PayPayの「現在ご利用を制限しております」エラーの原因と対処法を解説

PayPayを利用していると「現在ご利用を制限しております」というエラーが表示されて支払いに使えなく不具合が起こることがあります。PayPayが利用制限されてしまう原因にはどのようなものがあり、解除する方法はどうしたらいいのか解説します。

PayPayの「現在ご利用を制限しております」エラーの原因と対処法を解説のイメージ

目次

  1. 1PayPayが利用制限で使えない?!解除できるの?!
  2. 「現在ご利用を制限しております」の不具合が出る原因とは?
  3. 2PayPayの利用制限への原因と対処法【使いすぎの場合】
  4. クレジットカードからのチャージや支払いの上限金額
  5. 使いすぎへの対処法
  6. 3PayPayの利用制限への原因と対処法【不正が疑われる場合】
  7. 本人認証未承認のYahoo!カードでチャージしようとした
  8. 同じクレジットカードを複数のPayPayアカウントへ登録しようとした
  9. 転売が疑われる場合
  10. 4PayPayの利用制限への原因と対処法【ログインに失敗する場合】
  11. 契約解除した携帯電話番号でログインしようとしていないか
  12. 複数のYahoo IDを連携しようとしていないか
  13. クレジットカードの登録に失敗した
  14. 5PayPayの利用制限には原因が!しっかりと対処しよう!

PayPayが利用制限で使えない?!解除できるの?!

PayPayを利用していると「現在ご利用を制限しております」と表示されて、ペイペイが使えないことがあります。コンビニやドラッグストア、飲食店のレジでPayPayで支払おうと思ったのに「現在ご利用を制限しております」となってしまい、支払いに失敗してしまうと本当に困ったことになります。

お財布の中に小銭が入っていたり、ほかに使える電子マネーがあればいいのですが、ペイペイで支払うつもりで小銭も持っていなければ、下手をしたら無銭飲食にもなりかねません。この記事ではPayPayが利用制限で使えないときの原因と、解除できるのか、その対処法について詳しく解説します。

「現在ご利用を制限しております」の不具合が出る原因とは?

PayPayで「現在ご利用を制限しております」と表示される不具合が出るということは、当然のことですが原因があります。ペイペイの利用を制限されてしまう原因は主に次の3つの原因があります。まずは3つの主な原因についてみていきましょう。

PayPayで「現在ご利用を制限しております」という不具合が出る原因

PayPayを使いすぎた場合

PayPayが利用制限されてしまう原因の一つに、ペイペイを使いすぎてしまったから、という理由があります。「PayPayの利用制限への原因と対処法【使いすぎの場合】」で詳しく解説しますが、ペイペイには1か月あたりの利用金額に制限が設けられています。

この利用制限額に達してしまうと、使いすぎということで、その月は利用制限がかけられてしまいます。利用制限額は人によって違うので、自分がどの制限枠に当たるのかよく理解して使うようにしましょう。

PayPayで「現在ご利用を制限しております」という不具合が出る原因

何らかの不正を疑われた場合

PayPayでは何らかの不正が疑われてしまった場合に利用制限がかけられてしまうことがあります。ペイペイでは運用を開始した当初に、クレジットカードの不正利用が多発したという事件が起きたことから、不正利用に関してはかなり厳しく監視している模様です。

自分では不正利用したつもりがなくても、PayPayの規約に反する行為をしてしまったことで不正を疑われて利用制限をかけられてしまうこともあります。PayPayを利用するうえでは、ルールをしっかりと頭に入れたうえで、利用制限をかけられることがないように使うことが大切です。

ログインに問題がある場合

PayPayに利用制限がかけられてしまう不具合の原因には、ログインする場合に何らかの問題が発生してしまう場合があります。ペイペイは、運用開始当初に複数の端末からの不正ログインによって、クレジットカードの不正利用という事件が起きてしまいました。

そのために、現在では1PayPayアカウントは1ユーザー1端末しか使えないという運用をかなり厳密に行っています。そのために、自分では不正を行ったつもりはなくても、複数の端末で同じPayPayアカウントにログインしようとした場合などが起こると、利用制限されてしまう不具合が起こることがあります。

ThumbPayPayのポイントの使い方!確認方法や有効期限・残高のライトとボーナスの違いを解説
PayPayは、スマホ1つで決済できる電子マネーです。そんなPayPayにポイント還元がある...

PayPayの利用制限への原因と対処法【使いすぎの場合】

PayPayに利用制限がかけられた場合のそれぞれの原因に対する対処法について詳しく見ていきましょう。まずは使いすぎの場合の、もっと詳しい原因と対処法について解説します。

クレジットカードからのチャージや支払いの上限金額

PayPayではクレジットカードからのチャージや支払いの金額に上限が設けられています。これはクレジットカードの不正利用の事件が起きたことで、不正にペイペイが使われることがないようにチャージや支払い金額に関して厳しい制限を設けています。PayPayの使いすぎに関しての利用制限は次のように適用されています。

Yahoo!カードから残高へのチャージの場合

PayPay残高にクレジットカードからチャージできるのはYahoo!カードしかありませんが、すべてのYahoo!カードがチャージのために登録できるわけではありません。ペイペイ残高に登録できるYahoo!カードは本人認証サービス(3Dセキュア)を設定しているカードだけです。

3Dセキュアというのはクレジットカード会社と加盟店が、そのカードを使おうとしている人が本当にカードの持ち主本人なのかを確認するための、本人認証サービスです。あらかじめクレジットカードのパスワードを設定しておき、クレジットカードを利用しようとするたびに、そのパスワードを入力しなければ決済できないように設定するサービスです。

3Dセキュアを導入することで、万が一カード番号やセキュリティコードが流出しても、カードの利用時に本人確認が確実にできるようになるので、不正利用される可能性がかなり低くなります。

3Dセキュアを設定しているYahoo!カードからペイペイ残高へチャージする場合には、1日に2万円まで、過去30日間で5万円までの利用制限があります。この金額を超えて使おうとした場合には、使いすぎで使えないということになってしまいます。

PayPayで「現在ご利用を制限しております」という不具合が出る原因

本人認証サービス未認証の場合

Yahoo!カード以外のクレジットカードはPayPay残高へのチャージには利用できませんが、PayPayを利用するたびにその都度クレジットカード決済が行われることで、クレジットカード決済ができるようになります。

Yahoo!カードとは違い、そのほかのクレジットカードは3Dセキュアを設定していなくても登録してPayPayの支払いに利用することができます。しかし、3Dセキュアを設定していない場合には、利用制限金額がかなり低く抑えられてしまいます。

3Dセキュアを設定していないクレジットカードをPayPayの決済に利用するときには、1日に5,000円まで、過去30日間での利用金額も5,000円までという利用制限金額が設けられてしまいます。5,000円を超えて利用しようとすると使いすぎということで利用制限がかけられてしまい、使えないようになってしまいます。

1日どころか1か月で5,000円しか利用できないというのはかなり使い勝手が悪くなってしまいます。3Dセキュアを設定すれば利用制限金額が増えるので、ぜひ3Dセキュアをかけましょう。設定する方法は、各クレジットカード会社に問い合わせてください。

本人認証サービス認証を設定してある場合

本人認証サービスの3Dセキュアを設定してあるクレジットカードでも、利用制限金額が設けられています。3Dセキュアを設定してある場合の利用制限金額は1日に2万円まで、過去30日以内で5万円までです。この金額を超えてPayPayを支払いに利用しようとしても使えない不具合が起きてしまいます。

3Dセキュアを設定していない場合に比べたら使いすぎで使えない不具合は解消されていますが、毎日のお買い物でペイペイを使いたい人には不便な金額かもしれません。

使いすぎへの対処法

PayPayが使いすぎという理由で使えない場合には、どのように対処して利用制限を解除すればいいのか見ていきましょう。

支払金額の制限を引き上げる

PayPayの使い過ぎによる利用制限を解除するためには、支払い金額の上限を引き上げることが必要です。ペイペイでは3Dセキュアを設定しているYahoo!カードやクレジットカードを使っている一部のユーザーに限って、支払い金額の上限を1日に25万円まで、過去30日間で25万円まで引き上げることができます。

これだけの金額が使えれば、1か月あたりのすべての支払いをPayPayで賄うこともできるので便利に使えます。しかし、支払い金額の制限を自分で引き上げる方法がありません。支払い金額の上限が25万円に引き上げられたユーザーは、PayPayのアプリの表示名の横に青いバッジが表示されます。

青いバッジが表示されるユーザーは、3Dセキュアを設定していることとバージョン1.10.0以降のPayPayアプリを使っているユーザー、という条件以外は、PayPayの方で判断して決めています。自分で申請して青いバッジがもらえるものではありません。

PayPayでは青いバッジを表示する基準などを公表していないので、どうしたら青いバッジをもらって利用制限を解除できるかわかりません。

44000103 183050939246772 871342891524008571 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
paypay_official_
ThumbPayPayはセブンイレブンでも使える!支払い方法やチャージ方法を解説
急速に使えるお店を増やしているPayPayは、セブン-イレブン(以下セブンイレブン)を始めと...

PayPayの利用制限への原因と対処法【不正が疑われる場合】

PayPayに利用制限がかけられてしまい使えない原因には何らかの不正を疑われる場合があります。不正が疑われる場合の理由と、支払いに失敗する不具合への対処法についてみていきましょう。

本人認証未承認のYahoo!カードでチャージしようとした

3Dセキュアを設定していないYahoo!カードもPayPayに登録できてしまうことがありますが、チャージに利用しようとすると利用制限がかけられてしまいます

PayPayでYahoo!カードを使おうと思って失敗するときには3Dセキュアを登録しているかどうかをよく確認しましょう。設定しているかどうかの確認方法は、Yahoo!カードのカード会員サービスメニューから確認できます。

PayPayで「現在ご利用を制限しております」という不具合が出る原因

本人認証を設定する

解除するためには3Dセキュアを設定すればOKです。Yahoo!カードの3Dセキュアは、Yahoo!カードのカード会員サービスメニューの「本人認証サービスの登録・停止」から設定できます。3Dセキュアを設定していないのなら、早急に設定してしまいましょう。

同じクレジットカードを複数のPayPayアカウントへ登録しようとした

PayPayで不正が疑われて、支払いに失敗する理由には、同じクレジットカードを複数のPayPayアカウントに登録したという理由もあります。こちらは気が付かずにやってしまいがちな失敗ですが、PayPayでは不正とみなされてしまい、利用制限がかけられてしまいます。

PayPayでは不正利用を防ぐために1アカウント1ユーザーの原則を取っています。それはクレジットカードにも適用されます。1枚のクレジットカードは1つのアカウントにしか利用できません。家族カードを別のPayPayアカウントに登録することもできません。

家族でお父さんのクレジットカードを、お母さんと子供たちのPayPayアカウントに登録して、全員で1枚のカードから決済する、ということも考えるご家庭もあるでしょう。しかし、これは不正とみなされてしまい、利用制限がかけられてしまう原因になるのでやってはいけません。

別のチャージ方法を選択する

この場合の対処法は、クレジットカードの名義人以外の人は別のチャージ方法を選択するしかありません。現金チャージや、銀行口座からのチャージも選択できるので、そちらを選びましょう。

PayPayで「現在ご利用を制限しております」という不具合が出る原因

転売が疑われる場合

転売するための仕入れをしていると疑われてしまうと、不正とみなされてしまうことがあります。現在、転売に対しては世間の厳しい目が向けられています。同じ商品を同じ金額で大量購入すると、PayPayでの支払いに失敗することがあります。

同じ金額で同じ商品を繰り返し買わない

こちらの対処法としては、利用制限を解除するためにはサポートに連絡してみましょう。また、転売を疑われるような使い方をしないことも大切です。

ThumbPayPayがネットショッピングに対応!オンライン決済できる通販サービスは?
PayPayとは、QR・バーコードを提示するだけで支払うことができる電子決済サービスです。そ...

PayPayの利用制限への原因と対処法【ログインに失敗する場合】

PayPayにログインしようと思っても、ログインに失敗して使えない不具合の原因と解除方法についてみていきましょう。

契約解除した携帯電話番号でログインしようとしていないか

PayPayの契約を解除した電話番号で登録しようと思っても登録に失敗して、PayPayを使えない場合があります。ログインしようとしている電話番号でペイペイの契約解除をしていないか、サポートに問い合わせて確認してみましょう。

6か月間は同じ電話番号は使えない

PayPayは不正利用に利用するために短期間で登録と解除を繰り返すことを防ぐことを理由に、契約を解除したら6か月間は同じ電話番号では再登録ができないようにしています。譲ってもらったスマホや、新規登録したスマホでも前に使っていた人が同じ電話番号で6か月以内に契約解除していた場合には、登録できません。

複数のYahoo IDを連携しようとしていないか

複数のYahoo IDを連携しようとすると利用制限がかかり、使えないという不具合が起きてしまいます。Yahoo IDは複数アカウントを持つことができますが、PayPayは1ユーザー1アカウントが原則なので、連携するYahoo IDも1IDしか連携できません。
 

フォームから問い合わせる

何らかの手違いで複数のYahoo IDと連携してしまいPayPayの利用に失敗する不具合が起きてしまった場合には、PayPayの問い合わせ用フォームから問い合わせてみましょう。問い合わせ方法はこちらの記事で詳しく解説しています。

ThumbPayPayの問い合わせ方法は2つ!電話番号や問い合わせフォームを紹介
PayPayを使っていて何か問題が起きたときには、問い合わせをする方法にいは電話番号で問い合...
PayPayで「現在ご利用を制限しております」という不具合が出る原因

クレジットカードの登録に失敗した

クレジットカードの登録の失敗を何度か繰り返すと、利用制限がかけられてしまうことがあります。PayPayではYahoo!カード以外のクレジットカードやデビットカード、プリペイドカードは、VisaとMasterCardなら使えることになっています。

しかし、発行元によってはVisaやMasterCardが付いているカードでも登録できないことがあります。PayPayではどのカードが使えて、どのカードが使えないか公表していないので、登録してみるまで分かりません。それなのに、複数回登録に失敗してしまうと利用制限がかかってしまいます

ちょっと理不尽な気もしますが、現在のPayPayで起こりがちな不具合です。

フォームから問い合わせる

クレジットカードの登録失敗で利用制限がかかってしまった場合も、フォームから問い合わせてみると解除する方法を教えてもらえます。

ThumbPayPayとLINE Payの違いを比較!使い方やメリット・デメリットについて解説!
いろいろな電子マネーが登場する中で最も注目されているのがPayPayとLINE Payです。...

PayPayの利用制限には原因が!しっかりと対処しよう!

PayPayで「現在ご利用を制限しております」という不具合が出る原因

この記事ではPayPayに利用制限がかかってしまった場合の原因と、解除する方法についてみてきました。PayPayでは最初に不正利用が問題になったことから、現在は利用者が少し不便を感じてしまうほど厳密にセキュリティ面での運用をしています。

そのために不正をしているつもりはなくても、すぐに利用制限がかけられてしまうという不便がありますが、これも安心して利用するためには大切なことです。問題がなければ簡単に解除してもらえるので、ぜひ原因を突き止めて適切な対処を行って解除してもらうようにしましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
K.C
皆様のお役に立てる情報をお届けするために日々精進していきます。どうぞよろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ