Macのデータ移行方法!買い替え時の引き継ぎには移行アシスタントモードを使う!

Macを買い替えたときはデータ移行が必要です。Mac買い替え時のデータの引き継ぎには「移行アシスタントモード」が使えます。Mac標準装備の「移行アシスタントモード」を使えば、Mac買い替え時のデータの引き継ぎは簡単に済ませます。

Macのデータ移行方法!買い替え時の引き継ぎには移行アシスタントモードを使う!のイメージ

目次

  1. 1Macに新しく買い替えるなら移行アシスタントモードを使おう!
  2. 2Macのデータを移行させる方法その1
  3. 3Macのデータを移行させる方法その2
  4. 4MacからWindowsにデータを移行させる方法
  5. 5Macへのデータ引き継ぎは移行アシスタントモードを使おう!

Macに新しく買い替えるなら移行アシスタントモードを使おう!

Macには、MacからMacへデータを移行する際に使用できる「データ引っ越し」機能が標準機能として装備されています。この機能を使うと簡単に内蔵ストレージデバイス(HDD・SSD)に保存されているデータを別のMacに移行できます。

mac_

移行アシスタントモードとは?

Macに標準装備されている、MacからMacへデータを移行する「データ引っ越し」機能は「移行アシスタントモード」と呼ばれます。「移行アシスタントモード」とは「Wi-Fi環境」もしくは「ケーブル」を使用して、データ元のMacからデータ移行先のMacへデータを転送します。また、「Time Machine」機能を使ったデータ移行もできます。

Mac_データ移行の手順

移行アシスタントモードを使って移行させる方法

移行アシスタントモードを使って、MacからMacへデータを移行する方法を解説します。

Mac_データ移行の手順

その1:Mac同士を繋いでデータを移行する

Mac同士を繋いでデータを移行する場合は、「Wi-Fi環境」もしくは「ケーブル」を使用して、データ元のMacとデータ移行先のMacをつなぎます。「Wi-Fi環境」でつないだ場合でも、「ケーブル」でつないだ場合でもデータ移行の作業手順は同じです。具体的な作業手順については後述します。

Mac_データ移行の手順

その2:Time Machineを使ってデータを移行する

「Time Machine」機能を使ってデータを移行する場合は、1度データ元のMacのバックアップデータを「Time Machine」を使って作成し、そのデータを保存した外付けストレージデバイス(HDD・SSD)をデータ移行先のMacとつないだ後、「移行アシスタントモード」でデータ移行します。

Mac_データ移行の手順

上記以外の方法で、手動で外付けストレージデバイス(HDD・SSD)に保存したバックアップデータを、データ移行先のMacで「Time Machine」を使ってデータ移行する方法もあります。上記の方法と合わせ、具体的な手順については後述します。

Mac_データ移行の手順
ThumbMacBook ProのストレージをHDDからSSDに交換・増設!データ移行方法は?
MacBook Proの内蔵ストレージをHDDからSSDに交換・増設する方法を解説します!合...

Macのデータを移行させる方法その1

Macのデータを移行する基本的な方法として、両方のMacをつないでデータ移行する方法から説明します。

Mac_データ移行の手順

Mac同士を繋ぐ

まず、Mac同士を「Wi-Fi環境」もしくは「ケーブル」を使用してつなぎます。「Wi-Fi環境」でMac同士をつなぐ場合は、作業の事前確認として同じWiFiルータにつながっているか確認しましょう。

Mac_データ移行の手順

「ケーブル」でMac同士をつなぐ場合、使用できるケーブル端末は「Thunderbolt 3」「USB-C」「Thunderbolt 2」「FireWire」です。それぞれのMacに搭載されている接続端末を確認し、適切なケーブルを用意します。

Thunderbolt

移行アシスタントでデータを引き継ぎ

Mac同士をつないだら、まず、初めにデータ元のMacから作業を始めます。「Finder」→「アプリケーション」→「ユーティリティ」を開き、「移行アシスタント」のアイコンをクリックします。

Mac_データ移行の手順

「移行アシスタント」の画面が立ち上がるので「続ける」をクリックします。

Mac_データ移行の手順

Mac環境変更に際して、Macのユーザー名とパスワードを聞いてくるので、入力して「OK」をクリックします。

Mac_データ移行の手順

「移行アシスタント」の設定画面が表示されるので、データ元のMacとして「別のMacへ」を選択して「続ける」をクリックします。データ元のMacはこれで一時待機します。

Mac_データ移行の手順

次にデータ移行先のMacの作業を行います。データ元のMacと同様の手順で「移行アシスタント」を立ち上げた後、Macのユーザー名・パスワードを入力して「移行アシスタント」の設定画面まで進みます。データ移行先のMacでは「Mac、Time Machine ~」を選択して「続ける」をクリックします。

Mac_データ移行の手順

起動ディスク(Mac)の候補が表示されるので、データ元のMacを選択して「続ける」をクリックします。

Mac_データ移行の手順

この時点で両方のMacにセキュリティーコード(数列)が表示されるので、両方のMacで同じキュリティーコード(数列)が表示されていることを確認し、両方のMacで「続ける」をクリックします。

Mac_データ移行の手順

データ移行先のMacでは、次に、移行するデータを設定する画面が表示されるので、希望のファイルを選択して「続ける」をクリックします。これでデータ移行がはじまります。

Mac_データ移行の手順

データの引き継ぎの注意点

両方のMacをつないでデータ移行を行う際の、注意点について解説します。

Mac_データ移行の手順

うまく引き継げない場合がある

「移行アシスタント」を使用して行うデータ移行は、基本的には指定したファイル・フォルダを全て移行しますが、Apple公式ではないサードパーティアプリ(第三者由来のアプリ)などはデータが移行されない場合があります。

Mac_データ移行の手順

時間がかかる可能性がある

Macがデータ移行の作業を始めると時間がかかる場合もあるので、データ移行は時間に余裕があるときに行いましょう。

Mac_データ移行の手順

Macのデータを移行させる方法その2

次に、Macのデータを移行する方法として、バックアップデータを使用してデータ移行する方法を説明します。

Mac_データ移行の手順

Time Machineにバックアップしたデータを引き継ぎ

「Time Machine」でバックアップデータを作成した後に、「移行アシスタント」を使ってデータを移行します。作業に入る前に、バックアップ用の外付けトレージデバイスをデータ元のMacに接続しておきます。

Mac_データ移行の手順

Time Machineでバックアップする

データ元のMac画面右上のメニューバーにある「Time Machine」マークをクリックし、表示されたメニューから「"Time Machine"環境設定を開く」をクリックします。

Mac_データ移行の手順

「Time Machine」の環境設定画面が開くので、スイッチを「入」に設定し、「バックアップディスクを選択」をクリックします。

Mac_データ移行の手順

データ元のMacに接続された外付けストレージデバイスが表示されるので「Time Machine」のバックアップ用のストレージデバイスとして選択し、「ディスクを使用」をクリックします。尚、この時点で「バックアップディスクを暗号化」にチェックを入れると、ストレージデバイスにパスワードを設定することもできます(任意)。

Mac_データ移行の手順

「Time Machine」のバックアップ用ストレージデバイスの設定が済んだら、データ元のMac画面右上のメニューバーにある「Time Machine」マークをクリックし、表示されたメニューから「今すぐバックアップを作成」をクリックすると、データのバックアップが始まります。

Mac_データ移行の手順

移行アシスタントでデータを引き継ぎ

「Time Machine」を使ってバックアップデータを作成したら、「移行アシスタント」を使用してデータを移行します。ここから先は、データ移行先のMacと「Time Machine」でバックアップデータを作成した外付けストレージデバイスで作業を行います。

Mac_データ移行の手順

ストレージデバイスをデータ移行先のMacに接続し、「Finder」→「アプリケーション」→「ユーティリティ」を開き、「移行アシスタント」のアイコンをクリックします。

Mac_データ移行の手順

「移行アシスタント」の画面が立ち上がるので「続ける」をクリックします。

Mac_データ移行の手順

Macのユーザー名とパスワードを聞いてくるので、入力して「OK」をクリックします。

Mac_データ移行の手順

「移行アシスタント」の設定画面が表示されるので、「Mac、Time Machine バックアップ、または起動ディスクから」を選択して「続ける」をクリックします。

Mac_データ移行の手順

「Time Machine」でバックアップデータを作成した外付けストレージデバイスが表示されるので、選択して「続ける」をクリックします。

Mac_データ移行の手順

次に、移行するデータを設定する画面が表示されるので、希望のファイルを選択して「続ける」をクリックします。これでデータ移行がはじまります。

Mac_データ移行の手順

外付けHDDにバックアップしたデータを引き継ぎ

他の方法として、手動で外付けストレージデバイス(HDD・SSD)に保存したバックアップデータを、データ移行先のMacで「Time Machine」を使ってデータ移行する手順を説明します。

Mac_データ移行の手順

外付けHDDに接続

まず、手動でバックアップデータを保存した外付けストレージデバイスを、データ移行先のMacに接続します。

Mac_データ移行の手順

Time Machineでデータを復元

データ移行先のMacの画面下方のDock(アプリメニューバー)にある「Time Machine」アイコンをクリックし、表示されたメニューから「ほかのTime Machineディスクをブラウズ」をクリックします。

Mac_データ移行の手順

接続した外付けストレージデバイスを選択して「選択したディスクを使用」をクリックします。

Mac_データ移行の手順

次に、選択したストレージデバイスのデータ履歴が表示されるので、データ移行したい(復元したい)データの日付とファイルを選択し、「復元」をクリックすれば、データ移行が始まります。

Mac_データ移行の手順

データの引き継ぎの注意点

外付けストレージデバイスを使用してデータ移行を行う際の、注意点について解説します。

Mac_データ移行の手順

外付けHDDが故障した場合はデータの復元ができない

外付けストレージデバイスを使用してデータ移行を行う場合は、外付けストレージデバイスが故障した際はデータの復元ができないというリスクがあります。

Mac_データ移行の手順
ThumbWindows7のPCのシステム復元の実行方法!復元ポイントやデータ復元についても解説!
Windows7の不具合を解消できる「システムの復元」とはWIndows標準のツールです。W...

MacからWindowsにデータを移行させる方法

次に、MacからWindowsにデータを移行させる方法について解説します。

Mac_データ移行の手順

PC同士をリンクケーブルで繋いでデータを移行する

MacからWindowsにデータを移行させる方法として、リンクケーブルを使用するやり方があります。リンクケーブルとは、MacとWindowsをUSB端子でつなぐことで両画面をリンクさせ、ドラッグ&ドロップでMacとWindows間のデータ移行を自由に行なえるようにするツールです。Mac・Windows両対応の製品を選びます。

Mac_データ移行の手順

外付けHDDを使ってデータを移行する

また、外付けストレージデバイスを使って、MacからWindowsにデータを移行するやり方もあります。このやり方は、外付けストレージデバイスを介して、手動でファイル・フォルダをコピー&ペーストしてデータを移行するオーソドックスなやり方です。

Mac_データ移行の手順

一旦Mac内のデータを外付けストレージデバイスに保存し、Windowsに接続し直してデータをコピー&ペーストで移行させます。

Mac_データ移行の手順

Macへのデータ引き継ぎは移行アシスタントモードを使おう!

Macを買い替えた際のデータの引き継ぎは、「移行アシスタントモード」を使って行いましょう。「移行アシスタントモード」を使えば、買い替え時のデータの引き継ぎは難しく考える必要がありません。Macを新しく買い替えた際は、「移行アシスタントモード」を使って手間をかけずに新規スタートできます。

Mac_データ移行の手順

関連するまとめ

Original
この記事のライター
KOUSUKE
困ったときに役に立つ情報、今気になっている情報をピックアップして分かりやすく解説していきます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ