iPadでExcelアプリを使う手順!無料で使える端末や編集・保存の使い方を解説!

外出中や出先に赴いた際に、iPhoneやiPadでExcel(エクセル)データを、確認したり修正したりできるのはすこぶる便利です。しかし、それが無料でできることは意外に知られていません。そこで本記事ではiPadでのExcel(エクセル)の使い方をお教えします。

iPadでExcelアプリを使う手順!無料で使える端末や編集・保存の使い方を解説!のイメージ

目次

  1. 1iPadでOfficeのExcel(エクセル)が使えるの?
  2. 2無料でOfficeを使えないiPadとは?
  3. 3iPadでOfficeのExcelの使い方や編集方法
  4. 4Office for iOS版Excelとデスクトップ版Excelの違い
  5. 5iPadでOfficeのExcel(エクセル)を使おう!

iPadでOfficeのExcel(エクセル)が使えるの?

MicrosoftのOffice for iOSの画面

企業や公共団体の資料ではExcel(エクセル)やWord(ワード)といった、MicrosoftのOfficeのデータが使われていることが少なくありません。会社や自宅ではデスクトップPCやノートパソコンが利用できますが、出先や外出先となると、ノートパソコンを持ち歩くのもいささか難儀です。

しかし、常に持ち歩くiPhoneやiPadを使って、しかも無料でOfficeを利用できるとなると使い方が広がります。

Word/PowerPoint/Outlookも使える

Microsoft Officeのアプリ

iPadで使えるMicrosoft Office for iOSアプリは、Excel(エクセル)だけではありませんWordPowerPointOutlookOneNoteといったOfficeで良く使うアプリはもちろん、以下の各アプリがOffice for iOSとして提供されています

OneDrive……オンラインストレージ
Skype……ファイル共有機能も備えた音声・ビデオ通話アプリ
Office Lens……ホワイトボードや書類の写真のゆがみを取り除き文字認識して、OneDriveや写真アプリなどで共有できる画像アプリ
Yammer……企業内での情報共有のためのSNSサービス
Delve……Office上でのデータ共有・検索ツール
Teams……Officeアプリと連携するタブ機能付きのビジネスチャットツール

対応デバイス

iPad mini

Microsoft Officeは、一般にWindowsやmacOSで利用されていますが上にも記したようにAndroidやiOSにもアプリが用意されています。したがって、iPhoneや無印iPadからiPad Proまでの各種iPad、それにiPodでもExcel(エクセル)を始めとするMicrosoft Officeが使用できます。

また、Office 365とOffice 2019は、Safari、Chrome、Firefox、そして当然のことながらMicrosoft Edgeの最新バージョンでも利用できます。ブラウザからで良ければ、Linuxでの使用も可能です。

Officeはアプリでインストールできる

すでに記しましたが、iPadで使うExcel(エクセル)などのOfficeは、Office for iOSのアプリという形で提供されています。これらをインストールすれば、すぐにメールで送られてきたExcelなどのデータを見られるようになります。以下にiPad用のリンクを掲載しましたので、ぜひともOffice for iOSの各種アプリをダウンロードしてください

Wordのダウンロード画面
‎「Microsoft Word」をApp Storeで
Excelのダウンロード画面
‎「Microsoft Excel」をApp Storeで
PowerPointのダウンロード画面
‎「Microsoft PowerPoint」をApp Storeで
Outlookのダウンロード画面
‎Microsoft Outlook on the App Store

アカウントは無料で作成できる

マインクラフトLEGO

上に記したように、Office for iOSの各種アプリをインストールさえすれば、Excel(エクセル)などのOfficeデータが、すぐに閲覧可能となります。しかし、その段階ではOfficeのデータを編集したり作成したりはできません。編集・作成といった使い方をフルに行うためには、Microsoftアカウントが必要です。

Microsoftアカウントは、専用のoutlook.comのメールアドレスを獲得してもいいですが、Gmailなどのメールアドレスを充てることも可能です。どちらも無料で設定できますが、Xboxユーザーだったり、マインクラフトをプレイしたりしていると、すでにMicrosoftアカウントを持っている場合がありますので、その場合はそちらを利用してください。

無料版では使えない機能がある

アウト宣告する審判

iPadでも無料でExcel(エクセル)などが使えるとお伝えしましたが、残念ながらExcelなどのすべての機能が使えるわけではありません。Excelなら「グラフの追加や編集」「ピポットテーブルのスタイルやレイアウトのカスタマイズ」「図形機能への作成した色の追加」「ワードアートの利用」「画像への影や反射スタイルの追加」ができません。

同様に、WordやPowerPointなどでも、Office for iOSの無料利用では使えない機能があります。Excelの場合は、基本の関数機能などはすべて利用できるので、無料版でも十分に使い物になりますがグラフを追加できないのは文書の見栄えの面で少々問題ですし、場合によってはピポットテーブルのスタイルを変えられないと見づらくて困る場合もあります。

そしてなにより問題なのは、無料版では商用利用が許可されていないことです。商用利用といってもこのExcelデータを販売するわけではないから大丈夫、と思ったら大間違いです。会社の仕事で使うのであれば、そのiPadが会社のものであろうが個人のものであろうが、立派な商用利用です。

Office365を購入すると使える

Office365の画面

こうした機能を使えるようにしたり、商用利用を可能にしたりするには、会社でまとめてOffice365に加入するか、個人でOffice365に加入しなければなりません。個人向けのOffice 365 Soloであっても、無料版では利用できない機能や商業利用が可能になります。安心してExcel(エクセル)の全機能を使え、商業利用もできるようになるわけです。

無料でOfficeを使えないiPadとは?

機能面と商業利用の面で無料できないOffice for iOSのことをお伝えしましたが、それ以外にもiPad上で無料ではOfficeを使えない場面があります。

画面サイズで料金が無料か有料かに分かれる

iPad Pro 12.9インチモデルとiPhone X

Microsoftでは、Officeアプリの無料使用を10.1インチ以下の機種に限って許可しています。逆に言えば、10.1インチを超える機種でExcel(エクセル)を始めとするOffice for iOSを使う以上、マジなのだろうからちゃんとお金を払うべき、と言っているわけです。画面の大小である程度使い方を指定していることになります。

iPadの場合

iPadの現行モデルの場合、10.1インチを超える機種には、iPad Pro 12.9インチ、iPad Pro 11インチ、iPad Airが相当します。これらの機種ではExcel(エクセル)を始めとするOffice for iOSを無料使用できません。Proを名乗る以上商業利用すると見なされても仕方がないiPad Proはともかく、10.5インチのiPad Airで無料使用できないのは残念です。

逆に、無印のiPadとiPad mini、それにiPhoneやiPodはOffice for iOSの無料使用が可能です。商業利用しない範囲で、存分に無料使用してください。

Androidの場合

Androidの場合も、10.1インチを超える機種ではExcel(エクセル)を始めとするAndroid版Officeアプリを無料使用できません。Androidタブレットではあまり大型のものが話題になりませんので、ほとんどの人には縁がありませんが、大型のAndroidタブレットをお持ち、もしくはこれから購入される方は、使い方に注意が必要です。

Windowsの場合

Windowsにおいても、10.1インチを超える機種ではExcel(エクセル)を始めとするOffice Mobile for Windows 10を無料使用できません。ただし、ディスプレイが10.1インチ以下であればタブレットやWindows Phoneに限らず、PCであってもOffice Mobile for Windows 10を無料で使うことができます。

フルセットのMicrosoft Officeに比べると若干機能が劣りますが、Office Mobile for Windows 10で十分な場面も少なくないので、小型PCをお持ちなら無料での使い方も考慮に入れることをおすすめします。

iPadでOfficeのExcelの使い方や編集方法

さて、先にも記したように商用利用でなければ、iPadでExcel(エクセル)が無料使用できます。ただし、MicrosoftアカウントでログインしないとExcelデータを閲覧するだけしかできません。そこで、iPadでMicrosoft Office for iOSにログインする方法と、最低限の使い方をお教えします。

サインインの方法

最初にExcel(エクセル)を立ち上げると、Office365へのサインインを求められます。Microsoftアカウントを持っているのであれば、ここで「サインイン」を選択します。差し当たってExcelデータを確認したいだけであれば、画面の一番下にある「後でサインイン」を選択すれば、すぐにデータを閲覧できます。

Excelのサインイン01

サインインを選択した後は、まずMicrosoftアカウントのメールアドレスを入力し「次へ」を選びます

Excelのサインイン02

同様に「パスワード」を入力したら、「サインイン」をこれまた同様にタップします。

Excelのサインイン03

すると画面が切り替わって、シートを新規作成、あるいは編集できるようになります。「無料で作成および編集する」、もしくはOffice365に加入しているのなら「ドキュメントを作成および編集する」を選択します。

Excelのサインイン04

左の「新規」タブから項目を選べば新規作成が、「開く」タブから適当なシートを選べば編集が、それぞれ可能となります。

Excelのサインイン05

サインインしていないと新規作成と編集ができない

前節で「後でサインイン」を選択すれば、すぐにExcel(エクセル)でデータを閲覧できる旨をお伝えしましたが、その場合には新しいシートを作成したり、入手したシートを編集したりはできません。新しいシートを作成したり、すでにあるシートを編集したりする場合には、必ずMicrosoftアカウントでサインインしてください。

ファイルの印刷方法

Office for iOSのExcel(エクセル)におけるシートの印刷機能の使い方は、まずコマンドバーの左にある、書類に「…」がついた「ファイル」メニューを開き「印刷」を選ぶところから始まります。

Excelの印刷 01

そのあと「AirPrint」を選択し、印刷のレイアウトを決めたら「次へ」をタップします。

Excelの印刷 02

すると、ファイル変更を求められる場合がありますので、その場合は「許可」を選んでください

Excelの印刷 03

あとは「プリンタを選択」からAirPrintで接続するプリンタを選んで「プリント」ボタンをタップすれば印刷が行われます。

Excelの印刷 04

iPadのエクセルの保存方法

Office for iOSのExcel(エクセル)で作成したシートの保存機能の使い方は、印刷時同様、まずコマンドバーの左にある、書類に「…」がついた「ファイル」メニューを開き「保存」を選ぶところから始まります。

下図の段階ではグレー表示で選択できませんが、一度保存をすると「自動保存」機能を選択できるようになります。このスイッチをオンにしておくと、いちいち保存作業を行わなくても最新バージョンが保存されるようになりますので、非常に便利です。

Excelの保存 01

「名前」欄にファイル名を記入して、左のタブから保存先を選びます。通常はOneDriveとiPad(もしくはiPhone)が保存先に表示されますので、ほかの端末からも利用できるようにクラウド上に保存する場合はOneDriveを保存先に、ネットにつながっていなくてもシートを扱いたいのであればiPadを保存先に選びます。

保存先を選択したら、最後に「保存」をタップすれば、Excel で作成したシートが保存されます。

Excelの保存 02

Office for iOS版Excelとデスクトップ版Excelの違い

ここまでお伝えしたように、Office for iOSのExcel(エクセル)はPC・Mac用のデスクトップ版のExcelに対し、遜色なく使うことができます。しかし、残念ながらまったく同じというわけにはいきません。IOS版は、機能的にはデスクトップ版のサブセットであり、また逆にモバイル端末ならではの利便性も与えられています

ファイル保存と共有

クラウドのイメージ

iOS版とデスクトップ版では、まずファイル保存の手続きと方法に違いがあります。電源や接続環境が不安定なモバイル環境を想定して、iOS版には自動保存機能が備わっています。そのため、突然の電池切れや、仕事を進めたところでの電波状況の悪化の際にも、被害を最小限に抑えることができます。

ただし、大きなExcel(エクセル)データを使用している場合は、自動保存で少なくないデータをやり取りしますので、思った以上にデータ使用量がかさむ危険があります。さらにDropboxやiCloudへの対応がPC任せになっているデスクトップ版と異なり、iOS版ではExcelが直接これらのクラウドサービスに接続しているのも違いのひとつです。

また、iOS自体に備わった共有機能で、Excelのシートを色々な形で利用したり誰かに送ったりすることが簡単にできます。これもiOS版のメリットとして挙げられます。

追加できない機能

iOS版とデスクトップ版のExcel(エクセル)の一番の違いは、マクロやVBAが使えないことです。iPadのシステムを操作しかねない危険性のあるVBAはともかく、簡単なマクロは許可して欲しいものですが、Microsoftの意向なのかAppleの意向なのか、iOS版ではこれらが使えません。iPadで会社のシートを扱う際には、これがネックになる可能性があります。

また、Office365に加入することでピポットテーブルのスタイルやレイアウトのカスタマイズができるようになりますが、ピポットテーブルの作成自体はできません。非常に完成度は高いものの、iOS版はあくまでもデスクトップ版のサブセットであることを忘れないでください。

iPadでOfficeのExcel(エクセル)を使おう!

Office365のアイコン

個人利用であれば、無料でMicrosoftアカウントを獲得してiPad上でExcel(エクセル)を始めとしたOffice for iOSアプリの数々を利用できるのは非常に便利ですので、本記事の使い方を参考にうまく利用してください。ただし会社の業務や個人でも販売物の管理などに使うと商用利用となりますので、Office365への加入を忘れないでください。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
julyten
PDAの頃から携帯機器やPC関係を扱ってきた旧きプロレス愛好家。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ