Windows7のスクリーンショット方法まとめ!画面キャプチャできない時は?

パソコンやスマホなど様々な機種で画面を保存したい場合に用いられるのが、スクリーンショットという機能です。今回は、Windows7のユーザー向けにスクリーンショットのコマンドを紹介していきます。Windows7でキャプチャできない際の対処法も解説します。

Windows7のスクリーンショット方法まとめ!画面キャプチャできない時は?のイメージ

目次

  1. 1Windows7のスクリーンショット方法を解説!スクリーンショットとは?
  2. 2Windows7のスクリーンショット方法【基本操作編】
  3. 3Windows7のスクリーンショット方法【保存先設定編】
  4. 4Windows7でスクリーンショットが使えない場合の対処法
  5. 5Windows7でスクリーンショットを活用しよう!

Windows7のスクリーンショット方法を解説!スクリーンショットとは?

スマホなどでは、電源ボタンとボリュームボタンを同時押しすることでスクリーンショットが行えるなど、おなじみの機能となりました。パソコンを使用している場合でももちろんスクリーンショットを使いたい場面は多くあります。今回はWindows7でのスクリーンショットに焦点を当てて説明していきます。まずはスクリーンショットの意味を説明します。

キャプチャのイメージ画像

スクリーンショットとはパソコン画面全体・指定範囲を撮影すること

スクリーンショットをまだ知らないという方のためにここでその意味を説明します。スクリーンショットとは、パソコンの画面に表示されているものをそのまま撮影する動作を指します。Windows7で閲覧中の画面をそのまま保存したいときに使われるツールです。わかりやすく言えば、ガラケー時代の「画面メモ」と似た役割を果たしています。

パソコンでは、キーボードの組み合わせを使ってスクリーンショットを行っています。見ているままの画面を撮影することもできれば、指定した範囲のみを撮影することもできてしまいます。咄嗟に必要になった場合に役に立つ機能であることは間違いありません。是非覚えて、使えるようにしていきましょう。また、キャプチャという用語も解説します。

2台のPC

キャプチャとは?

「キャプチャ」とは、和訳すると「捕まえる」のような意味を持ちます。Windows7に置き換えると画面上で捕まえたものをデータ化して、別の機器で閲覧することができる状態にすることです。スクリーンショットと組み合わせると、撮影したWindows7の画面をデータ化して画像として見られるようにしておくことを指します。是非覚えておいてください。

Windows7のスクリーンショット方法【基本操作編】

それでは、早速Windows7でのスクリーンショット方法の説明に入っていきます。Windows7の基本的な操作を使ったスクリーンショットを行います。スクリーンショットは簡単に画面を撮影することができます。方法も様々なものがありますので複数のやり方で画面撮影をしていきましょう。覚えられれば用途に合わせて使い分けも可能です。

地面上のラップトップ

キーボードの【PrintScreen】を使ってパソコン画面のスクリーンショットする方法

まずは、Windows7で一番簡単なスクリーンショットの方法です。キーボード1つで、画面キャプチャができてしまいます。それがキーボード上にある「PRTSC」キーです。「PrintScreen」と丁寧に記載されているものもあります。このキーをタイプすればスクリーンショットができます。同じWindows7でもキーの配置場所は異なることがあります。

iPhoneやAndroidのスマホで多用している方は、キャプチャの音がしていましたが、Windows7を始め多くのパソコンでは画面キャプチャ時の音やアニメーションがありません。しかしこの場合でもしっかりとキャプチャできていますのでご安心ください。キャプチャしたものを保存する方法は後程ご紹介しますのでご覧ください。

キーボードの画像

トリミングして指定範囲だけをスクリーンショットする方法

「PRTSC」キーを使用することで簡単に画面キャプチャができてしまいますが、もう少し応用した機能を紹介します。それがトリミングして指定範囲だけをスクリーンショットする方法です。この方法を使用することにより、Windows7の画面から必要ない部分を範囲から除外することができます。指定範囲のみであれば編集の手間が省けます。

画像編集

アクティブウィンドウのスクリーンショット方法

指定範囲だけをスクリーンショットする方法の1つ目を紹介します。それがアクティブウィンドウのみのスクリーンショットです。Windows7上の全画面を残すのではなく、今閲覧している画面のみを撮影する方法です。この方法は簡単にできますので、覚えてください。アクティブのウィンドウをキャプチャするにはキーボードで完結できます。

altキー

アクティブウィンドウのスクリーンショットは「alt + PRTSC」で撮影できます。必要な範囲だけですので、あとから編集ツールを使って画像をトリミングする手間は省けます。すぐに送信したいときには非常に役立ちます。その時に応じて「alt + PRTSC」を使いましょう。また、これ以外にも便利な方法が存在します。次で紹介します。

Snipping Toolを使ってスクリーンショットする方法

Snipping ToolというWindows7に搭載されたツールを使ってスクリーンショットする方法があります。この方法でも、指定範囲のみのスクリーンショットが可能です。スタート画面から「Snipping Tool」を探し起動してください。事前にスクリーンショットした画像が読み込まれます。ここで切り取りを行えますので必要な範囲のみを残します。

Snipping Tool

Windows7のスクリーンショット方法【保存先設定編】

ここまで、Windows7のスクリーンショット方法を解説してきました。キーボードを使ってキャプチャする場合や、ツールを使ってトリミングする方法がありました。ここからは、キャプチャしたWindows7の画面をデータとして保存する方法を紹介します。大切なスクリーンショットは、画像として保存しデータ化しておきましょう。

JPGのファイルイメージ

早速保存方法の解説に入ります。まずは、Windows7上にある任意の画面をスクリーンショットします。キャプチャしたものはコピー状態になっています。ここで、「ペイント」を起動させてください。スタート画面の検索枠に入力して呼び出ししても結構です。起動した「ペイント」上で「貼り付け」することでスクリーンショットした画面が表示されます。

ペイント呼び出し

必要に応じてサイズ変更やトリミング、文字入れなど編集を行ってください。すべての編集が完了しましたら「名前を付けて保存」を選択して保存先を選びます。指定したWindows7の保存先に画像として保存されます。これでスクリーンショットの画像データ化ができました。この他に保存する画像形式も自由に決めることができます。

保存先を毎回選ぶには、「必ず名前を付けて保存」を選択した上で希望の保存先を選択するようにしてください。保存先を適切に設定して、データをわかりやすく保管しておくと、送信するタイミングですぐに保存先を見つけ出してファイルが見られますのでお勧めです。保存先のフォルダ名などもわかりやすく設定しておいてください。

ペイントで保存

Windows7でスクリーンショットが使えない場合の対処法

ここまで紹介してきたやり方を実践してみてもWindows7上でスクリーンショットが使用できない場合の対処法を紹介していきます。Windows7という同じOSを搭載していてもお使いのパソコンの仕様やスペックが異なる場合には、操作方法も異なる可能性があります。スクリーンショットできない場合は、次で紹介する対処法を試してください。

Windowsのロゴ

スクリーンショットが使えない場合はまずパソコンを再起動しよう

スクリーンショットのキーボードを適切にタイプしてもスクリーンショットができない場合は、パソコンを一度再起動してください。細かい設定を行うことなく解決される場合もあります。Windows7の再起動が完了したところで、スクリーンショットをもう一度行ってください。それでもできない場合は、次のステップに進んでください。

PCの電源ボタン

【Print Screen+Fn】を利用してみる。

もう1つスクリーンショットができない原因でよくあるのが、お使いのWindows7のキーボードの仕様が異なっていることです。ただ「PRTSC」をタイプするだけでスクリーンショットできないという場合は、「PRTSC + FN」をお試しください。このキーコンビネーションで解決される場合が良くありますので、こちらも1度トライしてください。

タイピング中のキーボード

お使いのWindows7パソコンのキーボードで上記の2つのキーを使用しなければならない場合は、殆どのキーボードでわかりやすく配置されています。「PRTSC」が「FN」のキーとのコンビネーションを必要とする場合は、「PRTSC」の文字が「FN」と同じ配色になっています。同じ色であれば、スクリーンショットの際、2つのキーを使用してください。

FNキーの画像

スクリーンショットは以上の対処法を試すことで、解決できる場合が殆どです。故障かと思ってしまう前に是非1度対処法を実行してから検討することをお勧めします。

Windows7でスクリーンショットを活用しよう!

PCを操作する人

Windows7には、様々な用途にマッチしたスクリーンショット機能が搭載されています。画面をキャプチャして画像データ化をする方法や、ツールを使用してスクリーンショットを編集する方法など、目的と場合に応じた方法で便利に使用していってください。活用してより快適なWindows7にしましょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ