iPhoneのボイスメモの録音時間は何時間まで?データの容量や止まってしまう対処法を解説!

iPhoneのボイスメモアプリの最大録音時間数や、録音時間あたりの必要なストレージ容量の計算方法も紹介します。iPhoneのボイスメモアプリは、うまく活用することで様々なシーンで活躍するアプリです。本記事を参考にiPhoneのボイスメモを活用してみてください。

iPhoneのボイスメモの録音時間は何時間まで?データの容量や止まってしまう対処法を解説!のイメージ

目次

  1. 1iPhoneのボイスメモの録音時間は何時間まで?
  2. 2iPhoneのボイスメモで録音できる時間を計算しよう!
  3. 3iPhoneのボイスメモが録音中に止まる原因と対処法
  4. 4iPhoneのボイスメモで時間を気にせず録音しよう!

iPhoneのボイスメモの録音時間は何時間まで?

iPhone1

iPhoneに初期搭載されている「ボイスメモ」アプリの最大録音をご存知でしょうか。iPhoneの「ボイスメモ」アプリはICレコーダーとして活用でき、ミーティングの議事録や、授業の大事な部分の録音など活用方法は多岐に渡ります。

「ボイスメモ」アプリの最大録音時間を紹介しているページはあまり多くありません。本記事では、IPhoneのボイスメモアプリの最大録音時間を検証してみました。

ボイスメモの録音時間は制限なし!

iPhone2

検証の結果、iPhoneのボイスメモアプリの録音時間は実質、無制限でした。iPhoneのストレージ容量に空き容量がなくなると自動で止まってしまいますが、ストレージ容量が許す限り録音を続けられます。それでは1GBあたりの録音可能時間数はどれほどなのでしょうか。次の項目では1GBあたりの録音可能時間数を紹介します。

1GBで録音可能な時間

iPhone3

1GBあたりの録音可能な時間は、約37時間程度と覚えておいてください。32GBのストレージ容量があれば、最大で1,184時間の音声録音ができます。これだけの時間数を録音できるだけで十分優秀ですが、さらに長い時間音声録音したい方はiCloudを利用すれば、5GBまで無料でストレージ容量を利用できるので、録音可能時間数を追加できます。

iPhoneのボイスメモで録音できる時間を計算しよう!

iPhone4

本章ではiPhoneのボイスメモを使って、どれだけ録音できるか計算する方法紹介します。それにはまず、iPhoneストレージ容量の確認が必要です。iPhoneの利用可能なストレージ容量確認して、録音可能な時間数を計算してみてください

iPhoneストレージの容量を確認する

iPhoneストレージの容量を確認する方法

IPhoneのストレージ容量の確認方法は「設定」>「一般」>「iPhoneストレージ」で確認できます。

録音時間の計算方法

1GBあたりの録音可能時間数を紹介しました。そこから計算すると、1分あたりの録音時間で470KBのストレージ容量が必要という計算になります。

実際にボイスメモで録音してみよう!

ボイスメモアプリのアイコン

iPhoneのボイスメモアプリは、IPhoneの初期設定状態であれば「便利ツール」の中にあります。

ボイスメモをコントロールセンターに表示する方法

または「コントロールセンター」で「ボイスメモ」起動できます。「設定」>「コントロールセンター」>「コントロールをカスタマイズ」と選択して、「コントロールを追加」項目にある「ボイスメモ」をコントロールセンターに追加してください。

コントロールセンター上のボイスメモアプリアイコン

コントロールセンターにボイスメモアプリを追加すると、上記のアイコンがコントロールセンターに表示されます。

ボイスメモアプリのインターフェース

ボイスメモアプリを開くと上記の画面が表示されます。録音の開始方法は画面下部表示されている「赤いボタン」をタップします。録音を停止する場合は同じく「赤いボタン」をタップしてください。録音中に「ホームボタンを」押して、その他アプリを起動しても、録音はそのまま継続されます。

録音を停止する場合は、忘れずに「赤いボタン」をタップしてください。

iPhoneのボイスメモが録音中に止まる原因と対処法

iPhone5

iPhoneのボイスメモが録音中に止まる原因と対処法を紹介します。IPhoneのボイスメモが録音中に止まる原因は下記の通りです。

  • iPhoneに通知メッセージが入る
  • メールや電話を受信する
このように通信データが必要な通知が入った場合、ボイスメモが途中で止まってしまいます。こういった事態にならないための対処法を紹介します。

通知やネットワーク接続をオフにする

iPhone6

iPhoneのボイスメモが途中で止まらない様にする、最も有効的な対処法は通知やネット接続をオフにすることです。iPhoneに搭載されている「機内モード」に切り替えるの、最も簡単な方法なので、iPhoneのボイスメモを利用する場合は、可能であれば「機内モード」に切り替えてから録音を開始してみてください。

iPhoneのボイスメモで時間を気にせず録音しよう!

本記事ではiPhoneのボイスメモ使い方や、録音可能時間の計算方法を紹介しました。macOS「Mojave」やiPadにも搭載されているボイスメモは、録音データも軽量化されており、非常に長い時間録音が可能です。うまく活用すれば、様々なシーンで活躍するアプリなので、本記事を参考にボイスメモアプリを利用してみてください。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
KFJ
Apple製品を中心に、アプリやガジェットなど、役に立つ情報を皆さんに提供していきます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ