再配達方法

ではAmazonで購入した商品が、最悪な配送業者によって配送された結果、届かない、到着が遅いといった問題が生じたときどのように配達業者の追跡や再配達の依頼をするのでしょうか。これから解説します。

配送業者の追跡方法

まず、Amazonで購入した商品が、最悪な配送業者によって配送された結果、届かない、到着が遅いといった問題が生じたときに、どのように配送業者を追跡し、大切なAmazonの商品の居場所を突き止めることができるのかを説明します

「配送中のお荷物の状態照会」を使って追跡

配送中お荷物の状態照会

配送業者の追跡方法は、下記のリンクにアクセスし「配送中のお荷物の状態照会」から追跡します「お問い合わせ番号」を指定の場所に入力し、「照会する」をクリックして追跡します

https://track-a.tmg-tms.com/cts/TmgCargoSearchAction.do

配送中のお荷物の状態照会

配送中の荷物の追跡をする際に明記しておくべき大切な点があります。以下にまとめますので、参考にしてください。
 

  • TMG、SBS即配サポート、札幌通運などのデリバリープロバイダ9社に含まれるものはこのサービスを利用できますが、ファイズや丸和運輸機関が配送業者の場合は利用できません
  • 配送業者がADPと表示されていても、「DA」もしくは「99」から始まる商品の追跡番号に関してはこのサービスによる追跡はできません。
  • 追跡番号の分かる商品は、Amazonの注文履歴を通して追跡状況を確認できます。

配送業者の追跡の注意点

購入した大切なAmazonの商品を配送している配送業者を追跡する面で、注意すべきことが2つありますAmazonから発送された商品の追跡調査の落とし穴と言えるかもしれませんどんな落とし穴でしょうか

ポストへの投函で配達完了となる可能性がある

1つ目の注意点は、追跡サイトは、荷物がポストに投函されたことをもって配達完了になる、と言うことです。ですから配達業者が荷物をポストに投函したと報告すれば、追跡はもうできなくなります

「ほしいものリスト」に登録している商品の確認は不可能

2つ目の注意点は、「ほしいものリスト」に登録している商品の追跡はできないことです商品が届かない、到着が遅いという不安を拭いきれないなら、商品の購入の際に商品を「ほしいものリスト」から外す必要があります

ADPへの再配達依頼方法

続いてデリバリープロバイダに再配達の依頼をする際に踏むべき手順について説明します家に誰かがいたのに不在票が投函されることもあれば、配送されていないのに不在票が投函されている場合もありますので、再配達依頼の手順をしっかりと覚えておきましょう

「再配達依頼サービス」を使って再配達

再配達依頼サービス

デリバリープロバイダ(ADP)に再配達を依頼する方法は、下記のリンクにアクセスし「再配達依頼サービス」から再配達を依頼します「お問い合わせ番号」を指定の場所に入力し、「再配達の依頼を開始する」をクリックして再配達を依頼します

https://track-a.tmg-tms.com/cts/Redelivery.do?method_id=INIT

再配達依頼サービス
ThumbAmazonの通常配送が遅い・遅れる原因は?発送を早める対処法も紹介!
Amazonの通常配送が遅い・遅れている状況に困っていませんか?Amazonの通常配送が遅い...

Amazonの配送業者へのクレームの入れ方

デリバリープロバイダの配送業者の対応やサービスが最悪でひどい、荷物が届かない、また荷物が届いても遅い、といったサービスの悪さを目の当たりにすると今後のサービス向上や他のユーザーのためにクレームを入れたいと思うかもしれません。どうすべきでしょうか。デリバリープロバイダの配送業者にクレームを入れることはできるのでしょうか。

最悪でひどいデリバリープロバイダにクレームを入れることは可能ですクレームの仕方は2種類あります

配送業者の問い合わせ先

最悪でひどい対応の配送業者へのクレームをするには、相手先に問い合わせる必要がありますクレームや苦情は電子メールか電話によって行えます

メールで問い合わせる場合

メールで問い合わせる方法

最悪でひどい対応の配送業者へクレームを入れるには、電子メールを使いますAmazonのカスタマーセンターからメールを送り、クレームを入れることができます。またチャットでもクレームを入れることができます。以下に挙げる事柄を必ず含めてメールを送り、配送業者へのクレームを入れると効果的です
 

  • Amazonで商品を購入したのはいつか
  • 実際にどんな最悪でひどい対応をされたのか
  • 注文番号
  • 配送業者の確認を希望すること

クレームを入れたいのは配送業者であって、Amazonではないことを忘れないようにしけんか腰でメールを送らないように注意する必要があります

電話で問い合わせる場合

電話で問い合わせる方法

電話でも、最悪でひどい対応の配送業者へのクレームは電話でも行えます。電子メールでのクレームの方法と同じで、Amazonカスタマーセンターを通し、Amazon側から電話をかけてもらえますし、今すぐ自分の方から電話をかけることもできます。その際の電話番号は、下記の通りです。

フリーダイヤル 0120-999-373

ThumbAmazonの「お急ぎ便」と「通常配送」の配達日数の違いは?それぞれの特徴を解説!
この記事ではAmazonの「お急ぎ便」と「通常配送」の配達日数について特集していきます。Am...

Amazonのクレームの多い配送業者を避ける対処法

Amazontお提携する配送業者はすべて同じサービスや接客マナーを実践するわけではありません。これまで考えたように、商品の到着が遅い商品が届かない接客マナーや対応がひどい配送業者も残念ながらいます。そうしたクレームや苦情の多い配送業者を避けるために何ができるでしょうか。これから3つの対処法を紹介します

コンビニ受け取りにする

コンビニ受け取りにする方法

ひどい多い配送業者を避けるため行えることの1つ目は、商品の受け取りをコンビニ受け取りにすることです

通常は、商品を購入すると「配送・会計」画面で「お届け先住所の選択」に進みます。ここで登録している自分の住所を選択せずに「Amazon店頭受け取り」を選択し、その後「支払い方法」「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い」を選択しますこれで商品受け取りはコンビニで行えます

時間指定配送を夜にする

時間指定配送を夜にする方法

ひどい多い配送業者を避けるため行えることの2つ目は、時間指定配送を夜にすることです。時間指定を18:00以降にすると、デリバリープロバイダの配送業者ではなく、宅配大手のヤマト運輸が宅配を請け負う可能性が高くなるようです。もちろん管轄地域によって状況はことなるので断言はできません

代引き設定にする

代引き設定の方法

ひどい配送業者を避けるため行えることの3つ目は、代引き設定にすることです代引きとは、代金引換のことです代金引換は手数料がかかります配送業者もお金をもらうまでは配送完了を報告できません。それでお金を払ってもらうため、丁寧な接客をせざるをえません。これで少なくとも不愉快な接客態度は避けられます

ThumbAmazonでコンビニ支払いができない原因と対処法!現金で支払う方法を紹介
Amazonの商品は注文後にコンビニ払いで現金決済することも出来ますが、何故かコンビニ支払い...

クレームの多いAmazonの配送業者には十分注意しましょう!

クレームが多く、ひどい接客や対応をし、さらには商品が届かない、到着が遅いといった苦情がユーザーから上がるデリバリープロバイダの配送業者には十分に注意しましょう。Amazon通販サイトの買い物はこれからもしたいですが、悪質でクレームの多い配送業者の手に大切な商品が渡って配送されないように自分にできることをすべてしましょう

関連するまとめ

Original
この記事のライター
伊藤清貴
現在南米のサッカー大国アルゼンチンに、妻と愛犬のミニチュア ピンシャー「チキ」と暮らしています。これまで20年間で...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ