Apple Watchが充電できない原因と対処法!確認すべき6つのことを解説!

Apple Watchが充電できない原因と対処法をご紹介します。ご紹介する対処法には専門的知識は必要なく、すぐに実践できるものばかりです。Apple Watchが充電できないからといって、すぐに故障と判断する前に対処法を試してみることをおすすめします。

Apple Watchが充電できない原因と対処法!確認すべき6つのことを解説!のイメージ

目次

  1. 1Apple Watch充電の基本知識
  2. 2Apple Watchが充電できない原因
  3. 3Apple Watchが充電できない時の対処法
  4. 4Apple Watchが動かない・起動しない時の最終手段
  5. 5Apple Watchが充電できない時は6つの対処法で解決!

Apple Watch充電の基本知識

apple Watch

Apple Watchの充電はケーブルを差し込むタイプとは異なり、Apple Watch本体の背面に充電ドックをくっつけるようにして充電します。充電ドックには磁石がついており、Apple Watchに近づけると磁力によってくっつき、充電が開始されます。

Apple Watchが充電されているか確認する方法

apple watch

Apple Watchが正常に充電されていると、下に示すような写真のように緑色の稲妻マークが画面に表示されます。ただし、Apple Watchが長い間充電されておらず、バッテリーが切れてしまっている場合、画面には何も表示されません。そのため、正常に充電されているかどうかを判断するために数分間充電してください。

30分ほど充電すると、正常に充電されていれば、画面に稲妻マークが表示されます。また、Apple Watchのバッテリー残量が少ない場合、緑色の稲妻マークは赤色になります。そのため、充電時に赤色の稲妻マークが出てもApple Watchに異常があるサインではありません。

apple watch

Apple Watchが充電できない原因

apple watch

ここではApple Watchが充電できない原因として考えられる項目をそれぞれご紹介します。どれもすぐに確認でき、実践できるものばかりなので、Apple Watchが充電できないときは、ここで紹介している項目を一つずつ確認していってください。

Apple Watchが充電できない時確認すべき6つのこと

apple watch

Apple Watchが充電できない時に確認すべきことは主に6つあります。ここではその6つをそれぞれご紹介します。どれも基本的なことですが、忘れがちなことでもあるため、Apple Watchが充電できないときは一つずつ確認してください。

コンセントやアダプタはしっかり接続されている?

コンセント

まずはApple Watchの充電コードがコンセントにしっかり刺さっているかどうかを確認してください。また、Apple Watchと充電器がしっかり接続されているかを確認してください。充電器がApple Watchやコンセントにしっかりと接続されていなければ充電はされません。

基本的なことですが、意外と何かしらのアクシデントでコンセントから抜けかけているといったことはあるので、Apple Watchが充電できないときは、コンセントやアダプタがしっかり接続されているかどうかを初めに確認してください。

付属されている正規の充電コードを使っている?

apple watch 充電コード

Apple以外のメーカーが提供しているApple Watchの充電器を使っている方は、一度、購入したApple Watchに付属している正規の充電コードを使って充電してください。Apple WatchはApple純正の充電コードでの充電を想定しているため、Apple以外のメーカーが提供している充電器では、何らかの原因で突然充電できなくなることも考えられます。 

保護シールは剥がしている?

apple watch

Apple Watchに付属している充電コードで充電できない方は、保護シールを剥がしているかどうかを確認してください。保護シールは充電コードを汚れないように保護する目的で貼られていますが、Apple Watchと充電器との接触を妨げてしまう場合があります。

充電コードを綺麗に保ちたい方は買った当時のまま保護シールをつけっぱなしにしている方も多いとは思いますが、充電に悪影響がある場合は剥がしてください。

マグネット・接触面の汚れを確認

apple watch

Apple Watchは充電ケーブルを本体に差し込んで充電する方式ではなく、マグネットを利用して充電器とApple Watch本体をくっつけることで充電します。そのため、充電器やApple Watch本体の接着面が汚れていると、マグネットでくっつける際に汚れが接着に悪影響を与えることがあります

特にApple Watchは腕時計として身に着けていることが多く、皮脂などの汚れがつきやすいです。汚れが接着に悪影響を与えている状態は充電ケーブルが断線している状態に近く、接触不良を起こしやすい状態です。直接的に充電に悪影響を与えやすいため、充電ができなくなったときは接触面の汚れを確認してください。

完全にバッテリーがない時は充電表示まで時間がかかる

apple watch

Apple Watchの画面表示は本体のバッテリーを消費して行っています。そのため、Apple Watchのバッテリーが完全になくなっていると、あらゆる画面の表示もされません。Apple Watchのバッテリーが完全にない状態で充電を開始しても、バッテリーはすぐに使える状態にならないため、画面の表示はされません。

以上でも駄目なら再起動してもう一度

apple watch

これまで紹介してきた項目をすべて確認した上で、Apple Watchの充電がうまくできないときは、Apple Watchを再起動してもう一度充電を行ってください。Apple Watchに限らず、再起動は様々な不具合を解消することがあります。Apple Watchの再起動については下記のリンクを参考にしください。

ThumbApple Watchの再起動方法!通常のオン/オフと強制終了して再起動させる方法を紹介!
Apple Watchの再起動方法!通常のオン/オフと強制終了して再起動させる方法を紹介しま...

Apple Watchが充電できない時の対処法

apple watch

これまでご紹介してきた、Apple Watchが充電できないときに考えられる項目を踏まえて、対処法をご紹介します。

コンセント・アダプタの接続を確認する

apple watch

Apple Watchの充電コードがコンセントにしっかり刺さっているかどうかを確認してください。また、Apple Watchと充電器がマグネットによってしっかりとくっついていることを確認してください。充電器がApple Watchやコンセントにしっかりと接続されていなければ充電はされません。

基本的なことですが、意外と何かしらのアクシデントでコンセントから抜けかけているといったことはあるので、Apple Watchが充電できないときは、コンセントやアダプタがしっかり接続されているかどうかを初めに確認してください。

購入した別の充電器を使用した場合は正規品も試す

apple watch

Apple Watchの充電はApple製の純正の正規品での充電を想定されています。他のメーカーが提供している別の充電器を使用していてApple Watchの充電ができなくなった場合は、もともとApple Watchに付属している正規品を使って充電を試してみてください。

保護シールを今一度確認する

apple watch

購入時に充電器についている保護シールはApple Watchと接着する際に邪魔になる可能性があります。充電器をきれいに使いたい場合、保護シールをつけたままで使っている方が多いと思われますが、保護シールをつけっぱなしにしていると、Apple Watchと充電器の接触不良を引き起こす可能性があります。

接触不良は充電ができなくなる大きな要因です。Appleも充電器を使う際は保護シールを剥がすことを推奨しているため、Apple Watchを充電できなくなったときは充電器の保護シールを確認してください

充電器のマグネット・接触面の汚れを拭き取る

apple watch

Apple Watchは腕時計として身に着けていることが多く、皮脂などの汚れがつきやすいです。Apple Watchは充電器とマグネットによって接着して充電をします。汚れが接着に悪影響を与えている状態は充電ケーブルが断線している状態に近く、接触不良を起こしやすい状態です。直接的に充電に悪影響を与えやすいため、充電ができなくなったときは接触面の汚れを確認し、汚れがあれば拭き取ってください

完全に放電している時は少し様子を見てみる

apple watch

Apple Watchの画面表示は本体のバッテリーを消費して行っています。そのため、Apple Watchのバッテリーが完全になくなっていると、あらゆる画面の表示もされません。Apple Watchのバッテリーが完全にない状態で充電を開始しても、バッテリーはすぐに使える状態にならないため、画面の表示はされません。

Apple Watchのバッテリーが完全にない状態のときは充電を開始してすぐにはバッテリーが機能しないため画面の表示はされません。数分間充電すると画面が表示されるようになります。

再起動する

apple watch

ここまでご紹介した対処法を試してもApple Watchの充電ができない場合、Apple Watchを再起動すると問題が解消する可能性があります

強制再起動の方法

apple watch

これまで紹介してきた項目をすべて確認した上で、Apple Watchの充電がうまくできないときは、Apple Watchを再起動してもう一度充電を行ってください。Apple Watchに限らず、再起動は様々な不具合を解消することがあります。Apple Watchの再起動については下記のリンクを参考にしください。

ThumbApple Watchの再起動方法!通常のオン/オフと強制終了して再起動させる方法を紹介!
Apple Watchの再起動方法!通常のオン/オフと強制終了して再起動させる方法を紹介しま...

Apple Watchが動かない・起動しない時の最終手段

apple watch

ここまでご紹介した対処法を全て試してもApple Watchが動かない、充電できないといった症状が続く場合、Appleサポートに連絡してください。

Appleサポートに連絡する

サポート

どのような対応をされる?

コールセンター

Appleサポートは問題点が整理され、はっきりしているときは素早く対応してくれます。基本的には製品の交換や引き取り修理による対応になります。Appleサポートにスムーズに連絡できるように、これまでご紹介した対処法を全て試し、Apple Watch本体の問題なのか、充電器の問題なのか、それ以外の問題なのかをハッキリとさせておくようにしましょう

Apple Watchが充電できない時は6つの対処法で解決!

apple watch

Apple Watchが充電できないときに考えられる原因と対処法を6つご紹介しました。ご紹介した対処法は専門的な知識はいらず、すぐに実践できるものばかりです。これらの対処法でも問題が解決しない場合はAppleのサポートに連絡することになります。

Appleのサポートに連絡する際も、問題点を明らかにすることでスムーズに話が進みます。ご紹介した6つの対処法を実践するとApple Watchの問題点を明らかにできるので、Apple Watchが充電できなくなったら6つの対処法を実践してください。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
stagbeetle1218
よろしくお願いいたします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ