iTunesの歌詞を表示する方法!歌詞の自動取得やダウンロード!

本記事では、iTunesで歌詞を表示する方法をデバイス別に紹介します。また、歌詞の自動取得やダウンロードする方法や、不具合の原因、対策についても紹介しますので、iTunesの機能を一層活用し、ミュージックライフを楽しみましょう!

iTunesの歌詞を表示する方法!歌詞の自動取得やダウンロード!のイメージ

目次

  1. 1iTunesの歌詞は初期段階で表示しない【iPhone・iPad】
  2. iTunesの歌詞表示は設定が必要
  3. 2iTunesで歌詞を表示させる方法
  4. iPhone・iPad・iPod touchで曲の歌詞を表示
  5. MacやWindowsで音楽の歌詞を表示
  6. Apple TVで曲の歌詞を表示
  7. 3iTunesの音楽の歌詞を自動取得する方法
  8. iTunesに歌詞を追加してくれる「Lyrics Master」
  9. 4iTunesの歌詞が表示されない原因と対処法
  10. iOSのバージョンを確認
  11. iOS11.2でiTunesの歌詞が表示されなくなった時の対応策
  12. 5iTunesの音楽に歌詞を表示させて楽しいミュージックライフ!
  13. iTunesの記事が気になった方にはこちらもおすすめ!

iTunesの歌詞は初期段階で表示しない【iPhone・iPad】

タブレット画面を見る女性

近年次々とリリースされている音楽再生アプリでは歌詞を表示することができるものが多くあります。iTunesも例外ではなく、歌詞を表示させる機能がありますが、初期段階では歌詞が表示されない状態になっています。

Apple Musicの月額有料サービスを利用すれば、歌詞を表示させることができますが、ここではiTunesにもともと備えられている歌詞表示機能を使って、有料サービスを利用することなく、曲の歌詞を表示する方法を紹介していきます。

iTunesの歌詞表示は設定が必要

はじめに、iTunesやApple Musicアプリでは、曲をダウンロードしただけでは歌詞が表示されない状態になっています。iTunesの歌詞表示を追加するためには、ダウンロードした曲に対して、パソコン上でiTunesを用いた設定が必要になります。

まず、パソコンでiTunesを開き、ライブラリの中から歌詞を表示させたい曲を右クリックします。表示されたメニューの中から"曲の情報"を選択すると曲の情報が表示されます。

iTunes画面

表示された曲の情報から"歌詞"を選択し、ボックスの中央に空白がある画面が表示されます。この画面左下の"カスタムの歌詞"にチェックを入れると、中央の空白部分で文章を編集できる状態になります。

iTunes 曲の情報画面

あとは、手入力で歌詞を書き込む、歌詞の紹介されているサイトなどからコピーして貼り付けるなどして、表示させたい歌詞を枠内に入力し、"OK"をクリックすると、設定が完了します。

iTunesで歌詞を表示させる方法

デバイスいろいろ

前項の設定を行ったところで、iTunesで歌詞を表示するための事前準備が完了となります。ここからはデバイス別に、設定した曲の歌詞を表示させる手順を紹介します。

iPhone・iPad・iPod touchで曲の歌詞を表示

iPone・iPad・iPod touchの場合、まず曲を再生し、画面下の"プレイヤー"をタップすると、"再生画面"がひらきます。"再生画面"を下へスクロールすると、"歌詞"の表示の右側に、赤字で"表示""非表示"の文字が表示されています。

この再生画面中の歌詞の"表示""非表示"をタップすることで、再生画面上に歌詞をさせたり、隠したりすることができます。

iPhone再生中画面

MacやWindowsで音楽の歌詞を表示

MacやWindowsの場合、まずパソコンのiTunesを立上げて音楽を再生します。再生した状態で画面上部に表示されているプレイヤーの"右側のボックス"を開き、"歌詞"を選択すると、再生中の曲の歌詞を表示することができます。

iTunes 歌詞表示画面

Apple TVで曲の歌詞を表示

Apple TVの場合、再生中の画面上部に表示された"「三」マーク"を選択することで、歌詞を表示することができます。

iTunesの音楽の歌詞を自動取得する方法

パソコン作業中

前項では音楽の歌詞表示の設定とデバイス別の表示方法を紹介しました。しかしこの方法の場合、選択した曲ごとにいちいち手作業による入力やコピーペーストをする必要があり、それなりに面倒な作業をすることになります。

そこで本項では、面倒な入力作業をすることなく、歌詞を表示させる方法として、フリーソフトを使って音楽の歌詞を自動的に取得・表示する方法を紹介します。

iTunesに歌詞を追加してくれる「Lyrics Master」

ここでは「Lyrics Master」というソフトを使用した自動取得の方法を紹介します。このソフトはiTunesと連携させることで、音楽の歌詞をいちいち入力・設定することなく、自動取得・表示を追加する機能をもったフリーソフトです。

Lyrics Master ロゴ

自動取得する歌詞の引用元は「うたまっぷ」や「歌ネット」といった歌詞紹介サイトであるため、J-pop、アニメソング、演歌など、幅広いジャンルの様々な曲の歌詞を取得・表示させることができます。

パソコンに「Lyrics Master」をダウンロードする

まず「Lyric Master」をダウンロードします。このソフトウェアは、MacとWindowsのどちらにも対応しており、使用環境に応じてファイルを選択してダウンロードすることができます。

なお、ダウンロード・使用に必要なファイルは最新のウィルス対策ソフトでチェックが行われており、安心して機能を楽しむことができます。

「Lyrics Master」の使い方

Windowsを例に、使い方を説明していきます。まずはじめに、パソコンでLyrics Masterを起動し、"検索"をクリックすると、別ウィンドウで歌詞検索画面が開きます。次に、歌詞検索画面で"iTunes 連携"をクリックすると、iTunesが自動的に起動します。

Lyrics Master ホーム操作画面と歌詞検索画面

この状態でiTunesのライブラリ内にある音楽を再生すると"操作の確認"が自動的に表示されるので、ここで"続ける"をクリックします。

Lyrics Master連携後のiTunes再生時表示

前述の操作を完了すると、Lyrics MasterとiTunesのそれぞれについて、自動取得された音楽の歌詞が追加表示されます。Lyrics Masterではホームウィンドウと歌詞検索ウィンドウにそれぞれ以下のように表示が追加されます。

Lyrics Master歌詞表示の様子

iTunesでは曲の情報、歌詞画面の、これまでカスタム入力を行っていた空白の部分に、自動取得された歌詞が追加表示されるようになっています。

Lyrics Master連携後のiTunes歌詞表示の様子

ライブラリの音楽すべての歌詞をいちどにまとめて自動取得したい場合、Lyrics Masterの"歌詞検索画面""連続モード"にチェックを入れると、曲の切替わりにあわせて次々と自動的に追加してゆくことができます。

Lyrics Master 歌詞の連続自動取得操作画面

なお、Macの場合でも手順は変わりませんので、上記と同じ流れで自動取得の設定をすすめれば、同じように自動取得や歌詞表示を追加することができます。

iTunesの歌詞が表示されない原因と対処法

ここまで紹介した歌詞の表示機能ですが、「歌詞が表示されない」という不具合がみられる場合があります。本項では考えられる不具合の原因と対策について紹介いたします。まず、本記事で紹介した方法で歌詞表示を行うためには、iTunesと端末で音楽データが同期されている必要があります。

Apple Musicの会員になっている場合は、歌詞データをClowdから取得することができるため、音楽データを同期する必要はありませんが、そうでない場合はまず、歌詞が表示されない曲の音楽データをiTunesと端末で同期しなおすことで解消される可能性があります。

以上のことが確実に実施されている状態で、なお歌詞が表示されない場合、OSのバージョンアップに伴う不具合である可能性が考えられます。ここからは、OSのバージョンアップが原因で発生する不具合の詳細と対策について紹介していきます。

iOSのバージョンを確認

SNSなどでみられる情報によると、不具合の内容に「iOS11.2へバージョンアップしたら、それまで出来ていた歌詞表示がされない」という事例があるようです。

まずは、自身のiPhone・iPadのiOSのバージョンを確認してみましょう。バージョンがiOS11.2だった場合、上記の例に当てはまっている可能性があります。

iOS11.2でiTunesの歌詞が表示されなくなった時の対応策

パソコン画面で喜ぶ子供

iOS11.2へのバージョンアップ時、Apple社のHPでは歌詞表示機能に関する仕様変更やシステムの不具合等は報告されていないいことから、「バージョンアップ」と「歌詞が表示されない不具合」との因果関係や、表示機能をもとに戻す正式な方法は不明です。

最もシンプルな解決方法は、iOSをバージョンアップすることです。iOS11.3以降では先に紹介した「歌詞が表示されない」という同様の不具合がみられないことから、バージョンアップすることで、これまで通りの歌詞表示ができる状態に戻る可能性があります。

次に、前項で紹介した「再生画面中の歌詞表示の切り替え」の代替手段として、バージョンはiOS11.2のまま、Apple Musicに歌詞を表示させる別の方法を紹介します。何らかの理由でバージョンアップができない場合、次の手段で歌詞を表示させることができます。
 

まず、曲のタイトルを長押し、もしくは再生画面中の"「…」マーク"をタップして、歌詞を表示させたい曲の操作画面を開きます。

iTunes再生画面

次に、操作画面を下にスクロールして"歌詞"をタップすると、別画面に切り替わり、歌詞が表示されます。

iPhone再生中曲の操作メニュー画面

iTunesの音楽に歌詞を表示させて楽しいミュージックライフ!

スマホを見る男

以上、iTunesで歌詞を表示させる方法、自動取得の方法、表示されない場合の対策をご紹介しました。曲を聴きながら歌詞を楽しむ、歌詞の聞き取りにくい部分を確認する、曲に合わせてにカラオケするなど、iTunesの楽しみ方が広がります。

iTunesの歌詞表示機能を活用し、あなたのミュージックライフをよりいっそう充実したものにましょう。

iTunesの記事が気になった方にはこちらもおすすめ!

ThumbiTunes音楽のジャケット写真表示方法!アルバムアートワーク(画像)を追加!
iTunes Storeで購入した音楽にはアルバムジャケットが表示されるのに、CDなどから取...
ThumbiTunesに曲を追加する方法!mp3の音楽をライブラリに取り込みできない対処法を解説!
皆さんはiTunesに楽曲を追加する際に「追加したけどライブラリに表示されない。」「エラーが...
ThumbiTunesで音楽CDを作成!曲をCDに焼く(書き込む)方法を解説!
iTunesでオリジナルの音楽CDを作成することができます。iTunesは音楽や映画を楽しめ...
ThumbiTunesにCDの音楽を取り込む方法!曲を選択してインポートするには?
iTunesはCDから音楽を取り込むことができます。WindowsでもiTunesをインスト...
ThumbYouTubeの曲をitunesに入れる方法!mp3と動画を保存する!
今回は、youtubeの動画をダウンロードしてからファイルを変換しitunesに入れる作業を...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
河西 人
かけだしライターです。嘘や過大表現のない記事を心がけています。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ